5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【やるのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part5【面倒】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:47 ID:oM2E2WdD
自分でやるのが面倒だけどストーリーが知りたい、という
ゲームのストーリーを教えてもらうスレです。

515 ◆A.ilTwwjjQ さんが作った今までのまとめサイト
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/

まずこちらで既出かどうか調べてからリクしましょう。

前スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1077619823/l10
前々スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1072109254/

発売して半年以内の新作について語る際は名前欄に
タイトルと新作ネタバレ用の共有トリップの #新作ネタバレ をつけて下さい。

関連スレとストーリーを書く際の注意事項は>>2-10

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:47 ID:cb3ERemq


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:50 ID:oM2E2WdD
ストーリーを書いてくれる方へのお願い。

・要望に出ているゲームのストーリーはどんどん書いて下さい。 
 ただ要望に出ていないものは敬遠される傾向にあります。レスは期待しないで下さい。それでも良いというならどうぞ。
・この板は一般板なので18禁のゲームのストーリーの要望、紹介はご遠慮下さい。
・名前欄に作品名を入れてもらえると、まとめやすくありがたいです。
・時間を置いて数回に分けて投稿する際には、最後に「続く」と御書き下さい。そうする事でストーリーの投稿の混交を防げます。
・これを書こう、と思われた際は「○○○○を書きたい」と意志表明し、予約していただけると、投稿の重複が防げて大変ありがたいです。
 また、書くのはよそう、と思われた時には面倒でも予約の取り消しを御願いします。

関連スレ(漫画板)
【読むのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part2【面倒】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1077196959/l10


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:57 ID:j7W0Tnt+
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2 ・鬼武者3
・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・ウイニングイレブン7
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・魔道物語(ぷよぷよ) ・ビヨンドザビヨンド・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・エクサフォーム
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ボディコンクエスト
・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2 ・シャイニングウィズダム
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・田中の夢物語
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■前スレ ・エクソダスギルティー(結末) ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2
・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4 ・FF5 ・.hack
・「真・女神転生V nocturne マニアクス」(追加シナリオ) ・ラグランジュポイント
・FF10-2(幻ED、隠ダンのトレマ会話) ・グローランサー4 ・BAROQUE ・ONI3(四章〜)
・シャドウオブメモリーズ ・戦国サイバー藤丸地獄変 ・サーカディア ・真女神転生2
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外) ・ジルオール
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・ロマンシングサガ(WCだけの話)
・東京魔人学園符咒封録 ・FE紋章の謎
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・真女神転生 ・マザー2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・カオスシード ・ガンパレ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:01 ID:jZH7EJGY
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

これって、シャドウハーツ2と違うの?
出たばかりだから違うのかな。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:10 ID:WTdfl2VA
>>4
ウイニングイレブン7ワラタ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:13 ID:oM2E2WdD
ウイニングイレブンはバカがつまらない冗談で書き込んだものだから外した方が良いな

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:15 ID:WfJC8SX3
カオスシード、ガンパレも外してOK

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:19 ID:HOZ84ov7
ファミスタ87希望

10 :マザー2:04/03/13 01:21 ID:J+gzDveD
新スレ乙。
早速ですが前スレで予約したマザー2いかせてもらいます。

登場人物
●ネス…この物語の主人公、超能力がある男の子。母親と妹の2人暮らし。
    父は電話で会話が出来るが物語り中には出てこない、野球少年でバットで戦う。

●ポーキー…ネスの家の隣に住んでいる成金の息子で嫌な性格。
      ネスの父がポーキーの父に借金をしているらしくネスに対していつも偉そう。

●ポーラ…超能力少女として有名、心優しい女の子で祈りにより不思議な力を発揮する。

●ジェフ…天才博士アンドーナツの息子。超能力はつかえないが機械を扱う腕に長けている。

●プー…ランマ国の王子。予言に従いネスと共に行動する。超能力、体術を使いこなす。

●どせいさん…謎の生き物、一族全員の名前が「どせいさん」で固有名詞はなし。宇宙人との説もある。頭がいい。

11 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 01:35 ID:J+gzDveD
オネットという田舎町の少し郊外にある丘にネスという少年が住んでいた。
ある日ネスが眠っていると轟音が響き渡り、近くの山に隕石が落下するという事件が発生する。

隕石を野次馬見物しようと隕石が落ちた山へとネスは向かうが警察が隕石の周囲を閉鎖していて近寄れず
ネスは仕方なく帰路に着く。
再び眠ろうとしたネスの元にお隣のポーキーが助けを求めに来る。
隕石を見に行った弟のビッキーが帰ってこない、一人で迎えに行くのは心細いから一緒についてこい。
とのこと、2人は隕石が落下した山へ向かう、警察の封鎖は既に解かれていて隕石の間近まで調べると
無事ビッキーを発見。

すると謎の羽音が聞こえ、隕石から謎のカブトムシが現れる。
カブトムシは自分を「ブンブーン」と名乗り、未来の世界からやってきたとネスたちに告げる。

12 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 01:49 ID:J+gzDveD
ブンブーン曰く、未来は銀河宇宙最大の破壊主ギーグによりまさに地獄のようなありさまだと言う。
その未来を救えるのは3人の少年と1人の少女、その1人がネスであると告げられる。
詳しい事情を聞こうと一旦山を降りようとするが、未来からの使者「スターマン」にネスたちは襲われる。
何とかスターマンを倒したが、それは未来からネスを抹殺しようと刺客が次々に送り込まれているということを示していた。

ビッキーを家に送り届け、一安心したのも束の間ポーキーの母にブンブーンがハエと間違えられ
「世界中に8つあるお前だけの場所へ向かえ、そこでこの地球から力を貰わなければギーグには勝てない」
という遺言と、お前だけの場所ことパワースポットの音(力)を記録する音の石をネスに残しブンブーンはその生涯を終える。

ブンブーンの遺言で、ネスの住む場所から一番近いパワースポットはオネットという町の外れの洞窟だという
情報を得て、ネスは世界を救うべく旅立つこととなる。

続く。

13 :エクソダスギルティー・結末:04/03/13 02:41 ID:BS4AQnq/
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1077619823/193
これの続き。
大昔プレイしただけなので所々違う部分があると思うが勘弁。

最終章は未来編。
現代から数千年後の時代で、行きすぎた化学文明の結果、地球は死の大地に。
自然はほとんど滅び去り海は真っ赤な酸の海。
世界中で小さな町ごとに人々が集まって生活している。
唯一存在する国は滅び、今では独裁者ザザン一派によって仕切られている。


スィー…未来編主人公。亡国ジーナ・イーの王女であると同時に神の杖という不思議なアザを持つ少女。
ラーライラ…未来編ヒロイン。スィー命の綾波系キャラだったが、旅の途中で出会ったタツタという少年との出会い、
        恋に落ち、死に別れるという体験を積み重ねるうち、徐々に人間らしい感情が表れ始める。
ウー…スィーの国で賢者と呼ばれる人物。滅びた旧文明の化学マンセー。
カスミ…現代編主人公。トレジャーハンターが生業。自分の時代で泥沼やらかしたんで未来に逃亡してきた。
ウィル…過去編ヒロイン。スィーとは対になる悪魔の杖という不思議なアザを持つ少女。
ザザン…スィーの国を奪った謀反人。正体は母なる心という神との契約により遠き地に飛ばされた過去編主人公アーレス。
      退廃した行く未来に絶望し、大地を救済する為にザザンと名乗り行動を取る。
      頬の三本傷がトレードマーク。
母なる心…地母神的存在。ジーナ・イー王宮の地下に眠っており、未来編での扱いは世界を滅ぼす邪神デ・スとされている。
       (未来が制御しきれない化学文明のへの警告として災禍を呼び起こしているから)
神の杖と悪魔の杖…神に選ばれた人間に宿るアザ。二つの杖が交わるとき、世界が滅びると言われている。



14 :エクソダスギルティー・結末:04/03/13 02:43 ID:BS4AQnq/
自分が王女だと知ったスィーは殺された養母の遺志である
「謀反人ザザンを倒し王女として国を再生する事」を決意し旅に出る。

旅を続ける中、たくさんの人達との出会いと別れを繰り返し、
スィーの中に改めて王女となり人々を助けたいという気持ちが膨らんでくる。
王女としての自覚が芽生えた頃、カスミ(+α)と出会い、
互いの利益(スィーは王家復興・カスミは復興後の報酬)の為、手を組むことに。
世界復興の鍵である賢者ウーを探し出したスィー達は、ウーに導かれジーナ・イー王宮地下深くに侵入。
ウーは地下に眠る邪神(母なる心)を討ち滅ぼすよう進言する。
(スィーの身につけている王家の法衣は一種の兵器で、それでなら邪神を倒せると言い伝えられてきているから)
そこに現れたのはウィルを引き連れたザザンことアーレス。
邪神を滅ぼそうとするスィーを止め、真に世界を救うには母なる心を目覚めさせる事こそが必要で、
その為には悪魔の杖であるウィルと交わる事を要求する。

母なる心が目覚めてどうなるか分からない世界を作るよりは現状維持を保とうとするウーと
母なる心を目覚めさせて世界を救済してもらおうと考えるアーレス。
どちらの考えも正しくはないが、間違っているわけではない。
旅をして世界を見ているうちに星が病んでいる事実に気付いていたスィーにとって、
アーレスの言葉は無視できないものとなっていた。
もしかしたら正しいのはアーレスなのかも知れない。そんな考えすら頭をよぎる。




15 :エクソダスギルティー・結末:04/03/13 02:45 ID:BS4AQnq/
二人の思想の間で板挟みになるスィーに業を煮やしたウーは
世界を滅ぼす片割れである悪魔の杖であるウィルを殺そうと隠し持っていたナイフでウィルに襲いかかる。
それを庇ったのはアーレス。
ウーの凶刃に貫かれながらも、自らが持っている剣をウーに突き刺し相打ち状態に。
瀕死のアーレス。
ウーの凶行。

それらを目の当たりにしてもスィーの心は定まらない。
答が決まっていても行動に移す勇気は持てずにいた。
スィーが迷い続ける中、最後の力を振り絞ってウーはスィーに攻撃をしかける。
攻撃を仕掛ける事により彼女の身につけている法衣の自己防衛機能を発動させようと目論んだのだ。
投げナイフをスィーに向け放った瞬間、彼女の前にはナイフで心臓を貫かれたラーライラの姿が。
死に間際、ラーライラはスィーに告げる。
「あなたの望むようにしてくれ」と。
その言葉でスィーは決意する。
悪魔の杖と交わり、母なる心を目覚めさせる事を。
もうウーの必死の叫びにも耳を貸すことはなかった。
スィーは迷う事無くウィルを見据え、手を取り合う。
二人の身体に浮かぶ杖のアザが輝き、目前で眠り続ける母なる心の瞳が開いた時…


16 :エクソダスギルティー・結末:04/03/13 02:48 ID:BS4AQnq/
時代は過去
神殿らしき場所で女性が赤子をあやしている。
「名前はもう決めてあるの。アクア(他の神官)にからかわれるかもね。おかえりなさい」
母親らしき女性はアーレスと結ばれた炎の神官。
赤子の頬には父親と同じ三本の傷跡が。

時代は現代
カスミ(と押し掛け許嫁)が目を覚ますと許嫁の姉とカスミの元恋人が涙を浮かべて見守っていた。
二人が言う。
「発掘現場で事故があって生き埋めになっていたが助け出されて良かった、現地の女の子も無事だ」と。

時代は未来
自然が溢れる地球。
王宮のテラスから自然を見渡すスィー。
彼女は人々と世界の復興の為、大忙しの毎日を過ごしていた。
いつの間にか過去からの来訪者達は消え、自分達だけが残されていた。
同時に、自分たちと同じ時代の人間だったラーライラの姿も無く、
スィーは彼女が生きている事を確信する。
そして決意する。
ラーライラを探し出す事を。

時代は現代
病室のベッドから起きあがり外を見る少女が一人。



17 :エクソダスギルティー・結末:04/03/13 02:51 ID:BS4AQnq/
補足

未来編のラストで生存したキャラはそれぞれの時代に戻っていった。
未来で死亡したアーレスに関しては過去で娶った嫁さんの子供として転生。
ウィルは死亡してないがどこに行ったのか不明。
ラーライラは死亡したけど現代(病室の少女)に飛ばされてる。何故か生存。

過去編組のラストは出来事自体が入れ替わってる。
本来の時間(過去編プレイ時)ではカスミと遺跡に閉じこめられたのが許嫁の姉(前スレのやっちゃった女)で、
遺跡から発掘された少女がウィルだった。
そこから色々あって犯罪盗掘集団に空気読まず噛みついた許嫁の変わりにその姉がマワされてボロボロになった矢先に、
カスミが盗掘屋だと知り(姉は遺跡研究家だから盗掘屋嫌い)、ショックのあまりカスミを罵りまくり。
それが辛くてカスミはウィルと一緒に未来に逃亡を決意。
許嫁は自分を庇った姉に対し「今見てるの辛いし、姉も自分がいない方が楽だろ」と言って
精液まみれの姉を他の遺跡研究員(男しかいない)に押しつけ、カスミに同行し未来に行くっつー話だったんだが、
未来編終了して大団円を迎えた後には、

遺跡に閉じこめられたのが許嫁・遺跡から発掘されたのがラーライラに変わってる。
そこから先の展開は無かった事になり、姉は遺跡に閉じこめられてないからカスミとやってないし、
盗掘集団も正体を現さず、マワされてもいないから今まで通り姉弟のような関係に戻り、
泥沼修羅場は見事消え去りハッピーエンド。







18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 03:15 ID:saTBLoFE
乙ですた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 03:17 ID:Tu0zBBX5
デビルサマナー書けるかも

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 03:18 ID:pMO4Mk7t
昔、SSで出たSRPG「テラ・ファンタスティカ」
のストーリーを教えて下さい。
リア消の時、友達の家で序盤をプレイして
あまりの難しさに(ゲームはポケモンしかやった事無かった)
途中で投げ出して以来、気になって仕方がなくて・・・。
名無し様、なにとぞお願い申し上げます。

21 :グローランサーW ◆l1l6Ur354A :04/03/13 04:20 ID:JTqrOINh
一応新作用トリップ付けときます

クレヴァニールが目を覚ますとそこは見知らぬ場所だった
見知らぬ場所だったが、見知った顔ばかりだった
ラインファルツ基地で一緒だったルインチャイルド達だ
自分を含め全員囚人服を着せられている
冷たい床に敷き詰められたシーツ
ここは牢獄だった。状況が理解できないクレヴァニール
同じ牢の仲間に聞くと数日は眠っていたらしい。
ここはデュルクハイムの収容所だという事
与えられた極秘任務とは名ばかりで、ルインチャイルドを収容所に集める事が目的だったという事
魔法に関する研究の為にルインチャイルドを使い、過酷な人体実験が行われている事等を知らされる
仲間の一人が頭に何本も針を刺されて白目をむいたまま動かなくなった、彼は死んでしまったに違いないと知らされる。
特にカーギルが人体実験を行う時には常軌を逸した実験が行われるそうだ
完全に気力を無くし、死を覚悟している者も居た
そんな中での救いは、ラインファルツ基地でいちゃついていたカップルのラウルとエレナであった
クレヴァニール達の隣の牢は女性達の牢になっている
ラウルとエレナは壁越しにモールス信号のような軍の暗号を使ってお互いを励ましあっていた
ラウルはエレナに、愛している、ここから出られたら南の国に行って二人で暮らそうと伝えていた
そんな二人を見ていると、この絶望的な状況下でも希望が湧いてくるのであった
しかし、現実はあまりにも過酷である
一週間、二週間、一ヶ月、二ヶ月と経つうちに同部屋の仲間が一人、また一人と拷問のような人体実験により死亡していった
同室の仲間も残るは一人のみ、だが彼は投薬実験の為に足が動かなくなってしまっている
辛うじて動けるのはクレヴァニールのみである
ラウルも既に死亡しているが、エレナはこの事実を知らない
クレヴァニールがラウルのふりをしてエレナを励まし続ける役を担っている
ラウルの声が聞きたいというエレナに苦しい言い訳をするクレヴァニール
エレナはラウルが生きている限り頑張れると言う
もしかしたら、彼女はラウルがもう居ない事を解っているのかもしれない
クレヴァニールは複雑な心境でラウルの気持ちを代弁してエレナに伝えるのだった
地獄のような収容所から外に出られる時を信じて
(エレナとのやり取りを失敗すると、エレナは生きる希望を無くして衰弱死してしまう)

22 :グローランサーW ◆l1l6Ur354A :04/03/13 04:23 ID:JTqrOINh
そして収容所に入れられた日から三ヶ月ほど経った頃
いつまでこの地獄が続くのかと思っていると牢の外が騒がしい事に気付く
すると懐かしい顔がこちらに走り寄ってきた
レムスだ。この時ばかりは彼が神に見えた
ある人物が非人道的な人体実験の事を知りレムスに情報を流してくれたらしい
レムスが持ってきた装備品を受け取り、他の生き残りと共に脱出しようとするクレヴァニール達
途中で警備兵達に見つかり戦闘状態に突入する
過酷な日々だった為、皆体力が殆ど残っていない中で辛い戦闘を強いられる
他の部屋から兵士に連れられてルインチャイルド達が出てきた
その中にはフレーネが居た。彼女も同じ収容所に送られていたのだ
兵士を各個撃破してルインチャイルド達を解放していく
解放されたルインチャイルド達は魔法でこちらを援護してくれる
全員一丸となってなんとか施設内の敵兵を殲滅する事が出来た
生き残りのルインチャイルド達は一足先に収容所を脱出する
フレーネは行く当てが無いのでクレヴァニール達と行動を共にする
収容所で逃亡の役に立ちそうな物を漁っていると、ドールハウスを発見
中には自分の使い魔が居た、再会を喜ぶが、それよりも今は脱出する事が優先だ
レムスの話によると港町トロックメアに傭兵時代の仲間が船を用意してくれているとの事
急いで表に出る
外に出ると異様な風貌の怪物がうろついている
収容所に入れられていた3ヶ月の間に魔物が出現するようになってしまったとレムスは語る
一体外の世界では何が起こっているのだろうか

23 :グローランサーW ◆l1l6Ur354A :04/03/13 05:14 ID:JTqrOINh
トロックメアへの道を急ぐ
レムスはこんな事を行っているデュルクハイム軍にはもう未練は無い、脱走兵として追われても構わないと言う
トロックメアへ到着すると急いで港へ向かう
そこには傭兵時代の仲間が船を用意して待っていてくれた
食料と水もクレヴァニール・レムス・フレーネで逃げる分には十分な量を用意してくれている
いざ船に乗ろうとした時、他の生き残りのルインチャイルド達が自分達も船に乗せてくれと言って来た
エレナだけはここに残ると話している
生き残りのルインチャイルド達を乗せて船を出す
クレヴァニールはこれまでの疲労が一気に押し寄せて倒れこんでしまう
船の中で生き残りのルインチャイルド達が次々と力尽きて行く
せっかくここまで頑張ってきたのに、と嘆く生き残りの一人カルノス
船旅の間にせっかく生き残った仲間もカルノスを除き全員息絶えてしまった

クレヴァニールが目を覚ますと、見知らぬ女性が隣に立っていた
知らない間にベッドに寝かされている
女性に話しを聞く、船が流れ着いたのは南国の観光地のマーキュレイだった
ここは女性の別荘だという
彼女の名はイライザ。北国イグレジアスの貴族の娘だそうだ
他の仲間もこの別荘に居るとの事、十分すぎる程休んだので体力も戻っているので早速会いに行く。
収容所の生き残りのカルノスは命に別状は無いがしばらくは絶対安静の状態だった
レムス、フレーネと合流し、とりあえずマーキュレイの街を散策してみる事にする
港の方へ行ってみると、デュルクハイム軍が上陸しようとしている所に鉢合わせてしまう
脱走した自分達を追ってきたのかと思うが
どうやらここマーキュレイはヴァルカニアの財源となっているのでヴァルカニアと戦争中のデュルクハイムは
マーキュレイを抑えて有理に立とうとしているらしい事が解った
デュルクハイムと敵対する事を選んだクレヴァニール達は三人でヴァルカニア軍を撃退しようと戦闘を挑む
苦戦していると騒ぎを聞きつけたマーキュレイ軍が後方からやってきた
マーキュレイの親衛隊長はデュルクハイムと戦う三人を見て共闘するように支指示する
マーキュレイ軍との共同作戦により、なんとかデュルクハイム軍を水際で追い返す事に成功する
クレヴァニール達はその功績を認められ、マーキュレイの女王との謁見を許される
女王アリシアとの謁見で、褒美としてマーキュレイの郊外に土地を与えられる事になる


ここで一旦中断します

24 :ラグランジュポイント 8:04/03/13 05:49 ID:bPYcetSL
というわけで選択肢は多いが、まずはサテライトベースへ。
モリタ博士は自分の研究室に去っていく。
ここはレジスタンスの拠点だけあって、さまざまな情報が得られる。

プレシデントファイブとは、イシスのリーダーだった5人の大統領で
トーゴ会長、タニア議長、オレギ、レデスマ、ウエーバーの5人。
そのうちの3人、オレギ、レデスマ、ウエーバーがバイオカイザーの
手下になってトーゴとタニアに戦争を仕掛けてきたそうだ。
シュトルテ博士はオレギたち3人と何か大きな計画に関わっていたらしく
バイオハザードが起きたのはそのため。タニア議長はバイオハザードが
発生した頃オレギたちに誘拐された。イシスのバイオハザードは最初から
シュトルテ博士の計画だったのかもしれないという推測も飛びかう。

サイボーグ部隊は、地球からシュトルテ博士を追って来たそうだ。
サイボーグ部隊の一人に話しかけると、ウルフ隊長の命令でポテトエリアに
「ミュー翻訳機」を探しに行ったが、こてんぱんにやられて戻ってきたのだという。
この弱虫でお気楽なサイボーグが「パミル・ファルダ」(仲間その6)。

25 :ラグランジュポイント 9:04/03/13 05:51 ID:bPYcetSL
また、サテライトベースは研究所でもあり、博士も多い。ある博士はバイオ軍に奪われた
「ハイドロウイング」の効能、ディスクで位置のデータさえ入れればあっという間にそこまで
飛んでいけるということや、今それがヴェスタ2にあるということを教えてくれる。
また、ランド2から避難して来た博士たちは、ランド2に「モリタカプセル」
「マツシタカプセル」を忘れてきたので、見つけたらモリタ博士やマツシタ博士に
届けてほしいと言う。

ランド2にはレジスタンスの部隊がいくつかいたが、イシス戦争で大地に
大きな亀裂ができばらばらに分断されてしまったそうだ。
また、イシスにいた動物たちはバイオハザードの影響で凶暴なミュータントと
化しているが、オレンジキャンプではバイオ軍から逃げてきたおとなしいミュータント
「ミュー」を保護しているという。
情報ボックスには、ランド2各地のレジスタンスの様子が入っている。
オレンジキャンプはバイオ軍から逃げてきた者はたとえミュータントでも保護をすると
呼びかけている。ポテト部隊のスコットは、武器庫を襲われて救援を求めている。
サイボーグ部隊ウルフ隊長は、コーンベースを留守にしていた間にアイアン部隊が来て
略奪して行ったので、ダン将軍を捕まえるといきまいている。

26 :ラグランジュポイント 9:04/03/13 05:55 ID:bPYcetSL
ディスクで町の位置データを読み込めばひとっとびでそこまで行けるようになる
「ハイドロウイング」の情報。バイオ軍に奪われ、今はヴェスタ2にあるそうだ。

ランド2にはレジスタンスの部隊がいくつかいたが、イシス戦争で大地に
大きな亀裂ができばらばらに分断されてしまったそうだ。
また、イシスにいた動物たちはバイオハザードの影響で凶暴なミュータントと
化しているが、オレンジキャンプではバイオ軍から逃げてきたおとなしいミュータント
「ミュー」を保護しているという。

情報ボックスには、ランド2各地のレジスタンスの様子が入っている。
オレンジキャンプはバイオ軍から逃げてきた者はたとえミュータントでも保護をすると
呼びかけている。ポテト部隊のスコットは、武器庫を襲われて救援を求めている。
サイボーグ部隊ウルフ隊長は、コーンベースを留守にしていた間にアイアン部隊が来て
略奪して行ったので、ダン将軍を捕まえるといきまいている。

そして、レジスタンスの指導者・科学委員会トーゴ会長に会う。
ジンの活躍は伝わっていて、認められて「ライセンスカード」をもらう。
これがあればサテライトベース研究所ブロックへのエレベーターに乗れるし、
ランド2のレジスタンスたちの町にも入れてもらえる。
トーゴ会長にランド2の地図データ「マップファイル2」を渡され、
ランド2に散らばる仲間の部隊から、バイオ軍のデータをインプットした
ディスクを取ってくるよう頼まれる。
ポテト部隊・オレンジキャンプ・サイボーグ部隊の3部隊だ。
そのうち、まずは救援要請のあったポテト部隊のポテトエリアに向かってほしいとのこと。

サテライトベースにはレジスタンス戦士のラウンジがあり、
ここでは途中で会った仲間たちが待っている。ラウンジでメンバーチェンジ可能。
また、研究所ブロックにはこのゲームの目玉である武器合体工場「ファクトリー」もある。

27 :ラグランジュポイント 10:04/03/13 05:58 ID:bPYcetSL
ランド2に旅立つにあたって、土地の情報も入ってくる。
ポテトエリアは、ポートのすぐ南に「カズの見張り小屋」というポテト部隊の基地があり
カズという戦士が「バイオの砦」を見張っているという。ポートの北には、かつて
ロボットまで売っていたというメカショップの廃墟が、そして西の果てにポテト部隊の町
ポテトタウンがある。
コーンエリアは、ポートの南に水路が広がっていて、バイオハザード前は水路内に
レジャーセンターやホテルも栄えていたという。水路の端にはクルーザーステーションがある。
コーンベースはサイボーグ部隊の基地でコーンエリアの西のはずれにあるとのこと。

 現在シャトルで移動可能な場所
 ランド1:セラミシティのポートへ。ランド1は現状で行ける範囲は行き尽くしている。
 サテライトベース:ラウンジやファクトリーがあり、拠点。
 ヴェスタ1:小惑星の表面を宇宙服着て移動する必要はなく、直接、居住区のポートへ着く。
 ヴェスタ2:こっちは宇宙服着て小惑星表面を探索しないといけないが、今は「酸素ボンベ」が
       切れていてポートの外に出れない。
 ランド2:3つのエリアのポートに行ける。

28 :ラグランジュポイント 11:04/03/13 06:01 ID:bPYcetSL
まずはポテトエリアに赴き、パミルが言いつかった任務「ミュー翻訳機」探しを
することになるのだが、ポテトエリア以外の場所にも行けるのでその様子を。

 ヴェスタ1:
  各地に点在するセーブ端末を利用するための「パスカード」をイシス市長が発行してくれる。
  ランド2はコーンエリアが1番危険、オレンジキャンプに行くには「ミュー翻訳機」が必要、
  オレンジエリアの沼の向こうにアイアン部隊の基地ができた、などの情報が入る。
  ランド1のエンゼル部隊にいる友達ミツヨを心配をする女もいる。

 オレンジエリア:
  岩山に囲まれたエリアで、ポートのそばに沼があるが渡れない。岩山の間の通路を
  進んでいくと基地があるが、入口のミューが通してくれないし、言葉が通じない。

 コーンエリア:
  コーンベースは、サイボーグ部隊の留守にアイアン部隊に略奪され、ウルフ隊長が
  メラメラ怒っている。コーンディスクもアイアン部隊に奪われた。ミューがウルフ隊長に
  何か言いにやって来たが、ウルフ隊長が怒っているので怖がって隠れてしまった。
  何を言ってるかわからないので「ミュー翻訳機」が必要。ポテトエリアのバイオの砦から
  「ミュー研究所」に行けるのだが、そこに翻訳機があることまで分かっている。

29 :ラグランジュポイント 12:04/03/13 06:04 ID:bPYcetSL
ポテトエリア。
まずはポートのすぐ南にある基地。ここが「カズの見張り小屋」で、ポテト部隊の戦士
カズとタケルがいる。
西と東に水路があり、西の水路は水がなければ見張り小屋の地下から入っていける。
東の水路の向こうには大地に大きい亀裂があり、そのふちにバイオの砦がある。
これは「バイオの楽園」まで通じていて、以前そこにはシュトルテ博士の「ミュー研究所」
があった。「ミュー翻訳機」はそこにあると思われるとのこと。

西にいくと、メカショップの廃墟があり、戦闘用ロボット「タック」がいる。(仲間その7)
コーンエリアの水路に囲まれた「医療センター」にある「医療キット」があればロボットは
人間を回復する能力を持てるそうだ。

西のはずれにポテトタウン。バイオ軍の襲撃を受けて店にあるものは全てもっていかれ、
ポテトディスクも奪われたという。バイオ軍はポテトタウンから少し離れた山の中にある
武器庫も占領し、スコットの弟バージルたちがあとを追ったが、沼を作られて戻って
来れなくなった。こっちからの援軍も行けない。ポテトタウンには「センターシティ」から
逃げてきた科学者がいる。ポテトタウンの東の水路のある地域はバイオ軍の支配下で、
「カイザーロード」を越えないと近づけない。科学者は水路に水がない時に命からがら
逃げてきたそうだ。

30 :ラグランジュポイント 13:04/03/13 06:06 ID:bPYcetSL
さて、ミュー翻訳機を取りに出発。
ポテトエリアの東、向こうが見えないほど大きい大地の亀裂のふちにバイオの砦がある。
ここに侵入し、地下深くにある通路を抜けると、その向こうは見るもおぞましい紫色の大地。
ランド2の中央、東西を大地の亀裂にはさまれた孤立地帯に広がる、異なった生態系の世界
バイオの楽園である。紫の大地をしばらく進むとミュー研究所がある。
奥にはミュー翻訳機があり、そのすぐ先の最深部には閉ざされたドアがある。ドアロックの
解除は「システムセンター810」の端末で行ってくださいとメッセージが出て開かない。
長い道を引き返し、ポテトエリアをあとにする。

ミュー翻訳機があればミューと意志疎通が可能。
ミューといえば、コーンベースに来たやつと、オレンジエリアで通してくれないやつがいる。
まず、パミルの任務を果たすためにコーンベースに行く。
コーンベースに来たミューは、オレンジエリアの沼を越えた所にダン将軍がいると
知らせに来たのだった。

31 :ラグランジュポイント 14:04/03/13 06:10 ID:bPYcetSL
次にオレンジエリア。沼は越えられないので基地のミューのところへ。
ミューに話しかければ、ここを通ればオレンジキャンプに行けると言って通してくれる。
トンネルを越えて山を抜けると、四方を山に囲まれた盆地にオレンジキャンプがある。
バイオ軍から逃れてきた者たちの砦だ。センターシティの科学者や、ミューたちがいる。
ここで、翻訳機なしでミューと意志疎通できる謎めいた女「リタ」(仲間その8)が
オレンジディスクを渡してくれる。

ミューたちによれば、バイオカイザーは生き物をみんな言いなりに、兵隊にしてしまう
そうだ。彼らはそんなバイオカイザーが大嫌いで逃げてきた。そして生き物の心が
わかるリタは、逃げてきたミューを守ってくれたという。
科学者たちからシュトルテ博士の情報がいくらか入る。シュトルテ博士の論文には、
やがて地球は限られた数の生き物しか住めなくなる、バイオの体を手に入れた者だけが
生き残れる、というようなことが書いてあったそうだ。シュトルテ博士はバイオノイドの
研究をしており、オレギたちをばけものにしたのはおそらく彼の仕業らしい。
他に、ひとっとびで町に戻れる高速移動メカ「ハイドロウイング」について。
バイオ軍に奪われヴェスタ2に隠してあるらしい。見つけたらくれるとのこと。

サンダー司令からジンの助けを求める連絡が入っているので、
すぐランド1のセラミシティへ向かうことになる。

32 :ラグランジュポイント:04/03/13 06:24 ID:bPYcetSL
「という」「そうだ」「とのこと」「らしい」 ばっかりだ。

前スレ
>>475-476  0 1
>>518-523  2〜7
このスレ
>>24 >>26-31 8〜14

ストーリーに区切りをつけるなら
 1〜7 ランド1を出るまでが序盤
 8〜 行動範囲が広がってからが中盤
   8〜10 中盤出発前 第0パート(サテライトベース)
   11〜14 中盤第1パート(翻訳機、オレンジディスクゲト)
        中盤第2パート(ランド1に戻って)
         …

という感じです。中断。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 07:38 ID:X2mmasae
聖剣伝説レジェンドオブマナ 予約〜。
なんか以前予約済みリストに入ってた気がするが

数十周目やりつつ纏めてるんでもうちょっとかかるけど…

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 08:54 ID:faxyICVx
簡単にどんな感じか重要な所だけ書くのと
10とかレスして詳しく書くの、どっちがいいんだろ。
お使い部分とかけっこうはしょってもいい気がしない?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 09:52 ID:2+dOTFNC
>>34
以前、自分が同じ事聞いた時
自分が書き易い書き方で…
と言われた。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 10:43 ID:9kpT23O2
新スレ立ってた…。前スレに書き込んでしまった。スマソ。

37 :FF10-2隠ダンでのトレマ会話:04/03/13 11:42 ID:9kpT23O2
ベベルで、新しく発見された隠しダンジョンでのイベントです。
最下層のトレマと会話するシーンのみだと、意味不明になりそうだったので、
一応会話イベント発生階層全て書きます。
ただ、会話のみで進むイベントですので、会話しか書けません。
ご了承ください。

では始めます。


●最上層●
ユウナ :「ねえ…ここって…。」
パッセ :「うーん…」
ハナ  :「ここに似た場所知ってるよそれはねえ…」
リュック:「異界だ!」
ハナ  :「言おうと思ったのにー!」
リュック:「あ、ごめん。」
????  :「1年ぶりの訪問者か。」
ユウナ :「あなたは?」
????  :「ここは長らく封印されていたが、トレマなる人物が封印を解いた。
      トレマは単身奥へと分け入り…以来地上には戻っておらん。」
パイン :「だそうだ。」
リュック:「んで、トレマって人はさ…」
ハナ  :「ねえ…」
パッセ :「こども団退却?」
ハナ  :「退却!」

38 :FF10-2隠ダンでのトレマ会話:04/03/13 11:43 ID:9kpT23O2
●20階層●
フロア中央に、キノック老師らしき人物が立っている。
パイン :「キノック老師!」
リュック:「死んだんだよね?」

・キノック老師は、アラーネア(モンスター)へと姿を変える。
・倒すと会話の続きが始まる。

パイン :「さまよう死人か。」
リュック:「この奥にもいっぱいいる?」
ユウナ :「たぶんね。」
リュック:「あたしたち、帰るといいと思うよ。」
ユウナ :「眠らせてあげよう」
パイン :「行くか。」
ユウナ :「うん。」
リュック:「…やっぱり。」

39 :FF10-2隠ダンでのトレマ会話:04/03/13 11:45 ID:9kpT23O2
●60階層●
ここの階層にいるボスに勝つと、会話イベント発生。
パイン :「いないな。」
ユウナ :「誰が?」
パイン :「トレマ。」
リュック:「ねえ それ誰?」
パイン :「新エボン党の創設者。
      過去のスフィアを独占して、姿を消したって話は聞いていたけど…
      こんな場所にもぐりこんでるなんてね。」
ユウナ :「だけど 1年も前でしょう?じゃあもう…」
パイン :「最初から死人だったとしたら?
      トレマは強力な魔物をあやつる技の持ち主だったらしい。」
リュック:「だったらさ、よけいに帰ったほうが…よくない?」

40 :FF10-2隠ダンでのトレマ会話:04/03/13 11:49 ID:9kpT23O2
●最下層●
パイン :「あんたがトレマとはな。」
リュック:「やっぱり死人だよ…」
ユウナ :「教えて下さい なぜ過去のスフィアを隠したんですか?」
トレマ :「人は過去に縛られずにはいられない。
      ゆえに 未来に目を向けるためには、過去を封印せねばなるまい。」
パイン :「過去を……封印?」
リュック:「じゃ、みんなが集めたスフィアは?」
トレマ :「消した……幻光となって散っていったわ。」
ユウナ :「なんてことを…」

トレマ :「未来を背負う若人を育てるべく
      訓練場を設けたものの…
      ナギ節が訪れてほどなく、わしは過ちを悟った。
      『シン』という敵を見失った若人たちは、意味もなく力を振りかざし始めた。
      きたえた力を抑える心の強さを、持ち合わせていなかったのだよ。
      彼らの心をきたえるために。
      わしは決意した。スピラの過去を抹消すべしと。
      ふりむく心は弱くなる。
      いっさいの過去を…
      そう すべてを捨てし者だけに、「すべてを超えし者」となる資格がある。
      大召喚士ユウナ おまえもまた、多くの過去を振り捨ててきたはず。
      過去を捨てて得た力を見せるがいい!」

・すべてを捨てし者と戦闘。
・倒すと、トレマ戦。(2連戦ってこと。)
・勝つと会話イベントが再開する。

トレマ :「おまえこそ すべてを捨てし者…」
ユウナ :「捨ててなんかいません
      強くなりたいとか 変わりたいとか思うけど…
      だからって過去をなくしたら、そんなの私じゃない。」

トレマ :「お前がお前であることに、いかなる意味もありはしない……。」

41 :FF10-2隠ダンでのトレマ会話:04/03/13 11:52 ID:9kpT23O2
以上が隠しダンジョンでのイベントです。
幻エンディングも書きますが、もう少し待ってください。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 12:06 ID:2wpnU7ZV
ヌージ、ギップル、バラライ、パインのスフィアも誰かお願いします。
俺、ギップルのは見て無いので。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 12:17 ID:9kpT23O2
じゃあ、ついでに書きましょう。
もう少し待っててください。

44 :白狼軍兵士B:04/03/13 15:31 ID:9gESwAkv
>10-12
マザー2はるか前にやって忘れてたから待ってました。
気長に続きまってるよん。
どせいさん…どせいさんってなんだったか思い出せない…。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 15:32 ID:9gESwAkv
ああっ!他スレの名残が!恥ずかしい!!!!
すんませんでした

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 16:29 ID:eeJpbyGN
あれ?ライブアライブの最終編まとめにはいってない?

47 :真女神転生I:04/03/13 17:03 ID:Cb6PMm7L
ヒーローは夢を見た
夢の中で二人の少年と出会った

「これは神に捧げられし魂」と説明された少年はロウヒーロー
「これは力を求める乾いた魂」と説明された少年はカオスヒーロー

二人の少年と共に夢の中を進むと、裸の女に出会う
「わたしは ゆりこ、あなたのことを待っていたのよ…永遠のパートナーとして」

夢から覚めると母親にコーヒー豆のお使いを頼まれた
PCに妙なファイル添付メールが届いている
送信者は「スティーブン」、ファイルは「悪魔召喚プログラム」
スティーブンは近々「悪魔」が現れると言う、
その時のために悪魔に対抗するための力「悪魔召喚プログラム」を無作為にネット上にばら撒いたらしい
よくわからないが召喚PRGをハンドヘルドコンピュータにダウンロードした

飼い犬のパスカル(ハスキー犬)に挨拶し、吉祥寺の街へ出かける…
隣に住む幼馴染の少女に会うと「彼氏とデート」だと浮かれていた

街では「殺人事件」のことが話題になっている
「井の頭公園」で女子高生が殺されたらしい
殺人事件はさておき、母親に頼まれたコーヒー豆を買った

そのままアーケード街をうろついていると、様子のおかしい男に出会う
男が苦しみ出したかと思うと、悪魔「ガキ」に変貌した
ガキはヒーローに一撃浴びせた後、去って行ってしまった
男の持ち物だと思われるナイフが落ちていたので拾う
そのまま外に出てそのナイフでヤクザやチンピラを狩ったりした

家に帰って就寝
するとまた夢を見た
夢の中では数人の男が気味の悪い儀式を行っていた
儀式では一人の少女が悪魔に生贄として捧げられようとしていた
「早く私の名前を呼んで!」という少女
少女(ヒロイン)の名前を呼ぶと男達は消え去った
「いつか私に会いに来て…」

幼馴染(ヒロインと同じ名前を持つ)に会うと、殺人事件の騒ぎでデートはおじゃんになったらしい

話題になっている井の頭公園へ行くと、汚らしい身なりの老人に出会う
「法と混沌、どちらに傾いてもいかん、両方を天秤からこぼさぬよう進みなさい」という謎めいた助言を受ける
「とりあえず力を見せてもらおうか」と言われ、夢の世界へ送られる

夢の世界で再び二人の少年に出会う
二人の少年とともに夢の世界を進むと、ターミナルの間で怪しげな実験に耽る男と出会う
男は突然「超人ドウマン」の本性を現しヒーローたちに襲い掛かってくる
安部晴明のライバルだったという陰陽師ドウマン
今のヒーローたちでは太刀打ちできない
「今のお前には無理なようじゃな」老人はヒーローたちを現実世界へ引き戻す

48 :真女神転生:04/03/13 17:06 ID:Cb6PMm7L
家に帰ろうとすると、公園の殺人事件の容疑者として警官に連行されてしまう
なぜか病院に連れてこられる主人公

院内の牢獄には先客がいた
先客は夢の中で出会った少年、ロウヒーローであった
彼はヒーローの幼馴染の彼氏らしい
ロウヒーローと協力して牢を抜け出す

病院では人体実験が行われ、人間が「悪魔」に改造されているようだ
院内の別の牢獄には、あの「スティーブン」も囚われていたようだ

スティーブンは物質を遠くへ転送する「ターミナル」を研究する科学者だったらしい
しかし、「ターミナル」が魔界と繋がり、人間界に悪魔が出没するようになってしまった
スティーブンは悪魔に襲われたことにより負傷、車椅子の生活になってしまった
その時の苦い経験が元で、悪魔に対抗する力「悪魔召喚プログラム」を開発するに至ったという
今回の騒動に原因は彼のようだ、迷惑な科学者だ

彼はとりあえず放っておいて、病院を支配する悪魔を倒しに行く

人間を弄ぶのは「堕天使オリアス」
ロウヒーローと協力してこれを撃破する

アーケード街でオザワ率いるチーマー集団にリンチされている少年を見つける
止めに入るロウヒーロー、チーマーたちは去っていった
リンチされていた少年は「俺に力があれば…」と悔しがる
少年は夢の中でであったカオスヒーローであった
いつかオザワに借りを返すため、ヒーローたちに同行するカオスヒーロー

三人でヒーローの家に帰る
母親の様子が変だということを見破る二人の少年
悪魔アマノサクガミが母親の皮をかぶって化けていたらしい
「カンがいいな。お前の母親は頂いた。悲しむことはない、すぐに俺の腹の中で会わせてやるよ!」
アマノサクガミを殺す主人公たち

いつまでも家にいてもしょうがないので外に出ることにする
飼い犬のパスカルがついていきたいようなので連れて行くことに
パスカルを悪魔と合体させると強力な悪魔「ケルベロス」へと変身する
主人公より遥かに強い悪魔だが、パスカルであったときの心は残っているようだ
忠実で強力なしもべを仲魔にしたヒーロー
夢の中でドウマンと闘った「エコービル」へと向かう

49 :真女神転生:04/03/13 17:14 ID:Cb6PMm7L
全然進んでないが今日はここまで

・蛇足
車椅子の老人「スティーブン」が無作為にバラ撒いた悪魔召喚プログラム
それをハザマ(真女神転生if...のラスボス)が受け取ったのがif...の事件の発端

パスカルは「ナカジマ」さんから貰ったらしい(これはGBAリメイク版での後付設定だが)

50 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/13 20:00 ID:JZR//hGz
(送迎船に乗るまではわらべ唄篇と同じ。船長にわらべ唄を聞くのも同じ)

島には半ば海に没した小洞窟があった。「探検したくなるわね。中に宝物があるかも」と真理。
それを聞いて船長は、
「あの洞窟の中は迷路のように入り組んでいると聞いた。甘い考えで危ない真似をするな」と厳しく言った。

三日月島には『暮拿島(くれだじま)』いう呼び名もある。
島の内海は『穢牛頭(えぎゅうず)の海』と呼ばれていた。昔、島では牛を神に捧げていたからだそうだ。
大学で民俗学の助教授をしていた船長の息子は、その話を聞くと
『あの島には岸猿家の秘宝が隠されている』と言って『底蟲村』に行き、死体となって洞窟から出てきたのだ…。

館に着いた透たちをキヨが迎え入れた。応接室には懐かしい顔が揃っている。
まだ部屋が片付いていないので、しばらく島でも見物していてくれ、とキヨは言った。
透は真理を海へ誘うが、真理は館を探検したいと言い出した。しぶしぶ付き合う透。
物置部屋で二人は『覚書』と書かれたノートを見つけた。
このノートを手にしたのなら、自分の代わりに岸猿家の財宝を見つけ出してほしい…ノートにはそう書かれていた。
ノートの持ち主は網曳(あびこ)和弘。あの船長の息子だろう。
真理はノートを読むと「宝探しをしましょう!」と言って透を底蟲村へ引っ張っていった。

底蟲村に行くと、村の中心部には小さな祠があった。
祠の石碑には『久納租宮(くのうそきゅう)』と彫られている。
網曳のノートには『久納租宮は蛇尾輪道(だびりんどう)に通ず』と書かれていた。
そして『あくたれいたちのふうのしん』は一字飛ばしで『クレタの牛』と読めることも。
どうやら三日月島にはギリシャ神話との共通点があるようだ。
『暮拿島』は『クレタ島』、『穢牛頭の海』は『エーゲ(アイギウス)海』
『久納租宮』は『クノッソス宮殿』、『蛇尾輪道』は『ラビリンス』…
クレタ島のミノス王がラビリンスにミノタウロスを幽閉したという神話。それに似た話が岸猿家にも伝わっていた。
生贄にするための牛を世話していた娘が突如妊娠し、牛の頭を持った子どもを生むという伝説だ。

51 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/13 20:01 ID:JZR//hGz
ノートをかなり読み込んでいた真理は
「岸猿家の秘宝は蛇尾輪道にある。そして蛇尾輪道はここの地下にあるのよ」と言った。
祠の仕掛けを作動させると、透たちを乗せたまま祠の周辺がエレベーターのように下へと降りていった。

蛇尾輪道にはわらべ唄の歌詞になぞらえた数々の仕掛けが待っていた。
それを解くたびに古ぼけた鍵がひとつずつ手に入った。
先に進んでいくと、行き止まりに切り株のような石の台があった。順番からすると、次の見立ては《山姥》の歌詞なのだが…
「わかった!僕が《山姥》になればいいんだ!」
透が台に乗ると、台は真理を残して上昇してしまった。昇りきったところの正面に横穴がある。
「透一人で先に進んで」という真理の言葉どおりに、透は横穴に入っていった。

通路の奥から声が聴こえた。木製の扉の向こうからする、人のような獣のような、哀しく苦しげな声だ。
扉には鍵がかかっている。透は途中で手に入れた鍵を使い、扉を開けた。

部屋の中にはいくつもの燭台が置かれ、部屋の中心にいる声の主を照らし出していた。
紫色の座布団の上に載せられた、大きな牛の首。
まるで人間のような表情で、ぼろぼろと涙をこぼしている。
「せっかくの宝だ。ゆっくりとそばで見たらいい」
そう言って部屋の中に透を押し込んだのは、送迎船の船長だった。

船長の側に若い男が立っていて、その男に真理が捕まっていた。
男が真理を透のほうへ突き飛ばした。透にしがみつく真理。
「この牛が…宝」呟く透に、
「そうさ。岸猿家の秘宝だよ」船長が答えた。
牛の頭が人間の唇と歯と舌で喋った。「我ハ牛ニ非ズ」
「件(くだん)ね」と真理が言った。
くだんは人の身体に牛の頭を持つ怪物で、未来を予言する能力がある。
「それはくだんなんかじゃあない。岸猿家がその秘法で作り出した牛頭(ぎゅうず)様だ」と船長。
「平安の時代から我が一族に伝わる秘法よ」船長の背後から現れたのはキヨだった。

52 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/13 20:02 ID:JZR//hGz
キヨの本名は岸猿キヨ。岸猿家の最後の生き残りだった。
船長と一緒にいる若い男は船長の息子・和弘だ。秘宝の話は船長と和弘の作り話だったのだ。
「ぎゅうず様には予言の力があるが、その力を維持するには生贄の血が必要なのさ」と和弘は話す。
昔は人間を生贄にしていたが、近代になってそれが難しくなり、牛の血を代わりに使った。
しかしやはり代用品は効力が薄く、ぎゅうず様の力は衰え、漁村は廃れて岸猿家も没落した。
最近になってキヨの存在がわかり、これで秘法の再現の目処がたった。
船長たちは生贄を呼び込むために嘘の秘宝伝説を流したのだ。

「さてと、ぎゅうず様がお待ちだ」と船長は鉈を取り出した。
「ソコナ二人、ヨオ聞ケ」突然牛の頭が喋り始めた。
「頭捨テ、蹴リテ終ワル」
「ぎゅうず様のお言葉です。これは避けることの出来ぬ予言」キヨは牛の頭に近づいた。
そして牛の流す涙を拭う。「そうか、哀れよのう。神の御身にしても永劫の時は辛うございましたか」
キヨも涙を流しながら、透たちに言った。「聞きましたか。終わらせるのです」
透は「わかったよ」と言って、牛の頭を床に転がした。
船長が鉈を振りかざして止めようとするが、真理がその腕にしがみついて邪魔をした。
透が牛の頭を蹴った。牛の頭が裂け、中から臓物のようなものが流れ出す。
呆然としている船長を殴り、透は真理の手を引いて走り出した。
キヨが小さくお辞儀をするのが見えた。

透たちは枝分かれした洞窟に出た。洞窟の壁や床は濡れていて、舐めるとしょっぱい。
今までは海に没していたのだろう。《かまいたちの夜》の影響で潮が引いているのだ。
この先は海から見た洞窟に通じているに違いない。「ここから海に出よう」透は言った。
透たちが進んでいくと、先の方が明るくなっていて夜空が見えた。
透は泳げないと言う真理を抱えて海に飛び込んだ。

53 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/13 20:03 ID:JZR//hGz
波止場に着き、海から上がると、そこには船長と和弘が待ち構えていた。
「他の出口は塞いできた。ここ以外に出る場所はないからな」
キヨに新たなぎゅうず様を作り出す力は無い。ただの足手まといだから洞窟内に閉じ込めてきた、と船長は言った。
「他の招待客は帰すとして、いらぬことをいろいろと知ったやつは…」船長が鉈を振り上げた。
死を覚悟して、透は真理をかばうように前へ出た。
その時、ずるりと船長たちの身体が沈んだ。見ると二人は腰まで地中に埋もれている。
二人の肩に、キヨの細い腕がかかっていた。
キヨの姿は幻のように透き通っている。
「岸猿家の秘法を甘く見てはならん。網曳村の人間ならそう聞かされてはおらんかったか」
キヨの腕に力が入り、二人は水に沈むように地面に飲み込まれていった…。

「村人たちには夢でぎゅうず様の死を伝えておきます。もう岸猿家があなたたちに迷惑をかけることはありません」
キヨは笑った。その姿がだんだん薄れていく。
「力を使いすぎたようですね。それでは、お世話になりました」
そう言って、消える寸前にキヨは深々とお辞儀をした。
「これで終わったのね」真理が透にしがみついてきた。透はその肩をしっかりと抱き寄せた。
岸猿家の財宝以上に素晴らしい宝を、透は手に入れたようだった。

洞窟探検篇・完

途中の選択肢や、謎解きの進め方によって中間部分の細部は違ってきます。

54 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 20:48 ID:J+gzDveD
オネットの町でパワースポットの洞窟に向かうが、近頃動物が凶暴になり人間に襲い掛かるという事件が多発しており
警察により洞窟へと続く小屋が閉鎖されている。
オネットの不良少年団「シャーク団」のフランクが小屋の合鍵を持っているという情報を手に入れネスはフランクと相対する。
無事フランクを倒したネスは最初のパワースポットへと向かい、地球の力と音を手に入れる。

次のパワースポットを探すため、ネスはオネットの町を後にしてツーソンという都市に向かう。
そこにはTVなどで有名な超能力少女、ポーラがいる街だが、ポーラは行方不明になっている。
ツーソンの街の宿屋で一泊していると夢にポーラが現れる。
ポーラは自分が地球を救うと予言された少女が自分であるとネスに告げ、自分は今はギーグの手下に洗脳された人々により
誘拐されてしまったので助けにきて欲しいとテレパシーで訴えてきたのだった。

ネスはポーラが最後に目撃されたときに話していたという、青い服を着た人物と太った子供の行方を追う。
ツーソンの街から続く谷間を越えたところにある村で、何でも青い色に塗りつぶすという
謎の宗教が流行っているという話を聞き、ポーラを救出しにネスは
新興宗教、ハッピーハッピー教の教祖が住むハッピーハッピー村へと向かう。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:53 ID:1xSoNn11
これもっと短く出来るんじゃないのか?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:56 ID:eeJpbyGN
>>55
俺は詳しく長い方が良い。

57 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 21:01 ID:J+gzDveD
ハッピーハッピー教の教祖と激しい戦いの末、ネスはポーラを救出する。
ネスに倒されたことで教祖の洗脳は解け、信者も普通の生活へと戻っていく。

普通の村人に戻った元ハッピーハッピー教信者から、この村へ来る途中にあった谷間にも
パワースポットらしき場所があるという情報を手に入れネスとポーラはそこへと向かい
2つ目の力と音を手に入れる。

ポーラと共に旅に出ることになったネスはスリークという街に向かおうとするが
ツーソンからスリークに続くトンネルにお化けがでて、スリークに到達できないという事態が起こっていた。
成すすべなくツーソンを彷徨っていると、ポーラを誘拐した人物を教えてくれたトンチキがネスに話し掛けてくる。
トンチキは実は裏の世界に精通した人物でネスを弟子にしたがっているがネスにはネスの道があるのだと理解して
弟子になれという説得を諦める。
代わりに札束をネスに手渡し、お化けが明るい音楽が苦手であることを告げて去っていく。

ネスはその札束を使い、借金で苦しんでいる自称人気バンド「トンズラブラザーズ」の借金を清算してやる
ネスに感謝したトンズラブラザーズは、ネスたちの役に立とうとスリークの街まで楽器を演奏しながら車を走らせるという。
そしてネスたちは無事にスリークの街へと辿り着くことに成功したのであった。

58 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 21:18 ID:J+gzDveD
スリークの街でネスたちは一旦トンズラブラザーズと別れ、トンズラブラザーズは次の街へと向かっていった。
ポーラの予知能力でこの街でもう1人、世界を救う仲間と出会うことになるということが分かる。
しかしスリークの街はゾンビが歩き回っているという非常事態に直面していた。
ネスたちはゾンビを退治しようと墓場へと向かうが、最奥までは到達できずスリークへと帰ってくる。
するとゾンビと会話する謎の美女がネスの前に現れる。
ネスたちが後を追うと逃げてしまう美女を追いかけ、追い詰めるとなんとその美女もゾンビであった。
ゾンビの罠にかかったネスたちは地下室へと閉じ込められる。このままでは飢え死にするやもという状況で
ポーラはまだ見ぬ3人目の仲間へ向けてテレパシーを発信する。

ポーラのテレパシーは遠い北国ウインターズの学校スノーウッドの寄宿舎で眠っているジェフの元へと届いていた。
ポーラの祈りに応じてジェフは寄宿舎を抜け出し、途中風船ガムが好きな猿、バルーンモンキーを仲間にして
ジェフはテレパシーに言われるまま南へと向かう。
途中タス湖という湖の幻の恐竜、タッシーの協力を得て、謎のダンジョンおじさんの作ったダンジョン迷路を突破し
ジェフの父親でもあるアンドーナッツ博士の研究施設に辿り着く。
事情を聞いたアンドーナッツ博士は試作品の飛行機械「スカイウォーカー」を発進させる。

59 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/13 21:25 ID:J+gzDveD
ポーラのテレパシーのままにスカイウォーカーで進むが燃料切れで墜落してしまう、が
落下したのは偶然にもスリークの墓場の地下、ネスとポーラが閉じ込められている地下室であった。
ジェフは無事、ネスとポーラに合流し3人でゾンビ退治へと向かう。

続く。

>>55
長くなってしまいすいません、マザー2は前半ででてきたキャラが後半で重要な役で
でてくるということが多々あるのであまり端折ると話の繋がりがおかしくなるので勘弁してください

60 :藤丸地獄変(7〜9):04/03/13 21:29 ID:a95RylTB
七幕・大打撃

藤丸は「戦いに巻き込まれるのは忍者がいるからだ」と考え、全ての忍軍
を壊滅させようと決意。最初の標的として、伊賀忍軍を目指し、隠れ里を
出て行く藤丸達。だが、残された隠れ里を、風魔忍軍が襲ってきた。
残された僅か数名は狼煙を上げ、自分達だけで藤丸達が帰還するまでを
忍ばねばならない。
苦しい戦いを耐え、無事藤丸達が戻ってくると、風魔忍軍はすぐさま引き上げて
行ってしまった。

八幕・逆襲

風魔忍軍に襲われた事で、忍者としてもっと力を付けなければ生き残れない
事を悟った藤丸達。隠れ里で修行をつむ日々が続く。
そんな折、雑賀孫一率いる雑賀衆が沢山の火器を所持している事を知った
藤丸達は、少数のゲリラ部隊で武器を奪う作戦を立てる。里を出た彼等の前に
分身の術を会得した加藤段蔵が立ちはだかった。戦いの中で、藤丸は朱雀の
祠を発見。四神の一人である朱雀は、藤丸に「朱雀の剣」と力を与える。
本物の加藤を倒し、彼等は先を急ぐ……。

九幕・雑賀孫一

雑賀衆の根城に踏みこんだ藤丸達を、すでに臨戦体制を整えた雑賀孫一が
迎え撃つ。銃火器を装備した彼等は、武器が欲しければ力尽くで奪えと挑発。
火薬庫にいた妙な男は、所持金の半分をくれれば仲間になると言う。興味を
持った藤丸が承知すると、花火師伝八が仲間になる。
超常の力を持って生まれた故に迫害されてきたゆりな、名前すらない巫女など、
幾つかある奴隷小屋に捕まっている人達を仲間に加え、雑賀衆を撃破。
強力な武器を手に入れ、隠れ里への帰路につく。

※ゆりな:21歳。特殊な能力を持ち、薄幸に育った。雑賀衆に囚われていた。
※花火師伝八:23歳。雑賀衆で奴隷扱いされていた。忍者に憧れている。
※蘭:名前すらなく、奴隷小屋に囚われていた巫女。名前はPLが選択する。
※霞打ちの松吉:24歳。雑賀一族の忍者。鉄砲が得意。
※夜目の雷太:22歳。雑賀一族の忍者。梟を操る。

61 :藤丸地獄変:04/03/13 21:37 ID:a95RylTB
チビチビ書いてます。大トロだけど、ご容赦を。

ただ、真ED(全員分)をアップするためには、EDをビデオにとって紙に書き写して
さらにそれをパソコンに打ちなおすという作業が必要なのに気付いた。

・・・いや、確か最終幕のデータを残していたはず。
でも、数年前からほったらかしだし、データが壊れてないかどうか。
最悪、最初から真EDまでをもう一度プレイか?_| ̄|○

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 21:44 ID:eeJpbyGN
>>61
楽しみにしてる。がんばってくれ。

63 :個別の11人 ◆Hxv6Ljv24E :04/03/13 21:50 ID:BMDcdkZ9
>>藤丸地獄変

正直、そんなゲーム興味無いし、君の文章自体も駄文。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 22:06 ID:HOZ84ov7
ああ
なんかお約束なアホが沸いてきたな

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 22:17 ID:eeJpbyGN
学生は今春休みなんだっけ?相手にするのも面倒だから放置しようよ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 22:34 ID:+MTVkYyH
>>5
エルナード

67 :藤丸地獄変:04/03/13 23:01 ID:a95RylTB
一応>4のご要望に名前があったのを確認してから書き始めたんだけど・・・。
もしかして、もうみんな興味失って忘れてたのかな。マイナーなゲームだし。

古いゲームを掘り返しちゃってスマソ。
万人受けしないのは知ってたけど、個人的に好きだから、つい書きたくなっちゃったんだ。
確かに文章上手くないし・・・。(;´Д`)
邪魔だったら、ここまでで止めておくけど。

でも、中途半端になってしまう。いっそ、最初から全部なかった事にしてもらえる?
まとめサイトに載せないようにお願いってできるんですか?
どうしよう。どうすればいいかな・・・。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 23:08 ID:8e6b+T9d
>>67
内容で分かると思うが、あれは、
単なる煽りだから気にするな。
続きガンガレヽ(´ー`)ノ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 23:15 ID:9ID4YPG8
SDガンダム外伝2 円卓の騎士お願いします
小房のころやってたけどゲームが壊れててセーブしてもすぐ消えてしまいました
それで14時間くらいがんばって続けてがんばってやったけど足でソフト踏んであぼーんしました
思い出のゲームなんでおねがいします

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 23:21 ID:eeJpbyGN
>>67
聞くところによると真ラストには衝撃が待っていると聞いているのでぜひ見たい。
ゲーム自体も買ってみたんだが、要領がつかめずにやめてしまったので教えてもらえるのは大変ありがたい。がんばれ。

71 :すしボンバー ◆iV8AYUOKYI :04/03/14 00:11 ID:ShMoAPRC
ウイニングイレブン7

U−23の主力であった大久保嘉人であったがオリンピック代表とA代表どっちにも選ばれず
泣き崩れていた・・・
そのとき電話がかかってきた・・・先輩の久保であった・・・
久保は大久保と他5選手を誘い謎の店に連れて行く・・・・


それが伝説の始まりだった・・・・    続く



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 00:52 ID:r5Z3FGvt
前スレのバロックの続き待ってます

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 01:32 ID:XK9nMwtj
>>67
ガンガレ。
漏れも去年まで藤丸やってたぜw
世間じゃマイナークソゲー扱いだけどな…。

PS2でリメイクキボンヌの一番手なんだがな〜俺の中で

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 01:52 ID:u+0G60kN
>>72
よかったら自分が書きますよ?
ただ、何年も前のおぼろげな記憶を関連本等で埋め合わせながらになるので
細部が違ってるかもしれないけど。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 02:17 ID:FU7wlzjU
>>74
おお、よみたいです!是非。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 03:07 ID:cWgrw4DC
前スレで書いてた人は?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 03:13 ID:5YTC9XtY
前スレの方がまだ続きを書いてくれるかもしれないし、
少なくともこのスレが終わるくらいまでは
待った方がいい気がする<バロック

丁寧に導入やキャラの説明をしてくれていたし、期待してる

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 10:54 ID:R+zXeodY
>19
サマナー読みたいです
お願いします。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 15:30 ID:a6vFVUA7
鬼武者おねがいさますm(_)m

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 16:24 ID:Z98jfE61
「英雄伝説 白い魔女」って移植されてたよね?
シナリオの良さが評判なので是非お願いします。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 16:33 ID:5oedEBW3
鬼武者3ならやったばっかりなので書けるかも

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 16:42 ID:DGitPIYX
途中で挫折したスペクトラルタワー2希望



83 :ライブ・ア・ライブ 最終編-デフォ7名の場合 1:04/03/14 17:46 ID:hw2WRv6t
需要ないかもしれないけどね
------------------------------------------------
それぞれの世界において宿敵
(ちなみに全てボスの名前は「オディオ」のもじり)を倒した7つの世界の主人公達。
しかし奴らを倒し、事件にひと段落のついたとき、
突如として暗闇の世界へと飛ばされてしまった。

逃げ場のない暗闇の世界で(プレイヤーの選択した)主人公は
彼(彼女)は彼らを誘ったという「オディオ」なる者の声を聞く。
オディオはこう語る、
1つは、英雄になった主人公達に対し、助けを請うばかりだった他者に救う価値

などないのではないかと。
もう1つは、彼らの戦ってきた目的そのものが、人間の信頼という幻想に過ぎない

のではないかと。
葛藤を感じつつもオディオに反発する主人公達。

 自分にとって大切なもの‥‥それを守るためならば
 他者を傷つけていいのか‥‥?
 お前達も この世界にすんでいた醜い人間達と同じだ‥‥
 あいつらと同じ様に‥‥己の生き様を後悔しながら‥‥
 別れを告げさせてやろう‥‥

そう言い残すとオディオの声は消え、主人公達は
ルクレチア王国に送り込まれてしまった。



84 :ライブ・ア・ライブ 最終編-デフォ7名の場合 2:04/03/14 17:48 ID:hw2WRv6t
魔王オディオとなったオルステッドにより、
人が消え、強力な魔物の徘徊する異界に変貌したモノトーンのルクレチア王国。
そこを旅する主人公達にかつての住人達の亡霊はルクレチアの最期を嘆き、
かつてオルステッドが信頼した仲間たちは
彼の破滅に無念や自責の念を語るのだった。

ともに送られてきた他の世界の仲間達とあるときは戦いを交えながら合流し、
ルクレチアに隠されたそれぞれの主人公を象徴する
ダンジョンを越え主人公達はオディオの待つ魔王山へと向かう。

山の最深部にてかつての宿敵たちの像を発見する主人公達。
そしてその先には、オルステッドが彼らを待ちうけていた。

 真の強さとは‥‥
 ためらいなく 人を殺せるかどうかだよ‥‥
 お前達も この世界のあらゆる人間の様に‥‥
 己の生き様を 後悔しながら‥‥
 その罪深き人生に別れを告げさせてやろうッ!!

死闘の末、勝利を収めた主人公達。
オルステッドはトドメをさせと彼らに言うが・・・



85 :ライブ・ア・ライブ 最終編-デフォ7名の場合 3:04/03/14 17:52 ID:hw2WRv6t
■トドメをさした場合
トドメをさし、すべてに幕をおろしたはずの主人公達。
しかし最期に自らを裏切ったはずのアリシアの名を遺した
オルステッドの姿は、彼らの胸中にやるせない気持ちを残すのだった。

>バッドエンディングへ

□トドメをささなかった場合
あえてトドメをささず、山を降りようとする主人公達。
しかし像の部屋にさしかかったところで後ろからオルステッドが現れた!

 私を倒しても‥‥私は生き続ける‥‥
 知るがよい『オディオ』の意味を!
 それは‥‥太古の昔より‥‥
 はるかなる未来まで!平和なる時も‥‥
 混乱の世にも!あらゆる場所!あらゆる時代に!!
 戦いの火ダネとなるものッ!!
 それは人間が存在する限り永遠に続く『感情』なのだ‥‥
 その感情の名を‥‥『憎しみ』あるいは‥‥『オディオ』というッ!!

86 :ライブ・ア・ライブ 最終編-デフォ7名の場合 4:04/03/14 17:54 ID:hw2WRv6t
復活してたかつての宿敵『オディオ』達。
それぞれの時代に帰る為に、
それぞれの人生を賭けて、
主人公達は最後の決戦に挑む。

 ここで中世編をのぞく各シナリオの最終ボスと
 もう一度1対1の勝負をすることになる。

全ての『オディオ』達を再び倒した主人公達。
何故勝てないのか、自分達と主人公達の何が違うのかと
叫ぶオルステッドたちに主人公達は自らの考えを諭す。(キューブは黙ってるだけ)
自分の心の弱さを学び、人を信じることの力や暖かみを思い出したオルステッド。
(このあと彼が倒れたのかどうかは覚えてないので補足キボン)
それを見届けた主人公たちは元の世界へ帰り、
それぞれの人生を再び歩み始める‥‥。

>全ての仲間にあっている場合:ベストエンディング
>仲間を一名以上逃している場合:ノーマルエンディング

87 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/14 18:02 ID:LkLVfXyH
オナニーレスはほどほどにしとけよ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 18:03 ID:KvYsrT5V
ライブアライブの最終編って誰か書いてなかった?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 18:07 ID:hw2WRv6t
ホントだ 前スレにあった _| ̄|○
まとめにはいってないんでないのかとおもったよ ゴメソ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 18:10 ID:KvYsrT5V
なんで入ってなかったんだろう?まとめ忘れかな?管理人さんお願いします。l

91 :藤丸地獄変(10〜12):04/03/14 20:47 ID:vwnbTGiX
十幕・悪魔の蜘蛛

隠れ里に戻る途中、藤丸一行は奇妙な集団に襲われる。青汁蟲助を頭とする
土蜘蛛衆は、軒猿衆の残党を手下に引き入れ、藤丸達を待ち伏せていたのだ。
激しい戦いの中で、ゆりなは不思議な坊主に出会う。彼はゆりなの境遇に同情
を寄せ、彼女を守るためにはぐれ透波の仲間となった。
土蜘蛛衆を平らげ蟲助を倒すと、里を目指して先を急ぐ。

※破壊僧玄ノ坊:60歳。ゆりなに惹かれ仲間になる。呪術の使い手。

十一幕・謀反

隠れ里目前、雑賀衆の天敵だった根来衆が現れる。永遠のライバルであった
孫一を倒され、根来衆の雁杉野坊は藤丸達に矛先を向けたのだ。
強力な重火器を操る敵を前に、才蔵がはぐれ透波を抜け、姿を眩ませてしまう。
その上、楽天丸も……兄を止めようとする賽天太だったが、兄の決意は固く、
結局二人は藤丸達に背を向けた。
苦しい戦いの最中、死んだはずの蟲助が再び姿を表す。だが、里からの増援
部隊が到着し、何とか皆生還を果たすのだった。

十二幕・新たな決意

遠征を終え、新しい仲間をつれて里に戻った藤丸達だったが、失った物もまた
大きかった。
そこへ、石川五右衛門が伊賀忍軍を抜けたという情報が飛び込んでくる。これ
により、それまで盟約を結んでいた甲賀忍軍が反旗を翻し、危うい均等を
保っていた忍軍同士のバランスも崩れ始める。
一方、はぐれ透波内部にも変化が。助八、岩鉄、塀五郎の三人が修行のため
一時里を離れたいと申し出たのだ。彼等が去った後、甲賀忍軍の服部半蔵正成
が兵を率いて里を訪れる。彼等と戦う藤丸の前には、またもや不思議な祠が。
四神の玄武から力と刀を与えられた藤丸は、甲賀忍軍を撃破する。
山中にひっそりと佇む庵で、傍太は蛇達に守られた巻物を手にする。それは
伝説の大蛇「オロチ」の巻物だった。
正成ははぐれ透波の力に納得し、共に力を合わせて忍者のいない世界を
作ろうと言う。半信半疑ながらも、藤丸は甲賀忍軍と盟約を交わした。

※野火の助佐:41歳。甲賀忍者。盟約の印として、はぐれ透波に入る。
※槍の矢太鉢:28歳。甲賀忍者。盟約の印として、はぐれ透波に入る。
※卍鎌の蔵人:32歳。甲賀忍者。盟約の印として、はぐれ透波に入る。

92 :藤丸地獄変:04/03/14 20:51 ID:vwnbTGiX
とりあえず、書き終わっていた分だけはアプしました。
でも、沢山の人が書かれている中で、わざわざ私を名指しで
レスしてきたのは、やっぱり書き方が悪かったというか、
文章が下手なんだろうなと思います。
なんで、私はここまでにしときますね。^_^;
誰か他の方に続きをお任せしますので・・・。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 21:32 ID:Z98jfE61
藤丸の人、乙。
やりたくてもなかなか入手できないゲームだったんで
楽しく読ませてもらってます。わかりやすいしリプレイ感覚なのも(・∀・)イイ!

あんなアホな煽りを真に受けることないと思うけど。
無理強いはしないけど、再開してくれるの待ってます。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/14 22:12 ID:KvYsrT5V
>>92
あんな煽り気にしないで続けてくれよ。このスレも有名になってるから最近また変なのが生え出してるだけ。
たまたま荒らしが真上にあるあんたのレスを煽っただけの事だ。それに文章は下手と思わん。十分及第点だ。

95 :15(前スレ):04/03/14 23:24 ID:y9s0Cdvk
>>92
文章は私よりは遥かにいいよ。別の作品だがキャラの名前をを間違えている私よりは…

_| ̄|○

96 :74:04/03/14 23:46 ID:Lk2wj81c
>>76-77
了解です。あやうく書きかけたとこだったッス。

97 :真・女神転生3マニアクス :04/03/15 00:27 ID:wgPN0lGH
前スレで最初に書いていた人から要望がありましたので引き継ぎますね

第二カルパに入ると気高い声が聞こえる
以下台詞をそのまま
『…おまえが、駄天使の意を受け、混沌の闇の企みに手を貸している魔人か。
お前は知っているのか?
自分の行動が、自分自身を自分自身をどのような道へ進ませようとしているのかを
我は遥か高みより、おまえの行動を常に見守りつづけていた
闇に魅入られし者、○○(主人公の名)よ、お前は今、いと高き神の意志に逆らおうとしている。
悪魔に変わりし肉体に、人の心をもつ者よ。
残された心まで闇に染まる前に…
我が声を絶対と信じて、堕ちた天使に協力するのは、止めるのだ!』

気高い声の忠告に従わず、先に進むと
かつての東京でガイア教とメシア教に属していた者達が思念体となって存在していた
第二カルパの奥に進むと喪服の淑女を老紳士が待っていた
東京受胎と氷川についての話をしてくれる
以下淑女の台詞まま
『メノラーは少しずつですが、順調に集まっているようですね
…ところで、この地(第二カルパ)で多くの思念に出会いませんでしたか?
彼等は現実世界での記憶が、死という純化で生じた者達。
それゆえに、アマラの果てに流れ着いても
まだ現実での出来事を忘れられずに漂っているのです。
そこには、あなたの知る、あの氷川という男と…深い関わりのあった者が多く居たはずです。
彼こそは、かつての世界を破びへと導いた張本人。
彼が元の世界で起こした行動があって、あなたは今ここに立っているわけです
ひとの身では知り得ない彼の過去、東京受胎の裏側にあった出来事を…
ここまで来ていただいた御礼にお教えいたしましょう。』
『ガイア教団本部…
ここより全ての出来事は始まったのです
あらゆる思想を自らの物とし、混沌の中に見出そうとする集団
あの者は、多くの思想を内包する教団においてすら、異端視される考えの持ち主でした
そう…あなたと世界の運命を変えた人物。
彼は…現実の中に理想は無い、理想は己の手で作り出さねばならない。
…そう言ってはばかりませんでした。
そして、人の身の則を越え、世界の創世を目論むに至ったのです
強き意思は、運命を引き寄せると言う事でしょうか…
あの者の目論見は、現実へと転じることになります。
教団内に眠っていた書物、ミロク経典がその者の手によって開かれたのです。
あの者は、経典を手にする事で、アマラの世界の転輪鼓を元の世界に復元させました。
そして、記されたシンボルの意味を解き明かし、アマラ宇宙に通じる事で…
彼は東京受胎という審判を…かつての世界の滅ぶべき運命を知ったのです。
…その後、公園で起きた事件。
あれこそ、彼が全てを知った上で行った、受胎後の、創世への準備でした。
そう、彼の手によって呼び出された悪魔達の力によって血塗られた惨劇が幕を開けました。
彼は避けられぬ運命である、世界の滅びと再生を、自らの意の下で動かす決意をしたのでした。
己の思想に反する教団の仲間、己の行動を止めんとするメシア教徒の者たち…
彼はその両者ともを、召喚した悪魔を使い、葬り去ったのです。
邪魔者の居なくなった世界で、彼は受胎を迎えました。
ミロク予言の通り…いえ、ミロク予言を読み解いたあの者の思惑通りに、受胎は起こったのです。
あの者の創世を援護するニヒロ機構という組織もまた…その時に産まれました。』
『これが、東京で起こった事です
あの者が考えた通り受胎は起こり…創世が為されんとしています。
それが、この先どうなるのか…まだ未来は定まってはいません。
繰り返される【創世の輪から解き放たれる】事もある、と…
私どもは信じて。あなたを、見守っていましょう。』

そして第三カルパへの道が開かれる

再プレイしながらなので今回はここまでにします

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 00:51 ID:TSWbSbyx
>>92
このゲームの引継ぎ手はなかなか居ないと思うよ。
運悪く煽りの攻撃受けたけどなんとか再開してもらいたいです。
これからも幕外に向けて突っ走って下さい。

99 :かまいたちの夜2〜わらび唄篇〜:04/03/15 02:47 ID:BzW7qNCX
我孫子の招待を受けた透。しかし…嫌な予感がする。
真理から招待のことで電話が来た。真理は行く気マンマンのようだ。
「久しぶりに透にも会いたいし、この前素敵な水着も買ったの」
素敵な水着!?だが、そんなものに惑わされてはいけないのだ。
殺人事件が起こったり、悪霊に襲われる気がする。いや襲われるに違いない。
もちろん真理は「何バカなこと言ってるの」と一蹴する。
真理を一人で行かせては危険だ…!透も島に行く決心をした。

準備は念入りにしなければ。
サバイバルナイフ、スタンガン、危険を冒して手に入れたトカレフ、悪霊対策の十字架、ニンニク、銀の弾丸。
生物兵器対策のTNT火薬、血清、ペニシリン、ガスマスクにサリンの中和剤、そして照明弾。
保存食に水、ザイルとハーケン…保険証は必須だ。

透は60キロを超える重さの荷物を持ち、船にのりこんだ。
真理は相変わらず、透の心配を真に受けようとしない。
それにしても…
小林さん。招待もされてないのに嗅ぎ付けてくるとは…怪しい。
奥さんの今日子さんが来ていないのも怪しい…なんとなくだが、変装して島に先回りしている気がする。
船長も怪しい。今にも島についての因縁を話し出しそうだ。伝説とか、呪いとか、わらべ唄とか…。
「伝説?そんなもん聞いたことないのう」と船長。
「わらび唄ならあるぞ。わしなんか256番まで暗記しとる。歌ってやろうか」歌わないでいいです。

島はのどかな、まさにこの世の楽園といった風情だった。
浜辺には懐かしい顔ぶれも見える。…しかし気を許してはいけないのだ。そう、信じられるのは真理だけ。
「今晩は《かまいたち祭り》だ。楽しい夜になるだろうよ」と船長。
《かまいたち祭り》…!不吉な響きだ。やはり何かある…。

100 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/15 02:49 ID:BzW7qNCX
館は高い塀に囲まれ、奇妙な形をしていた。…怪しい。
こういう変わった造りの建物では殺人事件が起こると相場は決まっているのだ。
入り口にそびえ立つ監視塔。《縛り首の塔》……ではなかった。
塔は赤いロープで亀甲縛りにされている。《亀甲縛りの塔》だ。「……趣味わるっ」思わず透は呟いた。
「今日子のムチとロウソクを思い出すなあ…」小林が何か言ったが、聞かなかった事にする。
塀で隠されて外からはわからなかったが、館は目も覚めるようなショッキングピンクで塗られていた。
「……趣味わるっ」真理が呟いた。
敷地内の堀の中には、囚人の逃亡を防ぐ錆び付いた剣山…ではなく、無数のサバが突き立っていた。
炎天下でサバは腐臭を放っている。「趣味わるっ!!」思わず三人とも呟いた。
「サバ…鯖…錆(サビ)に字面と音が似ているからかな」頼まれてもいないのに説明をいれる透だった。

どうせ招待主は姿を現さないに決まってるさ、と透は主張するが、
パンダの顔をしたノッカーを鳴らすと「ようこそ。私が我孫子武丸です」いきなり本人が出てきた。
いや、肩透かしはくらったがまだまだ油断はできない…。
我孫子に案内され、客室に入る。客室の趣味も、なんというか独特だ。
壁はパステルピンク、ベッドの上にはベッドの半分を占めるほどの大きなクマのぬいぐるみ。
「ど、どうしてぬいぐるみが?」透は困惑するが、
「だって、あれがないと眠れないでしょう?」我孫子は当然のように言った。

真理は海に行くようだ。透も真理を守るため、付いていく。
ビーチには招待客のほとんどが揃っているようだ。
『海の家かまいたち』では老女が焼きそばを焼いている。我孫子が言っていたお手伝いのキヨだろう。
青い空と海。浜辺でくつろぐ男女。平和だ…悪い予感なんて気のせいだったのかもしれない。
透もビールを一気に飲み干した。
「………く、苦しい!!」
ビールに毒が…!?見れば、他の者たちも砂浜に転がって苦しんでいる。
キヨが上半身をのけぞらせて高笑いしている。やはりこの招待は罠だったのだ…。

101 :かまいたちの夜2〜洞窟探検篇〜:04/03/15 02:51 ID:BzW7qNCX
「もしもし」と呼びかけられて、透は目を覚ました。
絶叫して目を開けると、キヨが腰を抜かしている。どうやら夢を見ていたようだ…。
陽はすっかり落ちている。他の人たちはとっくに帰って、夕食も済ませたらしい。
眠っている間に真理の身に何かあったら…!透は館へ走った。
当然ながら真理は無事だった。
「よくおやすみでしたこと。あのまま永遠に眠ってればよかったのに」ひどい。
どうやらこれから、皆で《かまいたち祭り》に行くようだ。
透は空腹だったが、真理を守るために一緒に行く事にした。

底蟲村から太鼓の音が聴こえてくる。このリズムは盆踊りだ。《かまいたち祭り》とは盆踊り大会だったのか?
和やかな光景に、透はいつしか笑い出していた。連続殺人が起こる?どうかしていた。ゲームのやりすぎだな。
透も盆踊りの輪に加わり、一緒に踊る。
我孫子がやぐらの上からマイクで話し出した。
「底蟲村の皆さん!今年もかまいたち祭りのために素晴らしい客人をお招きしました!
 さあ皆さん真ん中へどうぞ!」
透たちに言っているようだ。歓声と拍手の中、透たちは真ん中へ歩み出た。
「さあ皆さん、カマイタを!」
我孫子の掛け声で村人たちが一斉にカマボコ板を取り出した。太鼓のリズムが速くなる。
村人たちは透たちの方へじわじわと迫ってきた。
「カマボコ板…カマイタ?ということは《かまいたち 祭り》じゃなくて《カマイタ 血祭り》?」透たちは青ざめた。

我孫子が透たちに語る。
この村のご神体はカマボコ板のような形の大きな岩、『カマイタ様』だ。
この村は昔から台風の時期になると津波に襲われて、毎年死者が出ていた。
ある時、よそから来た漁師たちが酔っ払って、カマイタ様に小便を引っ掛けた。
村人は当然怒って、漁師たちを袋叩きに…するとその年はなぜか一人の死者も出なかった。
それがこの祭りの始まりだ。

102 :かまいたちの夜2〜わらび唄篇〜:04/03/15 02:53 ID:BzW7qNCX
村人たちは我孫子の説明が終わるのを待っているようだ。動きを止めている。
真理だけは守らなければ…透は賭けに出た。
「香山さん!あそこに少し隙間が!」透の言葉に従って走り出し、村人に囲まれカマイタで殴られる香山。
「美樹本さん!あの辺が!」香山よりは素早かったが、やっぱり村人に殴られ地面に丸くなる美樹本。
他の者たちもそれを見てパニックに陥り、走り出し、殴られる。
透は同じく走り出そうとする真理を引きとめた。
そして村人たちが他の獲物に集中する瞬間を見計らって、真理の手を引き走り出す。
包囲から抜け出した二人を村人数人が追いかけてきた。

港には島に来る時乗った船が泊まっていた。(船長も祭りに参加していた為)
船など操縦した事がなかったが、何とか動かす事が出来た。港で村人たちが罵声をあげている。
二人は甲板にくずおれ、しっかりと手をつないだ。
「ごめんね…ごめんね…透の言うこと、もっと聞いておけばよかった…」と真理。

数時間後。
「ねえ、いつになったら着くの?」
「明るくなったら陸地が見えるよ……た、たぶん」
「たぶん?たぶんってどういうこと!?分からないのにこんなに走ってきちゃったの?信じらんない!」
真理は泣きわめいていたが、透は安らかな気持ちだった。
真理と狭い船の中で二人きり。ここが僕たちのエデンだ。……駄目かな?

わらび唄篇・完

103 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/15 05:48 ID:cfX4Pgty
●第五章「グルニア解放」
アカネイアによるアリティア攻撃の報に打ちのめされるマルス。
祖国への帰路を急ぐマルス達の行く手に
グルニア占領軍司令部であるオルベイン城が立ち塞がる。
「ジョルジュ率いる弓兵隊と傭兵ナバールを呼び戻せ!」
城のラングはマルス来襲の前に守りを固める。
# ジョルジュ率いるスナイパー部隊は攻撃範囲に入らない限り攻撃してこない
# 途中で盗賊リカードを仲間に出来る

●第六章「悪の巣」
グルニア占領軍司令官ラング将軍が治めるオルベイン城。別名<悪の巣>。
彼を討てばグルニアはアカネイアより解放される。
しかし彼はアカネイアの援軍を要請し、傭兵ナバールも雇っていた。
# 途中の「ナバール」は偽物で、彼に似た顔を持つために名を騙る傭兵サムトー
# シーダかオグマが話しかければ仲間に出来る

城制圧後、ウェンデル司祭が囚われていたのを発見。
彼は大賢者ガトーより頼みを受け旅の途中に囚われたのだと言う。
第一部で魔法スターライトを作成するために必要とした星のオーブが
その際の衝撃で12個に砕けて世界のあちこちに散ってしまったのだ。
世界は5つのオーブによって守られていて、それが失われては滅んでしまう。
何としても星のかけらを探し出してオーブを再生しなければならない…。
司祭は「ここでマルス様と出会ったのもガトー様のお導きでしょう。
アリティア奪還のために力をお貸しします。
が、手がかりがあったらお願いします」と依頼する。
# 星のかけらは現時点までも敵が落としたり宝箱に入っていたりしていた

●第七章「紅の剣士」
グルニア解放に成功したマルス達はひとまず通り道にあるラーマン神殿を訪れる。
しかし既に盗賊によって荒らされた後だった。
星のかけらをはじめとする、盗賊に奪われた宝を奪還しなければならない。
# 冒頭、森の中で盗賊から逃げる踊り子フィーナと傭兵ナバールが操作可能に
# 南のアストリア傭兵隊は近寄らない限り迫ってこない

制圧後、ジェイガンが「ナーガの伝説」を語り始める。
千年以上前、人々は無力な存在であり、魔物によって滅亡の危機にあった。
人々を救うために神々は天より巨大な戦士を使わした。
戦士は右手に光り輝く剣を、左手に5つの宝玉を埋め込んだ盾を持っていたと言われている。
彼は魔物を倒し、天へ去った。それがラーマン神殿に祭られている守護神ナーガである。

●第八章「ソウルフル・ブリッジ」
ラーマン神殿を抜け、追撃を受けるマルス達はカシミア海峡へと脱出。
しかしアカネイア軍が北よりも接近中と言う。
挟撃を受けようとするマルス達に、アリティアより逃げてきたカインが合流。
北のアカネイア軍はハーディン皇帝自らが率いると言う。
「北西の砦から船で対岸のカダインへ逃げましょう」
# 途中の村でバヌトゥと再会。仲間に出来る
# 「チキはガトー様が氷竜神殿へと連れて行かれたよ」
# 砦を守るジョルジュはここで仲間に出来る
# ちなみに数ターン後にハーディン率いる北の軍は動き出すが、
# この際のハーディン会話の彼のグラフィックは目が逝ってていかにもぁゃιぃ

104 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/15 05:49 ID:cfX4Pgty
多忙につきゲーム自体やれてませんでした。
ようやく一息ついたのでちまちま進めていきたいと思います。放置してスマソ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 05:59 ID:PqkR0Sqc
かま2とFE、乙ーヽ(´ー`)ノ

106 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/15 08:14 ID:wgPN0lGH
前回トリップ付け忘れてた
なんか台詞集みたいでごめん

第三カルパに足を踏み入れた瞬間、王国のメノラーが反応している
気配に気付くと、馬に乗った髑髏顔の悪魔が四体現れた
弓を持つ白い騎士、剣を持つ赤い騎士、天秤を持つ黒い騎士、巨大な鎌を持った青白い騎士
魔人達だ
以下台詞をそのまま
白騎士『…よくぞ来たな、その身を悪魔に変えし者よ。オマエがこの地に来た事で、運命の歯車は回り始めた…』
赤騎士『運命とは、巡り還す物よのぅ、されど我等、その宿命を越えんとし、堕ちた天使に導かれておる
    おまえとて、それは同じであろう?』
黒騎士『…メノラー奪還に遣わされし魔人よ。汝の求めし物は、我等四騎士が手の内にある。
    我らに勝てば、汝の手の内に納まろう。』
青白騎士『…魔人よ。いくつかの死を乗り越え、ここまで来た男○○(主人公の名)よ。
     オマエか…我等か…このメノラーを賭した魔人らの戦いに、勝ち残る事があのお方の望みに沿う道だ。
     そしてその望み叶いし時…あのお方は最終決戦に赴く決意をなさるだろう。
     オマエに覚悟はあるか?我等魔人と戦い続ける意思が?
     戦いつづければ、その身も心も、人ならざるモノになるとしても…』
覚悟があると告げる主人公
青白騎士『良かろう。それでこそあのお方が見込んだ魔人よ。…では、この先のオマエの働きを見せてもらおう。
     四騎士、混沌の地ボルテクスにて、汝の到来を待たん。』
四騎士はボルテクス界で主人公を待つべく去っていった。
アサクサで白い騎士ホワイトライダーを倒し慈悲のメノラーを
ギンザ大地下道で赤い騎士レッドライダーを倒し、理解のメノラーを
オベリスク攻略後、シンジュク衛生病院で黒い騎士ブラックライダーを倒し、知恵のメノラーを入手する
アマラ深界の第三カルパの入り口にそれぞれのメノラーを配置すると奥への入り口が開く

107 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/15 08:16 ID:wgPN0lGH
主人公の能力を試す扉を幾つか抜けて奥へと進むと二丁の銃と大剣を持つ魔人ダンテが待ち構えていた
ダンテ『…来たな、少年。また会えると思ってた…"大当たり"って奴だな』
銃を構え主人公に向けるダンテ
ダンテ『細かく説明する気は無いぜ…だが薄々感じていているはずだ。
    あのジジィの目的が「魔人同志の殺し合い」って事ぐらいはな。
    その結果何が起こるかは知らねェが、言いなりになって踊らされるほど間抜けじゃないだろ?』
   『なら後ろを向きな。そして振り返らずに走れ。お前が取るべき選択肢はそれだけだ…そうだろ、少年?』
ダンテの忠告に逆らい、奥を目指す主人公
扉の奥に向かうと視線を感じる
ダンテ『なら遊びの時間は終りだ…ここからは ショウタイムだ!』
ダンテが主人公を追いかけてくる、ダンテとの鬼ごっこの開始だ
ダンテに近づくとエボリー&アイボリーの銃撃に晒される、
彼に捕まるとカルパの入り口に戻される
執拗な追撃を振り払い、なんとか奥へと進む主人公
最後の扉の前と抜けると、背後に気配を感じる
振り向こうとすると、銃を構えたダンテに背後を捉えられていた
ダンテ『逃げ切れた…とでも思ったか?…甘いな。これで…チェックメイトだ!』
ダンテとの戦闘が始まる
ダンテ『もう逃げ場なんかねえぜ。さあ…どうする少年。』
E&I、リべリオン、トゥーサムタイム、ラウンドトリップ、ワールウインド、スティンガー、ショウタイム…
猛烈な攻撃に仲魔と協力して対抗する主人公
ダンテが一歩後ろへ下がるとこん身の一撃を放つ
反応出来なかった主人公はリベリオンに貫かれた
ダンテ『やるじゃないか…ますます気に入ったぜ』
大剣は主人公の脇をかすめて、壁に突き刺さっていた。わざと外してくれたようだ
『…とは言え、このままやり合いお前を殺したとしても…それじゃああのジジィの思うツボだ…それも面白くねェ。
  オーケイ。行けよ…もう止めないさ。
  吐き溜めでガラクタ回収でもしてりゃ、いつか真相に大当たりだと考えたが…予定は変更だ。
  俺をここまでハイにしたお前なら、ジジィの化けの皮をはがせるかもしれねェ。
  殺すには惜しい…手を貸してやる。先に行くにはこいつが要るな。俺はこんなガラクタには興味はない…
  興味があるのはジジィの狙いだ、…お前にやるよ』
ダンテから知識のメノラーを受け取る
『じゃあな、少年。お互い生きて成果をあげられりゃまた会うような気がするぜ…』
彼は何処かへ去っていく



108 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/15 08:17 ID:wgPN0lGH
第三カルパの最下層へと辿り着くと、いつものように喪服の淑女と車椅子の老紳士が待っている

淑女『二銃を掲げる、底無き力の剣士…その者との戦いも無事切り抜けられたようですね
   この先も、その身に宿した悪魔の力があなたを助ける事になるでしょう。
   力というもの。人は、皆それを欲し、求めます。
   光であろうと闇であろうと…どちらであっても人は頼り、祈るのです。
   己やその周囲に力を与えて貰おうと…
   此度は、あなたも良く知る女性が、世を救おうと信じて祈っていった神について教えて差し上げましょう』
淑女『アラディア…このボルテスクに居る事が許されない、異世界より迷い込んだ虚構の神…
   時空の解け流れるアマラ宇宙…ここには無数のボルテクスが存在しています
   その内の一つが、アラディアが本来、在った所。
   あなたも知ってのとおり…このボルテクスは、元の世界から真なる力で生み出された正統なる世界
   しかし、その影には、世界で虚構とされた者が集う世界もあります。
   そう、それがアラディアが元居たボルテクスなのです
   そこに住む者達の願い。それは虚構たる自らの存在を現実へと変える事。
   その手立てを探すため、彼等は自らの世界を飛び立ち、アマラの海を越え、創世の力を持つボルテクスへと向かうのです
   アラディアは、夢想にて創り出された、悲しき救い神
   強き神に追われ、迫害を受けた魔女らの求めから産まれた存在です
   魔女らは、アラディアに、自分達が力を授かり自由を得ること、そして生に苦しむ民衆らが救われることを祈りました
   しかし、アラディアはその姿を地上に現すことは無く、魔女らも救われる事はありませんでした
   アラディアはただ徒に希望を与えるだけの神でしかなかったのです』
淑女『神が創りし人間が、新たな神を創り出す…アマラの宇宙であれば、そういった神もありましょう
   ですが、所詮アラディアはよそ者。このボルテクスに許されぬ者にどこまでの事ができましょうか
   「救われぬ自由」の神に…
   様々な者達が、様々な言葉をあなたに投げかけているでしょう
   混沌の魔人たち…絶対なる者の声…そして私たち。これだけは覚えておいてください。
   私達はアマラの悠久の流れの中、あなたが来るのを…時が至るのを待っていたのです。
   メノラーとこのアマラ深界の因果。全ての者が待ち焦がれている新たな混沌の悪魔。そして我が主が待つ最後の刻…
   …………理解できない事だらけよね。
   ○○(主人公)君…もし君が全てのメノラーを集めて、もう一度ここまで来たら…
   その時には教えてあげるわ…全ての疑問の答えを。』
喪服の淑女と車椅子の老紳士の姿は幕の奥に消え、第四カルパへの入り口の扉が開いた

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 09:21 ID:VNL/UroN
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2
・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・鬼武者
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・魔道物語(ぷよぷよ) ・ビヨンドザビヨンド ・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・エクサフォーム ・スペクトラルタワー2
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
・SDガンダム外伝2 円卓の騎士
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ボディコンクエスト
・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール ・ファンタシースターオンライン2
・シャイニングウィズダム ・「テラ・ファンタスティカ」
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・英雄伝説3 白き魔女 ・田中の夢物語

●途中
■現スレ  ・グローランサー4 ・ラグランジュポイント ・真女神転生 ・かまいたちの夜2
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・真女神転生V nocturne マニアクス(追加シナリオ) ・マザー2
・FE紋章の謎
■前スレから放置 ・ジャングルウォーズ2 ・BAROQUE ・ONI3(四章〜) ・シャドウオブメモリーズ
・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4 ・サーカディア
・真女神転生2 ・FF5 ・.hack
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャ、アー編以外) ・ロマサガ(WCだけの話)
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・東京魔人学園符咒封録 ・ジルオール
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・鬼武者3
・天使の詩2 ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・FF10-2(幻ED、3人+パのスフィア)
●題名不明「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」
その候補(エルナード?シャドウハーツ2(解決済)?)

110 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 14:49 ID:9EmeElih
前スレ>546
ごめん、間違い。コリエルは全部で12人で、神経塔内にいるのは11人。

【現実世界】
シミュレート内と同じく、いきなり歪んだ町に放り出された主人公。
後ろには施設があるが、警備天使が邪魔をして入れない。
結局、前回と同じように、上級天使から天使銃を受け取って神経塔に入ることになる。

なお、今回からは現実世界の話なので、死ぬとLV1+持ち物なしでスタート地点からやり直しになる。
(一般的なRPGのように時間が巻き戻っているわけではない。
あんまり死にすぎると、上級天使に無能呼ばわりされたり怒られたりする)
ただし、神経塔内にある「感覚球」にアイテムを放り投げると
町にいる物の者(多分PS版限定キャラ)が、そのアイテムを保管しておいてくれる。
最初は少ししか保管してくれないが、何種類も預けているうちに預けられる個数が増える。

「感覚球」は、割と色々な場所にある。
そして最下層の一つ手前の階にあるものは最下層への階段代わりにもなっている。
また、他にも色々な効力や使用用途があるのだが
主人公にとっては階段代わりかアイテム転送装置にしかならない。残念。

111 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 14:51 ID:9EmeElih
【神経塔内部】
神経塔に侵入すると、いきなり「おわぁ」と鳴くキモい生物に遭遇する。
バロックのマスコットにもなっているその生物の名は「天使虫リトル」。
しかし今の段階では、リトルの正体が何なのかはわからない。

地下1階では、主人公と同じ顔をした青年の幻影を見る。
彼は主人公と青年の思い出の断片を語り、消える。
そのすぐ下、地下2階でイライザと会うが、「下の階で会いましょう」と言い残して消えてしまう。
また、地下4階ではアリスと遭遇。
「覚えてないの? ぼくのことは遊びだったのね! シンジラレナイ!」と、妙に人聞きの悪いことを言われる。
その後、地下15階でイライザと再開。
「あなたの綺麗な水を下さい」という、奇妙な依頼を受ける。

さて、最下層である地下17階に行くには、地下16階にある感覚球を使うことになるのだが……
その感覚球に、神経塔の入り口にいたはずの上級天使が、あお向けに串刺しになっている。
話によると、刺さっている方が本物で、地上にいるのは立体映像のようなものらしい。
上級天使は言う。
「お前が創造維持神を狂わせた。すべて、お前のせいだ。
 狂った創造維持神を浄化しろ。それがお前の罪を癒す方法、世界を救う方法だ」

112 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 14:53 ID:9EmeElih
【浄化ED:リインカーネーションの結晶】
創造維持神を天使銃で撃つと、神は浄化され、魂の結晶=イデアセフィロスへと変わった。
上級天使は新しい世界を作り出すため、神のイデアセフィロスをよこせという。
しかし主人公はそれを拒む。
新しい世界などいらない。ただ今ある世界を、もう一度やりなおしたいと……

【融合ED(1):20320514の心臓・右】
主人公は天使銃を撃たず、創造維持神と融合する道を選んだ。
そして神との融合の中で、失われた記憶の断片を取り戻す。
神経塔で見た幻影。それは、死んだ主人公の双子の兄のものだった。
主人公と兄は、双子として生まれたのだ。
しかし、二人は体が腰の部分で融合しているシャム双生児で、心臓を一人分しか持っていなかった。
そのため、手術によって二人は分離され、片方だけが生き残ったのだ。
「どちらが死ぬ?」「……僕は死にたくない」
「では、僕が殺される」
そう言い残し、神経塔から飛び降りていく兄の幻影を見つめながら、主人公は願う。
僕が死んで、兄さんが生きてよ。やりなおさせてあげるよ、と。

【融合ED(2):2032514の心臓・左】
創造維持神と主人公(弟)によって、一度やりなおされた世界。
主人公(兄)は再び創造維持神の元にたどり着いた。
彼もまた、弟と同じように、塔から飛び降りる己の半身の幻影を見る。
「おまえの代わりに僕が死ぬよ! やりなおせばいい!」
彼は弟と同じように自分の死を願い、時はまた繰り返される。

113 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 14:57 ID:9EmeElih
【二回目以降・外界】
さて、神経塔内部・地下十五階でイライザに会うと
「あなたの綺麗な水を下さい」という奇妙な依頼を受けることになる。
その後、外界に戻ると首の者がなぜか地面に埋まっている。
どうも彼はかつての罪の意識に苛まれ、そのせいで死にたがっているらしい。
一発殴ると、首の者は浄化されてイデアセフィロスになってしまう。
そして首の者のイデアセフィロスを警備天使に見せた後、
神経塔かカンオケ男のトレーニングダンジョンから帰還すると、警備天使までが土に埋まっている。
そのおかげで、スタート地点にある謎の施設に入れるようになる。

【施設内部】
施設の中では、自分と同じ姿の人間がカプセルの中に入っていた。
そう、主人公(と今まで死んでいった主人公)はある人物を元に培養されたクローンだったのだ。
しかしどれほど生産しても、一度に目覚めるのは一人だけ。
そこで上級天使は感覚球を使い、死んだクローンの記憶を別のクローンに受け継がせることで
クローンが最下層へたどり着く可能性を少しでも上げようとした。
これが「神経塔やトレダンで死んでも、気が付くとまた外界にいる」仕組みの答えである。

主人公は眠りつづける自分の分身を浄化し、遺されたイデアセフィロスを手にする。
この結晶こそが、イライザの求める「綺麗な水」だったのだ。

【神経塔内部・三回目】
神経塔に入り、イライザに自分のイデアセフィロスを渡すと
イライザが新しい感覚球を作り出す。
彼女は語る。
「狂ったかあさん」を元に戻すために、新しい感覚球が必要なのだと。
彼女が主人公のイデアセフィロスを欲したのは、
彼女の「かあさん」が主人公に浄化能力を与えたため、だという。
また、主人公は浄化能力と引き換えに、彼女たちに言葉を与えたのだ、とも教えてくれる。

114 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 14:59 ID:9EmeElih
【コリエルとダァパール融合】
神経塔内に幽閉されている謎の人物たち、コリエル。
彼等に会うと、大熱波に関するいくつかの情報を聞くことができる。
また、彼らは浄化を望んでいる。そのため、攻撃することでイデアセフィロスに浄化できる。

彼らはマルクト教団の一員であり、上級天使に並ぶ、教団幹部たちであった。
コリエル達は、ゆるやかに歪みはじめた世界を前にして、
神の真意を聞き出すために、神と人との融合=ダァパール融合を試み、神に言葉を与えようとした。
その際に選ばれたのが12番目のコリエルである。
しかし、その歪みを作り出していた張本人である上級天使によって、
創造維持神とコリエル12号は融合途中で切り離されてしまう。
その時の神の叫びが大熱波となり、世界を大きく歪ませたのだ。
そして12号以外のコリエルは、上級天使に捕らえられ幽閉の身となったのだった。

【天導天使の罪の記憶】
かつては上級天使の秘書だったという天導天使。
イライザに自分の結晶を渡した後ならば、
彼女の罪が記憶されているという感覚球を見ることができる。

上級天使は神を歪ませるために、偽感覚球を作り出した。
しかしそれだけでは、創造維持神の自己補正能力の方が高いためたいした歪みにはならなかった。
そこで上級天使は、創造維持神から「痛み」を切り離すことを思いついた。
痛みとは、自分に異常が発生しているというシグナル。
痛みを取り除くことで、創造維持神から自分が歪んでいるという自覚を失わせたのだ。
そして、神の痛み=天使虫リトルを抽出したうちの一人が、天導天使だった。(ちなみに、もう一人は首の者である)
彼女は主人公に言う。「培養室のリトルを、あなたの浄化能力で助けてください」と。

115 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 15:02 ID:9EmeElih
【融合ED(3):痛みを知らぬ者】
最下層で、創造維持神との融合を選んだ主人公。
それを見た上級天使は言う。
「世界中の者たちがバロックに支配され苦しんでいるというのに、
 その根源のお前たちは、自閉して世界を狂ったままにするというのか?」
そして、主人公の脳裏に響く創造維持神の声。
「狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで狂わないで
狂わないで 世界を救って 狂わないで あなただけは 狂わないで」
二人の声の間で、主人公は思う。
「僕は世界より君が大切だ。大丈夫、僕は君を選んだんだ」
「でも、私は私を保てない。痛みを、苦しみを私に返して!
 自らを制御するために痛みを!」
神の言葉を裏付けるかのように、あるいは融合を阻止するかのように、上級天使が言い放つ。
「離れろ! 神の苦痛は取り去られ、天使虫として培養されているのだから
 痛みを知らぬものは 自らを制御できぬ!」

そして、痛みを求める神の願いか……世界はまた、繰り返される。

116 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 15:05 ID:9EmeElih
【番外1:箱の者と袋の者】
外界にいる、誰かの言葉を引用する形でしか物事を語らない「袋の者」と、
神経塔にいる、『死んだ娘は箱の中にいて復活の時を待っている』というバロックを抱えた「箱の者」。
実はこの二人は親子である。

娘(袋の者)が歪んでいくことに耐えられなかった箱の者は、
心中するつもりで娘を殺そうとした。
しかし、動かなくなった娘を見た箱の者は死ぬのが怖くなり
娘殺しの罪悪感とあいまって箱のバロックにすがるようになった。
だが、娘は生きていた。
袋の者を浄化し、彼女の結晶を箱の者に渡すと
箱の者はバロックから開放され、娘の分まで生きていく決意を固める。

【また外界から神経塔へ】
さて、何度も神経塔内部でアリスと会話をすると
彼女とイライザが、欠落した部分を補うために
創造維持神が生み出した分身=創造維持神の多重神格であることがわかる。
イライザは融合半ばで引き裂かれたコリエル12号=主人公を求め、
アリスは欠落した感情=痛みを求めていた。

神経塔地下の培養槽エリア。
天使銃の弾にするため培養された「痛み」=天使虫リトルは苦痛からの開放を求めていた。
主人公はリトルを浄化し、イデアセフィロスを手にする。
そして下層で再会したアリスにリトルの結晶を渡すと、
彼女は痛みを取り戻して、創造維持神の元に戻っていった。

117 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 15:07 ID:9EmeElih
【番外2:上級天使】
上級天使は大熱波の際、感覚球に串刺しになってしまった。
彼が死なないのは、感覚球が彼の生命を維持しているからだが
別に苦痛まで和らげているわけではない。
そのことは、あるイベント後に上級天使に会いに行くと聞ける
「歪みの中で生きていくのは構わないが、
刺さっているのは痛いのでとってほしい」というセリフでわかる。

また、彼には姉が一人いたらしい。
姉の歪んだ姿を恥じた父親は姉を人目から遠ざけ、
姉は自分の中に隠れていってしまった。
上級天使にはそれが耐えられなかったらしい。
彼は姉ではなく、世界こそが間違っているのだ、ということを示そうと
世界に隠されていた歪みを表に出させ始めた。
しかし、その途中で姉は死んでしまう。
上級天使は、姉のために世界の再構築を望み
そのために創造維持神のイデアセフィロスを欲するようになった。

118 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 15:11 ID:9EmeElih
【最終ED:我らの主あらざる多重神格者よ】
地下31階にて上級天使と再会すると、彼はこう言う。
「オリジナルだな? 私にはわかる。
この世界にけりをつけられるのはお前自身だけのようだ」
そして彼は、主人公を説得するように言う。
歪みきった世界を癒すには、一度全てを終わらせて再創造するしかない、
主人公が再び融合してもなんの解決にもならない。
歪んだ創造維持神を浄化して歪んだ世界を終わらせろ、と。

しかし主人公は、浄化ではなく融合する道を選んだ。
上級天使は、お前では話にならない、自分を解放しろ、と叫ぶが、二人には届かない。
「二人とも歪んでしまったのか?」 
焦る上級天使。そこに鳴き声が響く。
(おわぁ、おわぁ、ここの家の主人は病気です、おわぁあ)
どこからか舞い降りた天使虫達。
彼らもまた創造維持神の元へ戻っていく。

創造維持神は言う。
世界の浄化そのものが、歪んだ妄想。
これは自分たちが生み出した世界
自分は自分のままで、それぞれの中に存在する歪みを抱えたままで
歪んだ者同士、歪みから目を逸らさずに、お互いを見つめて
「さぁ、ここを突き抜けましょう」

そして 世界はバロックを抱えたまま あるがままに続いていく……

119 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/15 15:19 ID:9EmeElih
ED後も神経塔(B31階まで)で冒険を続けることは可能。
また、カンオケ男が地獄ダンジョン(100階)を作って、てぐすね引いて待っている。
でも、ストーリーは一応ここで終了。
長くなっちまってスマソ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 15:47 ID:7/4K6aMt
気になっていたけど、買えなかったゲームのストーリーを
知ることができて毎回感謝してまつ。

リクエストしてイイかい?
Ever17のストーリーが知りたいのだけど
ギャルゲーはやっぱりダメかな?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 16:07 ID:H+6gntbN
プレイしている人間がいるなら別にいいかと

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 16:46 ID:nQ9XOnIW
上のほうで「鬼武者3なら最近やったから書けるかな」と言った者ですが
ちょっと時間が無くてまとめられそうに無いので
どなたか書ける方いたら書いてしまってかまわないです
書けるとしても当分先になりそうなので・・・・・

123 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 16:56 ID:3PIbpmuP
藤丸地獄変の香具師はずば抜けて低レベルだな・・・・(´ー`)y━~~

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 17:20 ID:a8L3Dq9x
何でこういい感じで進んでるスレでわざわざ空気悪くする事するかなぁ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 17:24 ID:RI1Wuvxn
>>124
かまってちゃんは相手しないでNGネームに登録すればOK。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 17:28 ID:/K/CHJ37
今更朧に釣られるな

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 18:24 ID:O0N2SDlX
リクしたものではないですが バロック乙でした
ストーリー気になってたんで嬉しい

128 :真女神転生:04/03/15 18:25 ID:6rjwNP3L
(>>47-49から続き)
ケルベロスのおかげでドウマンをあっさりと倒すことができた
戦闘後ケルベロスがターミナルに向かって吼え始めたかと思うとどこかへ消え去ってしまった…
ケルベロスの後を追いターミナルで転送する

転送が済むと研究所に出た
研究所でスティーブンと再会する
どうやらこの研究所はスティーブンがターミナルの研究を行っていた施設らしい

研究所の外に出ると、東京の街は陸上自衛隊の「ゴトウ」陸佐なる男の起こしたクーデターにより制圧され、封鎖されたようだ
新宿の大スクリーンで「世界の文明は腐りきっている!」と熱弁するゴトウ

ゴトウが言うには、とある力が東京を支配しようとしている
それを阻止するために、自分は古の神々…悪魔の力を借りている、東京を護るにはこの方法しかないと言う

新宿の街で情報を集めると、ゴトウのクーデターに対しアメリカが軍を出しているようだ
元陸上自衛隊クーデター軍を止めるため、レジスタンスを組織し活動しているの者もいるらしい
レジスタンスのリーダーと面会する三人
リーダーは夢の中で出会った少女、ヒロインであった

すると同じく夢の中でであった女「ゆりこ」が現れ、ヒロインをさらって行ってしまう
「初めから私を選んでいればよかったのに・・・」

どうやらゆりこはヒロインに嫉妬しているようだ
ヒロインを東京都庁で公開処刑するつもりらしい
公開処刑場に乗り込みヒロインを救う三人
「夢と同じ様に助けてくれたのね…」

129 :真女神転生:04/03/15 18:27 ID:6rjwNP3L
「ロウヒーローの彼女はゴトウにさらわれ市ヶ谷駐屯地にいるらしい」
「オザワはゴトウの手下として働いているらしい」
というヒロインからの情報により、少年二人とは別行動をとることになった

ヒーローとヒロインの二人で戒厳司令官ゴトウと米国大使トールマンに会うことに

ゴトウが言うには"神"は選ばれし民のみの「千年王国」を作り上げようとしている、
今日本は悪魔の力により神の手先どもの攻撃を防いでいる、という
トールマンはゴトウは悪魔の手を借りて、力と混沌が支配する国を作ろうとしているだけだ、という
ゴトウを倒すのに協力してほしいと頼まれる

ゴトウとトールマン、どちらかの陣営につくか、あるいは両方倒さなければならない
(選択により主人公の「属性」が変化する)

市ヶ谷にはヒロインと同じ名前を持つ女性が多数囚われていた
ヒーローは彼女らを解放する
そのままゴトウを倒す
「わたしが死ねばどうなるのか…考えなかったのか」

ゴトウを倒し、駐日大使トールマンのもとへ
「魔神トール」の本性を現し、ゴトウを倒したヒーローを労うトールマン
彼は「これからも神のために働いてくれるか?」と問う
「NO」と答えるヒーローに襲い掛かってくるトール
トールを倒すが、日本へのミサイル攻撃は既に始まってしまった
「汚れた虚栄の街、東京は悪魔もろとも消え去るのだ」

非情に鳴り響くカウントダウン
東京全域を破壊する核ミサイル相手ではもはや逃げ場もなく、絶体絶命のヒーローだが、ヒロインの魔法によりどこかへ転送される
「あなただけでも生き延びて…」

130 :真女神転生:04/03/15 18:29 ID:6rjwNP3L
目覚めると謎の場所にいた、そしてエンノオズノという老人と出会う
「ここは金剛神界、おぬしからみれば魔界というところか」

ロウヒーローとカオスヒーローも金剛神界に流れ着いていた
ロウヒーローは彼女を見つけ出すことはできなかったようだ
カオスヒーローは悪魔を使役する力を得たオザワに返り討ちにされたようだ
失意の少年二人と合流する

元の世界に戻りたいのなら自分の言うことを聞け、というエンノオズノ
「喉が渇いた」というワガママにつきあったり、
金剛神界に住む怪人から武器を奪ったり、三人の少年は修行を積んでいく
そして東京へ戻るための最後の試練として、エンノオズノのしもべ「前鬼」と「後鬼」を倒す

「前鬼と後鬼を倒したか…もう良いだろう、元の世界へ戻れ
 世界がどう変わり果てていようと驚く出ないぞ…」

元の世界に戻るヒーロー達
東京は破壊しつくされていた
そこに物乞いの男が現れる
お金を恵むヒーロー
「なんだよこれ?マッカだせよ、マッカじゃなきゃ何も買えなえよ」

東京大破壊から通貨が「マッカ」へと変わったようだ
主人公たちの持っている「円」は紙クズとなった…

新宿の大スクリーンは奇跡的に焼け残っていた
大スクリーンで演説するメシア教徒の話を聞くと、既に大破壊から30年も経過していたようだ

131 :真女神転生:04/03/15 18:31 ID:6rjwNP3L
金剛神界で修行している間に30年も経過し、東京は変わり果てていた
文明は破壊され、悪魔が闊歩する廃墟となった東京
そして"神"と法を信奉する「メシア教」と"魔王ルシファー"と混沌を崇拝する「ガイア教」が勢力争いしているようだ

そんな中で新宿の街は比較的落ち着いていて、悪魔も出現しないようだ
情報を集めるとあの「オザワ」が悪魔と手を組み、新宿を支配しているらしい
情報を集めると、オザワに「サイコダイバー」なる力を持つ男が囚われているらしい

彼に会い話を聞くと、オザワは私設警察による恐怖統治を行い、
自分に従わないものはサイコダイバーの力で精神を弄くり洗脳してしまうらしい

オザワのオフィスに乗り込む少年達
30年の月日が流れ、オザワも老け込み白髪になっていた
しかしその性格は変わっていないようだ
オザワに恨みを抱くカオスヒーローはオザワに食ってかかるが、
オザワの召喚した悪魔「タケミナカタ」に返り討ちにされてしまう

力を求めて「悪魔と合体する」と言い出すカオスヒーロー

「そんなことをすれば人間ではなくなる」
止めようとするロウヒーロー
「俺は力が欲しい、悪魔の力でも構わん!」
カオスヒーローは合体を強行してしまう

合体は無事完了、カオスヒーローは悪魔人として大きくパワーアップした
「俺は力を手に入れた!もう誰にも負けない!」

再びタケミナカタと闘い、今度はアッサリと撃破
命乞いするオザワを容赦なく殺すカオスヒーロー
「お前たちのような甘い考えではこの世界は生きていけない」
と言い、独りでも生きられる力を得たカオスヒーローはヒーローのもとを去っていった…

132 :真女神転生:04/03/15 18:36 ID:6rjwNP3L
今日はここまで

・蛇足
女神転生の外伝作品「デビルサマナー」の世界では、
ゴトウは逮捕され、トールマンは心不全で死去というTVニュースが流れる
「東京に核ミサイルが落ちなかった」パラレルワールドである

133 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 18:44 ID:q38bPrmg
危うく書き込みそうだった…。
とにかく乙。

では、アカギスフィア番外編。
ギップル、バラライ、ヌージ、パイン各人のスフィア内容書きます。

134 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 18:51 ID:q38bPrmg
ちなみに、各スフィアは、以下のお宝スフィアコレクションに対応しています。
ヌージのスフィア →「死を求めるもの」
ギップルのスフィア→「大馬鹿たち」
バラライのスフィア→「寺院の秘密」
パインのスフィア →「船上の思い出」

前置きはこのくらいにして本題へ。

■死を求めるもの
場所は青年同盟本部内。テーブルに向かい、椅子に腰掛け肘をついているヌージが映っている。
彼はうつむき、テーブルに目をやっている。
撮影者はルチル。「お休みになられては?ご病気かもしれません」とルチルはヌージに向かって言った。
「病気というより故障だな」と答えるヌージ。
ルチルの方を向き深く何かを悩む様子で彼は言う。
「俺の体はなかば機械。無理に生かされているようなもんだ。さまよう死人とさして変わらん。」
再び目をテーブルへと落とした彼に向かってかつてのあなたに戻ったようだとルチルは言った。
目を上げ、ヌージは言った。
「俺の中にある何かが今も死を欲しがっている。わずかに残った生身の部分か。それとも埋め込まれた機械の部分か。
あるいは別の何者か…。そいつが命を憎んでいる。」深く悩んでいる様子で、また目を伏せる。
ルチルはヌージ様!と一喝すると、ヌージは死にたがりの盟主は気に食わないかと答える。
ルチルは盟主でなければ殴っているという。
苦笑し、ヌージは続けた。
「馬鹿げた話だ。スピラの真実を探ると公言しておきながら、自分自身さえ読みきれん。」
言い終えると、遠くを見るかのように窓へと目を向けた。-暗転-

135 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 18:53 ID:q38bPrmg
■大馬鹿者達
ビーカネル砂漠で何者かに話しかけているギップル。
召喚士ユウナを確保したら、ガードは殺せと言っているグアドの通信を拾ったと。
彼の話している相手は、ユウナのガードを務めていたアーロンだった。
この映像は、2年前にユウナ達がビーカネル砂漠へと赴いた際、ギップルと出会ったときの映像だ。
ギップルは、アーロンに歩み寄りながら「首引っ込めて、おとなしくしてたら?」と続けた。
忠告か?と問うアーロンに、「奴らを刺激して欲しくないって事。俺も寺院に追われる身なんで」と答えるギップル。
しかしアーロンは、ユウナのガードとしての使命を全うするには寺院との対立は避けられない。
それをわかっているため、「先に謝っておこう」とだけ言い、ギップルの前を通り過ぎる。
その意図を察したのか、ギップルは「やる気かよ」とつぶやく。ギップルのつぶやきに対し、立ち止まり、一笑するアーロンに、ギップルは確信をもち、言った。
「いいかげん逃げるのも飽きたし、寺院と戦うのもアリかって思うけどさぁ。んなこと言ったら笑われそうだろ?「馬鹿じゃねぇの」って。」と。
ギップルに背を向けたまま、アーロンは「世界を変えるのは、いつだって大馬鹿野郎さ」とだけ言い残し、そのまま立ち去ってしまう。
「大馬鹿野郎ねぇ…」考え込むように、つぶやくギップル。
撮影者はアルベド人らしく、今の会話は理解できないでいたようだ。
その疑問をギップルへと向けた。すると、ギップルは決意したかのように言った。
「エボンに喧嘩をうる。つきあうか」(←アルベド語で。)と。
撮影者は「腕が鳴るぜ」(←アルベド語で)と答える。
ギップルは、アーロンとの会話でのことを思い、「大馬鹿だ。」と苦笑する。
そのとき、通信がはいった。なんだ、(←「なんだ」はアルベド語で。)と怪訝そうに通信を覗き込むギップル。
撮影者のアルベド人は慌てた様子で言った。
「大変だ!ホームがグアドに襲われてる!」(←アルベド語で。)
言われるが早いか、ギップルは踵を返し、ホームへと向かい走り去って行くのだった。-暗転-

136 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 18:56 ID:q38bPrmg
■寺院の秘密
場所は、グアドサラム。2年前、まだそこがグアド族の治める土地だったころのグアド族長館一室内。
バラライは、その館の主であるシーモアと話をしているところから始まる。
バラライは言った。
「キノック老師に使い捨てられて、アカギ隊は全滅です。仲間も僕を裏切り…帰る場所がありません。」と。
その報告を聞き、バラライに背を向けたまま、シーモアはエボンの老師である自分を何故頼るのかと問う。
「キノック老師ととある老師が、水面下で権力争いを演じているとか…」と皮肉をこめて答えるバラライ。
苦笑しながら敵の敵は味方かとつぶやくシーモア。
バラライは宣言した。必ずやお役に立ちます。と。
シーモアは、いずれ寺院に戻れるよう、アカギ隊員としての記録を消し、身柄をあずかるとバラライを認める。
その答えに礼をつくし、身を隠すと約束するバラライは、そのまま部屋を後にする。
その姿が見えなくなると、撮影者(シーモアの手下と思われる)は焦るようにしてシーモアに聞く。
腹のそこで何を考えているかわからない者を手の内に入れてもいいのかと。
それに、「利用価値はある」と答えるシーモア。撮影者は「大召喚士の娘のように?」と言うと、
シーモアは小ざかしい物言いは好かんなと言う。
その様子は、彼が怒っていると悟った撮影者は、申し訳ないというかのように、ははっ!と言い、黙る。
その直後、トワメルが入室。
こちらへと歩みながら、ユウナが幻光河を渡ったので、未来の奥方となるかたへの歓迎の準備をとシーモアに進めると、
ようやくシーモアはこちらへ向き、うれしそうに「…そうだな」とだけ答えるのだった。-暗転-

137 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 19:00 ID:q38bPrmg
船上の思い出
アカギ記録3の映像の続きである。
4人は連絡船の甲板に居り。空には星が輝く夜。
撮影者はギップル。パインも映っている。
アカギ記録3で話していた、「退屈しないように遊ぶか!」と話していた「遊び」についての話である。
「何して遊ぼうか」という問に対し、パインは「空飛ぶ船かな。本当にあるなら飛ばしてみたい」と答える。
その答えに、バラライは「じゃあ君(パイン)が操縦士だ。僕は航法士でもやろうかな」と言う。
ギップルは、自分の技能を考えたのか「機関士は俺にまかせとけ」という。
そして、バラライは、役割をまだ割り振られていないヌージは何をするかと問う。
しかし、ヌージ自身は興味を持っていない様子で、再び夜の海へと目をやる。
その傍らへパインが歩み寄り「船長」とつぶやく。その意見にバラライは「向いてそうだ」と賛同する。
だがヌージは「素人に船を任せるとはな」とあきれた様子で答え、また海へと目をやる。
ギップルは黙ってふんぞり返ってりゃそれらしく見えると意見する。
ギップルの話に、パインはぴったりだと言う。
一同の意見の一致に、取り残されたヌージはただ「こき使ってやる」いうと4人は破顔し、声に出して笑いあい、場が和んだ。
-暗転-

138 :FF10-2(3人+パのスフィ):04/03/15 19:03 ID:q38bPrmg
長くなってすみません。
以上で4人分おしまいです。
幻EDはもう少し待ってください。
筆が遅くてスマソ。

_| ̄|○

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 19:08 ID:LBkeXD3H
藤丸の人、俺は昔やったがクリアしたかどうかあやふやなんで応援してるぜ!

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:04 ID:yykCpEU3
>>138

乙華麗。ゆるりゆるりと続けてくれい。

141 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 20:17 ID:3PIbpmuP
       ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこんかいw>>藤丸馬鹿
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |



142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:25 ID:ppK5W9M4
朧  ◆Hxv6Ljv24E

この人なんなの?わざわざトリップまでつけて荒らしなんて、キチ外?
しかも、個人攻撃だし。気持ち悪い・・・。

藤丸職人、二度と戻らない悪寒。(;´Д`)

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:31 ID:ci1/oAHs
>>142
そいつはキチガイで有名なバカだから放置推奨。こいつの相手をするのはこれで相手にするのは最後にしてくれ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:32 ID:c0Qm85iA
>110-119

バロック乙、ありがとうでした!
初めの方でくじけてしまったから、ストーリー読めてよかった…。
もう一度がんばるか_| ̄|○

145 :143:04/03/15 20:33 ID:ci1/oAHs
↑変な文章になった。ので修正
>>142
そいつはキチガイで有名なバカだから放置推奨。こいつの相手をするのはこれで最後にしてくれ。



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:35 ID:ppK5W9M4
このままじゃスレ荒れそうだから、感想書くね。

バロック職人さん乙。
自分もやってるけど、まだ出してないセリフとか多くて。
あのゲームはストーリー分かり辛いけど、面白いんだよね。
あんまり理解してなかった部分が分かりやすく書かれていて良かったよ。
私は箱の者救えなかったんだよね・・・。
しかも、袋の者をずっと男の子だと思ってたし。
親子だったと知った時はすでに・・・・・・。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:38 ID:ppK5W9M4
>145 スマソ。知らなかったから。あんまり気持ち悪くてつい書いてしまったよ。
もう二度と書かない。でも、対象にされた人かわいそすぎ・・・。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 20:38 ID:WHOcr3D/
バロック懐かしいなあ(´ー`)ラジオCMカコイかった。

149 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 20:40 ID:3PIbpmuP
まぁそうカリカリすんなよ。
ニーズの無いゲームのストーリーを駄文でつらつら書き続ける馬鹿が悪いわけで。
自演までして擁護レスつけるその執念には感嘆すらおぼえるが。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:08 ID:hUUJYwO/
ギップル、ヌージ、バラライ、パインのスフィア、乙でした。
2年前の話だったんですね。
しかもアーロンが出ているのか。見たいのはやまやまだが、
その為に通信スフィアイベントまで進めるの大変だなー。

151 :33:04/03/15 21:08 ID:Gs5ptYC3
今空いてるかな? レジェンドオブマナ第一弾でけたので
5レスほど借ります。 再プレイしつつ書いてるので細か過ぎかも

…改行大杉言われないといいが…

152 :聖剣LOM まえがき:04/03/15 21:09 ID:Gs5ptYC3
『聖剣伝説レジェンドオブマナ』は一本のシナリオに沿ってストーリーをすすめていくRPGではなく
全体的に一話完結のイベントがあちこちに転がっていて、時にそれが一話で完結する事無く
次のイベントに繋がっていく、という感じ。AF(アーティファクト)を地図上に置く事でランド(町やダンジョン)
を発生させ、その中でイベントをこなして行きます。
因みにこの世界(ファ・ディール)では獣人鳥人植物人魔法生物謎の生き物当たり前
厳密な「人間」は主人公のみですが広い意味で「人間」と言えばペンギンまでもが含まれます

主人公のデフォルト名が無いも同然のため(デフォではYOU)そのまま主人公と表記
男女どちらかが選べますが他キャラからの呼び方や容姿に関する台詞位しか違いは無いです


とりあえず中心的な3編+最終編だけ。他にも連続イベントは在りますが
それについては割愛。希望があれば後に、という事で。
イベント名はゲーム中に表示されますが、それを纏めた「編」名はLOMアルティマニアから


153 :聖剣LOM エスカデ編(1):04/03/15 21:10 ID:Gs5ptYC3
『ガイアの知恵』
リュオン街道で「断崖の町・ガトから賢人(※1)に会いに来たけれど、決心がつかない」と言う
猫系獣人の女性ダナエと出会い、その後ドミナの町の宿屋で再会。人が死んだら魂も消滅すると
思うか、と訊いてくる彼女に「魂はなくならない」と答えると彼女は同意し「やはり賢人に会いに行く」
と言うのでついて行く事に。賢人“大地の顔ガイア”を尋ね、ダナエは悩みと疑問を打ち明ける。
「友人が悪魔の呪いにかかって死にかけている。自分は彼女を助けたいし、何かしてあげたい
 しかし彼女は何も要求せず呪いによる死を受け入れるつもりでいる。私はどうすれば良いのか」
ガイアは「彼女の言う事を理解し受け入れなさい」と答える。ダナエはその答えに納得はしないが
「もう少し頭を冷やしてみる」と言ってガトへ帰っていく。

『うごめく森』
ジャングルに住む森ペンギン・しるきーに「最近妖精達の様子がおかしいので調べて欲しい」(※2)
と頼まれ、妖精の森に入ると断崖の町ガトの“癒しの寺院”の修道女が攫われて来ていた。
修道女を取り囲む妖精達の会話を聞いていると、“黒竜王アーウィン”とやらが寺院の司祭を
妖精達の女王に据えるためにその誘拐を指示したらしい。そこへ一人の剣士が現れ妖精達を
一掃。彼は“黒竜王アーウィン”を知っている様だ。主人公に「お前はもう戻れ」と言い残して森の
奥へ向かう彼を追っていくと、一匹の悪魔と遭遇。「アーウィン様は世界を統べる王になる」と言う
悪魔を倒してしるきーに報告、しるきーは森の賢人“獣王ロシオッティ”に相談するも、賢人は
盛大に居眠り中。「まぁ、なるようになるでしょう」と言う事に。

 ※1 マナの七賢人。ファ・ディールの本質を知り人々に助言を与える存在。内一人が入滅して
     いるため今は6人(ガイア・セルヴァ・トート・ロシオッティ・オールボン・ポキール)しかいない
 ※2 以前妖精と人間の間に戦争が起きた事があり、寿命の長い妖精の中には人間達に
     対して反感を持つものも多い

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:12 ID:h0xiAo/U
最初に「要望」に名前あがってたから書いたはず・・・。
続き書いてくれって人も多いし、ニーズは十分あるじゃん。
頭わる!

155 :聖剣LOM エスカデ編(2):04/03/15 21:13 ID:Gs5ptYC3
『二つの炎』
ガトの町に入るとジャングルで会った剣士が“癒しの寺院”へ入っていくのが見える。寺院で
ダナエに話を聞くと彼はエスカデという名で、この10年間行方不明だったことを教えてくれる。
マチルダ(『ガイアの知恵』でダナエが言っていた友人。ガトの司祭)エスカデ、ダナエとの
会話で彼ら3人+アーウィンが幼馴染であったことが判る。10年前アーウィンはマチルダから
精霊力を奪い、それを止めようとしたエスカデは奈落へ落ちた。マチルダはその日から急速に
老い続けているが、エスカデはそれを悪魔(アーウィン)に精霊力を奪われた所為だと言う。
マチルダはアーウィンを責めないで、争わないでと願うが、賢人“煉獄の主オールボン”に
剣技を習ったと言うエスカデは「悪魔を倒すのは賢人の意思でもある」と言って聞き入れない。
部屋を出ていくエスカデと入れ違いに一人の修道女が部屋に入るが、それはアーウィン配下の
悪魔の変装だった。悪魔はマチルダを誘拐しようとするがダナエと主人公に倒される。
騒ぎの後マチルダはエスカデに、自分は司祭になどなりたくなかった、アーウィンは自分を
規律ずくめの不自由な生活から開放したかったのだ、と言うがエスカデは耳を貸さない。
幼馴染達の10年越しの再会は気まずいままでの解散となる。

『流れ行くものたち』
アーウィンと直接話がしたいと言い残してダナエが居なくなった。マチルダに彼女を探して欲しいと
頼まれた主人公がキルマ湖(妖精が住んでいる場所の一つ)で賢人“海を渡るトート”に話を聞くと
妖精界に行く方法を聞いていった女が居る、妖精の輪に飛び込めば妖精界に行けるかもしれない
と言う。湖畔の森でダナエを見つけるが、彼女はアーウィンの本心を知るためにやはり妖精界へ
行くと告げて去っていく。彼女を追って行くとアーウィンとの再会シーンに遭遇。ダナエは詰め寄るが
アーウィンははぐらかすばかりで、結局本心を語る事無く妖精界へと去る。ダナエは彼を追って
妖精の輪に飛び込み、消えてしまった。主人公も後を追おうとするが間に合わず、マチルダに
事の顛末を報告。主人公が去った後、マチルダの下に七賢人の一人“風の王セルヴァ”が訪れる。
セルヴァはマチルダ自身が今は6人しかいない賢人の7人目になると告げ、今が時代の移る時だ
と言う 「もうすぐ時が動く。人は自由になる」  と

156 :聖剣LOM エスカデ編(3):04/03/15 21:15 ID:Gs5ptYC3
『ポキール・夢への誘い』
10年前にマチルダが精霊力を奪われ、アーウィンとエスカデが共に姿を消したウルカン鉱山、
七賢人の一人“語り部のポキール”が、大地が記憶しているその時の出来事を見せてくれる。
10年前アーウィンに誘われてマチルダは寺院を抜け出し、二人は鉱山へ逃れた。エスカデは
マチルダを連れ戻そうと二人を追うが、その言葉の端々にアーウィンへの憎悪が見て取れる。
自分達を取り巻く規律に縛られた世界の窮屈さを嘆き、奈落へ行きたいとこぼすマチルダに
アーウィンは言う 「生きるんだ! そんなに嫌な世界なら いずれ俺が滅ぼしてやる!」
マチルダが召喚していた精霊をアーウィンが自分のものとした時、追いついてきたエスカデが
アーウィンに向かっていくが、そこで大地の記憶は途切れ主人公は鉱山の中で目を覚ます。
傍にはエスカデがいて、自分と、悪魔をかばうダナエと、どちらに付くかと問い掛けてくる。
選択によってエスカデと戦うかそのままクリアかが決まるが、この選択は次のイベントには
影響しない(戦って倒しても展開は全く変わらない)

『彷徨の回廊』
妖精界へ行っていたダナエがガトに戻ってくる。彼女はマチルダに妖精界へ行こうと促す。
時間の流れの違う妖精界でなら老衰による死から逃れられるし、アーウィンもマチルダも
お互いを愛し必要としているのだから、と。そこでエスカデが乱入、アーウィンは自分が倒す
と言い「悪魔に魅入られた」としてダナエに斬り付ける。二人の諍いを止めようとマチルダは
無理を押してエスカデ以外を転送。転送先のミンダス遺跡・風の塔でマチルダとアーウィンは
再会を果たす。妖精達の妨害で一人遺跡の地下に飛ばされた主人公が二人のいる塔に
着くと反発し合うエスカデとダナエが既にお互いの武器すら抜き合わせて対峙していた。
最後の選択。必ずどちらかに付かねばならず、ここで倒した相手はそのまま死んでしまう。
戦闘を終えて塔の上へ行くとマチルダが一人残っていた。妖精界へは行かなかったのだ。
ダナエが生きていると、アーウィンが「世界を滅ぼしてみる」と言っていたとマチルダが語る。
マチルダはダナエやエスカデの選択、世界を滅ぼすと言うアーウィンの意思、世界の破滅を
止める為にアーウィンを殺す、という意思すらも「個人の意思の自由」として尊重すると言う。

157 :聖剣LOM エスカデ編(4・ED):04/03/15 21:17 ID:Gs5ptYC3
『上天の光』
過去の戦争の折に召喚され、世界に大きな被害をもたらした光鱗のワーム・ルシェイメアを
アーウィンは復活させようとしている。世界の破滅を止めるために大カンクン鳥の背に乗って
空に浮かぶルシェイメアに乗り込む(生き残ったキャラは連れて来ても連れて来なくてもOK)
ルシェイメアの背や腐り落ちて空洞になっている体内(ナウシカの腐海みたいな感じ)を進み
頭部にいるアーウィンに挑む。途中何度か賢人セルヴァが現れ更に先へ進むかと聞いてくるが
それ以外では一度入ったらアーウィンを倒すまでルシェイメアから出ることは出来ない。
「俺は人と言う醜い種を滅ぼすためにこの世に生まれてきた」と言うアーウィンと戦い、倒す。

ルシェイメアが力を失って地に堕ちる直前、主人公達はカンクン鳥に拾われてガトへ戻るが
戻ってきた主人公の下に、マチルダの死の知らせが入る。更にその遺体が消滅した、とも。
場所は変わって奈落。奈落の賢人オールボンの下にやってきたマチルダは賢人の一人となる
事を了承し、少女の姿に戻って同じく奈落へ落ちたアーウィンに会いに行く。だがアーウィンは
生まれ変われるなら、再び悪魔として世界を破滅に導きたい。その為にマチルダと、自分の
中のマチルダへの想いから逃れたい。と言い残してマチルダの前から消えてしまう。
直後にやってきた賢人セルヴァの前で、取り残されたマチルダは独り泣きじゃくる   ―END


『彷徨の回廊』でエスカデ側に付き、なおかつエスカデをルシェイメアに連れて来なかった場合
アーウィンの下に着いた時、先に来ていたエスカデが主人公に後を託して死ぬ場面に遭遇。
この場合ED時に幼馴染4人組は全員死んでてプチ鬱 マチルダは賢人として戻ってきそうだけど
マチルダの「全てを受け入れる」という考え方に共感しにくいため、理解が難しい一編。

…大杉は言われなかったが連投時間制限に引っかかりまくった_| ̄|○
しかも改めてみると物凄い長文…       ここで一旦切ります

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:25 ID:h0xiAo/U
>聖剣さん乙。
本当に大変でしたね。このゲーム長し、ストーリーも深いから。
続きも楽しみにしてます。

159 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 21:31 ID:3PIbpmuP
その要望自体が自作自演だってことだ。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:41 ID:a8L3Dq9x
以後何事も無かったかのように仕切り直し

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:43 ID:9fuI2+SS
なんにも悪い事してないのに、
それどころか自分の時間を削って書いてくれたのに、
理由もない苛めにあってるのを、
周りは見て見ぬ振り。

どんな思いでモニターを眺めているんだろうな。
所詮2チャンか・・・・・・ひどすぎるよ。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:48 ID:JHwj9IT+
あらためて以後何事も無かったかのように仕切り直し

どうやら投下予告と正式に見なされたみたいだから
デビルサマナー執筆します
しばしお待ちを

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 21:49 ID:7k/QSFyZ
>162
デビルサマナー嬉しいです!
ありがとうございます。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 22:33 ID:KyUw+vm/
EVER17リクあったみたいですね。
私最近プレミアムエディションプレイしたので書こうかなー。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 22:40 ID:R0rCEPp/
んじゃ数スレ待って92さん帰ってこなかったら
漏れが藤丸の続き書くよ
つー訳で今から再プレイしてくる

166 :EVER17 人物紹介:04/03/15 22:51 ID:KyUw+vm/
このゲームはLeMUという海洋テーマパークにて起きる一連の事件を二人の主人公の視点で話を進めていくアドベンチャーゲームです。
片方の主人公視点を選んだからといってもう片方が出てこないというわけではありません。
攻略対象ヒロインは主人公ごとで違います。

倉成武:主人公その1。20歳。LeMUには友人たちと遊びにきたがはぐれる。
  少年:主人公その2。記憶喪失ゆえに便宜上”少年”と呼ばれる。

小町つぐみ:謎に包まれた少女。
 武視点での攻略対象
茜ヶ崎空:LeMUスタッフ。
 武視点での攻略対象
田中優美清春香菜:LeMUのバイト係員。名前長い・・・。
 少年視点での攻略対象
松永沙羅:高校生。学校の行事でLeMUにやってくる。
 少年視点での攻略対象だが武視点では一切でてこない。なぜなのか・・・
八神ココ:ちょっとぶっ飛んだ子。
 上の四人クリア後に攻略可能となるEVER17での集大成シナリオ

167 :EVER17の人〜諸注意〜:04/03/15 22:54 ID:KyUw+vm/
このゲームはココ編でのからくりがちょっと特殊な為、ネタバレすると面白さ半減します。
とりあえず順繰りに書いていきますが
ココ編書くかはちょっとわからないです。あしからず

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 22:55 ID:fZbLyEV2
>165たった数スレしか待たない気なのか?
つーか、今このスレをどんな思いで見てるか、分からないのか?
誰も疑問に思わないのか?
こんなの間違ってるよ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:01 ID:yoKMu1a4
>>161

荒氏・煽りは放置が一番
相手すると大喜びでさらなる煽りを繰り返すだけ


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:05 ID:UPXuBKMy
次スレのテンプレに購入相談スレのテンプレを引用しないか?


再び以後何事も無かったかのようにどうぞ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:06 ID:RI1Wuvxn
2chブラウザ入れてると、
同じ荒らしでもコテの方が
NGネームへ一度登録すれば済むので楽です。
不愉快なコテにレスをつけてしまっている皆さんには
2chブラウザの導入をおすすめします。
荒らしがいることすら気づかなくなるので超おすすめ。
http://www.monazilla.org/

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:07 ID:hUUJYwO/
>>168
もう少し上にスクロールしてよく読め。誰も無視はしてない。
でも煽り、荒らしはスルー、レスはいっさいしないというのは、2chのルール。
朧にはかまうな。
ガイドを小一時間読み込んでこい。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:10 ID:FbtadB3R
>165 悪いけど、今の状態のこのスレに嬉々として165のような
書きこみするなんて、サイテーだな。
つーか、自分が書きたかったから、荒らしたんじゃないのか?
そんな風にさえ見える。ふかよみしすぎだろうけどさ。

つか、結局ゲーオタは自己中ばっかなんだな。
「自分さえ良ければ他はどうでもいい」ってのが、このスレ見てて良く分かる。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:11 ID:t2S3Qomh
数スレ待てば十分だろ┐('∀`)┌

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:16 ID:FbtadB3R
>172 そうじゃなくってさ、煽り・荒らしにかまえって言ってるんじゃないだろ。
少しは人の痛みを思えよ。
バカは無視していいだろうが、それだけで満足してるこのスレの住民の
自己中ぶりには辟易する。
こんなんだから世の中でキモオタって呼ばれるんじゃねーのかよ!

176 :165:04/03/15 23:16 ID:R0rCEPp/
いや、俺が荒らした訳でもないしわざわざ文章下手な俺が
書きこみしたい訳でもないよ。
ただ、つい最近このスレ知ったので数スレがどの程度で進むのか
知らなかったし、途中で止まってる内容だと気になる人もいるだろ?
マイナーなゲームなんで引継ぎする人が居なさそうなんで書きこみ
しただけだよ。スレの勉強不足はスマソ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:19 ID:UPXuBKMy
FbtadB3R

そのへんにしとけ
感情的になりすぎだ
10分ほど外の空気吸ってこい

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:23 ID:cfG2bZEw
>>175


藤丸の人は悪くないよ
みんな擁護したいのはやまやまなんだけど
それは逆に朧に対する燃料になるのは解りきってるから反応してないだけであって…



179 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 23:26 ID:3PIbpmuP
なぁ。異常な奴だとは思ってたが、やはり間違いではなかったな。
まぁ長々と自作自演劇場を続けてくれたまえ。こちらはあんたの馬鹿さ加減を楽しませてもらってるよ。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:29 ID:hUUJYwO/
>>161
>>168
>>175
がそんな話を持ち出さなければ、
ほとぼりが冷めた頃に藤丸氏が復活してくれたんじゃないかと思うんだが。
こんなに必死に擁護されたんじゃ、戻りにくいんじゃねーの?

まあもう、この話は終了という事でオケー?

181 :聖剣LOM :04/03/15 23:29 ID:Gs5ptYC3
すいません一ヶ所ミスがあるのに気がついた

>>155
『二つの炎』
>悪魔はマチルダを誘拐しようとするがダナエと主人公に倒される。
ここ、ダナエに限るわけでなくエスカデを仲間にして進めることもできます
いつもダナエ仲間にして案内してもらってるから忘れてた…

>>158
ありがd  なるべくまとめ切れるように頑張るYO


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:32 ID:t2S3Qomh
>>180
そいつらも朧の自演だ騙されるな

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:40 ID:wyNL4YN2
なるほど、自演だ自演だって言ってるヤツが一人寂しくトリップ付けたり外したりで自演してるわけか。
寂しいヤツなんだな、なんだか可哀想に思えてきちゃったーよ・・・

184 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/15 23:41 ID:3PIbpmuP
まさにスタンドアローンコンプレックスw

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 00:40 ID:UQdd2CxS
本物の気違いか

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 00:53 ID:apJYWtAe
今は投下のタイミングだろうか・・・?
冬の終わりの風物詩がやってきたって感じかねぇ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 01:28 ID:T6Qn1WNp
あちこちで無視されてるからってわざわざマターリムードのスレに出向いてまでやることかよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 01:30 ID:ASLimM1/
>>186
投下してほしい

189 :EVER17プロローグ:04/03/16 02:12 ID:5yzfI6xY
LeMUは地上1F海中3Fある海洋テーマパークである。
倉成武は友人たちとLeMUに来たが地上1Fではぐれてしまった。
待つのもなんなので探すついでに海中部分の方に下りていくことに。

視点変わって少年へ。
水面下3F
噴水のある広場のベンチで座り続ける少年。
どうもベンチに座る以前の記憶がまったくないようだ。ここがどこかもわからない。
ただ誰かを待っていた・・・そんな感覚だけは残っている。
呆然とベンチに座り続けていると係員らしき女の子に声をかけられる。
彼女の名前は田中優。本当はもっと長い名前なのだけどめんどくさいので優と呼んで欲しいとのこと。
優は記憶喪失だという少年の面倒を見ることに。少年は優の案内でLeMUを見学。
エレベーターホールに来たところで見覚えのある女の子を発見。
彼女に話しかけようとするも人ごみに流され見失う(優ともはぐれる)なぜか悲しい気持ちになる。
気持ちが高ぶる中、別の係員に声をかけられ・・・突然男の人(武)に声をかけられる。

190 :EVER17プロローグ:04/03/16 02:12 ID:5yzfI6xY
視点変わって武へ
友達を探すために少年に声をかけて聞いてみる。・・・知らないようだ。
少年と別れ友人を探し続けるが見つからない。携帯も圏外。
呼び出してもらうために係員を探している所へ
変な狸の気ぐるみを着た人を見つける。話しかけるも無視され一撃食らわされる。
心配した係員が話しかけてきて話している間に狸逃走。
係員いわく、あの狸はレミュールのマスコットみゅみゅーんだそうだ(どうでもいい)

視点変わって少年
男の人もも係員も皆いなくなってしまった・・・どうすればわからないので、とりあえず最初にいたところへ戻ることにする。
戻る途中で女性の声の狸が手招きをしてきたので応じると、
狸の気ぐるみを押し付けられ・・・脱げない_| ̄|○

視点変わって武
売店でさっきの狸発見。さっきの一撃のわけを問いただそうと顔をとると中から少年が。
なぜさっき殴ったのか問いただしていると、気ぐるみの暑さからか少年が倒れ、
係員(少年を探していた優)とともに救護室へ。
少年を係員に任せエレベーターへ。居合わせた女の子は訝しげそうな目でこっちを見ている。
一体何なんだ?と問いただそうとするとエレベーターが止まり・・・

ここで武か少年か視点を選びます。
一度選んだらもう視点が入れ替わることはありません(ココ編除く)

191 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 02:33 ID:5yzfI6xY
エレベーターから脱出し女の子と周りを調べることに。
人っ子一人いないのでこれは只事ではない。ここままだとやばいので上へ走る。
水面下一階に来たところで海中に面しているガラスが割れ浸水。
下へ逃げるしかないので忠告に来た係員とともに三人は下へ。
2Fまで逃げてきたところで係員さんが状況を確認。館内のコンピューターにアクセス。
かなりやばいらしい。下に逃げてきたものはしょうがないので他に人がいないか探すことに。
係員の女の子(優)と少年とココという少女を発見。
とりあえず下へ降りてみることに。水面下3F中央制御室へ到着。
LeMUの状況報告。発電機は無事。通信手段は全てアウト。
ここで全員の自己紹介。
優の本名は優美清春香菜。ココは優のことをなっきゅと呼ぶように・・・
女の子はつぐみ。もう一人の係員さんは空。そして武。少年の名前は・・・?記憶喪失!?

192 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 02:47 ID:5yzfI6xY
館内の売店に食料はあったので一安心。手分けして館内を調査。
つぐみが気になる武は中央制御室で空に生体反応を調べて探すことにする。
モニター上の生体反応の数がおかしい・・・7??
その後あちこち調査して、館内には他に誰もいない、水面下1Fは完全に浸水して上に行きようがない。
外にでて上まで泳ぐのは自殺行為。LeMUの半分は水の中。
そんなことがわかり一同とりあえず休憩をすることに。
そんな中ココの調子が悪くなる。空が減圧症と判断(LeMUは水圧とのバランスを保つため館内気圧が高めに設定されていたが、浸水の影響で急激に気圧が下がったために調子が悪くなるらしい。高山病みたいな感じ?)
ココの治療のついでに他のメンツも大事をとって一緒に治療することに。
たが空とつぐみはその治療をうけなかった

193 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 03:07 ID:5yzfI6xY
一眠りしてココは元気になったようだ。
武は変な寝言をいったらしく、優に顔をラクガキされる。一同中央制御室へ。
空が119時間で完全にLeMUは潰される、と計算。誤差は+-12時間。
今は2日だから6日の午後四時半くらいまでは大丈夫。それまでにきっと助かるよとココが皆を励ます。
皆それぞれ思い思いに時を過ごしていると、突然停電が。空に状況を聞こうにもいない。
空が消えた・・・?手分けして空を探すことに。
そんな中、つぐみは空を探しても無駄だと言い、発電機を直すのが先だ。と一人で発電室に向かう。
それをみて武は、空探しは他に任せて、つぐみの手伝いでついていくことに・・・
エレベーターに乗り込む二人。このエレベーターは中の重みで動く仕掛け(アルキメデスの原理)だが動かない。
沈まないなら、沈めるしかないとつぐみは壁に穴を開け(!!)海水で沈める。

194 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 03:28 ID:5yzfI6xY
自分でやったわりには、ぱにくるつぐみ(素直にならないところがかわいい)
そんなこんなで発電機を直し、皆の所へ戻る。
ここで空の正体が発覚。人工知能。見えてはいるが、その隣にはいない…網膜に直接画像を映し出す。
誰かに見られることによって、具現化できる・・・見ていなければ存在しないも同然。

そんなこんなで、その日はまったりと缶けりしたりして時を過ごす。
次の日、倉庫のパイプに亀裂が走っているのがわかり、直すことに。
だが手違いで排水が逆流。ココをかばってつぐみが重症を負う。
40針を縫うほどの怪我だったが、とりあえず手当てはしたので一安心。だが全治二ヶ月意識はいまだ戻らない。
つぐみが心配で中々寝付けない武だったが、つぐみの意識が戻った知らせを聞き、つぐみの元へ行くが、
つぐみに「死にたかったのに、どうして助けたの」と言われ、
「生きてればきっといいことだってある」と言い合いになりつぐみに偽善者・・・と言われる。


195 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 03:43 ID:5yzfI6xY
次の日、朝食後につぐみのお見舞いへ。つぐみがいない・・・壊された医療用機械。
床に残されたギプス…つぐみが歩けることなんて考えられない…もしかして、神隠し…?
つぐみを探す。パイプ部屋につぐみが・・・何かを探している。
怪我したのは左足なのに、右足をかばうつぐみ。確認の為につぐみのスカートを。強烈な平手打ちをくらい駆け去るつぐみ。
その後つぐみが救護室へ戻って空に謝ったらしい。
つぐみが戻ってきたのでつぐみに会いに行き、要望どおりご飯を取りに戻ってみるとまたいない。
つぐみは、ジャンガリアンハムスターを飼っていたらしく、探しにいったらしい。
ハムスターは水没した通路の先にいるらしい。助けにいこうとする武。
止めるつぐみを置いて、武は水没した非常通路へと飛び込む。無事にハムスターを助けつぐみのもとへ戻る。
おかえり。つぐみの心からの笑顔。ジャンガリアンハムスターの名前はチャミ。

196 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 03:59 ID:5yzfI6xY
その日の夜。つぐみの告白。武に言っておきたいこと。12年前の夏にウイルスに感染。
5年で全ての細胞が入れ替わり、私は死なない身体になった…ずっと17歳のまま……。
驚く武につぐみは冗談と返す。
次の日の夕方、少年が「もううんざりだ。みんな、同じじゃない。ぼくは強く生きられない…だったら、いっそのこと・・・」
とキレル。武は生きてさえいればいいんだと怒る。一触即発の雰囲気だったがつぐみが間にはいり少年を説得。
そして、つぐみは武に怒っていた。二人きりになる。
つぐみの問いかけ。手のひらの上のチャミを握りつぶす・・・が、死んだはずのチャミが生き返る。
生きてさえいればいいですって?そんなことはない。
つぐみの過去。昨晩の話は冗談ではなかった。

197 :ブレス4のひと:04/03/16 04:06 ID:apJYWtAe
割り込みかけてしまっていたら悪いのだが、投下希望を無視するわけにもいかんので
ここいらで少々。前スレ517の続き。
第3章 第9部 おろかなるもの

シオの海の風を止めている原因を思われる魔人を倒すべく火の山島に辿り着いた一行。
難破船伝いに、人魂の導きを受けながら奥に進むと、そこにはヨギ火山の
イワオカインと同じく神気に中てられ自分が神であると錯覚した魔物「セント」が。

子分「エルモ」を召喚しつつ襲ってくる「セント」を撃破しシオの海の安全を
取り戻した一行は改めて西大陸を目指す。

かくしてシオの海の終着点であるリプの村へ到着。ここで村人から西の島々の
ジャングルのどこかには原住民パプパプ族が住んでいることを聞き、その人たちなら
帝国領への行き方を知っているかも、ということでとりあえずそのパプパプ族とやらに
会ってみることに。

ということでジャングルを歩く一行だが、その行く手に謎の毛玉が。
なにやら言語と思しきもので何かを訴えかけているような気がするその毛玉に
食い物を見せると物欲しそうな目をする。つまりこりゃ腹が減ってたんだな・・・
ってなことで腹いっぱいメシを食わせてあげる(ミニゲーム)。

腹いっぱいになった毛玉が御礼とばかりに案内してくれたのはパプパプの村。
そこで探検家ベイトからパプパプ族の言葉の翻訳の仕方と帝国領への行き方を
教わる。と、そこへ毛d・・・じゃなくてパプパプ族が。ベイトが言うには
どうやらパプパプ族の一人が重い病気になってしまったとのこと。
手持ちに特効薬がないがリプの村ならあるいは、と語るベイトの言葉を受け
一行はリプの村へ戻る。

リプの村に戻った一行は村人から、シオの海の孤島に生えるモズ草なら治療に
使えるという話を聞くが、今生憎と船は・・・というところで先に世話になった
船長が。セントを倒した礼も兼ねて船を好きに使ってくれという船長に礼を
いいつつモズ草の生える孤島を探しシオの海を巡る・・・。

モズ草を手に入れた一行は早速パプパプ族の村に戻り薬を作って病気のパプパプ人に。
元気になったパプパプ人やベイトの感謝の言葉を背に、一行は浅瀬伝いに
帝国領に向かう。

198 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 04:12 ID:5yzfI6xY
少年との和解…みんなに謝る武。そして・・・施設の一部がまた水没。
次の日。お通夜のような朝。
空の状況報告…昨夜の浸水によって支柱への負担が増大…油断のならない状況もう倒壊は時間の問題。
そんな話を聞いて暗い雰囲気になる。
その雰囲気を飛ばすために、武がお菓子パーティーをやろうと提案。
パーティーが進んでいる中、つぐみのたっての希望で空ふたりきりで脱出について話がしていたのだが
口論になる。
つぐみいわく、LeMUの下にも施設があるはずだと、そこに真実があるはずだ。
だが空は何も知らない。そんなはずはない。言い合いは堂々巡り。
そこへココが泣きながら間に入って止める。が、突然倒れ込み、吐血するココ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 04:18 ID:YiDnnXR+
混沌とした事態になっちゃってるね

ある程度までメモ帳かなんかでTXTにまとめて一気にコピペで
投下した方が良いと思うのだけど。スレ長時間占領しないで済むし
・・・携帯からとかだったら仕方ないけど

200 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 04:25 ID:5yzfI6xY
取り乱す皆を落ち着かせる武。とりあえずココを救護室へ。
救護室で調べると、ティーフブラウというウイルスに感染していることが判明。
そばに運良くアンプルがあったため、ココは体調を持ち直して一安心だが、治ったわけではない。
空が真実を話す。下にIBFという研究施設がある。LeMU はカモフラージュと資金集めが目的。
IBF に最新型の治療装置がある。一同IBFへ行くことに。
IBFへの扉が開かない。空ですら無理。
一同立ち往生するも、扉の中より誰かが鍵を開ける。白い部屋…端末に突っ伏す研究員
もう後戻りはできない。一同IBFへ。だが空はコンピューターの管轄が違うので、IBFへ行くことができない。
ここで見送り。
IBFへ到着。さっきの研究員から治療装置の場所を聞き、ココと研究員を装置の中にいれる。
武と少年とつぐみで IBF の調査。
ほとんどの部屋は閉鎖されて入れない。ある部屋では数人の研究員が血まみれで絶命していた。
LeMU と同等か、それ以上の非常事態が発生していた・・・

201 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:31 ID:8bdZbo11
>>108の続きです

アサクサの地下道でペイルライダーを倒し、王冠のメノラーを
ヤモノヒオロギ入手後、ヨヨギ公園でマザーハーロットを倒し、美のメノラーを
ユウラクチョウ駅でトランペッターを倒し、神威のメノラーを入手する

第四カルパの台座に3本のメノラーとダンテから入手したメノラーを配置すると奥への扉が開く
途中に『12mの永遠』という通路がある、カグツチの輝きにより辿り着く場所が異なる通路だ。
行き先は冥府の回廊、冥府の宝物庫、冥府の広間、冥府の通路のいずれかに通じる。
(ストーリーに関係するのは冥府の回廊、冥府の広間のみなのでこの2つに関してのみ記述します)

冥府の回廊では2体の何処かで会ったような気がする思念体と出会う
ナイフを持った少年と老人の思念体である

少年の思念体『…なんだ、お前?変った悪魔だな、少し聞いてもいいか?
       自分の心の赴くままに他人を殺す、これっていけない事だと思うか?』

問いに対し主人公が頷くと

少年の思念体『そうかいそうかい、まるで人間みたいな答えだな。
       けど覚えときな。人間の方が、案外悪魔より残酷なのかも知れんぜ…くくくっ…』

問いに対し主人公が否定すると

少年の思念体『ほぉ、やっぱり悪魔は話が早いよな。俺も、今まで何人もこの手で切り刻んでやったもんだ
       …どんな奴も、一皮剥けば、血と肉の塊に成り下がる…人間なんてそんなもんだぜ。
       けどな、俺だって…ホントは憧れていたんだ、人の温もりややさしさって奴に…』

老人『来る日も来る日も、額に汗して働く…それが人間のあるべき姿だ
   私はそうして社会に貢献してきたのだ。会社は大きくなり、人々にかしずかれる存在になった
   私の人生は、果たして成功だと思うかね?』

問いに頷くと

老人『…そうだろう。皆私の幸福を妬んだものだ…あの事件が起こるまでは
   あの忌まわしき事件。私は初めて殺意というものを感じたのだ。
   強い負の感情…あの少年に対する怒り…今も私は思うんだ、この怒りを持ってすべての者に復習をしてやりたいとな。
   …もっとも、社会に縛られた私に、そんな事をする度胸はなかったがな』

問いを否定すると

老人『…そうか、そうなんだ。私自身、自分が幸せだと思った瞬間、幸せは脆くも崩れ落ちてしまった
   キミも気をつけるんだね。世の中一寸先は闇…と言うからな』


202 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:33 ID:8bdZbo11
冥府の回廊の中で『後生の土鈴』を持ち出したマネカタの話を聞く
『後生の土鈴』には魂を肉体に転生させる力があるという
ボルテクス界に戻り、ゾウシガヤ霊園に行くと地面に人形の染みが…
手に見える部分に『後生の土鈴』が落ちていた
霊園に居る思念体によるとマネカタが人間になった途端に死んでしまったらしい
ボルテクスでは選ばれた人間以外は生きていけないのだ

後生の土鈴を持って喪服の淑女の元に行くと、マネカタについての話を聞く事ができる

淑女『…○○(主人公)君、珍しい物を手に入れたみたいね
   それは後生の土鈴といって、さ迷える霊を転生させる力を持っている物
   アマラ深界に隠しておいたはずだけど…転生を夢見たマネカタが持って逃げたようね
   …そういえば、君は知ってるの?マネカタという存在が、どうやって生まれたのか?
   あれは、人の心の生み出した感情の欠片…その感情が体を得、動き出した物よ…』

淑女『受胎が起きたとき、あの地に居た人間は皆浄化されたわ。
   世界が新しい段階に進む為、それは必要だった事…けれど、人は死しても魂は残った。また同じように…人の感情も。
   弱い感情は生まれてすぐに消えるけど…強い力を持った感情は世界に留まるわ
   その感情は、エネルギーとして自らを受け入れる場所へと向かい、命へ最も近い物質…
   そう、土の中へと宿り、徐々に形を成していったわ
   …それは、元の人間が望んだ別の姿であり…最も見たくない自分の姿でもあるのよ…
   人の感情は泥に宿り、マネカタとして新たな世界の住人となったわ
   人のように何かを生むことは許されず、新しい世界へ進む事は出来ない定めだけれど…
   そんなマネカタの中には、まれに強い力を持った者も存在したわ。』

淑女『その後生の土鈴を使い、そういった者を転生させれば…
   それは仮初めの連れあいかも知れないけれど、己の仲魔とすれば、君のこれからの旅も楽になるかもしれないわ
   もし心当たりがあるのなら、試してみるといいわ。
   そろそろ地上に戻りなさい、○○君。あなたにはまだ…やらなくてはならない事があるのだから…』

思い当たる節があり、冥府の回廊へと戻る主人公
回廊の少年と老人の思念体の元へと向かう

203 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:34 ID:8bdZbo11

少年『俺は、自分自身が受けた痛みを、常に他者に発して生きてきた…
   それを悪いと感じた事も無いし、後悔もしていない 
   だが…な、あの娘に出会ったとき、つい言っちまった。ホントはみんな優しいんだ、…ってな
   なんであんな事言ったんだか。もしかしたらホントは俺も、人の温もりや優しさに憧れていたのかもしれん…
   もし…もし人生をやり直せるのなら、俺は…誰からも好かれる人間として生きてみたかった…』

少年『チッ…何言ってんだか、俺は。悩み惑うなんてガラじゃないぜ
   …お前、不思議な悪魔だな、なんでこんな事語ってんだろう、俺は
   もしかして、お前なら俺の迷う心を導いてくれるのか?』

頷き、後生の土鈴を使う主人公

少年『これで…ここともお別れだ…何かが…見える…そうか…俺の偽者の魂は…悪魔の集う館に…流れ行くか…』
思念体は消え去り、少年の魂は本当になりたかった自分――
マネカタの皆に慕われていたマネカタの指導者、鬼神フトミミとして新たな生を受けることになる

老人『…どれだけ時間が過ぎても、己の中にある怒りは消え去らない
   私は、私自身の為にも、あの少年に復讐しなければはならなかったのだ
   キミからは、ただの悪魔でない力を感じる。どうだろう?私のさ迷う心を導いてくれないかね?』

頷き、後生の土鈴を使う主人公

老人『おお…おおお…これは…見える…我が黒き魂は…形を為し…ここは…悪魔の集いし館か…』
思念体は消え去り、老人の魂は抑圧された願望を叶える自分――
マネカタから恐れられ、マネカタ社会を破壊しようとした殺人鬼、外道サカハギとして新たな生を受けることになる


204 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:35 ID:8bdZbo11
冥府の広間に出た場合は、歩くごとに体力が半減する魔王の呪いがかかった場所を探索する事に
呪いはフロア全体に及んでいるので、数歩事に回復をしながら奥へと進むと魔王の部屋へと辿り着く
部屋へ入ると、謎の声が部屋に響く

謎の声『…全ての死、魔人達の来襲を退け…遂にここまで辿り着いたか。
    その働きを称え、わたしに謁見する権利を与えてやる。さあ、近くに来るがよい』

部屋の主の下へと向かう主人公

謎の声『…わたしこそ、今は地にある天使の長。
    黒き翼となった闇の天使と共に、混沌の悪魔を支配する最強の魔王。
    …死と魂を司る者、ベルゼブブだ。覚えておくが良い。』

ベルゼブブ『…貴様が、ルシファー様お気に入りの○○(主人公)か。その働きは耳にしておるぞ。
      ルシファー様に与えられた力で、新たな悪魔を創り出そうとしているのだな?
      …知らぬのか?貴様の集めているメノラーがそうだ
      全てのメノラーが地の底に捧げられた時、新たな混沌の悪魔が生まれる…
      何と言われてそれを集めていたのかは知らぬが…知らぬとはお人よしな事だ。
      覚えておけ、○○よ。我等混沌の悪魔は、みなその時を待っているのだ。
      新たな悪魔が生まれ…ルシファー様が決断するその時を…
      地の底に眠る混沌の軍勢は、ルシファー様の命があり次第目覚め、再び立ち上がるであろう
      その時のため…混沌の悪魔の為にならわたしも喜んで力を貸そう
      だが…ただで貸す訳にはいかん。まずは貴様の力、試させてもらう!』

ベルゼブブの姿が巨大な蝿の姿に変る

ベルゼブブ『我が真の姿、真の力を使って!
      さあ見せてみろ!ルシファー様に与えられた悪魔の力をっ!』

ベルゼブブを倒すと魔王の呪いが消え去りダメージゾーンが無くなる         

205 :ブレス4のひと:04/03/16 04:36 ID:apJYWtAe
>>197の続き
ベイトから聞いた話ではこの諸島郡は潮が引いていれば歩いて渡れるのだが
満ち引きの都合では何日も足止めを食らうかもしれないとのこと。でも夜も
深けてきたら寝るっきゃないでしょ、ということでキャンプを張る一行。

だが、目が覚めたらそこは孤島と化していた・・・。

ただ一人イライラを隠せないクレイをよそに潮が引くまでまったりすごす一行。
食料を確保しに森へ向かうリュウ・ニーナ・アースラ。岸辺で都合よくさおDXを
見つけ釣りに興じるリュウをよそに女性陣はなにやら泉のほうへ。

なんとか食えそうな魚を何匹か確保して(このゲームではここの他各地で釣りが
でき、釣った魚はHPなどの回復にも使える)ほくほく顔のリュウが泉で見たものは・・・
女性陣の水浴び。
偶然のラッキーチャンスに息を潜めるリュウ・・・だったがアースラは気がついた
ようで弾丸一発。恐怖を胸にそそくさとキャンプへ戻るのであった。


そのころ、皇都になにやらボロボロになった銀髪の男が現れる。
そう、フォウルである。

懐かしの皇城。城の守護者アーターに皇都を崩壊させるように命じ玉座を
目指すフォウルの目前に現れたのはヨム。切り札の強化型炎の魔人カーポと
強化型炎の魔鳥カミュを次々に召喚しフォウルを滅せんと襲い掛かる。
しかし、リュウがカイザーに目覚めると共にもうひとつの最強竜タイラントに
目覚めていたフォウルにはかなうはずもなく、2体の召喚獣は光に消える。

切り札をあっけなく破られたヨムは、自分の価値はもはやない、やはり神皇になど
かなうはずもないのだ、と言い残し自決する。
ヨムの死体を背に皇帝専用の直通エレベーターで最下階を目指す。

最下階で待っていたのは帝国兵と呪術師。竜の力を封ずるという結界を張り
皇帝を守らんとするも、その結界もタイラントの力の前にたやすく崩れ去り
帝国兵達も塵と化す。

そのころ玉座では、フォウル出現におののく皇帝に宰相ユンナが神をも殺せる
剣「神鉄の剣」を授け、これでフォウルを殺せば貴方は皇帝のままでいられる
とそそのかす。

帝国兵を蹴散らし玉座に座りガタガタ震える皇帝の前に立つフォウル。
盟約に従い玉座を明け渡せと迫るフォウルに皇帝は神鉄の剣を突き立てる!

・・・が、フォウルは倒れない。打つ手もなくただ哀れに震えるだけの皇帝
の手から神鉄の剣を打ち払い、返す刀で首を跳ね飛ばす。
こうして、神皇フォウルは再び皇帝として君臨することとなった。

そして、フォウルは魔物の巣窟となった皇城の最下でいずれ来る半身を待つのであった・・・。


そんなフォウルの壮絶な死闘をよそにニーナと釣りに興じるリュウ。
今日も釣れてほくほく顔でキャンプに戻ってみればいいタイミングで潮が引いている。
これなら帝国領にいける。一行は帝国領北の玄関であるコウシア村へ向かうのであった・・・。

続きは後日

206 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:36 ID:8bdZbo11
第五カルパへと至る扉を開く鍵、明星の鍵を入手し第四カルパの最下層へ
ここでも喪服の淑女と車椅子の老紳士が待ちわびている

淑女『ついに全てのメノラーを集めここに来ましたか
   以前約束しましたね、あなたに全てを教えると
   お話しましょう、もう気付いているかもしれませんが、メノラーは盗まれた訳ではありません
   訳あって我が主が、それに見合うであろう者達に手渡した印なのです
   騙していた事はお詫びしましょう。しかし、これには理由があるのです
   これから話す事を聞いていただければ、その理由もわかっていただけましょう
   時の流れを越え、世界、宇宙では、光と闇の勢力が争ってきました
   その戦いはあらゆるものに影響を与え…
   悪魔や人間達もいずれかの勢力の支配下に組み込まれ、戦いつづけてきました
   …そしてその戦いは終わる事無く続いているのです
   しかしあの御方は、この無限の戦いを終わらせる事をその名に誓いました
   今までに無い、己が意を次ぐ新たな混沌の悪魔を創り出し…
   光の勢力との終の決戦に挑む決意をなされたのです
   その悪魔を生み出す為に用意されたのが死を司る魔人でした
   死に挑み、死を越えることで、悪魔の滅ぼし、滅ぶ力の結晶となることができる
   それが我等に許される、初めての黒い希望になるであろう、と
   そう、それが全て我が主とあの御方の間で定められた、新たな悪魔を創る計画でした
   多くの魔人達、そしてこのアマラ深界、全てはあなたを試す為の試練だったのです
   ある魔人は何も知らず、あなたに戦いを挑み
   またある魔人は、全てを知りつつ、混沌の未来を夢見てあなたに討たれました
   そう、全ては終の決戦の刻を迎えんがために…』

淑女『そして今、あなたは期待通り、全ての魔人を退け、ここにきました
   あの御方の望んだ…混沌の希望たる悪魔として生まれ変わるに相応しい力を持って
   どうですか?○○(主人公)。あなたのその力を、私たちの為に…
   深淵に潜む混沌の悪魔たちのために役立ててはくれせんか?
   強制はいたしません
   …あなたがボルテクスで今までどおり、人間の力の行く末を信じるのであれば、もうこの地を踏む必要もありません
   しかし、世の定め、逃れられぬ運命、全てを支配する絶対的な存在…
   もしそれらに疑問を持つ事があるならば…あなたは深淵の底まで訪れるべきなのです
   その心まで、悪魔として生まれ変わるために…』

淑女『最期に…あなたと関わりのあった一人の人間
   運命に流され、生かされている者についてあなたに語りましょう
   それを見て進むべき道を見定める事を…我が主は望んでおります』

207 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:38 ID:8bdZbo11
車椅子の老紳士が手をかざすと、マガツヒの流れに捕らえられた聖の姿が現れる
彼は勇に嵌められて死亡したはずだ

淑女『その者、かつてはヒジリという名で存在した一人の人間
   その者は、死してなお運命に糸引かれ…ボルテクスの地に存在していました
   思い出してごらんなさい。その者と初めて会った時の事、東京受胎の起きた時のことを…
   …そうです、この者は他の者と同じく、あの受胎でその身をうたれました
   あなたたちの居た病院へと向かう途中で、受胎が始まり…命を落としたのです
   理に適わぬことだと思いませんか?
   この者だけが変わらぬ姿でボルテクスにいるなどとは…
   それはこの者の背負った業罪のため…
彼は死という安息すら奪われ、運命に弄ばれる哀れな存在であったのです
   決して終わる事の無い、償いの苦しみを背負わされたままに
   この者に課されたのは、世界に起こる全てを見届けねばならぬ罰
   あらゆる時代の中で、世界の天秤を…その傾きを見届け、記す事を使命づけられました
   その大海の水をコップで掻きだすような償いいは、彼に永劫の時の中をさ迷う事を強いたのです
   人の身であれば、その霊に良いにしろ、悪いにしろ業を積み、次なる転生の先を変え得るもの
   しかし、彼からはこの権利が奪われました
   ゆえに、その身が滅んでも、魂は救済される事なく、その役目を続けなくてはいけない
   あたかも救われぬ魂を持つ悪魔の如く、呪われた永遠の命で過ごすしかないのです。
   見よ、そして記すのだ。世界の流れを…法と混沌の終り亡き戦いを余さず記す為に…
   それが許されぬ大罪を犯したオマエへの罰なのだ…
   解りますか?
   彼はアマラの摂理に呼ばれ、業罪の呪いに再び不幸な生を受け…
   一度死した身に気づく事無くボルテクスに立ったのです。
   そうして彼は、あなたと再会しました
   それは、あなたがこの世界の行く末に大きな影響を与える可能性があるからでしょう。
   あなたと共に居る事で、彼は世界を見守りつづけていたのです
   彼の不幸は、あの者自身が、その呪われた記憶を持たない事
   彼は、己は人として助かり生き延びたと信じ行動しました
   その行動の結果がどうなったかは、あなたも知っているでしょう
   人ならざるマネカタという物体にされた彼は、創世を目論む者達に挑み…そして再び肉体を失ったのです


208 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/16 04:39 ID:8bdZbo11
淑女『あの者はまた、苦しみの地へと旅立ちました
   封じられた意思と、減る事の無い業罪を抱えて…
   このように運命に定められたまま生きるのか…自分の行動を自分で決めるのか…
   定めにそむく意思があるなら…深淵の底に生きる悪魔と共に新たな運命を切り開く意思があるなら…
   我が主の元を訪れてください
   この先の扉…そこはあなたに始めに渡したメノラーで開ける事が出来ます
   我が主の元まで来て…いただけますよね?』

頷く主人公

淑女『では、最下層で待っています。最後の扉への道を空けておきますので
   あなたに始めに渡したメノラーを使い、最後の場所を抜けてきてください
   お待ちしております。それでは、またお会いしましょう。』

淑女と老紳士の姿が消える

第五カルパへの扉が開いた   


とりあえず、今回はここまでにします

209 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 04:39 ID:5yzfI6xY
はうあ。ごめんです。この次で最後です。
優が端末で医療用データベースを確認。TBウイルスの決定的な治療法は発見されていない。
そして研究員の突然の発作・・・。ココの容態は正常だが外に出る道がない。退路は完全に絶たれた。
このままではいずれ・・・。
そしてココのウイルスの感染経路発覚。父親がここの研究員だった。さっきの研究員か!?
観戦本はIBFだった。TBに全員おかされてしまう。症状がでる面々。
ただ一人平気なのはつぐみ。ひょっとするとつぐみの不老不死ウイルスが、TBの抗体を作ったかもしれない。
そこから抗体を作ることを提案する武。だがつぐみのウイルスに感染するかもしれない。
つぐみの心の苦しみ。だがただひとつの生きる可能性にかける武。抗体を全員に打つ。そして眠りにつく武。
まどろみからさめると救助隊から通信が。だがつぐみがいない。チャミを迎えにLeMUにもどった様子。
つぐみとチャミを迎えに戻る武。死にそうになりながらもつぐみを助け、IBFへもどる。
LeMUに残る空・・・もう一度がならず会える・・・

210 :EVER17〜武視点(つぐみ)〜:04/03/16 04:52 ID:5yzfI6xY
IBFに戻ったら皆がいない。さっきの救助隊がきたらしい。おいてかれた!?
と思ったらまた通信が。他の三人は救助されたらしい。次がくるまで一眠り。
いちゃいちゃする二人。
そして潜水艦が来た。乗り込むときにディスクを発見。空のデータ?
さっき亡くなった研究員がコピーしていたものらしい。もって行くことにする二人。
IBFを脱出。倒壊するLeMU。突然の警報。電源バッテリー不足。当然沈む潜水艇
あと少し軽くなれば・・・。
ハッチを開ける武。バカァと泣きながら叫ぶつぐみ。
俺は確かにバカだが、そこまでバカじゃない。生きている限り、生きろ…俺は、死なない。
ハッチを閉じ、武の体は海の底へ、つぐみを乗せた潜水は上へ・・・。

LeMUの中央制御室のパネルに生体反応:1と書かれるムービーが流れてEND

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 05:00 ID:5yzfI6xY
EVER17 ですが
>>166-167
プロローグ
>>189-190
武視点〜つぐみ編〜
>>191-195
>>196 >>198 >>200 >>209-210

です。長くなっちゃったよー。
今度はもうちょっと上手に&一気に文章書くことにします。ゴメンナサイ
これが基本のストーリーなので今度はもうちょっと短くできるかも

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 05:03 ID:5yzfI6xY
>>209補足
TBウイルスの感染経路ですが、ココの父親がIBFの研究員で
LeMUの事故以前にIBFにココが来ていたことが記録に残っていたので
わかったということです

213 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/16 05:52 ID:fWUqMWLk
●第9章「魔道の聖域」
魔道都市カダインは現在ウェンデル司祭が指導する魔道の聖域だった。
しかし司祭がオーブ探索の旅に出る際、
その役目はエルレーンとマリク、二人の弟子に任せてきたと言う。
ところがマルス達上陸に際して何とカダインの魔術師達は攻撃を仕掛けてきた。
マリクはマルスの友人であり、アリティア人である。もしや彼に何かあったのか?
南からはアカネイア勇者隊も追ってくる中、
早急にカダイン神殿へと到達しなければならない。

一方、ある村に竜が降り立つ。ミシェイルとミネルバだった。
「ここにもうじきマルスが来るだろう。
あの小僧、好きにはなれぬが英雄の器には違いない。お前も力を貸してやれ」
そう言って彼はミネルバを解放したのだ。
「俺は傲慢なアカネイアを滅ぼし、マケドニアを世界の盟主にしたかった。
しかし臆病な親父は俺の意見を受け入れず、遂には俺を追放しようとした。
俺は親父を殺し、ひとまずドルーアと結んだ。
が、後にはグルニアのカミュと共にドルーアを滅ぼすつもりだった」
「それこそがガーネフの罠だったのだ。何故兄上は気付かなかった!」
「もういいだろうミネルバ。俺とて馬鹿ではない。
俺は先の戦いでお前に倒され生死の狭間を彷徨った。
その俺を密かに救い、解放してくれたのはマリアだ。
今、マリアは何者かによってさらわれたようだ。
俺はマリアを救う、それこそがせめてもの罪滅ぼしになろう!」
そんな会話の後、ミシェイルは竜に乗り飛び立っていった…。
# 村に行けばミネルバを仲間にできる

●第10章「魔道士二人」
カダイン神殿ではマリクとエルレーンが魔法での決闘を行おうとしていた。
エルレーンはマリクがウェンデルから
エクスカリバーを譲り受けた事を不満に思っていたのだ。
更にはアリティア軍上陸の報を受け「そうか貴様が引き入れたのか。
アカネイアに反逆するつもりか!?」とブチキレ。
# と言う訳で1ターン目からマルスしかとでこいつら戦闘開始
# ウェンデル司祭ならエルレーンを諌める事ができる

制圧後、ガトーが魔道の力で話しかけてくる。
ハーディンの変貌の理由、そして彼を守る力について訊くマルス。
「彼は闇のオーブを入手し、その力に取り込まれたのだろう」とガトー。
オーブは光と星と大地のオーブ(これら3つは1部登場済み)の他に
命と闇のオーブも存在すると言う。
闇のオーブは人間の精神力を増幅する効果があるが、
嫉妬の心なども増幅し人格を破壊してしまう。
闇のオーブに打ち勝てるのは光のオーブのみ。光はガトーが所持している。
「マルス、そなた自らがわしのいる氷竜神殿まで取りに来れば預けよう。
しかし人間でここまで来れたのは僅か一人…勇者アンリだけじゃぞ」

214 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/16 05:54 ID:fWUqMWLk
●第11章「アンリの道」
マルス達は氷竜神殿への通り道であるマーモトードの砂漠へ差し掛かる。
そこは砂の部族と飛竜の群れが訪れる者を襲う死の砂漠だった。

●第12章「火竜の墓場」
マーモトードを越えた先には「ガトーの使い」としてチェイニーが待っていた。
更に進んでいく。いくつもの山を越えていく。
そして<フレイムバレル>と呼ばれる火竜と火の部族が襲い来る溶岩地帯へ辿り着いた。
「竜族は滅びが近づいている。
竜としての力を竜石に封じ込めて人間として生きなければならない。
しかし竜としてのプライドを捨て切れなかった者は徐々に理性を失い獣になった」
チェイニーはそう説明する。
「竜族の中でも強力な力を持つ地竜族は集団で逃亡し、今のドルーア地方に棲みついた。
しかし彼らも結局理性を失い人間を襲った。
神竜族の王ナーガは一族を率いて人間の味方をし、地竜をドルーアの地中に封印した。
そしてその封印の力が衰えないよう語聖玉の盾を作ってラーマン神殿に残した。
その際にナーガは自らの牙でファルシオンも作って一緒に封印した。
彼は生まれたばかりのチキを眠らせ、残った一族に人間を見守るように命じ、生涯を終えた。
だからガトーは未だにその言いつけを守って頑張ってるのさ」
「え、まさか…!」
「そう、ガトーは神竜族さ。俺もだけど」

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 06:11 ID:SbkfdV3F
みつめてナイトRお願いします

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 10:06 ID:g2/w3Xvx
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2
・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・鬼武者 ・鬼武者3
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・魔道物語(ぷよぷよ) ・ビヨンドザビヨンド ・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・エクサフォーム ・スペクトラルタワー2 ・みつめてナイトR
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
・SDガンダム外伝2 円卓の騎士
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール ・ファンタシースターオンライン2
・シャイニングウィズダム ・「テラ・ファンタスティカ」
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・英雄伝説3 白き魔女 ・田中の夢物語
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■現スレ  ・グローランサー4 ・ラグランジュポイント ・真女神転生 ・かまいたちの夜2
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・真女神転生3 nocturne マニアクス(追加シナリオ) ・マザー2
・FE紋章の謎 ・FF10-2(幻ED) ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・Ever17 ・ブレスオブファイア4
■前スレから放置 ・ジャングルウォーズ2 ・シャドウオブメモリーズ ・サーカディア ・ONI3
・ブレスオブファイア3 ・ヘラクレスの栄光4 ・真女神転生2 ・FF5 ・.hack
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャ、アー編以外) ・ロマサガ(WCだけの話)
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・東京魔人学園符咒封録 ・ジルオール
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・「真・女神転生デビルサマナー」
●題名不明「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」
その候補(エルナード?シャドウハーツ2(解決済)?)

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 11:16 ID:uBb0rTBN
幾度かに区切って説明して下さる場合、前レスした分の番号を書いて頂けると
直接続きから読むことができますので、面倒でなかったらお願いします。


218 :120:04/03/16 12:01 ID:LsFGpeIV
ever17の人乙ですー(*´∀`)
残りもがんがって下さいな。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 14:46 ID:YiDnnXR+
FEの方乙カレー
>「そう、ガトーは神竜族さ。俺もだけど」
今初めて知った事実ー。そうだったんだ
俺の頭と忍耐力ではクリアで出来んかったので楽しみにしてます


220 :シャドウオブメモリーズ6:04/03/16 17:31 ID:bKo9OhAS
前スレからなので、>>00-00は無し…で大丈夫でしょいか。
とりあえずUPします。

221 :シャドウオブメモリーズ6:04/03/16 17:32 ID:bKo9OhAS
─第五章─
色々歩き回ってお腹の空いたアイクは、火事を回避したあのバーで食事をとる。
満足してバーを出たアイクだったが、店の前で急に苦しみだして死亡。
ホムンクルスのもとへ。
物知りのホムンクルスは、アイクにウミウサギの毒でやられたね、と言う。(なんじゃそりゃ)
ウミウサギは現代には無い毒であるらしい。現代へ戻してもらったあと、
すぐに100年前のアルフレッドの居る時代へ飛ぶ。

すると、アルフレッドが何か外で悩んでいる。どうしたのだろう?
聞いてみると、「本や絵がいっぱいあるから、図書館を開こうか、美術館を開こうか迷ってるんだ」
ふぅ〜ん…現在は美術館だけど。…おお、そうだ。図書館に、ウミウサギについての本があるかも?
アイクは、「図書館がいいですよ!」とすすめ、アルフレッドもバカ正直にOKします。

そのままアイクが現代の、死ぬ数十分前に戻ると、エッカートの『美術館』が『図書館』へと変化してる。
そこで早速、ウミウサギの毒についての本を探し出し、読んでみたアイク。
「ウミウサギのオスは毒になるが、その毒を中和するのはウミウサギのメス」
ほうほうなるほど!これで俺は助か……いやいや、ウミウサギのメスなんてどこにあるんだ?!
アイクがそのまま本を見ていると、「ウミウサギは絶滅したため、現代で手に入れる事は出来ない」と。

222 :シャドウオブメモリーズ7:04/03/16 17:33 ID:bKo9OhAS
じゃあ昔に戻ればいいんだ!!!
アイクはマルガレーテの居る500年前に戻る。
しかし、マルガレーテの家に行ってみると、なんと家が木っ端みじんになっている。
火事…いや、爆発でもあったような雰囲気だ。
玄関をふさいでいる犬を肉屋で貰ったクズ肉で誘き寄せてどかし、中へ入ってみるアイク。

わぁ…ぐっしゃぐしゃじゃん…。家の中は見るも無惨に崩れてあちこりからケムリが出ている。
ふと気付くと、どこかで見た人物が居る。
「………おまえは……ホムンクルス?!」
ホムンクルスが、フラフラと立ち上がった。驚くアイクを見て彼は、「…あんた、誰だ…?」
そう言うと、フラフラしながらその場で消えてしまった。
とりあえずアイクは、足下に堕ちていたカギを拾い、爆発事件の二年前に戻る。

マルガレーテの父親の錬金術師と少し話すと、マルガレーテが居た為、アイクは話し掛ける。
ここで、アイクは何かを感じる。<※重要選択肢。ここでどう答えるかによって、エンディングが変わる>
1、「もしかして君は、俺の先祖なのでは無いか?」(A・B・Cエンド)
2、「なんでもない」(D・Eエンド)
さすが錬金術師の家なので、『ウミウサギのメス』(解毒剤)を見つける。
マルガレーテに話すと、すぐに貰えるので、解毒剤を持って現代へGO。
死の数秒前に戻るので、解毒剤を使えばこの死を回避でクリア。

223 :シャドウオブメモリーズ8:04/03/16 17:34 ID:bKo9OhAS
─第六章─
アイクは、夜の街を歩いていた。
ふと見ると、街頭広告の前に、女の子が数人居た。女の子達は、とある映画の広告を見ている。
「『念じる男』…今どきねぇ〜」とか、何だか不評のようだ。
アイクが見ていると、女の子達はつまらなそうに去って行った。
女の子が去り、この辺りに人気がなくなると、なんと!イキナリ車が突進して来た。
アイクが逃げるヒマも無く、車は轢き逃げして、去って行った。ホムンクルスの所へ。
現代に戻してもらうと、すぐにアイクは時空を越える装置を使用し、20年前に戻る。

アイクがついたのは、雪が降る街。
しかも、なんと時空から現れた所を、メガネの若者(オレーグ)に目撃されてしまう。
オレーグはアイクを超能力者だと思い込み、必死に話し掛けて友達になろうと迫って来る。
彼は監督を目指しているらしく、今から映画のストーリーの構想を練っていたらしい。
ここで選択肢「『瞬間移動』『念じる男の話』どちらがいいか」
(『念じる男の話』を選択して現代に戻ると、女の子達がいなくなり死亡してしまう)
アイクは『瞬間移動』の話がいいんじゃない?と言ってみる。
調子に乗ったオレーグは、その後の展開までアイクに聞いて来る。
ここで選択肢「内容は、『世界征服』『死の原因を突き止めるため』どちらがいいか」
(『世界征服』を選択してもアウト)
アイクは『死の原因を突き止めるため』がいいんじゃない?と言ってみる。
そして最後に、「『サスペンス』なのか、『恋愛ストーリー』なのか」を聞いて来る。(どちらでもOK)
ほとんどアイクに決めてもらったオレーグは、「これでいくよ!」と言って去る。

224 :シャドウオブメモリーズ9:04/03/16 17:35 ID:bKo9OhAS
※<A・B・Cエンドを見る場合、ここで現代に戻らず雪が降る街の中を歩いていく>
歩いていると、いきなり銃声が聞こえる。
そちらの方へ行くと、冬の空の中、初めて会った時と全く同じホムンクルスが、赤ん坊を抱いて立っていた。
ホムンクルスは、そのままどこかへ去って行った。

そして、もっと進んで行くと、女の人(ミリアム)が倒れていて苦しそうにしている。
街の人も数人駆け付けた。そして、人一倍大きな声で叫ぶハゲのおじさんが来た。アルフレッドである。
どうやら、ミリアムはアルフレッドの奥さんのようだ…。
今にも逝ってしまいそうなミリアムが口々に言うのは、「赤ちゃん…私の、赤ちゃんはどこ…?」
アルフレッドは周りの人に赤ん坊を見なかったか聞くが、誰も見ていないと言う。
しかしアイクだけが、先ほどのホムンクルスを思い出していた…。

間もなくミリアムは息絶えた。アルフレッドは周りの人に、不審者を見なかったか聞く。
アイクはホムンクルスの事で動揺し、挙動不審になっている。
とりあえず、アイクはこの銃撃事件の2分前に戻ってみる事にした。

225 :シャドウオブメモリーズ10:04/03/16 17:37 ID:bKo9OhAS
雪道で、赤ちゃんを抱いたミリアムを発見したアイクは、とにかく銃撃のあった場所へ行かせないようにする。
ここで選択肢『この先は危険です』『かわいい赤ちゃんですね』どちらでもOK。
しかしミリアムは、見知らぬアイクの言葉など鵜呑みにせず、先へ進んでしまい、またアイクの耳に銃声が…。
そして、またもや赤ちゃんがいなくなっている。アイクが辺りを見回すが、不審者は誰も居ない。
街の人たちやアルフレッドが集まって来る。
アルフレッドの不審者を見なかったか!?の問答に、アイクはまたもや挙動不審に陥ってしまう。
すると街の人はアイクを怪しがり、「警察が来るまでここに居ろ!」と、身動きを取れなくなってしまう。
(モタモタしていると、死亡してしまう)時空を移動するアイテムは使う事が出来る。
<ここでもう一度、事件の2分前へ戻ると、ミリアムとの追いかけっこの後、ミリアムの命を救える>

そして、アイクが現代に戻ってみると…。
街頭広告の前に、女の子が集まっている。
「決して死から逃れる事の出来ない男のアドベンチャー…これ、面白そうよね!」(まさしく今のアイクの事?)
人だかりが出来ていて、アイクもその広告を見ている。
その様子を影から見守ってる人が居る。……少し年をとったオレーグだ。
自分の映画広告に人が集まっているので、影で喜んでいるのだった。
そのオレーグの横の道にあった車が、いきなりエンジンをかけて、物凄いスピードで去っていった。
オレーグは、「何だよ、危ねーなっ!」と野次を飛ばす。殺人犯が乗っていたとも知らず…。
アイクは、この死も回避し、クリアとなる。

続く

226 :シャドウオブメモリーズ:04/03/16 17:39 ID:bKo9OhAS
どのイベントがどのエンディングのフラグだったか、
自分でも分かんなくなって来た……
名前とかイベントとか、少々違っていたらごめんなさい

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 17:51 ID:DmVvlENV
>>226


228 :FF10-2(幻ED):04/03/16 19:04 ID:wA6wJP4O
お待たせしました。
時間かかってすみません。
では、幻エンディング書きます。

229 :FF10-2(幻ED):04/03/16 19:08 ID:wA6wJP4O
■幻エンディング
Story Level 5 Complete! と表示された直後から始まります。
ヴェグナガンを倒し、シューインはレンと共に消え、
ユウナ・リュック・パインの三人は、異界の花畑を歩き、帰ろうとしている。
そのとき、ユウナの耳に指笛のとてもよく通る音が聞こえた。
ユウナは立ち止まり、あたりをみまわす。
すると、もう一度あの指笛が聞こえた。
音のするほうにうれしそうな顔で振り向くユウナ。
彼女は、音の正体を探すかのように、あたりを見回した。
その期待に答えるかのように、彼女の背中へと集まる幻光。
それは徐々に人の形を取り、輝きを増し、画面は一瞬白く輝く。
その人影は、彼の形となり、幻として姿を現したのだ。
あたりを見回すユウナの肩を、ティーダの幻は、目を閉じたまま、両手でそっと触れ、
そのままゆっくりと抱きしめる。
抱きしめてくれるその腕を、ユウナは確かめるようにさわり、
彼女も彼であることを理解し、幸せそうな顔で語り始めた。
「やっぱり……そばにいてくれたんだね。」
幸せそうな彼女の顔に、寂しげな影も見える。
「そうかなって思ったこと…何度もあった。」
彼の暖かさを感じながら、ユウナはうつむき、沈黙する。
そして、決意するかのように顔を上げ、言葉を続けた。決意の中に、寂しさを抱えながら。
「私……もう、大丈夫だよ。」
手を胸に当てながら、続ける。
「君はちゃんと…ここにいて、いつもつながっているから……」
その言葉を聴いて、彼の幻は光となり、幻光となって、徐々に彼女の背後から消えてゆく。
「ありがとう」
そう言った、ユウナの顔には、決意と、喜びと、寂しさが残っていた。
消えていった彼の幻を名残惜しそうに、振り向きながら、一歩一歩とその場を離れて行った。
花畑の空には、神秘的に揺れるオーロラがあった。
-暗転-
暗闇の中、弧を描きながら飛ぶ、無数の幻光。
しかし、その光は徐々に遠くなり、光も薄くなる。
そして、消えていった。

後は、通常エンディングです。(ギップル・バラライ・ヌージの三人の演説)

230 :FF10-2(幻ED):04/03/16 19:10 ID:wA6wJP4O
おしまいです。
これで、彼女らの動きを感じてもらえたり、どんな映像の感じなのかが
解ってもらえれば、ありがたいです。
…でも、文章下手だから、わかりにくいかもしれません。
申し訳ないです。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 19:11 ID:SlqDuhL6
幻ED、乙です。
FFX−2はEDが結局4種類なんですね。
通常、幻、復活、ザナルカンドと。


232 :FF10-2(幻ED):04/03/16 19:21 ID:wA6wJP4O
>>231
バッドエンドも合わせれば5種類ですけど、
一応4種ですね。

233 :藤丸書いた奴です:04/03/16 20:04 ID:BM/5upEm
色々考えたんですが・・・。
正直、とても好きなゲームだから、最後まで書きたい気持ちもありますが、
私が続けたらスレが荒れてしまうと思います。
名乗りを上げている方もいますし、もう私はこれを最後に名無しに戻ります。

出来れば、私の書いた分はまとめHPに載せないで下さい。
そして、新しい人には、最初から書いてもらって下さい。
中途半端になるより、その方がいいだろうから。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:13 ID:SlqDuhL6
>>233
あれるのは荒らしのせいであって、
藻前のせいじゃない。
荒らしに屈するな。その書き込みが出来たなら、最後まで書け。
前言撤回するのは恥じゃないぞ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:15 ID:4imRcxWz
今は時期が時期だし荒れるのは必然と言っても過言じゃないからな。
そういうのは気にしないでいいと思うが。

236 :319:04/03/16 20:16 ID:M17NrAYb
俺も>>234に同意。
朧なんか気にすんな!

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:19 ID:CpSrKhCE
>>233
2chブラウザ入れて自動であぼーんになるようにすれば楽だよ。
機械的コピペ荒らしに負けずに続きよろ。
同じ人が最後まで書いてくれた方が
後から読むとき統一されてて読みやすい。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:44 ID:KGLKfqAT

  ジェネレーションオブカオス書こうと思うんだけど
  誰も続き書いてないよね?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:57 ID:qHIGDOs3
>233
よりによってあの荒らしの被害にあって気の毒としかいいようがないが、
そんな深く考える必要はないぞマジで。

書きたい気持ちがあるなら続けて欲しいのだが。
無理じい、というのは悪いのでお任せになるが…。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 20:58 ID:dPzkf41o
きつい言い方だが、
寧ろ>>233のように一々荒らしに反応した書き込みする方がうざい。
黙って続きを書いてくださいヽ(´ー`)ノ
まぁ、まずは>>237の言う通り、2chブラウザで透明あぼーんしる。

>>238
書いてないはずです。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 21:05 ID:5VgMKJRD
バロック乙〜。
そうだった、こういう話だった。両方とも面白かった記憶だけ
が残っててストーリー忘れたから嬉しい。
シャドウオブメモリーズと聖剣LOMもガンガッテくだされ。

このスレ、私はやったことないゲームのストーリー購読ではなく
昔やったゲームの思い出し購読に使ってます。
まとめサイトの管理人さんも大変な様子ですが
無理をしない範囲でよいのでガンガッテ下さい。
ものすごく便利です。



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 21:11 ID:3WTUeLT+
>>233
待ってたのに止められると凹む……

243 : 朧  ◆Hxv6Ljv24E :04/03/16 21:47 ID:4PkWPKSZ
また自演のオンパレードか。



244 :515 ◆A.ilTwwjjQ :04/03/16 22:07 ID:Sv/u2rmU
>>233
出来るならば続きを書いて欲しいです。
途中で止まるということがサイト管理人としても辛いですし、
>>237さんの言うとおり同じ人が最後まで書いたほうが
話の整合性が取れてて読みやすいです。
それに続きを描いてくれる人が必ずいるとは限りませんから、
もし書く気がまだあるというのならば書いてください。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 22:10 ID:KPVUOBkB
頑張れ藤丸の人。

基地外の言うことは気にすんな

246 :515 ◆A.ilTwwjjQ :04/03/16 22:18 ID:Sv/u2rmU
後、どなたかコンパイルの(現アイキが版権を持っている)魔導物語シリーズ(I・II・III・A、SS版)を
お願いします。出来るならばその後PCで発売された「R」「S」のシリーズもお願いします。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/03/16 23:49 ID:Zr8bUyKk
RPGのストーリーって
なんだか、壮大で
切ない
はぁ…

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 00:15 ID:6ihpID88
大好きなFF8が放置されてるから悔しくて暴れてるのが微笑ましいですね

249 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:05 ID:7Nr2/KYV
EVER17 武視点空編投下しまーす。
空編は基本的ルートはつぐみ編と同じです。
途中ちょこちょこと、ラストに違いがあります。
話自体は空よりの話となっております。
体を持たない人工知能との恋物語です。

250 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:07 ID:7Nr2/KYV
つぐみが大怪我を負い、目覚め、口論になった後・・・
つぐみの言葉を空にはとても伝えられない。
メリーゴーランドで二人きりで話をすることに。
武にお付き合いしている女性がいるか聞く空。恋とはなんでしょう?
私は経験したことがないんです。
武いわく、恋は理屈じゃない。生きることは恋することだ。と。
空、私は何のために生まれてきたのでしょう。私の生きる目的は・・・。
その後つぐみ行方不明に。
武が見つけるも、怪我してない方の足をかばうつぐみを不審がり、
確認のためにスカートめくろうとし、平手打ちを喰らう。
つぐみのことはそっとしとこうと空。つぐみにも事情があるのだろう。

251 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:09 ID:7Nr2/KYV
その後チャミを探しに行くつぐみと武。空編ではつぐみ自身でチャミを救助。
つぐみ「でも心配してくれてありがとう・・・。」
チャミ探しから数時間たち、空を連れて食料探し。みんなは会議室や救護室で休んでいるはず。
二人は恋愛講義をする。窓ガラスに手のひらを当ててみる。触れ合う二人の手
空には実際に触れることができないが、なぜかあたたかい。不思議な感覚。
瞳を潤ませながら、武を見つめる空。
その夜つぐみの告白をうけふたつの影は一つに・・・
そして少年がキレ、仲裁に入る空。が、武は空にはいってはいけない言葉を言ってしまう。
完全に頭に血がのぼっていた武。言い過ぎたことはわかっている。頭を冷やすために通路を歩く。
そして突き当たりまで来たところで空の声が聞こえる・・・

252 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:11 ID:7Nr2/KYV
所詮、私はプログラム。私は、いったい何のために存在しているんでしょう。
空は昨晩のつぐみとのことを知っていた。センサーが記憶していたのだ。それを見てしまった。
つぐみへの嫉妬。武への焦がれる思い。AIには必要ない思い。プログラム異常扱いされる空。
その後つぐみと空の口論。ココの吐血。IBFへ・・・
ココと研究員を治療装置の中に入れIBF探索へ。
ここはLeMUのシステム開発の資料もあった。そこから空のプログラムの本当の居場所を知る武。
それはIBFとLeMUの境目の部屋(ヒンメル)だった。
空の記憶や思いではすべてそこにあることがわかる。

253 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:12 ID:7Nr2/KYV
そしてティーフブラウに感染する一行。
幸いアンプルが見つかりソレを打つ。まどろむ武。
あと少し時間があれば空データをとりだせたのに・・・
まどろみから覚める武。救助隊からの通信。つぐみがいない!?
つぐみと空を迎えに行くもヒンメルに戻る前につぐみを見つける。
私をひとりにしないで。と叫ぶつぐみを振り切りLeMUに戻る武。
ヒンメルに戻る際の衝撃でIBFへのリフト破損。もう戻れない。


254 :EVER17〜武視点(空)〜:04/03/17 01:15 ID:7Nr2/KYV
空が必死に脱出計画立てるも、結局それを実行しなかった武。
どうしても空だけは助けたかったからだ。武の説得をあきらめる空。
ディスクに空のデータを移す。
ピグマリオンの伝説。自分の作った像に恋をし、その思いがつうじ奇跡が起こり、
像が人間に・・・その像と結婚した青年の話。思いは通じる。
空の涙。本当に抱き合う二人。そしてしばしの眠り・・・武の体は海底へ。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 01:22 ID:7Nr2/KYV
あー書き忘れた。
>>254補足。
ディスクにデータ移し終わってLeMU崩壊。
です。ディスクはつぐみ空編共通で武が所持たまま海の底です。
両方ともBADENDのようですがきちんとしたGOODENDです。

256 :ブレス4のひと:04/03/17 01:48 ID:DZQO7yZs
>>205の続き。帝国領に入っていよいよ物語も佳境です。
第3章 第10部 西の大陸
シオの海・サルディン島と北部をぐるりと回ってようやく帝国領の北の玄関口
コウシア村に辿り着いた一行。なにやら不思議な水晶があるという遺跡エン・ジュ
の噂を聞きつつ、先に向かおうとするも道が分からないということで知っている
人を探すことに。どうやらチクア村にいる珍品コレクター兼商人のフーという
男が知っているようだ。ということで、シャン川を渡りチクア村へ向かう。

チクア村で商人フーと出会い話を聞こうとするも、交換条件を出される。
何でもエン・ジュ遺跡にある珍しい水晶か、コウシア村名産の壷か、地元料理
シースーの具になる魚「火星ダコ」・「ジャケ」・「タイタン」を釣ってくるか
どれかを選ぶことに。

とりあえずエン・ジュ遺跡の水晶から当ってみる。古代の仕掛けを解いて進むと
そこにあったのは巨大な水晶。これにリュウが触れると水晶の中にある意識が
語りかけてきてドラゴン「ヘンナー」の力を得る。
(他にも各地の同様の水晶があり、それに触れることでワイバーン・ベヘモス・
ウォリアの力が得られる。またミニゲームの成績によるポイントでパワーアップもする。)

ということで水晶は渡せなくなったので、コウシア村名産の壷か魚を釣って
フーに渡すことに。交換条件は成立、運河を渡った先のパウク村の村長は皇都に
行った事があるのでそいつに聞いてみるといいだろうという話を聞かせてくれる。
ならば、ということでパウク村に向かうことになる。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 02:08 ID:zm4qN2C6
ここでいいのか微妙ですけど「囚人へのペル・エム・フル」お願いします。

258 :ブレス4のひと:04/03/17 02:15 ID:DZQO7yZs
>>256の続き
第11部 みちびき
商人フーの助言に従い、運河を渡りパウク村に到着した一行は、早速皇都への
道のりを知っているという村長に会うことに。

村長の家では、村長はなにやらお困りの様子。何でも西の森に作ったサクから
入れておいたニワトリが脱走してしまいどうしようもないとのこと。

お安い御用とばかりに西の森に散らばったニワトリをサクの中に入れなおし
(ミニゲーム)村長のご機嫌をとると、皇帝墓所の奥には秘密の抜け道があり、
そこを通れば皇都に行けるという話を聞ける。

早速皇帝墓所に向かった一行を待ち受けていたのは墓所の守護神オンクー。
さすがに神皇の墓を守護するだけあって手ごわいオンクーを退けた一行は墓所の
中へ。中では数々の仕掛けとサイコロ型の守護獣「シャイ」・「ツウ」が待ち構えて
いた。

辛うじて墓所から抜け道に出て、しばらくぶりの陽光を浴びる一行。
(ちなみに、抜け道を出たところにある隠し部屋にはラスボスを越える実力を
持ったこのゲーム最強のザコ敵が出る)

ジンガ山地を下ったところで世も深け、キャンプを張った一行。
そこでクレイは長らく抱いている疑問をアースラにぶつける。なぜ自分たちを
捕縛、連行せずあくまで同行という形を取っているのか。
アースラはその問いに、上官であるルーン将軍の下に連れて行くことが第一で
あるが、リュウ達の協力なくしてはここまでは来れなかった、と答える。

夜も明けて皇都へ向かおうとした先には検問が。アースラが事情を聞くと、皇都では
魔物があふれ暴れまわっているので如何ともしがたく、軍本部のあるアスタナに
向かいルーン将軍に会って欲しいと言われる。
ということで、因縁の地アスタナに向かうことになる。

そこで衝撃の真実が待ち受けているとも知らずに・・・。

259 :ジェネレーションオブカオス(1/6):04/03/17 02:41 ID:957Qui/9
メインストーリーがないので、それぞれの国の真エンディングまで
全部書くと長くなり過ぎるので一部端折りました
うろ覚えなんで、多少間違ってるところもあるかも

■ブラッディ・フォース
魔王ジャネスの忠実な下僕の集まり
大陸を再び魔族の手で支配するために参戦

●アリウェス……人間によって虐げられた魔族の現状を嘆く老騎士
○ジーグライド……勝つためには手段を選ばない冷酷な魔族
○エルゼラ……軍師としてアリウェスを補佐する女魔族

T 各地に点在する魔族の反乱が拡大する
U エルゼラが人間との共存論をジーグライドに諭すが効果なし
V エルゼラがアリウェスに共存論を語るが、これも効果なし
W 大陸を統一し、アリウェスは二人に国を託して逝く


■ゴブリン兵団
君主ビッグママの夫ブリモリンの死を確認
そして新たなダーリンを探すべく参戦

●ビッグママ……怪力かつ男好きな乙女
○アイボリー……声色を使って敵を騙す卑怯なゴブゴブ
○ブリ―……無駄知恵を働かせるトリビアンゴブゴブ
○スパイダー……命乞いの達人で、不死身と呼ばれるゴブゴブ

T ブリ―の提案で魔族のダーリンを探すが見つからず
U ブリ―の提案で人間のダーリンを探すが見つからず
V ブリ―の提案でエルフのダーリンを探すが見つからず
W この大陸にはビッグママに相応しいダーリンはいなかった……


■ギュフィ王国軍
以前から魔族の脅威にさらされてきた国
自分の国を死守するために参戦

●ギュフィ三世……「翼獅子」と呼ばれ、大きい、太い、硬い、な騎士
○マチルダ……ギュフィ王家に仕える騎士。ギュフィ三世の幼馴染み

T 戦争によって多くの命が失われてしまうことを悲しむマチルダ
U マチルダに振られるギュフィ三世
V 大陸を統一することを決めたギュフィ三世。マチルダとも和解
W 国のために戦っていたが、戦いを好むようになってしまったギュフィ三世
X 大陸を統一したことだし、これからもがんばろう>マチルダ

260 :ジェネレーションオブカオス(2/6):04/03/17 02:42 ID:957Qui/9
■ジグロード自治軍
前大戦後、シンバ帝国軍によって支配されている国
そんな状況を打破し、平和な世界を作るために参戦

●メトロノーゼ……四源聖デュランの娘。勇者マニア
○プリムローズ……数々の男を魅了するエルフの神官

T 国の行方をプリムローズに全て任せたメトロノーゼ
U 城を抜け出しプリムローズに怒られるメトロノーゼ
V 四源聖の娘として育てられた過去を語るメトロノーゼ
W かつて魔族と戦ったラーデゥイを語るメトロノーゼ
X 自分たちが本当に正しいことをしているのか悩むプリムローズ
Y 大陸統一後、二人は旅に出た……


■新生シンバ帝国軍
アフランやディプの企みによって独立したシンバ帝国軍
大陸に新たな秩序をもたらすために参戦

●アンクロワイヤー……「黒獅子」の名をもつ帝国最強のハイランダー。悩み多き若者
○ユアン……アンクロワイヤーの良き理解者
○マシリー……過去に騙され続けてきた女騎士。権力者を嫌う
○ヴァイル……マシリーを慕う傭兵

T 資金不足で頭を悩ませるアンクロワイヤー
U シンバ帝国軍との戦いに頭を悩ませるアンクロワイヤー
V アンクロワイヤーをちょっとだけ見直すマシリー
W アンクロワイヤーの計らいでマシリーが副司令になる
X 大陸を統一し、このまま新帝国を治めることになった……


■聖神コリーアの民
神を名乗るペテン師に騙されて蜂起した狂信者集団
神を制す力を秘めるルニカ遺跡を破壊するために参戦

●コリーア……聖神コリーア
○イプシロン……知恵と冒険の神イプシロン
○ジャネス……聖剣ラングートだったかな?

T 人間を利用し遺跡発見を急がせる
U ジャネスの記憶が戻りかける(記憶は魔王ジャネスではない)
V イプシロンにより、ジャネスは魔族を滅ぼすために作られたと知らされる
W コリーアの中の人、ルーザが現れる
X コリーアの中の人暴走。ジャネスが自由に生きようと考える
Y 大陸統一後、ジャネスが暴走しコリーア死す。中の人登場END


■知恵猫魔法兵団
ネコ族とドワーフ族が同盟を組んだ国
南西の大陸オーグルへ脱出するのが目的で参戦はカモフラ

●アリマー……ネコ族を統べる偉大なる王ニャ
○ガルド……ドワーフ族を統べる偉大なる王
○ジェシカ……ネコ族に助けられ、その恩を返すために尽くす人間

T 所詮はネコ
U されどネコ
V さよならジェシカ……
W やっぱりネコ
X ネコ族は不滅ニャ!!

261 :ジェネレーションオブカオス(3/6):04/03/17 02:43 ID:957Qui/9
■飛空騎団ルニカ
ルニカ遺跡を探し求める科学信奉集団
遺跡を守るために参戦ぽ

●ガンボック……調査集団のリーダー・ガンボック
○マイア……遺跡の破壊をコリーアから命じられたスパイ
○エミーナ……遺跡について何かを知っている謎のよ、少女
○レベルワン……ガンボックの用心棒

T 私は妻に逃げられたんだ……
U 私は帝国を捨てた男だ……
V レベルワン、どうかしたのか……?
W レベルワンの自我崩壊間近。マイアの葛藤
X ルニカは……空にあります…… な……なんだって!!
Y マイアとエミーナの対立
Z 私たちは今日から家族だ!!


■ルネージュ公国軍
シンバ帝国軍より派遣された地方執政官国家
シンバ帝国に仇なす勢力を駆逐するために参戦

●ベズン……ルネージュ公国軍の君主
○バグバッド……私は負けない!!私は勝つ!!今、敵を遮る盾となりて
           一歩たりともここは通さん!!ロイエストライク!!
○エルゼラ……バグバッドとは似ても似つかぬ娘
○ジェイミー……特になし

T エルゼラとジェイミーの世間話
U ベズンVSバグバッド → バグバッド敗北
V ベズンによるバグバッド虐待
W 大陸統一後、ベズン逃走


■デザートガード
シンバ帝国軍に虐げられている砂漠の民
これに怒りを感じ、王国を再興すべく参戦

●スー・ラ・スー……砂漠の英雄(兄者)
○メドラン……砂漠のサソリ(弟者)
○ラナ……砂漠のオアシス(妹者)

T 兄者と妹者との恋路を邪魔するかのように弟者登場
U 兄弟喧嘩の幕開け
V 母者を殺したのは弟者
W 弟者暴走。全ての罪を独り占め
X 嘆きの兄者
Y 兄弟喧嘩炸裂!!妹者死亡!!兄者逃亡!!そして……

262 :ジェネレーションオブカオス(4/6):04/03/17 02:44 ID:957Qui/9
■魔皇軍
シンバ帝国により迫害された魔族の集団
人間へ復讐するため第二次ネバーランド大戦を起こす

●ロゼ……人間に義理の妹を殺されちゃった悲劇の主人公
○アシュレイ・ロフ……ロゼを復讐に駆り立てた謎の男
○イフ……人間と魔族に虐げられながら生きてきた魔族のハーフ
○バイアード……ヴァンパイアの生き残り
○エティエル……バイアードに付き従う女ヴァンパイア

T アシュレイ、ロゼに復讐を復習させる
U 黒い雷、イフ推参!!
V 夜の王、バイアード見参!!
W ロゼ、民を貶す
X 作戦会議のち決起表明
Y アシュレイの企み
Z 鏡
[ 真実
\ わたしの名はロゼ…… 


■旅団・八眼蟲
大陸中に名を轟かせる義盗賊集団
か弱き者たちを守るために参戦

●アリー……戦災孤児の救世主。メトロノーゼの師匠でもある
○ラジェット……シンバ帝国軍を捨てて盗賊団に入団
○オース……アリーの惚れたドワーフ
○ラクター……アリーの父に惚れたゴブリン

T 盗賊団に元シンバ帝国軍の男(ラジェット)が加わる
U 戦争で苦しんでいる子供たちのために戦うことを決意する
V 戦争に苦しむ親子などを加え、団員はさらに多くなっていく
W アリーの過去――子供が売買されるのを見て、それを守るための義軍を作りますたってさ
X アリーに男からの手紙が届き、ラジェットが嫉妬する
Y 故郷の子供たちが心配でアリーは故郷に帰る……


■ガレオン自由軍
シンバ帝国軍によって滅ぼされた海賊の残党
カシュルール自身のハーレムを作るために参戦

●カシュルール……女大好きで子供嫌いな海賊
○レット……カシュルールの部下でベテラン
○ピロリ……故郷の村を出て迷子になった少年
○パロパロ……ピロリを追って村を出て迷子になった少女

T アリーから伝言『二度とアタシの前に現れるな』
U 世界中の美女を救うことが自分の使命だと気づく
V 森の中でピロリンを見つける
W ピロリの後を追ってパロパロが合流する
X 行方不明になっていた大親分を見つける
Y そして世界制服……そして二人の村探しへ……

263 :ジェネレーションオブカオス(5/6+1):04/03/17 02:45 ID:957Qui/9
■グリッサ公国軍
戦乱のどさくさに紛れて挙兵した国
戦乱のどさくさに紛れて戦争に参戦

●グリッサ……グリッサ王と容姿が似ていたため影武者となる
○メーデルワード……本物のグリッサ王の手となり足となり……
○ノーマ……普段は無口だが、戦場では口を休めることはない

T 偽王による酒池肉林開始
U ノーマによって偽王の行いが良くなっていく……
V 元平民の偽王が国の治安を良くするために動き出す
W 大陸統一したら偽王殺せ、と真王がメーデルワードに命令
X 偽王の方が国のために尽くしてくれたことから、偽ではなく真の王になる
   真王はメーデルワードによって投獄される……合掌


■カエルフォース
カエルの国
無謀にも戦争に参戦

●スナッチ……カエルの王
○ピヨコック……老いたカエル
○ゲースリー……カエルの救世主!?

T カエル族の地位を取り戻すため挙兵
U 周りは強敵だらけ……どうするカエル族!?
V 本来ならここでゲースリーが駆け付けるはずだが、”バグ”により駆け付けない
W      BAD END


■東方四天同盟
4つの勢力が手を結んで出来た巨大勢力
腐敗したシンバ帝国軍を倒し、新たな秩序をもたらすべく参戦
ではなく鈴魚姫の婿探しをするべく参戦

●鈴魚姫……大蛇丸の娘だっけ?男好きな小幼女
○シロー……鈴魚姫の腰巾着
○極楽丸……歌舞伎見習い
○蓮撃……東方四天同盟のブレイン的存在
○龍健……7代破魔王の血を引く最強の男・龍。詳しくは↓を参照
        ttp://koware.hp.infoseek.co.jp/jyu-goya/comic/ryu.htm
○カン・ヨン・ハン……その容姿は男をも魅了する

T 城の外に遊びに出かけようとしていたが蓮撃に見つかり説教されるが、シローの計らいで城から抜け出す
U 城の外に遊びに出かけようとしていたが蓮撃に見つかり説教されるが、極楽丸の計らいで城から抜け出す
V 蓮撃に大蛇丸について話されるが、これをシカトする
W 婿を探すために他の大陸へ出発


■シンバ帝国軍
シンバ帝国軍第三師団「餓狼師団」
恐怖と弾圧と愛と勇気による大陸支配を目論む

●アフラン……シンバ帝国の実権を握り掴んだ男
○ティータ……アフランの忠実な部下

T 大陸を支配するためにティータと作戦会議
U ティータによる反乱分子の鎮圧
V アフランとティータの情事
W 大陸を統一し、少し休もうか……

264 :ジェネレーションオブカオス(6/6+1):04/03/17 02:49 ID:957Qui/9
■ソルティ解放軍
元シンバ帝国軍ディプ率いる反乱軍
己が全権力を掴むために参戦

●ディプ……腹黒いおっさん
○フェルミダ……帝国最強の女騎士で剣聖の名を持つ。レイプされた
○ヒスミード……第二次ネバーランド大戦を引き起こした元凶。デブサイク
○ドラクロ……フェルミダを救いたい人

T ヒスミードがロゼの妹をヌッ殺す
U フェルミダがこの国の疑問をディプに問い掛ける
V ドラクロとディプの約束ごと――任務が終わればフェルミダ解放
W フェルミダの辛い過去――大量殺人
X ヒスミードの無能さに呆れるディプ総帥
Y ドラクロの任務について……
Z ヒスミード解雇か!?
[ ドラクロのディプ+ヒスミード暗殺
   そしてフェルミダは自由になりましたとさ


■フラウスター兵団
旧フラウスター兵団を再興して出来た集団
かつての雅言を取り戻すため参戦

●ディアナ……自称天才軍師
○ドウド……自称ドワーフ

T スペクトラルタワーの調査
U ドウドの封印が解け、ドウドがドウドウドになれるかもしれない
V だがドウドはこれを拒否。ドウドは今のままでいい、と
W 戦争が終わり、戦艦作りに専念


■トライアイランド解放軍
主にエルフ族を中心とした軍勢
自らの誇りを守るために参戦

●ガーベラ……エルフ族の長をやめたいエルフ族の長
○マーガレット……かつて人間に石をぶつけられ、それ以来人間嫌いになった少女エルフ
○汁……何故か異世界「チキュウ」から召還された人

T ガーベラ発案”説得戦法”――説得中に皆殺し
U ナンパ師汁――戦歴1勝1負0引き分け
V 汁――ゴブリンと仲良し
W マーガレットの反抗期――汁を巡る論争
X 孤立したエルフ――マーガレットの憂鬱
Y 女の嫉妬――汁の浮気者!!
Z ココロノトビラ――本末転倒
[ 大団円――汁はおせっかい

265 :ジェネレーションオブカオス(6+1/6+1):04/03/17 02:50 ID:957Qui/9
■ドウム戦闘国家
科学で生み出した改造人間たち……
人類を滅亡させないために戦争に参戦

●ガイザン……全てを機械化させた機械
○ジャレイドゥ……改造人間ジャレイドゥ
○ミュール……穴掘りの達人ネーブルと付き合いはじめる

T 泥棒小僧
U 宇宙意識
V 進退両難
W 惨殺記憶
X 活動停止



とりあえず終了
ジェネレーションオブカオス2とか3も書いた方がいいのかな?

266 :ブレス4のひと:04/03/17 02:51 ID:DZQO7yZs
>>258の続き
かくしてルーン将軍に会うべく再びアスタナを訪れることになった一行。
だがルーン将軍とは入れ違いになる。しかし将軍の口ぞえなのか基地の奥深く
まで入れるように手配されていた。

そして、かつて訪れたときはユンナに追い返されたあの廊下の先へ。
そこには見るもおぞましいほどの、見上げるほどに巨大化した内臓と思しき
物体とそれを保存するためなのか水槽が。その不気味な光景、帝国の秘密を
垣間見ながら進むと臓器に道が塞がれていた。

その時、女性の声が聞こえてくる。ユンナが持つ神鉄の剣を持ってすればその臓器を
断ち切ることができる、と。
その声にクレイとニーナは驚く。そう、長らく捜し求めていたエリーナの声に
間違いなかったからだ。

エリーナの言葉に従いユンナの行方を聞くと、どうやらダンの関のほうに逃げ出した
ようだ。急ぎダンの関に向かうとそこにはユンナが。
素早く捕まえ怒りを露にして神鉄の剣をよこせと迫るクレイの気迫に圧倒された
ユンナは、隠し持っていた神鉄の剣を投げ捨て一目散に逃亡する。

神鉄の剣を手に入れ意気揚々とアスタナ基地へと戻る一行。道を塞いでいた
臓器を断ち切り向かった先には逃げたはずのユンナが。ユンナは、もはやエリーナ
などという「人間」はこの世に存在しないとだけ言い残し再び姿をくらます。

そんなユンナの捨て台詞など気にも留めずに先に進むと、そこには豪奢な
ベッドに横になるエリーナの姿が。やっと会えた、ウィンディアに帰ろうと
いうクレイやニーナの言葉に、それはできない、と応えたエリーナは語る。

マーロックの導きを受け帝国領に入った後ユンナらに捕らえられ、ありとあらゆる
呪法をその身に受けてしまい、その姿はもはや異形のものと化してしまっている。
呪砲が最も威力を発揮するのは、発射対象に思い入れがある人間、発射対象の
周囲にいる人間から慕われている人間をニエにしたときであり、帝国からしてみれば
東側の各地の町で慕われていると判断された自分は最高級の弾丸であり、しかも
先に語った呪法を受けたこの体は、たとえどれほど切り刻まれてもそれが神鉄の剣に
よるものでない限り復元し、無限の弾丸となる。
もはやこの身は人工的に作られた「うつろわざるもの」であり戦争の道具と
なってしまっているのだ、と。

信じられないとばかりにクレイは力任せに布団を剥ぐと、エリーナの腰から下は
先ほど通ってきた地下にあった肥大化した臓器と繋がっていた・・・。

最後にエリーナは、クレイと二人きりで話がしたいと言う。その言葉に従い
クレイとエリーナは二人きりに。
旅のこと、仲間のこと、お互いの想い。
そんな話の後、エリーナはクレイに懇願する。その神鉄の剣で自分を殺して欲しい、
せめて貴方の手で殺して欲しい、と。

クレイは、エリーナのため、神鉄の剣を振り下ろすしか、なかった・・・。


続きは後日。次回、最終章です。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 03:01 ID:9pzPVY3w
>ブレス4の人
もうちょいですね。お疲れ様です


。・゚(ノД`)゚・。

268 :ラグランジュポイント 15:04/03/17 05:00 ID:mNcMyyc1
オレンジシティに届いていた救援要請を受け、ランド1セラミシティに向かったジン。
セラミシティでは、セラミック騎士団サンダー司令から、
オゾンシティの調査に向かったオーダ博士から連絡が途絶えたことを知らされる。
様子を調べてくることを頼まれ、「パイロボット2」をもらう。これで「クルーザー」が
操縦でき、ランド1の西半分に広がる湖エリアを探索できる。オゾンシティは湖の真ん中に
浮かぶ島にある。なお、クルーザーは、桟橋つまり港のあるところからしか上陸できない。
そしてオゾンシティの桟橋は壊れているという。だが、オゾンシティに行く方法は
ないわけではない。方法の一つは、ホバープレーン。ホバープレーンは水上でも飛んで
移動できるため、湖などものともしない。しかし、現段階では操縦できない。
もう一つの方法はというと、湖の西岸にある建物からはどんどん地下に下って行くと
コロニー外壁まで達する。またまたコロニーの構造を説明すると、コロニーの地面は
円筒状コロニーの内側に広がっていて、地面をずっと下に進むということは、
円筒の内側から外側に貫通するということになる。一度外壁の外の宇宙空間まで出て、
外壁伝いにオゾンシティ地下に繋がる別の入口に侵入するという方法。
ただし、この方法も、酸素ボンベがないと実行不能だ。
そして肝心の酸素ボンベがあるのはどこかというと、オゾンシティなのだ。
オゾンシティの他に「コスモシティ」にも酸素ボンベがあるという。
コスモシティは、セラミシティから川を隔てたすぐ向こうの土地に位置するが、
桟橋は離れた場所にあるので迂回して上陸することになる。
ジンは、セラミシティ付近の桟橋からクルーザーに乗り、コスモシティの桟橋に向かう。

269 :ラグランジュポイント 16:04/03/17 05:01 ID:mNcMyyc1
桟橋を上陸し、コスモシティを目指すジン。
コスモシティでジンを待っていたのは、バイオ軍に襲撃され、廃墟と化した町だった。
シティの入口付近には、傷ついた女がいる。女は「エンゼル部隊」のシオンと名乗り、
バイオ軍に襲われたが、敵から防具「チタンボディ」を奪い戻したのだという。
エンゼル部隊の基地にいる隊長マーガレットにチタンボディを届けてほしいと言い残し
息絶える。エンゼル部隊の基地はエレキシティの近くにあり、ホバープレーンがあれば
行ける。奥に進むと、コンテナに酸素ボンベが一つ残されている。
宇宙服と酸素ボンベさえあれば、宇宙空間に出ることができる。
ジンはコスモシティをあとにして、湖西岸へ。コロニー外壁に通じる建物を
地下に進み、「コロニー外壁ドア143」に辿り付く。ここからコロニーの外に出て、
制動のききにくい無重力空間を漂いながら「コロニー外壁ドア144」へ。
ここから今度は地表めざしてのぼって行くと、オゾンシティに出る。
あと一歩でオゾンシティ、というところで、異形の怪物「レデスマ」登場。
元プレシデントファイブにして現バイオノイド3将軍の一人、あのオレギと並ぶ
バイオ軍の幹部だ。レデスマとの戦闘。レデスマはオレギを倒したジンの腕を試して
去っていく。戦いの最中にジンはレデスマから「パイロボット3」を奪い取る。
そしてオゾンシティへ。

270 :ラグランジュポイント 17:04/03/17 05:05 ID:mNcMyyc1
オゾンシティには、オーダ博士とセラミック騎士団が無事で待っていた。
セラミック騎士団は攻めてくるバイオ軍を撃退してシティを守り、オーダ博士は
シティに残されていた、シュトルテ博士の記録が残るレコーダーを発見していた。
  「私の名はシュトルテ。ここに記録を残す。
  このままでは地球はやがて人の住めない惑星となるだろう。
  破壊された環境で生きていくにはバイオの体が必要だ。
  私の計画には、人類の未来がかかっている。それを照明しなくてはならない…」
記録はここで途絶えていた。
オーダ博士はピコというロボットをジンにくれる。なぜかジンになついている。
バイオハザード後のイシスのデータがインプットされているガイドロボットだ。
オーダ博士は今後もオゾンシティに残り、セラミック騎士団と共にシティを守っていく。
オゾンシティは酸素ボンベがある。元々オゾンシティの島の工場は
コロニー内の空気を浄化しているので、酸素ボンベの製造もしている。
コロニー外壁を経由してくるときにコスモシティの酸素ボンベを使いきってしまったが、
以後、他にも酸素ボンベの必要な場所、ヴェスタ2などを探索する時は
オゾンシティに来さえすれば酸素ボンベが手にはいるわけだ。
そして、「パイロボット3」を入手したことで、ガレージのホバープレーンも
操縦できる。これからは湖や沼、小さい地割れなどに阻まれず移動することが
できるようになる。新たな情報としては、ファイバーシティ付近のドーム都市に
あやしげなババアがいるらしいこと、エレキシティ付近のドーム都市には
エンゼル部隊がいて救援を求めていたことなどがわかる。
なお、ピコはトムトム博士がつくったロボットで、セラミシティのトムトム博士に聞くと
亡きタムのコピーロボットとして作ったのだそうだ。ピコがジンになつくのは、
生前のタムの性質を受け継いでいるからなのだろう。

271 :ラグランジュポイント 18:04/03/17 05:07 ID:mNcMyyc1
ホバーが操縦できるようになったことで、また行動範囲が広がるが、
その前にいくつか行ける場所について。
まず、ランド2、コーンエリアの水路。パイロボット2を手に入れたことで
クルーザーが操縦できるようになると、クルーザーステーションから
水路内を探索できる。クルーザーステーションにはサイボーグ部隊の男がいて、
仲間のリュウが水路内を調査に行ってまだ戻らないのだという。
水路網に入ると、すぐ西には医療センターの廃墟があり、タックが言っていた
医療キットなどがある。北にはレジャーセンターの廃墟。この奥には
全身がものものしい兵器で覆われた、ドレッドヘアのサイボーグがいる。
こいつの名は「リュウ・ライチン」。敵に囲まれてて危なかったところを
ジンに助けられ、ジンをあにきと慕う熱い野郎だ。(仲間その9)
敵からぶんどったマツシタカプセルを挨拶がわりにくれる。
また、ここにある情報ボックスにサテライトベースのトーゴ会長から
情報が入る。コーンエリアのどこかに「カイザーロード」に侵入するための
「ドアロックシステムセンター」があるらしいので調査してくれとのこと。

272 :ラグランジュポイント 19:04/03/17 05:09 ID:mNcMyyc1
それから、このゲームでも特にメジャーな裏技とされる別ルートんついて。
コスモシティで酸素ボンベを入手したあと、酸素ボンベを必要とする場所は
オゾンシティに向かう途中のコロニー外壁の他に、
ハイドロウイングがあるといわれるヴェスタ2がある。
こちらに先に向かった場合について。

ヴェスタ2のポートにいるのは女2人。バイオ軍はここにも来て
ハイドロウイングを置いて行ったという。女の恋人ユンをはじめ
ヴェスタ2の奥に向かった人はまだ一人も戻って来ないそうだ。
ヴェスタ1と同様に小惑星の表面を宇宙服を着込んで探索する。
途中の通路では同行した仲間とはぐれやすいため、小人数、場合によっては
単独での戦いを余儀なくされる過酷な場所だ。ヴェスタ2の果てにある基地には
人かげはなく、レコーダーにメッセージが残されているのみ。
メッセージの主はユン。ランド2から逃げてきた市民で、武器や食料を求めて
ここまで来たが酸素も尽きそう、バイオ軍から奪ったハイドロウイングを残す
とのこと。ジンはユンがコンテナに残したハイドロウイングを手に入れる。
ポートに帰ると、女はユンの帰還を信じて待ち続けるという。

273 :ラグランジュポイント 20:04/03/17 05:13 ID:mNcMyyc1
ヴェスタ2の探索で酸素ボンベが尽きると、コスモシティには予備の酸素ボンベは
もうない。オゾンシティに行くことができず一見手詰まりに思えるが、
ハイドロウイングは、同じコロニー内であればインプットされている場所には
ひとっとびで移動できる。ランド1のファイバーシティ、セラミシティ、
オゾンシティのデータはすでにインプット済みなので、ランド1でハイドロウイングを
使えば、オゾンシティに辿り付くことができる。
他には、現在オレンジキャンプでオレンジディスクを手に入れている。
ディスクからオレンジキャンプの位置がインプットされるので、ランド2で使えば
オレンジキャンプに行けるし、今後もデータがインプットされれば他の場所にも
ひとっとびで行けるようになる。

というわけで無事オゾンシティには辿りつける。
この別ルートを採ると、コロニー外壁経由の大冒険と、レデスマとの戦闘を
ショートカットできることになる。
ただし、オゾンシティのガレージにはホバープレーンしか置いてないので
パイロボット3がないとシティから出ることができない。
結局地下に降りるしかなくなり、レデスマと遭遇して戦うことになる。
それに、ヴェスタ2の探索は正規ルートと比べてそんなに楽というわけでもない。

274 :ラグランジュポイント 21:04/03/17 05:25 ID:mNcMyyc1
ホバープレーンを操縦できるようになれば、さらに行動範囲が広がる。
ランド2では、バイオ軍に襲われ沼で隔離されたポテト部隊の武器庫、
コーンベースを略奪し、オレンジエリアの沼の向こうに去ったアイアン部隊と
ダン将軍。どちらも当面の最大の使命であるディスク回収に関係している。
そっちに戻る前に、ランド1の気がかり、エンゼル部隊のことを済ませておこう。

まず、シオンがチタンボディを隊長に届けてくれと遺言した、エレキシティ付近の
エンゼル部隊の基地に向かう。まわりを地割れと湖に囲まれているが、ホバーで
湖を越えてアクセスすることができる。だが、ここもまたバイオ軍の襲撃を受け
廃墟と化している。奥にうずくまる女、ミツヨは瀕死でもう目もみえない。
ジンに防具「セラミボディ」を託し、マーガレットに届けてくれと言い残して事切れる。
マーガレットはファイバーシティの近くの森に囲まれた基地に避難したそうだ。

そこで今度は、そのファイバーシティ付近の森の中の基地へ。ここは小さい地割れに
隔てられて隔離されていたが、小さい地割れならホバーで超えられる。
ここにいるばあさんがエンゼル部隊隊長マーガレットだ。人呼んで合体ババア、
サテライトベースのファクトリーで武器合体を行うじいさんとは夫婦だが
現在別居中。シオンとミツヨが命がけで残した防具を渡すと、これらを合体させ
ジン専用の防具「シャトルボディ」を作ってくれる。

275 :ラグランジュポイント:04/03/17 05:27 ID:mNcMyyc1
前スレ
>>475-476  0 1
>>518-523  2〜7
このスレ
>>24 >>26-31 8〜14
>>268-274 15〜21

序盤 1〜7 ランド1を出るまで
中盤 8〜 シャトルを使って行動範囲が広がる
   8〜10 中盤0(サテライトベース)
   11〜14 中盤1(翻訳機、オレンジディスクゲト)
   15〜18 中盤2(クルーザー移動、ランド1)
   19〜20 別ルート
   21〜  中盤3(ホバープレーン移動、ランド2)
ヴェスタ2やエンゼル部隊のイベントはクリアには関係ないので
無視しても大丈夫。

という感じです。中断。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 05:27 ID:TeH0KsiC
SFCだけど
永遠のフィレ―ナ希望
序盤までしかやった事がないので、続きが気になる
なんかある意味凄いパーティメンバーだった記憶が


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 06:10 ID:vrq2zh77
「石榴の味」ってゲームきぼん。
ものすごくマイナーなゲームだけど、もし持ってる人がいたらお願いしたい。

278 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/17 06:43 ID:Q/6o/+MB
●第13章「氷の大地」
溶岩地帯を抜け、更に登り続けると、そこは凍て付いた世界だった。
ガトーが待つ氷竜神殿が視界に入る。
ここで待ち受けるのは氷竜と氷の部族達。
チキが神竜王の娘、ガトーや自分も神竜族だと明かしたチェイニーの語りは続く。

「地竜族との戦いにより神竜族も殆ど死に絶え、
生き残ったのはナーガ、ガトー、チキ、そして俺だけだった。
ナーガは直後に死に、ガトーと俺は滅びを回避するため竜石を捨て竜に戻れなくなった。
それでも人間にはない知識や能力は、少し残してるけどね。

地竜の王族だったメディウスは部族に逆らいマムクートになり、ナーガの言いつけを守った。
しかし人間達が竜石を捨てたマムクートにまで危害を加え始めると、奴は激怒した。
そしてマムクートの国であるドルーアを作って人間征服の戦いを始めたって訳だ。
俺にはメディウス達が人間を憎む気持ちも少しはわかるよ。

ガトーはナーガの言い付け通り人間を助けるために
アンリにファルシオンを渡し、カダインに学院を作って魔道を教えた。
だが俺は見てただけだ。どっちが勝とうが俺にはどうでもいいからな」

マルスは5つのオーブについて何か知らないかと訊く。
「オーブは地竜封印のための盾、つまり封印の盾に埋め込まれていた。
盾は台座に過ぎず、オーブがひとつでも欠けると封印は破られてしまう。
600年位前に、盾はラーマン神殿から奪われ壊されたらしい。
ガトーが何とか5つのオーブは集めたけど、結局盾は見付からなかった」

# 次のマップよりチェイニーもマルス軍のユニットとして扱えるようになる

279 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/17 06:44 ID:Q/6o/+MB
●第14章「明かされた謎」
いよいよ氷竜神殿へ突入するマルス達。外と同じく氷竜と氷の部族が守っている。
神竜王の娘チキはナーガの意思により生まれた頃から眠りにつかされた。
恐ろしい力を秘めた彼女が目覚め、他の竜族のように滅びの道を歩めば
世界を滅する事になろう…王はそう考えたのである。
しかし王のしもべであったバヌトゥは
チキを見守って数百年を過ごすうちに情が移り目覚めさせてしまった。
だからチキにはその間10年の記憶しかないのだと言う。

ジェイガンはアンリの伝説をマルスに語る。
勇者アンリはひとりでこの氷竜神殿まで辿り着き、
ガトーよりファルシオンを受け取り地竜を倒した。
しかし恋仲にあったアカネイアの王女アルテミスとは遂に一緒になれなかった。
平民であるアンリがアカネイア王となる事をアカネイアの貴族たちは望まなかったからだ。
王女は解放軍を率いた貴族と結婚したものの、世継ぎを残した直後に逝去。
アンリもアリティア王となった以降も生涯妻を迎えなかったと言う。
これこそが(第一部でも語られた)ファイアーエムブレムにまつわる悲しい定めなのだ。

神殿の奥に進み、遂にガトーに再会。
ここまでやってきた勇気を認められ、光のオーブを渡される。

※ガトー謁見時、星のかけらを全て集めているかで分岐

→12個全て集めている時
ガトーは星のかけらを修復し、星のオーブを再生。マルスに渡す。
「封印の盾を完成させられるのはそなたしかおらぬ…まだ気付かぬか。
そのファイヤーエムブレムこそが奪われた紋章の盾じゃ」
ラーマン神殿から封印の盾と神器を盗み出し、
オーブを各地に散逸させた盗賊こそが、後のアカネイア建国王だったのだ。
更に隣の部屋にチキが眠っている、連れて行けとガトーは言う。
しかし彼女は封印の盾が完成しない限り滅びの道を歩んでしまうとも。
「頼む、マルスよ。チキを救ってやってくれ…」
# 隣の部屋のチキを起こして仲間に出来る

→12個全て集められなかった場合
星のオーブが完成させられない以上、封印の盾も完成できない。
実は隣の部屋にチキが眠っているのだが、盾がなければあの子も退化が始まる。
だからもう二度と目覚めさせぬ。それがあの子のためだ…ガトーはそう告げる。
# この時点でバッドエンディング確定

ガトーは自分の魔法でマルス達をアリティアまで送ると申し出る。
自分は動けない、何故ならガーネフの件で調べ物があるからだと。
ガーネフの肉体は先の戦いで滅んだ。しかし彼の魂は闇のオーブに取り込まれ
邪悪な怨念として生き続けている。そして何かを企んでいるようだ…。

280 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/17 06:46 ID:Q/6o/+MB
●第15章「王子の帰還」
ガトーの魔道によってマルス達はアリティアへ帰還。
アリティアはアカネイアにより支配されていた。
「王都アンリを奪還せよ!祖国を我らの手に取り戻すのだ!」
マルスは部下達を鼓舞するが、
敵の将軍エイベルはかつてのマルスの部下アベルを差し向ける。
アベルは恋人エストを人質に取られ、仕方なくエイベルに従っているのだった…。
# 何時の間にやら恋仲のこいつらだが、アベルは主君マルスが話しかけたらあっさり仲間に
# エストも救出後仲間に出来る(その後エスト→アベルで会話してもいい)

●第16章「王都奪還」
将軍エイベルを討ち、アリティアは奪還された。残りはこの城のみ。
城の財宝(含む大地のオーブ)を守りつつ敵兵力を殲滅しなければならない。
しかしその中にはアストリア勇者隊も含まれていた。
# ソウルフル・ブリッジやカダインで追われる恐怖を味合わされた勇者隊がここにも
# しかしようやくアストリアを説得して仲間に出来る。長かった…

制圧後、探してもエリス王女は見当たらない。
そこにガトーの念話が「どうやらガーネフに連れ去られたらしい」
ガーネフは高位のシスターをさらって何かを企んでいるらしい。
今までさらわれたのはレナ、マリア、そして今回のエリス。
ガーネフはニーナ王妃をも狙っていると付け加える。
マルス達はアカネイアの王都パレスを目指す事となった…。

(第一部「暗黒竜と光の剣」と第1章〜4章はまとめサイト収録済)
第5章〜8章>103
第9章〜第12章>213-214

ゲームは20章(+2章)なので後2回の投下で終了予定です。

281 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:08 ID:TeH0KsiC
>>208の続き

最期に自分が最初に受け取ったメノラーを台座にセットして第五カルパの奥へ進む
聞いた事がある声が響く
声『やっぱり目的は一緒だったか…しかし、なかなかガッツあるじゃないかまさかここまで辿り着くとはな』

声の主は二丁の銃と大剣を持つ男…ダンテだった

ダンテ『だが、ここから先はこれまで以上に危険だ。火遊びのつもりなら、火遊びじゃ済まないかも知れないぜ?
    そこで、だ。少年、デビルハンターを雇ってみないか?
    悪魔が悪魔狩りを本業にする男を雇うんだ。最高のジョークだろ?
    さあ、どうする?』

願っても無い申し出に頷く主人公

ダンテ『話が早いな、なら早速ビジネスの話しといこう
    目玉が飛び出るほどの料金を請求してやってもいいが…お前は特別だ。コインで決めようじゃないか。
    表か裏か…お前が勝てば1ドル…いやマッカだったな?1マッカでいい
    もしお前が負けたら…そうだな、お前の有り金を山分けだ。
    さぁ、どっちに賭ける?』
賭けを行った後、ダンテは仲魔として主人公と行動を共にする事になる
ダンテ『さぁ、今日からお前が俺の依頼主だ…お前の名前は?』

名を名乗る主人公

ダンテ『なるほど、悪くない名前だ。オーケイ、○○(主人公)。
    地獄の魔王に挨拶でもしに行こうか、土産に手下の首でもぶら下げてな。
    見せてもらおうか、神と悪魔の最終決戦とやらを…』
    

282 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:09 ID:TeH0KsiC
心強い新しい仲魔と共に第五カルパを進む
仲魔の能力を試す扉を幾つも抜けた先に、強力な気を感じる扉があった
扉を開け、中に進むと気高い声が聞こえる
声『…聞こえるか、○○。我の警告に逆らい…あまりにお前は闇に傾きすぎたようだ。
  …もはやお前を許す事は出来ぬ。我はあの堕天使の企みを、新たな悪魔の誕生を見過ごす事は出来ない。
  そして、悪魔を生む為のメノラーを運んだお前の罪も許しがたい、魔人よ、魂まで闇に染めた悪魔よ!』

光の中から巨大な機械の身体を持つ天使が現れた

声『聞けい! そして震えよ! 我が名はメタトロン! 我と神は一つなり!…我が主の意を受け、汝を討つ!』
 『人に非ず闇に傾き生きる者よ、今こそ、神の怒りを受けよ!』 

大天使メタトロンを退け、アマラ深界の最深部への道を進む
途中の通路に見覚えがある…シンジュク衛生病院で初めて淑女を紳士に会った時に通った通路だ
さらに先に進むと最深部へのリフトがある。
リフトを降りると、喪服の淑女と車椅子の老紳士との直接対面だ

喪服の淑女『よくここまで辿り着きましたね。永劫のアマらの流れを越え、待ち続けた甲斐がありました
全てのメノラーを配し、最強の光の刺客すら退けたあなたはまさに我等が待ち望んだ悪魔です』

淑女と紳士を取り囲む穴から見えるモノ達が一斉に歓声をあげる
老紳士が手をかざすと、一同は静まり返った

淑女『聞こえましたか、○○?全ての悪魔達が、新たな闇の悪魔の誕生を祝っています
   あなたこそが、長い連環を打ち破り、暗黒の天使とともに、大いなる存在をも打ち破ってくれるだろう、と期待して
   もはや引き返す事はできません。光から堕ちた我等と、光を支配する者達
   その相容れぬ両者の最終決戦が、間も無く始まろうとしています
   あなたは、その戦いが始まる前に、地上に戻りなさい
   そして、創世を目論む人間達や、その源たるカグツチを討ち、その身に更なる力を宿すのです
   静寂なる世界を望みし者…それに力を貸すは、虚無の魔王アーリマン。
   力による淘汰を望みし娘…身に降りたるは、魔神バアル・アバター。
   孤独を好み、己の殻に隠れた少年…流され着きし力は、さ迷える古の邪神ノア。
   そして、創世とボルテクス界を見守りつづける光、カグツチ…
   それらの敵を討ち果たした時、私たちは全ての悪魔と共にあなたを迎え入れましょう
   この先のあなたの戦いの手助けになるよう、我が主が力の一部をあなたに与えようとおっしゃられておられます。
   これで、あなたが初めに与えられたマガタマの最後の力が解放されましょう。
   …かつて人の衣を脱ぎ捨て悪魔となり、今、全ての死を乗り越えここに来た魔人よ。
   あの御方の力によって悪魔の身体を得…今我が主の手によってその心も悪魔へと生まれ変わるのです
   混沌の新たな悪魔…終の決戦の始まりを告げる者として!』


283 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:10 ID:TeH0KsiC
老紳士が主人公を指差すと主人公の身体の模様の淵が赤く発光する
全身を激しくエネルギーが覆い、主人公の瞳が赤く光る

淑女『さあ、お行きなさい、我等の希望となる新たな悪魔よ…』

主人公が立っている場所が下がっていく
喪服の淑女と車椅子の老紳士を見上げる主人公
姿が見えなくなる瞬間、車椅子の老紳士の口元がにやりと動くのが見えた

次の瞬間、主人公はシンジュク衛生病院の一室に立っていた。
悪魔の身体になった時に目覚めた部屋だ。

声が聞こえる
声『………行け……カグツチの…所へ……見せよ……始まりを……』
声は聞こえなくなった

心まで悪魔となった主人公。
そして悪魔は二度生まれた。

チヨダのオベリスク上に出現したカグツチ塔を昇り、かつての友人、幼馴染、ニヒロの総司令を討ち倒す主人公。
3つのタカラを手にし、カグツチと対面する

カグツチ『おお…お前がここに辿り着こうとは…何故にお前が選ばれたるか…
     新たなる世界を創らんと我は興り、新たなる世界を創らんとコトワリ持ちし者どもが参じた
     なれど、その意思はことごとくに断たれ…新たなる世界への光は潰えた。
     …一匹の悪魔の手にかかって。
     お前は堕ちた天使に導かれ、創世の芽を…世界の輪廻の糸を断ち切った。
     人ならざる悪魔の心を持って、進化の可能性を棄てた
     人の心を捨て、破壊の霊に成り下がったのだ
     我は恨みをおくぞ! 世界を死に至らしめたおまえの存在を!
     我が怒りの光にて、その生を終えよ!』

カグツチが主人公に襲い掛かるが、あえなく撃破される

カグツチ『愚かな…闇に染まり我が力を解放したとて何になろうか…
     …心せよ、かつて人であった悪魔よ。 我が消えてもおまえが安息を迎える事は無いのだ。
     最期の時は確実に近づいている。全ての闇が裁かれる決戦の時が…
     その時には、お前のその身も裁きの炎から逃れる術は無いであろう
     怖れ、おののくがよい、おまえは永遠に呪われる道を選んだのだ!』

カグツチは崩壊し、カグツチの巨大な破片がボルテクス中に飛び散り突き刺さる

284 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:11 ID:TeH0KsiC
闇の中に倒れている主人公。カグツチが崩壊した事によりボルテクス界を照らす物は何も無い。
主人公が目を覚まし周囲を見回す。辺りは闇一色だ。

『カグツチはそのひかりをうしなってしまった。』
声に驚き、後ろを振り返る主人公
金髪の子どもと喪服の老婆が立っていた

子ども『ひとりのアクマのてにかかって。
    せかいはもううまれかわれない 
    もうソウセイはできなくなってしまった
    うまれ そだち ほろび そしてまたうまれる…
    それがこのセカイのあるべきすがただったのに。
    ひとりのアクマがそれをゆるさなかった』

子どもと老婆の影が伸び、主人公の背後へと進んで行く。子どもの影は赤く染まっている。

影が伸びていった先を振り返ると、喪服の淑女と車椅子の老紳士が現れた
初めて老紳士の口から言葉が放たれる

老紳士『世界が生まれ、人が現れ、そして滅んでいく…
    その輪廻が時を刻み、輪廻の死が時を止める
    今また、時が死を迎えた。
    創りかえられるはずだった世界と引き換えに生まれてきたのは
    混沌を支配し死の上に死を築いてきた、闇の力だ。
    もはや、おまえには解っていないだろう。
    自分の意志の向かう先、力の向かう先がな。 
    大いなる意思は、その意に逆らったおまえを呪い…
    罪科の償いを永遠にさせんとするだろう。
    案ずるな。
    お前はその呪われた身をもって初めて真に世界を征服する道を歩む事ができるのだ。
    だが、そのためには最後に、お前の内なる闇の力を見なくてはならん。』

老紳士が合図すると、喪服の淑女の姿が消えた
    
老紳士『そう、大いなる意思の生んだ、最高の闇の力をもってな…』    


285 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:12 ID:TeH0KsiC
老紳士が目を閉じると隣に金髪の子どもが現れる。 子どもも同じように目を閉じた。

二人の影が赤く染まり、伸びて行き、一つの影となる
主人公の背後へと伸びていったそれは、巨大な影となる
背後に何物かの存在を感じ取った主人公は、思わず振り返る
そこに六枚の翼を持った大魔王ルシファーが現れた
主人公最期の試練が始まる。(カグツチは破壊されているのでカグツチの欄にはDEADと表示されている)

長い戦いを耐え抜き、大魔王ルシファーを討ち破ると目の前に喪服の老婆と金髪の子どもが現れる

子ども『きもにちから、みとどけさせてもらった。みごとだったよ。』

次の瞬間、老婆と子どもは喪服の淑女と車椅子の老紳士へと姿を変える

老紳士『闇に潜み、刻が来る時を待ち続けた者達よ。
    今、新たな闇の悪魔が誕生した。…刻が来たのだ。』

主人公の横を、カラスがよぎって行く、振り返り見つめる先には皆既日食のような光景が広がっている
老紳士『集え! そして行こう!』

主人公の目が赤く光る。心まで闇の悪魔になった証である。
主人公の背後に無数の悪魔達が現れる。
主人公は彼等を先導するかのように歩み始めた。

老紳士『我等の真の敵の所へ……!』

今、神と悪魔の最終戦争の幕が切って落とされたのである。

最期に謎のメッセージ
『あの天使は…己が心の形に似せて新たな悪魔を創りたるか。
 ならば、私は滅びを置こう。わたしと、おまえの間に。
 わたしの末と、おまえの末の間に…』

END

286 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:22 ID:TeH0KsiC
以上で真・女神転生3 nocturne マニアクスの追加シナリオは終了です
一応自分が書き込んだ分です

前スレ
>>471

今スレ

>>97 >>106-108 >>201-204 >>206-208
>>281-285


287 :真・女神転生3 マニアクス  ◆l1l6Ur354A :04/03/17 08:25 ID:TeH0KsiC
>>285の台詞間違えてました、修正します

× 子ども『きもにちから、みとどけさせてもらった。みごとだったよ。』
○ 子ども『きみのちから、みとどけさせてもらった。みごとだったよ。』

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 09:36 ID:qZMlVMhe
>286
おおお乙カレーリク主じゃないけどー。最後にまとめてもらって読みやすかった。
ダンテ、カコイイ! …デビルメイじゃないけどダンテって皆こんな性格なんだろか。

メガテンシリーズやったことないんだけど
神とか天使とか悪魔とか、結構女でもハマれるゲームなのかなコレ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 09:51 ID:1yvs0z3y
>>288

美形悪魔とか可愛らしい獣悪魔とか
大天使とか、孫悟空とかメジャー所も居るし女性にも馴染みやすいのかもね
金子絵に嫌悪感が無ければ。

主人公死亡=ゲームオーバーが伝統なので
雑魚戦でさえ全滅の機会が半端じゃなく多いので全滅スレ(別名パトスレ)があるほどだけど


マニアクスのノーマルだと滅多に死なないからやりやすいしいいんじゃないの?
それでも死ぬ時は死ぬけど

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 11:06 ID:CVGRLeC5
>289
そうなんだ…DQ7で転げ回ってたヌルゲーマーだからキツいかな。
購入相談所でもいってくる。トンクス

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 11:07 ID:RAYc7MxY
>>290
真・女神転生V-NOCTURNE マニアクス 祝100
ttp://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1079280287/
こちらに来ていただければ
我々が全力を持って購入に踏み切らせます(゚∀゚)

まぁご購入の際にはどうぞ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 11:08 ID:KyuPVUog
>288 はまれるよ。私も女だけど、やってた。
悪魔を口説き落として合体材料にするのが何とも快感で・・・。
口説く時は甘い言葉を連発するんだよね。でも、すぐさま合体。
悪魔は自分の方だと本気で思ったよ。(w

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 12:00 ID:6Luo9qLo
>>288
DMC1のダンテはこんな感じでした。むしろメガテンの方がかっこつけてる感じ。
DMC本編だとどうしてもかっこつけ続けられないからね。(プレイしてみ。わかるから)

でもダンテかっこいいっす。他の悪魔にもはまれます。可愛いし。
当方女ですがメガテンは面白いですよ。15年来のふぁんだ。年齢は聞くな。
是非いますぐ買いにいってくだせえ。(限定版なのでなくなっちゃうよー)

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 12:25 ID:nOgwI8aR
>>257
PCのフリーソフトは流石にスレ違い・板違いのような気がする……。
参考までに、>>257氏は、こういうスレがレゲー板にあるのはご存知か?
            ▼▼
コープスパーティー・囚人・スウィートホーム 7
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1068376903/

>>277
ちゃんと「ざくろの味」って書かないと、通じないかも。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 15:07 ID:dxCFQAkD
>294 訂正すまそ。普通にあの字だとばかり思ってた。(*´Д`)
改めて「ざくろの味」きぼん。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 16:35 ID:o/f3elUg
ここ超良スレだね

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:27 ID:TUJD3K4X
>291,293
本スレ見にいってみたんだけど、ダンテってホントにデビルメイのダンテだったのか!
名前が同じだけで全然別物かと思っていた…二丁拳銃とかも、
「神話のダンテというのは、二丁拳銃かなんかをもっている悪魔なのか」
などと思っていた… た は は  

>292
ジゴロゲームですかw

いい加減スレ違いですな、スマソ。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 18:37 ID:KViJyhpC
どなたか

零〜赤い蝶〜
おながいします

299 :かまいたちの夜2〜妄想篇〜:04/03/17 18:56 ID:KHKyzXhH
『かまいたちの夜』というゲームがある。ゲームは透と真理が「シュプール」に行った時のことがモデルになっている。
真理と「シュプール」に行って…そのあとどうなったっけ?透の記憶はどうにもはっきりしない。
ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ ぴしゃ
水音がする。そうだ船に乗っているのだった。
頭が痛い。二匹の黄金虫が頭の中で交尾している。
「どうして船に乗っているんだっけ?」隣にいる真理に話しかけて、初めてそれが真理だと思い出した。
真理からゲームのこと、その原作者に招待を受けたことを聞く。
ゲームの内容、「シュプール」で起きる殺人事件のことを思い出すと鳥肌が立つ。

気がつけば島に上陸していた。記憶が途絶えがちになっている。
館に着くと美樹本が出迎えた。
応接室には他のメンバーも集まっている。皆正座をして、横一列に並んでいる。
全員が透を見ている。口々に囁いている。
……やっぱり…だからなあ…してるはずだよ…いつかはこうなると…どうせもうすぐ……。
二匹の黄金虫も囁いている。
かさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそ…
…かき出してからだよ。…ざあっと、一気に。…病気だからねえ、やっぱり。…
透の視界は闇に包まれていた。手足を縛られ、固いものの上に寝かされているようだ。
透の頭を覆っているものに小さな穴が開いている。そこから小林が見えた。
小林は額を指でかいている。そのうち額に穴が空き、ざあっと赤い砂が零れ落ちた。見る間に小林はしぼんでいく。
「ああ、自分でかき出しちゃったよ」と俊夫の声。
「こいつには、なに入っとんねん」香山が透を指して言った。
「かき出してみたらわかるわ」透の腕が切られた。
「この子、虫だわ」「どうりでなあ」あざけるような声。透の腕を虫が這う感触がした。

300 :かまいたちの夜2〜妄想篇〜:04/03/17 18:57 ID:KHKyzXhH
気がつけば周りには誰もいなくなっている。
かさこそと例の音がする。…いや、これは頭の中からするんじゃない、外からの音だ。
「透、起きてるのね」真理が来て透の頭の覆いを取り去ってくれた。
目の前に真理の顔が。純粋で愛らしい少女のような僕の真理。
「透、話はあと。逃げるのよ」
透は真理の後について部屋を出た。
廊下はひんやりとしていて、どこまでもどこまでも続く。
真理の姿が消えていた。どこかの部屋にでも入ってしまったのか?
極彩色に塗られた扉が並んでいる。透は金色の扉を選んだ。

なぜか扉を開けるのが恐ろしい。頭痛がひどくなってきた。
思い切って扉を開けると、巨大な二匹の黄金虫がいた。二匹はベッドの上で重なり合って交尾している。
下にいた黄金虫が透を見て、言った。
「美樹本さんは私から誘ったのよ。やめてよ、そんな目で見るの。勝手に純粋だの何だのって思い込まれても迷惑なのよ。
 第一、今どきこんなもので女が口説けるとでも思っていたの?」
黄金虫は紙の束を床に叩きつけた。
紙束の表紙には『微笑む女神』というタイトル。透が真理に捧げた詩集だ。
こんなものがどうしてここに、何で黄金虫がこんなものを。
「やめろ!」思わず透は手近にあった電気スタンドを投げつけた。電気スタンドは窓を突き破る。
窓?三日月館に窓はないはずなのに。じゃあここはどこだ。
割れた窓から雪が吹き込んできた。
いつの間にか透の手には鎌が握られていた。
透は鎌を振った。黄金虫の頭が、脚が千切れ飛んだ。
誰かが笑っている。頭痛はとまらない。透は笑うのをやめた。
かさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそかさこそ
黄金虫が交尾する音が聴こえる…。

301 :かまいたちの夜2〜妄想篇〜:04/03/17 18:57 ID:KHKyzXhH
「ああ、またバッド・エンドだ」
透はコントローラーを投げ捨てた。
透は真っ白い部屋でずっとこのゲームをやっている。いつまでたってもグッド・エンドを迎えられないのだ。
テレビ画面の中から男が話しかけてきた。
「まだ思い出せないんですか。一昨年の十二月に『シュプール』で何があったか」
思い出せない。頭がひどく痛い。耳鳴りがする。
「その時ペンションにいた全員が殺害された。凶器は草刈り鎌です。そして犯人は…」
…そうだ、この男は医者だ。
思い出した。あの時ペンションにいた「全員」が殺された。そして「犯人」は…。

妄想篇・完

302 :かまいたちの夜2〜ぼくの恋愛篇〜:04/03/17 18:59 ID:KHKyzXhH
真理には我孫子からの招待状が届いてないそうだ。半ば強引に真理を誘って島へ行く。
船上で真理は「本当にあなたとシュプールに行った時のことなの?」と疑わしそうだ。
島に着くと、我孫子武丸と名乗る若者が現れる。帽子とサングラスで顔はよくわからない。
「他の招待客は…?」と訊くと、
「招待客は君一人だよ。君が真理の周りをちょろちょろしているのは目障りなんだ。死んでもらうよ!」
と言って、男はナイフを抜いて向かってきた。
その時、真理が男を見て言った。「あ、あなた…透!」
我孫子の正体は主人公の大学でのクラスメート・透だった。
真理は主人公と透に二股をかけていた。
透は邪魔者の四ツ橋某太郎(恋愛篇主人公の名前)を亡き者にするため、ここに呼んだ。
ゲームは某太郎と真理が「シュプール」に行った時ではなく、透と真理が行った時をモデルにしていたのだ。
某太郎に透のナイフが迫る…が、真理が背後から透を石で殴り殺した。
「真理!」「某太郎!」抱きしめあう二人。
「これだけは信じて…私、決して二股かけてたわけじゃあないのよ」泣きながら訴える真理。
「もういいったら。すんだことだよ」と某太郎。
確かに彼女は嘘をついていなかった。透と某太郎ともう一人の三股をかけてたのだから。
それを某太郎が知るのはもう少しあとのことだ…。

ぼくの恋愛篇・完

303 :かまいたちの夜2〜ぼくの青春篇〜:04/03/17 19:01 ID:KHKyzXhH
真理に誘われ、透は二つ返事で三日月島へ行く事を決めた。
これが真理を口説くラストチャンスになるかもしれない…何しろ透には時間があまり残されていない。
船が島に着くと、我孫子が出迎えた。
「ようお越しやす。真理さん、義男くん」
義男とは船の操舵をしていた若者だ。次に我孫子は真理に訊ねた。
「そちらのお年よりは?」
「私の茶道のお友達で、透さん。孫と二人だけじゃ寂しいから、お誘いしたの」と真理。
「この透という人は、ばあちゃんのファンなんです」と義男。
「ははは…老いらくの恋というやつですわ。お恥ずかしい」
透は入れ歯をむき出して笑った。
『この三日月島で、ぼくは君のハートをゲットする…』

ぼくの青春篇・完

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:02 ID:KHKyzXhH
かまいたち2終わりです。長文レスに付き合ってくれてありがdでした。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:50 ID:fs0NLk1x
>>304
お疲れ様

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:13 ID:D3eIlEE4
ご苦労だった!(゚Д゚)休むが良い!

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:26 ID:wb61QRz3
緋王伝リクエストします。スーファミで出てたやつです。
ゲームはあるのだけど、詰まった上にデータがdだので

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:44 ID:qThQjKhy
鎌2よく頑張った!感動した!

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 20:55 ID:+YGSCzm8
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2 ・鬼武者
・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・零 ・零〜赤い蝶〜 ・鬼武者3
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・ビヨンドザビヨンド ・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街 ・エクサフォーム
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・スペクトラルタワー2 ・みつめてナイトR
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
・SDガンダム外伝2 円卓の騎士 ・永遠のフィレ―ナ ・ざくろの味 ・緋王伝
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール ・ファンタシースターオンライン2
・シャイニングウィズダム ・「テラ・ファンタスティカ」 ・魔導物語シリーズ(1,2,3,A)
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・英雄伝説3 白き魔女 ・田中の夢物語
・魔導物語R ・魔導物語S ・「囚人へのペル・エム・フル」
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■現スレ  ・グローランサー4 ・ラグランジュポイント ・真女神転生 ・Ever17
・マザー2 ・シャドウオブメモリーズ ・FE紋章の謎 ・聖剣伝説レジェンドオブマナ
・ブレスオブファイア4 ・戦国サイバー藤丸地獄変
■前スレから放置 ・ジャングルウォーズ2 ・サーカディア ・ONI3 ・FF5 ・真女神転生2
・ブレスオブファイア3 ・ヘラクレスの栄光4 ・.hack
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャ、アー編以外) ・ロマサガ(WCだけの話)
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・東京魔人学園符咒封録 ・ジルオール
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・FF8 ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・「真・女神転生デビルサマナー」
・ジェネレーションオブカオス2 ・ジェネレーションオブカオス3
●題名不明「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」
その候補(エルナード?シャドウハーツ2(解決済)?)

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 21:04 ID:sb32csnZ
かまいたちよかったよー。
普通に読んでておもしろかった。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 21:32 ID:GKFV2fqb
HOSHIGAMI書いてた者だが……スマン。
年末から急に忙しくなって、来る暇がなかった。
俺が書いてるのは真エンドルートじゃないんだが、
延々と放置しとくのも悪いんで近いうちになんとか続きを書くよ。
もうほとんど筋を覚えてないから超テキトーなのになりそうだが。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 21:32 ID:gEs0WggR
真女神転生NINEキボンヌ。なんか外伝じゃなく正史の中の
話って聞いたんだけど、本当なの?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 21:44 ID:+YGSCzm8
>311 リクした者じゃないのですが、
主に搭で何度もフリーズして断念したので楽しみに待ってます。
唯一自分で買ったRPGでやる気をなくしたゲーム…_| ̄|○

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 22:40 ID:lxE4IORE
前スレでにセリフをupした人ではありませんが、
途中になっているFF5のまとめをupしようと思います。

315 :FF5 up:04/03/17 22:46 ID:lxE4IORE
FF5

「無」を手に入れ世界を支配しようとする暗黒魔導士エクスデスの野望を阻止する物語。


主要キャラ
バッツ(20歳♂):主人公。リックスの村出身の青年。愛想はないが正義感は強い。両親はすでに亡く、相棒のチョコボのボコとともに各地を放浪。
レナ(19歳♀):タイクーン城の王女。飛竜と心を通わせることができる優しい女性。
ガラフ(60歳♂):バル城主ガラフ王。エクスデスを封じたクリスタルを護るためにバッツたちの世界へやって来た。飄々とした性格。
ファリス(22歳♀):男装した海賊の頭目。気が強いが根は優しい。実は死んだと思われていたレナの姉サリサ王女。
クルル(14歳♀):ガラフの孫。両親は既に死亡。モーグリや飛竜と会話できる心優しい少女。

316 :FF5 up:04/03/17 22:49 ID:lxE4IORE
 火・水・風・土の四つのクリスタルによって万物が成り立つ世界。
タイクーン城の王は風の流れに異変を感じ、この世界に一匹しかいないといわれる「飛竜」に乗り、風のクリスタルの様子を見るために風の神殿へ向かう。
しかし風のクリスタルは砕け散り、風は止む。
 そんな中タイクーン城のそばに隕石が落下。タイクーン城近くの森で野宿をしていた放浪の青年バッツは、王を追って城外に出、魔物に襲われていた王女レナを助ける。
そして二人は隕石から出てきた謎の老人・ガラフと出会う。彼は隕石が衝突した衝撃で記憶を失っていたが、「クリスタル」という言葉に異様に反応し、レナに同行を申し出る。
バッツもレナたちを放っておけず、同じく風の異変を察知していた海賊の頭目ファリスの力を得て、四人で船で風の神殿へ向かう。
しかしクリスタルは既に砕け散っており、王はどこかへ消えてしまう。
バッツたちはクリスタルの欠片を拾い、勇者の心=「ジョブ」を得る。
「ジョブ」に就くことで様々な勇者の能力を習得できるのだ。


317 :FF5 up:04/03/17 22:52 ID:lxE4IORE
バッツたちはタイクーン王と残りの三つのクリスタルを案じて旅立つことに。
しかし外海への運河を抜ける際に魔物に襲われ、船の動力となっていたファリスの親友・海竜シルドラが犠牲に。

風は止まりシルドラも亡き今、船は動かない。四人は北の山で見つけた飛竜の生き残りに乗り、
水のクリスタルのあるウォルス城へ向かう。ウォルスは水のクリスタルを利用して水車を回しエネルギーを得ていた。
バッツたちは事情を話して王にクリスタルの使用を止めるように頼む。
そのとき再び隕石が落下し、慌てて様子を見に行く王を追ってクリスタルのある塔へ向かう。
塔の中では普段は大人しい獣・ガルラが暴れており、クリスタルのある祭壇への行く手を阻む。
ガルラを退け祭壇に向かうが、暴走したクリスタルによって危機に陥ってしまう。
そこへ隕石に乗っていたと思われるウェアウルフ(獣人)が現れ、ガラフに残りのクリスタルを
守り抜くように告げ、バッツたちを庇って犠牲に。水のクリスタルは砕け散る。

318 :FF5 up:04/03/17 23:02 ID:lxE4IORE
飛竜で海を越えて火のクリスタルのあるカルナック城へ。
カルナックは火のクリスタルを利用して大量の武器を鋳造し、火のクリスタルを動力とする
「火力船」を開発するなど、クリスタルを酷使していた。火力船の開発者シド博士は、
クリスタルの使用を止めねばいずれ砕け散ると警告し、女王の怒りを買って牢の中へ入れられていた。
バッツたちはシド博士の助言を受けて火力船内部のクリスタルへ向かう。
しかし何者かに操られたカルナック女王によって火のクリスタルは暴走、城を火の海にして砕け散った。
 
(サブイベント)レナたちは久々にタイクーン城に赴く。
レナはファリスが持つペンダントが自分の持っているものと
同じであることが気になっていた。レナがそのことについてファリスに尋ねると、
彼女はレナに自分の過去について語る。
ペンダンとは物心ついたときから持っており、孤児だった彼女は幼少時に海賊に拾われ、
以降周りになめられないようにと男装して前頭目のあとを引き継いでいたのだった。
レナはファリスが幼少時に嵐の船上で荒波に飲まれて
行方不明になったレナの姉・サリサであると確信する。

319 :FF5 up:04/03/17 23:05 ID:lxE4IORE
バッツたちは発見されていない土のクリスタルの情報を得るために古代図書館を訪れ、
そこで魔物に襲われかけていたシドの孫ミドを救出。孫との再会を喜ぶシドの姿を見たガラフは
記憶を取り戻す。彼はクリスタルを護るために隕石でこの世界にやってきた異邦人だったのだ。

失踪したタイクーン王の情報を得て砂漠を抜け、古代ロンカ遺跡にたどり着く。
すると突然遺跡が浮上。暴走した遺跡内部の土のクリスタルが原因らしい。
シドとミドは火力船を空を飛べる「飛空艇」に改造し、さらに隕石の動力である鉱石アダマンタイトで強化する。
バッツたちは遺跡内に入り土のクリスタルの暴走を止めようとする。

遺跡の機関室にたどり着くと、タイクーン王がクリスタルを破壊しようとしていた。
そこへ謎の少女が現れ、タイクーン王を制止。彼女はガラフの孫・クルル。
ガラフの身を案じて隕石でこの世界にやって来たのだった。
しかしタイクーン王の背後に浮かぶ不気味な影。彼は魔導士「エクスデス」に操られていた。
長い間操られていたことによる心労でタイクーン王は死亡。土のクリスタルは砕け散り、遺跡は落下する。

ついに四つのクリスタル全てが砕け散ってしまった。
火は勢いをなくし、水は濁り、風は止まり、土壌は生命力をなくし始め、
世界から自然の力が徐々に失われていく。

320 :FF5 up:04/03/17 23:07 ID:lxE4IORE
エクスデスとは、かつて「無」の力を手に入れてガラフたちの世界を支配しようとした邪悪な魔導士。
ガラフたちは30年前にエクスデスを倒し、バッツたちの世界の四つのクリスタルに封じたのだった。
しかしエクスデスは強大な魔力でひそかに魔物や人間たちを操ってクリスタルを破壊、
再びガラフたちの世界に復活してしまった。
ガラフは関係のないバッツたちの世界を巻き込んでしまったことに責任を感じ、
これ以上迷惑は掛けられないと言って、再びエクスデスを封じるために隕石に乗って自分たちの世界に戻る。

バッツたちはガラフのことが気がかりで仕方がない。
しかし隕石の材料となるアダマンタイトはもう往復するだけの量がない。
一度飛び立てば二度と戻って来られないのは分かっていたが、彼らはガラフの後を追って
隕石に残されたエネルギーを使い、異世界へ旅立つ。

321 :FF5 up:04/03/17 23:09 ID:lxE4IORE
ガラフたちの世界に着いた途端にバッツたちは魔物に襲われ、エクスデス城に囚われてしまう。
ガラフはバッツたちの危機に駆けつけ、エクスデス城から三人を奪還。
途中でギルガメッシュというエクスデスの部下に妨害されるも、これを退けて城を脱出。
しかしガラフの治めるバル城のある大陸につながるビッグブリッヂを渡りきらないうちに、
エクスデスが放ったバリアで辺境の大砂漠地帯に飛ばされてしまう。

バッツたちは森の住人・モーグリたちと、クルルの助けで飛竜を駆ってガラフの治めるバル城へ。
バル城主でもあるガラフは「暁の四戦士」の一人。
「暁の四戦士」とは、かつてエクスデスを封じる際に活躍したこの世界の英雄である。

そんな中、ガラフたちを助けるために長時間空を駆けた飛竜が倒れてしまった。
ガラフたちの世界でも飛竜はバル城にいる一匹しかいないという。
バッツたちは飛竜の谷まで薬となる飛竜草を取りに行く。途中で立ち寄ったケルブの村では、
バッツの父ドルガンの過去が分かる。なんとドルガンもガラフたちの世界の住人であり、
「暁の四戦士」の一人だった。彼は別の世界にエクスデスを封じることに反対し、
責任を感じてクリスタルを見守るために一人でバッツたちの世界に残ったのだった。

322 :FF5 up:04/03/17 23:15 ID:lxE4IORE
飛竜回復後、エクスデス城のバリアを破壊するためにサーゲイト城へ向かい、
「暁の四戦士」の一人ゼザ王の船団を率いてバリアの塔へ。
船上でギルガメッシュが襲って来るもこれを撃退。バリア破壊に成功するも、
ゼザが犠牲になってしまう。

エクスデスへの対抗手段を探すために、エクスデスと対等に渡り合えるという賢者ギードのもとへ。
エクスデスは元々ガラフたちの世界の「ムーアの大森林」の中の一本の木に
世界中の邪気が集まって生まれた存在だという。ギードの助言を得てムーアの大森林へ行き、
長老の木の中にあるこの世界の四つのクリスタルを護ることになる。
しかし長老の木に辿り着く前にエクスデスが出現し、森は焼き払われ、クリスタルが奪われてしまう。
さらにガラフがバッツたちを庇って単身エクスデスに挑み、死亡。
ガラフの意志を継いでクルルが仲間になり、悲しむ暇もなくバッツ・レナ・クルル・ファリスの四人は
エクスデス城に乗り込む。

城の内部でまたもギルガメッシュが立ちはだかるが、やはりまたしてもバッツたちに敵わない彼は
エクスデスの怒りを買って異空間へ飛ばされてしまう。
バッツたちはエクスデスに挑むが、追いつめられたエクスデスは
「世界を元の姿に戻す」と言ってクリスタルを全て砕いてしまう。
凄まじい衝撃が起こりバッツたちは気を失う。

323 :FF5 up:04/03/17 23:17 ID:lxE4IORE
バッツたちが目覚めるとそこは見慣れた故郷の世界。
二度と戻れないと思われた故郷にどうして戻れたのかと疑問を抱きつつも、
喜ぶバッツ・レナ・ファリス。
未だ王の戻らぬタイクーン城に戻り、一人寂しげなクルルを励まして宴を開くことに。
しかしタイクーン城は突如として闇に飲み込まれてしまう。
そしてバッツたちの前に倒したはずのエクスデスが現れる。
元々ムーアの木から生まれたエクスデスは小枝に姿を変え、魔力の回復を待っていたのだ。

バッツたちは飛空艇で世界を見回り、ガラフたちの世界にあるはずのバル城や長老の木を見て驚くことに。
なんとバッツたちの世界とガラフたちの世界は合体していた。
古代図書館とサーゲイト城の図書室、二つの世界に片方ずつ別々に保管されていたために解読できなかった
「封印の書」が一つになり、世界の真実が明らかになる。

そもそも本来二つの世界は一つであったのだ。1000年前、魔導士エヌオーによって「無」が暴走し、
世界を飲み込まんとした時、人々は四つのクリスタルをそれぞれ二つずつに割って世界を二つに分け、
その間に生じた「次元の狭間」に「無」を封じたのだった。

324 :FF5 up:04/03/17 23:24 ID:lxE4IORE
エクスデスはクリスタルを全て砕き、世界をはじめの姿に戻すことで、
次元の狭間に封印されていた無の力を手に入れた。
そしてバッツの故郷リックスの村、古代図書館など、世界各地を次々と
「無」に飲み込んでいった。

バッツたちはピラミッド・孤島の神殿・大海溝・イストリーの滝に赴き、
エクスデスに派遣された強力な魔物を打ち倒し、「封印の書」に記されていた四つの石版を手に入れ、
石版を使って封印城クーザーにある伝説の12の武器の封印を解く。
その他究極の魔法、強力な召喚獣などの助けを借りて、エクスデスの待つ次元の狭間に赴く。

最深部ではエクスデス城で闇の彼方に消えたギルガメッシュと再開する。
彼は幾度も戦ったバッツたちを良き戦友と認め、彼らを助けるために
エクスデス配下の魔物を巻き込んで自爆して果てる。

325 :FF5 up:04/03/17 23:26 ID:lxE4IORE
バッツたちはついにエクスデスのもとへ辿り着くが、エクスデスはバッツたちを
「無」のなかに飲み込んでしまう。しかしそこへ今は亡き「暁の四戦士」である
バッツの父ドルガン・ゼザ王・ガラフ・ウェアウルフのケルガー、
そしてタイクーン王の魂がやって来て「無」の力を押さえ込み、バッツたちを救出。
バッツたちはエクスデスと戦うが、やがて制御しきれなくなった「無」の力が暴走し、
エクスデスを飲み込み始める。
「無」に取り込まれ自我を失い、全てを破壊しようとするエクスデスを、
バッツたちは打ち破る。

326 :FF5 up:04/03/17 23:32 ID:lxE4IORE
ED

エクスデスを倒したとはいえ「無」は消えず、クリスタルが全て砕かれた今、
世界は崩壊するかに思われた。
しかしクリスタルの欠片に宿ったバッツたち四人の心の力によって、
クリスタルの欠片が再生し、再び四つのクリスタルが創成された。

そもそものはじめ、世界は「無」から生まれ、
「無」に浮かぶ四つの心からクリスタルが生まれた。
世界が再び「無」に包まれても、そのなかに人に四つの心があれば、
再び新たなクリスタルが生まれるのだ。

そして「無」に飲み込まれた人々も無事に帰って来、世界は再び正常を取り戻す。


一年後、バッツは故郷に戻り、再び旅立つ準備をしていた。
レナとファリスはタイクーン城に戻るが、ファリスは海賊の子分たちが気になり
時たま城を抜け出していた。
クルルはガラフが死んだ長老の木へ赴き、ひとりぼっちになってしまった寂しさを語る。
しかしそこへ仲間たちが励ましにやって来る。バッツ・レナ・ファリスはチョコボに乗り、
クルルは飛竜で空を駆け出す。


END


327 :FF5 up:04/03/17 23:34 ID:lxE4IORE
FF5は以上です。
>>315-326

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 23:35 ID:uxeCigBK
FF5の人GJ!!(・∀・)
懐かしいなぁ。
またやりたくなったよ。

329 :FF5 up:04/03/17 23:40 ID:lxE4IORE
訂正
>>326の下から9行目
×「そのなかに人に四つの〜」
○「そのなかに四つの〜」

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 00:23 ID:LqzA4oJ6
FF5乙!!
懐かすぃなぁ
確か、ラストバトルで生き残ったキャラによってEDが微妙に変わるんだよね。
「えふえふ」を思い出した。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 00:32 ID:w3E6WCCi
FF5乙。
(・∀・)イイヨイイヨー
忘れてる内容多いなぁ。
懐かしい…。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 00:57 ID:Op47htN8
真DDS3・FF5の方乙です。
FE・BOF4の方も楽しみにしています。

ドラゴンフォース(SS)をリクエストします。
男装の姉さんのシナリオしかクリアしていないので…

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 01:14 ID:5kujdWSX
FF5好きだったな。SFC買ったとき一番最初に買ったソフトだ。
GJ。

SFCのトラバースと、その関連作(チャランとポランが出てくるとかいうやつ)きぼんです。

334 :ブレス4のひと:04/03/18 01:17 ID:+9cnj19R
>>266の続き。宣言通り今日のカキコで終わりです。
終章 うつろうもの
第12部 旅の終わり/第13部 神とヒトと
エリーナと再会できたものの結局は何もできず悲嘆に暮れる一行。だが、まだ
旅の目的がすべて果たされたわけではない。皇城にいるはずのリュウの半身と
会わなければならないという目的がまだ残っている。

悲しみを振り切りアスタナ基地を出た一行は、皇都に向かう途中の、先に封鎖
されていた場所にいた帝国兵からルーン将軍が残存兵力を集め皇城に攻め入った
という話を聞き、急ぎ後を追うことに。

呪いにまみれたソマの森を迂回しついに皇都に辿り着く。皇都は既に魔物の
巣窟と化しており、並み居る魔物を蹴散らしながら皇城の城門に辿り着くと、
そこにはフォウルが放ったアーターが待ち構えていた。

皇城の守護獣だけあって強力な冷気を放ち襲い掛かるアーターを撃退すると、
城門の脇には既に息絶えた兵士達と傷ついたルーン将軍が横たわっていた。

アースラは育ての親も同然のルーン将軍の手当てをする。そんなアースラに、
自分の後継を頼む、これからは自分のような老いたものでなくお前や仲間達の
ような若い者が切り開いていくべきだ、と語り皇城に行くように促す。

そして皇城に踏み込む。入口から先にはなんと道がない。すると先に倒したはず
のアーターが現れ、この先に半身であるリュウを導くように命ぜられている
と言い、一行を背中に乗せ城の内部へ導く。
表にいたものよりも強力な力を持った魔物達や、封印の守護者「ドラゴニュート」を
退け、各所に施された封印を解きながら最下層へと向かう。

335 :ブレス4のひと:04/03/18 01:18 ID:+9cnj19R
>>334の続き

最下層の玉座。そこには皇帝の正装でリュウの到着を待つフォウルが鎮座していた。
殺気立つ仲間達を衝撃波で吹き飛ばし、リュウと向き合うフォウル。
とうとうひとつの神となる時が来た、と語りフォウルは玉座の奥へと姿を消す。

意識を取り戻した仲間達と共に玉座の奥へ向かうリュウ。そこには、アルカイの
神殿と同じような召喚の儀式の間が広がっていた。

フォウルと二人向き合うリュウ。ひとつの神として力を完全なものとして、
世にはびこるうつろうものどもをすべて抹殺してしまおうと語りかける
フォウルの提案を撥ね付けるリュウと、仲間達を見たフォウルは閃く。
後ろのあやつらが邪魔なのだと。

フォウルはリュウに圧倒的な力で襲い掛かる。ただ防戦一方のリュウ。
そして、おまえが盾にならねば後ろの者どもは消し飛ぶぞ、と神の業
「エバーホワイト」をリュウに撃ち込む・・・!

「エバーホワイト」を辛くも凌ぎきったリュウ。だが満身創痍。そこに
仲間達が駆けつけ、癒しの術をかける。

ニーナは語りかける。なぜそれほどにヒトを憎むのか?ヒトは今は貴方が
思うように愚かで浅ましく傲慢な生き物かもしれないが、それでも成長して
いけるはずだ、と。

フォウルは答える。自分を召喚したものも同じことを言った。だがそいつらが
やったことは自分を皇帝にすえて世界の覇権を取ることだけだった。今も
さほど変わりはしない。そんなヒトどもに生きる価値など有りはしない、と。

そしてリュウに語りかける。
おまえが見てきたヒトは愚かしい生き物ではなかったか?
おまえが見てきたヒトは傲慢な生き物ではなかったか?
おまえが見てきたヒトは浅ましい生き物ではなかったか?
自分とひとつになり、ヒトを滅ぼさないか?

そして、リュウは、その問いに答える。

336 :ブレス4のひと:04/03/18 01:44 ID:ah/fNAHe
>>335の続き 便宜上フォウルEDということで。

リュウは、フォウルの言葉を否定しきれない。確かにフォウルの言うような
人間もいたが、だが皆がそうでもなかった。だが・・・

そのとき、リュウの体が光に包まれ、フォウルの中に取り込まれていく。
そして、フォウルはこれまでよりも一層神々しい存在になった。

そこにいるのはフォウルでありリュウ。だが、その心も、体も、力も、その
すべてがフォウルの支配するところとなっていた。

フォウルは語る。これから世を、ヒトを、滅ぼすと。
その前に、手始めに貴様らを始末する、と。
そして、究極の竜「アンティマ」へと姿を変える。

させじと徹底抗戦を図るニーナ達。だが、アンティマのすべてを超越した
力の前には為す術もなく、次々に倒れていく。

そして、彼女らは二度と立ち上がることはなかった。


飛び立つアンティマ。世界の粛清が始まる・・・

337 :ブレス4のひと:04/03/18 01:59 ID:ah/fNAHe
>>335の続き こちらは本EDへの流れ

リュウには分からない。フォウルの言うようなヒトもいたが、そうでないヒト
もたくさんいることを知っている。
ここまで来てくれた仲間達、旅を支えてくれた人たち。

その人たちを思う。世界を思う。

ニーナは、この世界が好きだといった。自分も好きなのだと思う。

心は決まった。

リュウは差し伸べられたフォウルの手を払う。

半身であるはずのリュウ、通じ合っているはずのリュウの心が分からないフォウル。
ならば貴様ごと消してやろうではないか、とタイラントを召喚し襲い掛かる。


決死の戦いでタイラントを退けたリュウ達。
ならばとばかりに、フォウルは自らを真スピリチュアルへと変え最後の決戦を
挑む。

数々の神の業を繰り出し怒涛の攻めを繰り出す真スピリチュアル。
これまでの戦いで培ってきた力と技で立ち向かうリュウ達。


決着。竜変身も解け地に崩れ落ちるフォウル。
ヒトに、世界に迷いを抱いていたのは自分であったのだと語りだす。

その時、フォウルの体が光り輝きリュウの中に流れ込む。

338 :ブレス4のひと:04/03/18 02:12 ID:ah/fNAHe
>>337の続き
神々しい気をまとったリュウは語る。自分はリュウでもありフォウルでもある、と。
そして、融合したことでお互いの真なる想いを知り、為さねばならないことがある、と。

それは、世界から神を捨て去り、そして自らも神の力を捨てること。

祭壇で神の力のすべてを解き放ったリュウは、その力で世界中に散らばる
すべての竜を世界から追い出す。そして、リュウも力を失いただのヒトとして
生きる決意をする。


だが、マスターの中にいたディースは世界の行く末をマスターと共に見守るために
留まるといい、マスターもそれを歓迎する。

為すべきことは終わった。さぁ、帰ろう。


アースラは皇都に残り、復興の支援と行方知れずになったルーン将軍の捜索に
あたるという。もう敵同士ではないから、とクレイとアースラは固く握手を交わす。

そして、アースラと分かれた一行は、故郷である東の大陸へと向かう。

ヒトは竜が、神がいなくともやっていける。
きっと、そうにちがいない。





アスタナ基地の屋根の上、神の気配が消え行くことを察知したユンナ。
彼はほくそ笑む。

神がいなくなったのであれば、自分が神を作ればいい。
そう呟いて・・・。

339 :ブレス4のひと:04/03/18 02:22 ID:ah/fNAHe
長らくお付き合いいただきましてありがとうございます。
消化不良な点、納得いかない点もおありでしょうが、ゲームとしてはこれにて
閉幕です。

ここからは余談。
先に書いたフォウルEDですが、このときの一行VSアンティマにおいては
プレイヤーはアンティマを操作し一行をなぶり殺しにします。
・一行の攻撃はほとんど効かない・自分を攻撃対象に選ぶことはできない
・毎ターン最大HP分自動回復
といった理由でどうあがいても負けることはできません。

本ED文中で「真スピリチュアル(便宜上)」というのは、一応ゲームでの
名称は「スピリチュアル」なのですが、フォウル操作時に変身できるスピリチュアルと
区別するために真をつけさせてもらっています。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 02:34 ID:z1WzGtxR
乙。ユンナの野郎は放置で終わるのか。後味悪いな

341 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/18 04:04 ID:of4baCon
●第17章「グラの落日」
アリティア奪還後、マルス達はアカネイアの王都パレスを目指した。
しかしその行く手には同盟国グラが存在する。
グラは先の戦争でドルーアに加担、ジオル王は同盟軍に討たれ一旦滅亡している。
戦後、アカネイアのハーディン皇帝は
ジオルの娘であるシーマ姫を王位につけグラを復興させた。
グラの民衆はシーマを熱狂的に支持し、宿敵アリティアを倒すために兵に志願した。
しかし、夢は破れた。アリティア軍が迫る中、グラの兵士達は逃げ惑うのみであった。

シーマは、ハーディンが自分を傀儡としてグラの民を支配しようとした事は判っていた。
それでも彼女は「私を信じてくれる民を見捨てる訳にはいかない」と
国家と最期を共にする事を選ぼうとしていた。
彼女の傍には、先の戦争で同盟軍に参加した傭兵サムソンが付き従う。

# マップに配置されている兵士のステータスを見るとグラ兵とアカネイア兵が混ざっている
# 自発的に攻撃してくるのはアリティア兵のみ。グラ兵は逃げようとする
# シーマに接敵する前にグラ兵と戦わなければ、彼女の信頼を得て仲間にできる
# その後サムソンも仲間にできる

●第18章「峠の戦い」
アリティア軍は無用な戦いを避けるため、アドリア峠の突破を敢行。
ここは予想外のルートのはずで、越えた先にはパレスがある。
しかし、峠にてオレルアンの狼騎士団の攻撃を受けてしまう。
# 第一部で仲間になったザガロ、ビラク、ウルフ、ロシェも参加している
# しかしハーディンを信じ切っているのは先の3人のみで、ロシェは幾分疑っているようだ

# 途中の村でオレルアン王(ハーディンの兄)が待機している
# 彼は狼騎士団へ撤兵命令を出し、マルスに命のオーブを託す

●第19章「最後の決戦」
遂にパレス市街地に辿り着いたマルス達。
直前に知らせが入る。「パレスにてクーデター発生、首謀者は聖騎士ミディア」
しかしそれは失敗に終わった。賛同者の処刑は時間の問題と思われた。
アカネイア軍対アリティア軍。グルニア遠征から1年を経て、最終決戦が始まる。
# 前章でロシェを倒していなければ途中の村で仲間にできる

制圧後。城の前でアカネイアの司祭ボアが倒れている。瀕死の状態だった。
彼はこの2年間、ハーディンとニーナの間に何があったのかを語る。

戦後、アカネイア再建のためには王を迎えなければならなかった。
それに相応しい人間は現在の世にふたりのみ。
オレルアンの王弟ハーディンとアリティアのマルス王子。
ニーナ姫に最終決定は委ねられ、彼女は
「マルス王子はシーダ姫が悲しむから駄目です」と言い、ハーディンを選んだ。
ハーディン自身は前々よりニーナに忠誠を誓う立場であり、今回の婚姻を喜んだ。
しかしニーナの心はグルニアのカミュ将軍にあった事はボアも知っていた。
緘口令を敷いた事によりハーディンには知られなかったが、
彼もそのうちにニーナの心が自分にないと気付いた。
そこを商人に化けたガーネフに突かれ、闇のオーブを渡されてしまった。
失意のハーディンが闇のオーブに支配されるのは当然の成り行きだった…。

ファイアーエムブレムを持ち出した事を咎められたニーナは
ハーディンに軟禁されていた。しかしボアが密かに連絡を取っていた。
それに気付いたハーディンはボアを斬りつけ、ニーナをガーネフに渡してしまった。
「ガーネフは暗黒竜の復活のためには高貴なシスターの血が必要なのだと言っていた…」

342 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/18 04:06 ID:of4baCon
>341 17章の
# 自発的に攻撃してくるのはアリティア兵のみ〜
てのは、当たり前だが「アカネイア兵のみ」の間違い。

●第20章「暗黒皇帝」
パレス市街を占領したマルス達。市民は彼らを解放者として迎えた。
そして今、マルスは最後の命令を下す。
「アリティアの勇者達よ!全軍、パレス城へ突入せよ!」
城内では聖騎士ミディアの処刑が間も無く行われようとしていた。

ハーディンは言う。
「アンリの子孫と言うだけで炎の紋章を継ぎ、同盟軍の盟主に祭り上げられた。
マルス、俺は貴様がずっと憎かったのだ。オーブなど関係ないわ!」
果たしてこれは本心なのか。彼を打ち倒したなら、いまわの際に正気に戻り、
ニーナを最後まで愛していたと遺す。ハーディン撃破により、闇のオーブ入手。
制圧後、奥から4人のシスターが駆け寄ってくる。レナ、マリア、エリス、ニーナ。

※オーブが5つ全て揃っているかで分岐

→揃っている場合
ファイアーエムブレムにオーブが吸い込まれ、封印の盾が完成。
すると盾が光り輝き、4人のシスターに光を浴びせる。
「封印の盾が完成したか!くそ、暗黒竜の復活を急ぐのじゃ!」
ガーネフの声と共に4人のシスターは闇の司祭に姿を変え、ワープで逃亡。
囚われた事が確定した姉エリス達の事が気になるマルスだが、そこにガトーがやってくる。
「地竜が目覚めつつある。マルスよ、再び地竜を闇に葬るのじゃ!」
→第21章へ

→揃っていない場合
4人のシスター(少し顔色が悪い)達は「自分達がガーネフを滅ぼした」と告げる。
ニーナは言う。
「マルス、あなたは国にお帰りなさい。そして遺された時間を精一杯生きるのです。
あなたの名はこの世界に人がある限り、決して滅びる事はないのだから」
→何事もなかったかのように普通にエンディングへ

343 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/18 04:10 ID:of4baCon
(第一部「暗黒竜と光の剣」と第1章〜4章はまとめサイト収録済)
第5章〜8章>103
第9章〜第12章>213-214
第13章〜第16章>278-280

封印の盾を完成させられなかった場合、20章でエンディング逝き。
以前「バッドエンディング」と書きましたが、
作中では直接的にバッドである表現はありません。
# おそらくは近い未来に暗黒竜が復活して人間の世界は滅ぶんでしょうけど
第一部EDと同じく普通に戦績レポートが流れて終わりです。BGMはマイナー調。

残りは、盾完成時のみプレイできる21章と22章です。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 04:48 ID:sSBGtiTD
オッツー!(・∀・)bイイヨイイヨー

345 :バテンの人:04/03/18 05:53 ID:z2vJRlIn
申し訳ない…リアル事情が立て込んでいて全然続きが書けません。
なにぶんゲーム機を起動できる状況にないものでして…。
目の前の事情が片付いたらまた続きをやります。スマソ。

ちなみに、スキをぬって記憶だけでロマサガ3・1を書いてたのは秘密です。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 08:09 ID:x1M0ylDH
>307
昔のゲームだし、大したストーリーは無いよ。
大臣が他国の王に内通して、王子だった主人公は追われるはめに。
追い詰められた塔の頂上で、ドライアドから魔物と契約できる指輪をもらう。
魔物が封じられた石像を解放し、魔物を配下に加えつつ塔を降りる。
裏切った大臣を倒す。

大臣の死に際の話によれば、遠くの騎馬民族が攻め寄せてきており
無能な主人公の父ではどうにもならない。
強力な王者に率いられた強力な国が必要なので、裏切ったらしい。
塔を出た主人公は、大臣と計らって攻めてきた王も倒す。

騎馬民族の方がどうなったかは忘れた。
後日談の中で、撃破したんじゃなかったかな。
やむを得ずに戦ったのだとはいえ、魔物を率いて人間と戦った主人公は
血に染まりし王、緋王と呼ばれた、とかなんとか。

数十年が経ち、老人となった主人公は国を治めるのに疲れて、
ドライアドに連れられて妖精の世界だかなんだかに去る。
途中で会ったのが2のヒロインのミィルレイだったかな。

全体的に記憶があやふやだが、まあこんなところか。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 09:31 ID:BFip5ml4
悪評高いデビルメイクライ2逝ってみたいと思いますが如何でしょう。
とりあえずプロローグです続きは反応次第で。

その前にプレイヤーキャラ。
ダンテ:主人公。銀髪碧眼の大悪魔の息子。今回やたら無口。熱くない。悪魔と遭っても口きかない。
    無表情だし。ひょっとして違うヒト?武器は大剣(リベリオン。アラストルorフォースエッジは…?)
    銃(エボニー&アイボリー。何故かこっちは変更なし)あとショットガンとかry
ルシア:今回のヒロイン。赤ッ髪の顔黒姐さん。声が怖い。武器は双剣(カトラシア)、体術、スローダガー、
    使えない爆弾。

では逝きます。

かつて―悪魔がこの地上を覆い尽くしていた暗黒の時代 
人々はなす術もなくただ悪魔に蹂躙されるのみであった
だが人々の祈りを受けて 一人の悪魔が立ち上がった
その悪魔―スパーダは自らと同じ名の剣を振るい
魔性の者を切り伏せていった
そして今 スパーダの伝説が―その息子によって受け継がれる
彼の名は―ダンテ

深夜の美術館―明かりの落ちた展示室。「神と魔の溶け合う島」デュマーリ島の祭祀長
(護り手)であるルシアは、デュマーリの重要な遺物「コインのアルカナ」を手に入れる為、
また「ある男」を待つ為にそこに佇んでいた。が、魔力による世界支配を企む
国際企業「ウロボロス社」のCEO、アリウスが差し向けた悪魔「ピュイア」によって
コインは奪われ、ルシア自身もまた危機に陥る。あわやというその時、
天窓を破って一人の男が飛び込んできた。男は凄まじいほどの二丁拳銃の早撃ちで、地面に降り立つ前に
一群のピュイアを全て片付けてしまった。この凄腕の悪魔狩りこそが彼女が待っていた男「ダンテ」だった。
「呼び出したのはお前か」
足元に落ちたコインを、弾いて投げよこしながらダンテが問う。
ルシアはそれに答えず振り向きざまにナイフを投げた。
「また会いましょう―英雄スパーダの息子さん」
彼女は立ち去り、ダンテもまたその場を後にする。
突き立ったナイフは壁のプレート―デュマーリの地図を示していた。

348 :347:04/03/18 09:34 ID:BFip5ml4
スマソ。アクションでこれは長すぎだわ。あと四行位で最後までまとめるようにするよ。



もしリクエストがあったらの話。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 11:13 ID:aXoROkQD
アンティマ→アンフィニじゃなかったっけ?
インフィニティをもじったんだろうね
ちなみにアンフィニになった状態で自殺すると
ニーナが「リュウ…?」とつぶやく…
が、それだけ(w ゲームオーバー。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 12:09 ID:8ccaXzKS
>341
17章のところに
「シーマを仲間にした後なら、グラ兵を虐殺しても何の問題もない」
を付け加えて欲しい。是非w

351 :ブレス4のひと:04/03/18 13:58 ID:xaRj1dgz
>>349
アンフィニは3のカイザー変身用ジーンですぞ。アルティメットのもじりで
アンティマなのかと。
で、こっちとしてはどうやって死ぬのか聞きたい。アブソリュート1(全体の
HPを1にする技)は自分にかけられたっけか?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 16:29 ID:R0geZFg+
>347
そんなとこで止めるな〜 いや、長くてもいいっす。
続きからEDまでよろしく頼んます。

あと2の後に、もし余裕ありましたら簡単でいいので1の続きもやってもらえませんか。
途中中断されてるので気になって。


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 17:18 ID:dEdMU5Tj
>>351
今やって確かめました。暇人とか言うな。
「アンフィニ」が正解。2でも出てたし、伝統なのかも。

死ぬ方法…アイテムを使う。
レインボーorドラゴンブレードを使って攻撃力を最大まで上げ、
「覇王のよろい」を使用し気合ため。
2回防御し気合が3になったら自分を通常攻撃。
クリティカルが出れば死ねる。

354 :ブレス4のひと:04/03/18 18:43 ID:5EKWg+Iz
>>353
ありょ、わざわざ申し訳ない。見間違え→思い込みコンボってヤツですな。
ペイルライダー(3章の皇帝墓所抜けたシーンで追記した、ラスボスより強い
ザコのこと)倒せないと実行できない方法でないと自殺できないんか・・・
やってみるか。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 20:48 ID:4hgxl66S
>>346
ありがとうございます。
なんか主人公が哀しいですな。

356 :真女神転生:04/03/18 22:18 ID:vUQ8hDpL
(>>128-132の続き)
ヒーローは満月になると頭痛とともに女の声が聞こえる、という症状に悩まされていた
サイコダイバーに話を聞くと、それはヒーローと深い部分で繋がった人物が危機的状況にあるからだという

新宿の南、渋谷の街に行くとメシア教徒の待望の星「メシア様」の話が聞ける
しかし、メシア様の精神に悪魔がとりついてしまったらしい
そのためメシア様は軟禁されていると言う
メシア様が居るという部屋に行く
そこで縛られている「メシア様」はヒロインの少女に瓜二つであった
ヒーローの頭痛の原因はメシア様にあったようだ

メシア様を救うために新宿の街に戻り、サイコダイバーに助力を請う
助けてくれたお礼に、と協力してくれるサイコダイバー
彼の力でメシアの精神へ行き、とりついた悪魔を倒す

「生まれ変わっても、あなたのことだけは忘れなかった…」
どうやらメシアはヒロインの転生らしい
新生ヒロインはメシア教を捨てヒーローの仲間に加わる

357 :真女神転生:04/03/18 22:19 ID:vUQ8hDpL
六本木の街も新宿と同じく悪魔が出現しない
人々の話によると、街の支配者「赤おじさん」と「黒おじさん」のおかげらしい
おじさんたちは「壷」を怖がっていると言う情報を聞き、街に隠されていた「脇見の壷」を手に入れる

六本木の街はヒーローの幼馴染の少女が囚われていた
30年たっても姿が変わらない幼馴染
彼女は赤おじさんと黒おじさんの力で動いている「ゾンビ」だという
自分だけでなく、街の住人は全てゾンビらしい
そして自分がゾンビであると気付いてしまった幼馴染は牢に囚われたらしい
「人間として死にたい」と頼む幼馴染を「反魂香」の力で成仏させる

街の中で「アリス」という少女に会う
彼女の紹介で赤おじさんと会わせてもらえた

「アリスが何不自由なく暮らせるように街を造り、悪魔が入ってこられないように結界も張った」
赤おじさんはアリスのためだけにこの街を造ったと言う
そこへアリス登場、「ヒランヤが欲しい」とねだってくる
ヒランヤをあげるヒーロー、喜ぶアリス

次は「死んでくれる?」とトンデモないことを言ってきた
もちろんNOと答えるヒーロー、アリスは泣き出す

「おじさんがアリスの願いを叶えてあげよう」
赤おじさんは「魔王ベリアル」の本性を現し、ヒーローに襲い掛かってくる
しかし、ヒーローの持っていた「脇見の壷」に吸い込まれ、封印されてしまった

だが「ゆりこ」が現れてベリアルの壷を奪われてしまった

赤おじさんが消えてしまい、泣き出すアリス
彼女は消滅してしまった、やはりアリスも死人だったようだ

「ベリアルもわたしも、あの子の笑顔が見たかっただけなのに」
今度は黒おじさんが登場、アリス奪ったヒーローたちに怒り、襲い掛かってくる
ロウヒーローにかばわれてヒーローたちは無事だったが、ロウヒーローの魂が奪われてしまった

少年の仇「堕天使ネビロス」を倒すヒーロー
アリスの友人として死体を動かし、アリスのエネルギーとして多くの魂が必要だったらしい
二人の大悪魔がなぜアリスという少女に執着したのかは謎だ

ネビロスに勝利すると、ロウヒーローの魂があらわれる
「おかげで僕の魂は解放されました、ありがとう…」
神の使いがあらわれ、勇敢なロウヒーローの魂は天界へ送られるという
パートナーの少年は死んでしまったが、その魂は救われたようだ

358 :真女神転生:04/03/18 22:21 ID:vUQ8hDpL
赤黒おじさんの封印していた六本木地下道へ行ってみる
そこで車椅子の科学者「スティーブンと」会う
彼に悪魔召喚プログラムをアップデートしてもらえた
大破壊を無事に生き延びただけでなく、姿が30年前から変わっていない
どうやら彼も普通の人間では無さそうだ

地下道を抜け銀座へ
銀座では井の頭公園の老人と再会した
困ったことがあったら会いに来いと言う

銀座から品川へ
品川はメシア教徒の街
情報を集めると、神が統治する「千年王国」の土台として「カテドラル」の建設が進められているらしい
品川では死んだハズのロウヒーローがメシアとして祭り上げられているらしい
「僕は神の奇跡により復活したのです、そして千年王国の理想を聞かされました」
彼は法の神側のLAW陣営についたようだ
そしてカテドラル建設を阻む悪魔エキドナの話を聞かされ、エキドナ退治を依頼される

地下道へ引き返すとカオスヒーローと会う
「池袋方面には近づくな」と忠告して去っていく
忠告を無視して池袋へ行くヒーロー

「来るなって言ったろう、俺の手でお前を捕まえたくなかったんだ」
ヒーローは捕らえられ、「巣鴨プリズン」へ連行される

巣鴨プリズンでは閻魔大王こと「ヤマ」がLAW側の罪人を裁いているらしい
カオスヒーローはヤマのもとでCHAOS陣営の一員として働いているようだ

ヒーローにもヤマの裁きが下される
罪状は「古よりの契約を無視し、召喚プログラムを用いて悪魔を使役したこと」だと言う
しかし、その「悪魔使い」としての腕を買って、「カテドラル完成を阻む協力をすれば無罪放免」と司法取引をもちかけられる
(承諾すれば放免、拒否すれば投獄されることとなる)

投獄されたヒーローだが、カオスヒーローの助けにより脱獄する

「上野方面に行こうなんて考えるなよ」と再び忠告を受ける

門番のニオウと交戦することになったが無事脱出
ついでにヤマも始末する
「ヤマを殺したのか…こいつも大した悪魔じゃなかったってことだな」
敗者には厳しいカオスヒーロー

359 :真女神転生:04/03/18 22:22 ID:vUQ8hDpL
再び友人の忠告を無視し上野へ行くヒーロー
上野にはCHAOS陣営ガイア教の総本山があるようだ

地下街を歩いていくとルイ・サイファーなるスーツ姿の紳士と出会う
ヒーローに会わせたい人がいると言って、ゆりこを連れてきた
「わたしがあなたのパートナーになるはずだったのに…
 わたしのものにならないあなたなら、いないほうがマシよ!」
と言い、悪魔「リリス」の本性を現す
しかし、「やっぱりあなたとは闘えない」と言い、去っていってしまう
ルイ・サイファーもヒーローに謝罪した後去っていった
上野のを巡り守護者の邪龍ラドンを倒し「金の林檎」を手に入れる

邪神エキドナのいるという東京デスティニーランド(TDL)へと赴く
TDLの入り口には狂ったように吼えるケルベロスがいた
金の林檎の力で正気を取り戻すケルベロス
彼はあのパスカルと合体したケルベロスのようだ
彼を仲魔に加えエキドナに会いに行く

TDLの中でカオスヒーローと会う
「俺にもパートナーができたんだ」
パートナーの名は「りえ」というらしい

浮かれるカオスヒーローは放っといてエキドナへ謁見
「かつて神により多くの神が魔界に落とされ"悪魔"とされた
 そして人間と悪魔がともに栄える黄金時代は終わりを告げた
 その悲劇を再び繰り返してよいものか」
CHAOS陣営へ誘われる主人公
(ここでの選択で主人公の最終属性が変化し、エンディングが変わる)

360 :真女神転生LAWエンド:04/03/18 22:23 ID:vUQ8hDpL
→LAWルート
エキドナの頼みを断り、これと交戦、撃破
エキドナを始末したことを品川のロウヒーローに報告しに行く
品川の大聖堂で天使ハニエルが降臨する
「これからも神のため、千年王国のため力を尽くしてくれ」
ハニエルに従うヒーロー

品川から「カテドラル」への橋がかかる
カテドラルの入り口にはロウヒーローが居た
「このまま神のおいでを待つわけにはいきません」
といい、東京を守護する「四天王」を倒して来いと言われる

東京の守護神を倒すヒーロー
守護神が消え、東京を神の起こした「大洪水」が襲う
悪魔により汚れた東京は浄化されたが、カテドラルにCHAOSの悪魔が入り込んでしまった

都庁で魔王「ラーヴァナ」と闘っている魔神「ヴィシュヌ」の力を借りることにする
ヴィシュヌと協力し、ラーヴァナを倒し、カテドラルへ

CHAOSの悪魔を排除するため、天使「セラフ」達を仲魔にする
そして彼らを合体させ、CHAOSの大将「アスラ王」の間への道を開く「エンゼルリング」を手に入れるヒーロー

CHAOSの大物悪魔たちを殺しながらカテドラルを下る
アスラ王の部屋の目の前でロウヒーローがカオスヒーローに殺されていた
「見ろ!力なき正義の最期だ!まるで昔の俺を見ているようだ」

ロウヒーローの敵を討つヒーロー
「俺は神をも凌ぐ力を得たはず…」

カオスヒロイン「りえ」に扮していたリリスも倒す

そしてアスラ王の間へ
「ハッハッハ!とうとうやって来たか、神のために闘う勇者様よ!」

アスラ王を倒す

神のために働き、CHAOSの悪魔を倒したヒーローたちの前に神の使いが現れる
「君たち二人が皆を救ってやらねばならない…救世主として
 その時こそ始まるだろう、未来永劫、終わることのない至福と喜びに満ちた世界…
 神の統治による永遠の楽園…千年王国が!」

-真女神転生LAWルートEND-

361 :真女神転生CHAOSエンド:04/03/18 22:25 ID:vUQ8hDpL
→CHAOSルート
エキドナの頼みを受け入れ、品川の天使ハニエルを倒す
TDLよりカテドラルへの橋が架かる
カテドラルに入ると、カオスヒーローに「四天王」を仲魔にして来いと言われる

四天王を仲魔にするが、東京の守護が欠けたため、神の洪水が起きてしまった
カテドラルを乗っ取るために悪魔ラーヴァナの力を借りる

カテドラルを下り、ルイ・サイファーに会う
「西の島に魔王ベルゼブブが来ている、仲魔になってもらえば心強かろう」
最強の魔王ベルゼブブを仲魔にする

アスラ王の間の前でカオスヒーロー&カオスヒロインが現れる
カオスヒロインはリリスの正体を現し、主人公にベリアルの壷を渡し去っていった
「あなたのパートナーになりたかった…もう二度とあなたの前に現れないわ」

そしてアスラ王に会う
LAWの総大将「ミカエル」に会うためには「デビルリング」が必要だと言う
CHAOSの魔王たちの力を借り、デビルリングを作成

カオスヒーローがデビルリングを装着し、ミカエルの間への扉を開く
デビルリングの力でアッサリと開く扉、狂喜するカオスヒーロー
しかし次の瞬間リングの力に耐えかね絶命してしまう

「力のみを追い求めた者が憐れな最期を迎えたようですね」
冷酷に言い放つロウヒーローを倒しミカエルの間へ

「神の手を拒み千年王国に立ちふさがる…この偽救世主め!」
ミカエルを倒すヒーロー

そこにはルイ・サイファーがいた
彼こそがかつて神に反逆して魔界へ堕とされた魔王ルシファーであった
「混沌こそが世界の姿だ!しかし、法の神はまだ滅びていない
 彼こそ真の破壊者であり、世界に沈黙をもたらす者だ
 私も彼の一部に過ぎない、これが何を意味するか、よく考えるがよい」

-真女神転生CHAOSルートEND-

362 :真女神転生NEUTRALエンド:04/03/18 22:26 ID:vUQ8hDpL
→NEUTRALルート
エキドナを倒し、ハニエルも倒したヒーロー
井の頭公園の老人へ会いに行く

「カテドラルはLAWのミカエルが完成させようと、CHAOSのアスラ王が奪い取ろうと、お前たち人間には幸福はもたらさない」
謎の老人がカテドラルへの道を開いてくれた

カテドラルに入ると、ロウヒーローとカオスヒーロー、かつての仲間に罵倒される
「LAWでもCHAOSでもない道など幻想に過ぎません」
「調和やバランスなんてものは、いつか崩れるためにあるのだ」

そして東京を神の怒り「大洪水」が襲う
LAWとCHAOSの雌雄を決するため、二人の少年も各陣営へ戻る

カテドラルを上り、天使を倒しミカエルの間へ
ロウヒーローと対決し、勝利する主人公
「僕は再び死ぬのか…僕は神に選ばれし魂ではなかったのか…神に捧げられし…
 そうか…僕は生贄にすぎなかったのか…」

そのままミカエルを倒す
「神よ…あなたをお迎えすることかなわず…おゆるしを…」

今度はカテドラルを下り、魔王たちを倒していく

アスラ王の間の前でカオスヒーローと対決し、撃破する
「結局お前には勝てなかった…俺は力を手に入れたはずなのに…
 これは夢だったのか…悪い夢…いや、いい夢だった…」

カオスヒロイン「りえ」がリリスの正体を現し、襲ってくるが、これを倒す

ヒーローの前に井の頭公園の謎の老人が現れる
彼は道教の神「太上老君」であった
「お前の戦いももうすぐ終わるだろう」

そして最後の悪魔アスラ王と闘う
「友の屍を乗り越えてきただけあっていい面構えをしているな!」

アスラ王を倒すヒーロー
「もう少しで…カテドラルを手中に収め…大魔王ルシファーにも一目置かせ…」

東京からLAWもCHAOSも消え去った
太上老君がヒーローに言う
「神の統治による千年王国…混沌の生み出す世界…どちらが勝ってもいけない
 人の未来は、神や悪魔に頼らず、人間の手で作る」

「感じるか?世界を…宇宙を…
 お前たちはその一部であり、また全てでもある
 法も混沌もその中に含まれるのだ」

『感じる…
 全ての存在との繋がりを…
 素粒子の振動も、銀河のうねりも…
 ヒロインの胸の鼓動も、みな…』

-真女神転生NEUTRALルートEND-

363 :真女神転生:04/03/18 22:31 ID:vUQ8hDpL
終わった〜

・蛇足
ヒーローがどのルートを辿っても「真女神転生II」へと続くことになる
(真Iと真IIの間を描く作品が「真女神転生NINE」)
ヒーローは新たな東京でコロシアムの闘士となり、初代チャンピオン「ザ・ヒーロー」として名を馳せることになる

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 22:54 ID:QkRU+raJ
>真女神転生の人
乙でした。懐かしいなー…小学生だった当時、タイトル画面で半泣きして
エコービルからのワープ先でウロウロしてるゾンビにマジ泣きしたっけ

365 :デビルメイクライ2:04/03/18 23:36 ID:NzrPv2iL
街の北。デュマーリに降り立ったダンテ。彼のいる時計塔から街の南に建つ古い屋敷が見える。
ダンテは足を踏み出し、塔の上からダイブする。常人では即死の高さを難なく飛び降り、駆け出した。

一方街の南では、ルシアが時計塔の音に耳を傾けていた。これからあそこにある「剣のアルカナ」を
手に入れねばならない。人気のない、悪魔であふれた街を進み、時計塔を登る。最上階には双頭の悪魔
「タルタルシアン」が待ち構えていた。巨人の鉄球をかわし、仕留める。
そうして剣のアルカナを手に入れたルシアもダンテと同じく、目も眩むような高みから身を躍らせた。
屋敷に戻ったルシア。そこにダンテがやって来る。二人が再び会いまみえた瞬間、辺りを爆炎が包んだ。
ルシアを抱え、高台へと逃れるダンテ。ダンテの肩越しにルシアが目にしたのは、無残な屋敷の残骸だった。

「マティエは?−マティエ!マティエ!」母マティエの身を案じてルシアは煙の燻る中を探し回る。
が、彼女は床下の地下道に身を隠し、無事だった。マティエはかつてこの地でダンテの父スパーダと共に戦った
ことを話し、この島を悪魔の島に変えたアリウスとその背後にいる者を倒してくれと頼む。
懐からコインを取り出し、ダンテは指先でそれを弾いた。表だ。
「―いいだろう」
ダンテはマティエの依頼を受けると決めた。
「全てが終わったら、親父さんの昔話でもしてやろうじゃないか」
マティエの声を背後に地下道へ姿を消すダンテ。
地下墓地からダウンタウンを抜け、港へアッパータウンへ達したダンテの頭上を
ウロボロス社のヘリが行く。ヘリを追い、ダンテは海上の油田採掘場へと向かった。

366 :デビルメイクライ2:04/03/18 23:37 ID:NzrPv2iL
一方ルシアは、「杯のアルカナ」を手にする為遺跡へ向かう。
ダウンタウン、港を抜け、アッパータウンへ。そのときルシアの頭上をヘリが横切る。
「あれは―」呟いてルシアはヘリを追う。海上油田採掘場のヘリポートに辿り着いたルシアは、
ヘリから降り立ったアリウスと対峙する。
「ほほう  これはこれは。私の前に姿を現すとはな―できそこないが」
「でき、そこない―?」
驚くルシアにアリウスは彼女を魔術によって作り出したのは自分だと告げ、
魔王アルゴサクスと融合する為アルカナをよこせとルシアに迫る。身構えるルシアにアリウスの右腕が突き出され、
噴き出した魔力の渦に包まれたルシアは悪魔「ノクトプテラン」の巣へ飛ばされてしまう。
辛くも敵を倒し、脱出したそこは、遺跡の地下だった。
「お前もいずれは本性を現し、人に害をなす存在となる―」「受け入れろ、運命を―」
アリウスの声が脳裏に響く。
「私が―作られた―?」「私の能力は、そのためなの―?」胸に手を当て、ぽつりと呟く。
「いつしか私も  人を襲うように―」しかし次の瞬間、ルシアは決然と顔を上げた。
「それでも  行かなくちゃ―」

ヘリへ戻りかけたアリウスがふと視線を転じると、そこにはダンテが立っていた。
「ほほう―これはこれは  珍しい客人だ」
「挨拶代わりに一杯おごろうか」皮肉な言葉を投げるダンテにアリウスは首を振り、
「残念だが―安物は私の口に合いそうもない」ぱちりと指を鳴らす。
ヘリは飛び立ち、ダンテの前には悪魔「フェリアタウルス」が立ちふさがった。

ここまででダンテ:ミショーン8、ルシア:ミショーン6です。全部でダンテ:ルシア=18:13なのだが。
長くてもいいなんていうから…_| ̄|○ マジデナガスギゴメソ。
しかも板違いだし…デモドコガテキトウナノカワカンナイヨ_| ̄|○

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 01:26 ID:06zv0cCX
>365-366
いや、アクションゲーム苦手でクリアできないから助かる。続きよろ!
あ、もし次の分まで結構間が空いたらレス番つけて頂けますかね?

ところでなんかダンテ影薄い…?いや、ルシアとやらの方が出張ってるのか。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 05:58 ID:DLB9JaV9
なあ、思うんだが
リストにある田中の夢物語って
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1047112308/
↑のスレのネタなんじゃないのか?


ぐぐってみたらなんか本当にあるっぽいような取り上げ方してるサイトがあったりしたけど
訳分からん

本当にあるのか無いのかはっきりしてくれ

369 :ファイアーエムブレム紋章の謎:04/03/19 06:08 ID:wiP1sCug
>>350
それを言ったら
・カダインでエルレーンを仲間にし宝物持ちの盗賊出現後なら、
撤退していく敵を虐殺しても(ry
・撤兵命令後のオレルアン軍を倒しても(ry
 と言うかロシェ以外の名前持ちは虐殺しても一向に問題ない
とかも、経験地稼ぎの定石ではありますなw

上級者になると
・ジョルジュ弓兵隊、アストリア勇者隊出現時、隊長以外はその都度虐(ry
も可能でしょうが、正直しんどいです。素人は引っ込んでろ。

# 予定分までゲーム進んでないので今日は投下休みです。明日最終回。

370 :デビルメイクライ2:04/03/19 08:06 ID:UzxFpcO1
フェリアタウルスを倒すと同時にアリウスが仕掛けていた自爆装置が働き、採掘場は崩壊を始めた。
燃え盛る工場を脱出したダンテは、町外れの遺跡へ向かう。遺跡の最奥、アルカナの間へとたどり着くと
そこにはルシアの姿があった。
「目当ての物は見つかったか」問うダンテにうなずいたルシアの表情は何故か暗い。
自分にはこれを持つ資格がない。それに、やるべきことが出来たから、と言うルシアは杯をダンテに託し、
その場を立ち去るのだった。地上へ戻ったダンテの前に、マティエが姿を現す。
杯を渡そうとするダンテを押しとどめ、訝しむ彼にマティエは手にした「杖のアルカナ」を示すと、これらを持って
単身アリウスの元へ向かったルシアを助けてくれないか、と頼む。再びコインを取り出したダンテは
「表なら―」
それを宙に弾き、キャッチした。見守るマティエに、にやりと笑ってみせる。
「ツイてるな、婆さん」

ウロボロス社のビル、社長室。歩み寄る一人の秘書(セクレタリー)にアリウスは傲然と命じる。
「私の元に戻れ、カイ」
セクレタリーの変装を解いたルシアは、吐き捨てるようにして言った。
「私はルシア―カイなんて名じゃないわ」
苦闘むなしく、ルシアはアリウスに捕らえられてしまう。壁に貼り付けられ、殺せと叫ぶ彼女に、
あの男がアルカナを持ってくるまでお前は生かしておいてやるとアリウスは囁き、高笑いを上げた。
その背後に恐るべき勢いで投げつけられたものがある。
振り向きもせずにアリウスが避けると、壁に剣のアルカナが突き立った。
「つまらんガラクタが好きらしいな」 「アルカナか」
身を転じ、目を細めるアリウスの眼前に「そんなに欲しいならくれてやる」
ダンテは残り三つのアルカナをばらばらと落とす。嬉々としてアリウスが右手を掲げると、アルカナはふわりと浮かび上がった。
「俺はそんなモノに興味はない  それよりも―」
ダンテは背の大剣を引き抜き、重たげなそれを軽々と取り回してアリウスに向けた。
「一曲聞かせてもらおうか!」

371 :デビルメイクライ2:04/03/19 08:08 ID:UzxFpcO1
始まった戦いは、しかしダンテの勝利であっさりと幕が下りた。膝を突いたアリウスの鼻先にダンテは剣を突きつけ、
「今イチだったな」とうそぶく。
一旦は敗北したかに見えたアリウスだったが、しかし彼は何故か不敵な笑みを浮かべていた。
「貴様は私に勝てん  足手まといがいるからな」
次の瞬間、アリウスの手からルシアに向かって魔力が放たれ、宙を駆けたダンテがすんでのところでそれを叩き落す。
自分にかまわずアリウスを倒せと苦しげに囁くルシアを助け起こし、「奴は倒す」ダンテは剣を収めた。
「だが、お前も助ける」
睨み付けた視線の先で、アリウスが先程とは比べ物にならない魔の波動を放とうとしていた。

ビルの壁面が吹き飛び、ダンテはルシアを抱いて凄まじい速度で落下していく。再度の爆発が、二人を爆炎に包んだ。
が、転瞬炎を切り裂いてルシアを抱えた黒い魔人が現れ、翼を羽ばたかせてアッパータウンを飛び去った。

空間が歪み、魔界と一体化したロアータウン。
作られた魔物の私を何故助けたのかとルシアが問い、人を助けるのに理由がいるか?とダンテが答えた。
太陽が月に覆い尽くされる前に、アリウスを止めなければ。ビルに入る方法を探してダンテは立ち去った。
ダンテを見送るルシアの背後に歩み寄る影がある。振り向いたルシアはおずおずと問いかけた。
「あの、マティエ―」
ルシアの悩みを察していたマティエは自分が彼女に教えたたくさんの事、そこには血の繋がり以上に強い「絆」があると諭し、
「あんたは私の自慢の娘だ」と微笑むのだった。
ウロボロス社ビル、最上階、儀式の間。四つのアルカナによって、今まさに魔界への扉が開かれようとしていた。
流れ込む魔力を受け、哄笑するアリウスがいた。だがその時異変が起こる。
コインのアルカナが不意に震えだし、アルカナの間に満ちる魔力が弱まっていく。
驚き焦るアリウスの背後に静かな声が掛かる。「どうした。曲芸はもう終わりか?」
「貴様―!」血走ったアリウスの目に、ダンテがこれ見よがしに指先で弾いたコインが映った―金貨のアルカナ。
では祭壇にあるあれは。嵌められた事を知り、歯をきしらせるアリウス。
「偽物同士―お似合いじゃないか」その耳にダンテの声が冷たく響いた。
アリウスが怒り狂った唸り声を上げると同時に、負荷に耐え切れなくなった祭壇のコイン―すり替えられたダンテのコインが弾け飛ぶ。
宙でそれをキャッチしたダンテは着地しざまに背の大剣に手をかけた。
「―ショウタイムだ」

372 :デビルメイクライ2:04/03/19 08:12 ID:UzxFpcO1
「私の夢!私の理想!誰もなしえなかった世界の“王”の座が―!」
敗北に泣き喚くアリウスにダンテはそっけなく言った。「王か。じゃあこれで―チェックメイトだ」
エボニーとアイボリーが轟音と共に火を噴き、アリウスは壁をぶち破って落ちていった。

「アリウスを倒したのね―」元はウロボロス社ビルだった瓦礫の前で、ルシアは小さく呟いた。
「これであなたの仕事はあと一つ」
近付くダンテを背に、ゆっくりと双剣を掲げる。次の瞬間、彼女は振り返りざまにダンテに向かって切りつけた。
危うく身をかわしたダンテはルシアの眉間に銃を突きつけたが、その喉元ぎりぎりには彼女の剣が光っていた。
「私を殺して」「私はアリウスに作られた魔物。いつか人を襲うようになるかも知れない―!」
なかば絶叫するように請うルシア。
「私を殺して…悪魔を狩るのが―貴方の仕事でしょう?」
無言だったダンテがその言葉に顔を上げた瞬間、辺りを閃光が包んだ。
失敗したはずの儀式。にも拘らず魔界の門が開いたのだ。
呆然とするルシアを尻目にダンテは悠然と歩き出す。引き止めようとするルシアにダンテはあっさりと言った。
「悪魔を狩るのが―俺の仕事だ」
ならば帰ってこれなくとも構わない自分が―そう申し出たルシアの目には涙が光っていた。
「人間らしく死ねるなら、私―」そう言って泣く彼女の濡れた頬をダンテの指が優しく拭う。
「行く必要はない  悪魔は涙を流さない」「でも―!」なおも言い募るルシアにダンテはコインを示した。
「だったら、こうしよう。表だったら俺が門の中に入る―それでどうだ?」コインを投げ上げ、受け止めると
「表―だな」ダンテは歩き出した。「マティエからスパーダの話―聞かなくていいの?」背中に掛かった涙声に顔だけ振り向く。
「知ってるよ。今の俺と同じようにしたんだろ?」
言い終わると同時に、ルシアの眼前へとコインが飛んできた。
「そいつは預けとく―なくすなよ」

「ダンテ―」魔力の渦の向こうへ消えた男のことを思うルシアの前に、突然巨大な火柱が上がった。
火柱はやがて人型の魔物へと変わる。身に蓄積された魔力を暴走させた、アリウスのなれの果てだった。
雄たけびを上げる魔物に向かって、ルシアは双剣を構える。
「最後の始末は自分の手でつけろって事よね―きっと」

激闘の中、最早人の姿も保てなくなったアリウスが叫んだ。
「貴様は―人間ではない!私が作った魔物―!魔物なのだ!」
けれどもうルシアが迷うことはなかった。何故なら―
「ダンテが教えてくれた―W悪魔は涙を流さない”って!」

373 :デビルメイクライ2:04/03/19 08:15 ID:UzxFpcO1
「心配しなくて大丈夫―帰ってくるよ  スパーダの時とそっくりだからね ―何もかもさ」
W扉”の前で待ち続けるルシアにマティエが言う。穏やかに頷き、手の中のダンテのコインを見つめるルシア。
しかし次の瞬間「あ ―!」慌てた声がして、マティエは娘を振り返った。
「どうしたんだい?」彼女は答えず、コインを食い入るように見ている。このコイン…
「両方とも  表 ―!」
表だったら、俺が中に ―彼の言葉を思い出し、ルシアは小さく苦笑した。
イカサマじゃない  カッコつけて ―コインを指先で跳ね上げる。二人の上に広がる空は、突き抜けるように青かった。

いつ果てるとも知れない死闘は、遂に決着の時を迎えた。人の姿をした金色の業火―魔神アルゴサクスはその翼を折り砕かれて、
大きくよろめいた。銀髪の男がゆっくりと歩み寄ってくる。息一つ乱していない彼こそが、魔界屈指の覇王を苦痛にあえがせている男、
魔王の、現世支配の野望を打ち砕いた男―魔剣士スパーダの息子にして最強の悪魔狩り―
男の歩みは転瞬早駆けとなり、瞬く間に眼前に迫った男の刺突と、アルゴサクスの最後の力を振り絞った一撃とが交錯する。
刃の腕の一撃を、男は螺旋のように身を捻ってかわし、飛び込んできた。衝撃にたたらを踏んだアルゴサクスは、男が消えていることに気付く。
見上げれば、自分が弾いた、男の長剣がくるくると空を舞っている。辺りを見回してもその姿はない。
ふと気付き、慌てて振り向こうとしたその刹那、宙から湧き出すように現われた銀銃が魔王の鼻先に突きつけられた。
なすすべもなく見守るアルゴサクスの目の前で銃に込められた魔力が爆発的なまでに高まっていき―撃鉄が上がる瞬間、男の口元がにやりと歪むのが見えた。

赤く濁った空の下、何処までも続く血管の浮いた地面を、一筋の矢のようにバイクが行く。
「さて―行ってみるか、地獄の果てまで!」
テールランプの尾を引いて、男の姿はあっという間に遠ざかって行った。

エピローグ

誰もいない「デビルメイクライ」の店内。ルシアはコインを指先で跳ね上げてはキャッチし、
キャッチしては跳ね上げ続けている。その耳にはダンテの残した言葉が今もこだましていた。
悪魔を狩るのが―俺の仕事だ  悪魔は涙を流さない  知ってるよ  今の俺と同じようにしたんだろ?
宙で掴み取ったコインを握り締めてうつむく。
「でも―スパーダは帰ってきたわ」目を伏せたルシアの耳に、かすかにバイクの音が届いた。はっとして顔を上げる。音は次第に近付き、
やがて店の前で止まった。彼女は店の外へといっさんに駆け出していく。弾かれたコインは床で何度か飛び跳ねたあと、静かにその身を横たえた。

374 :デビルの人:04/03/19 08:33 ID:UzxFpcO1
こんなかんじー。見にくくてゴメン。駄文でゴメン。長くてゴメン。略が下手でゴメン。
最後の方なんて厨小説だよコレ(/A`) 
まぁ端的に言うと敵に関しては、戦った×いっぱいって感じで。
ストーリーに関してはルシアは自分が人造魔物であると知ってガビーン。
世界制覇を企む悪いサリーちゃんパパに人質にされて封印の道具取られてダブルガビーン。
マミーの説得にも拘らずルシアへこみっ放し。でもダンテの一言であっさり立ち直り
ダンテはなんだか知らんけど封印解けて開いちゃった魔界の扉とおってこっちに来ようとした魔王を
ブチ殺しルシアは生みの親をアボンしてメデタシメデタシってことです。
最初っからこう書けば良かったのですが、わかりにくいかな、とついつい…
ながながスレ汚しスマソで下。

コソーリ(でも口説き文句使い回すってのはないよなー
   どんなナンパ師だとシナリオ作った奴小一時間といつめたいよ…

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 08:56 ID:nmEsDE2C
>>374



何でメガテン3マニアクスでダンテのコイン賭けは表が当たりなのか解った気がした

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 11:01 ID:wajRvjkG
>374
腰が低いなw ちゃんと分かり易いよ乙。

>人を助けるのに理由がいるか?
ダンテ、ジタンかよ!と笑ってシマタ… 

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 11:23 ID:ZFpiTiNL
前作のヒロインは何処に;

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 13:24 ID:tpeCKhs1
>377
ダンテ=アドル

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 17:28 ID:krhhgLf1
>>374
乙。いまマニアクスでダンテたんに追っかけ回されてる所なんで
楽しく読ましてもらいますた

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 17:32 ID:5k03XSMY
>どんなナンパ師だとシナリオ作った奴小一時間といつめたいよ…

ワロタ。本当だなぁ。もっと心込めて口説いて欲しい。(w
それとも、一個しか口説き文句を知らないのか、ダンテ?
何はともあれ、乙でした。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 18:21 ID:0S0+6X1e
幻想水滸伝3の、各キャラのEDを教えてもらえませんか?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 18:31 ID:YFPwMiEm
EDは一つだけだよ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 18:52 ID:rCTYp+nC
デビルサマナー(ハカーズじゃないやつ)、執筆予告をしたけど
一部投下しようと思ったらいつ解けるか分からない規制(yournet)食らって
鬱…
携帯から今書いてるけど
待ってる人、ごめんなさい(´・ω・`)

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 19:03 ID:5k03XSMY
サイレントヒル2をきぼん。
頼みます、誰か・・・・出来れば詳しく。
凄く気になってるんですが、お金とプレイするだけの時間と根性がない。_| ̄|○

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 19:40 ID:YFPwMiEm
だからよ、そんなに気になるならなんでまず>>1を読まないんだ?ボケ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 21:19 ID:EJtAjyEV
>382
いや、ヒューゴクリスゲドそれぞれのEDを簡単に知りたいんです。
ルック編はもう書いてあるので。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 22:44 ID:naff+1Kc
>383
気長に待ちますw
>384
確かガイシュツだよ。

388 :デビル2を書いた人の中の人:04/03/20 01:05 ID:vMiGe/mN
ダンテのラスボスバトル最後、宙に浮いた剣がどうなるか書き忘れてたよ。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

絶望の声を残して業火の覇王は粉々に砕け散り、男は掲げた腕をゆっくりと降ろす。
(そこからカメラが思いっきり引いたあと、画面一杯の、どアップで)落ちてきた剣が
(彼の姿をちょうど隠すようにして)深々と、ひび割れた大地に突き立った。

とでも脳内補完しといて下さいごめんなさい…まぁ今更言っても後の祭りですな OTL 
デ…デビル2一番の決めシーン(ですか?一応。)を…
まとめサイトの方、もし乗っけて下さるならカッコ内の文字を取り払ってから、
ダンテのにやり笑いのあとに付け加えていただけるとありがたいです。

あと上の方にリクがあったデヴィル1の続き、一応書けますが、どうしましょう?(また長くなるよ多分…
…ってこれ前の人書いたのミショーン2までなのだが。あと21ミショーン残っているのだが。
引き継ぐならほとんど大部分を俺が書いちゃうことになるのだが…
前回から約一ヶ月。文を練って、再び投下しようと思てたのにー!いらん事すんなゴルア!
等ということはないだろうか、前の人よ…

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 01:47 ID:f8Z0+QLH
前の人も書きたいなら388が書いていようと書けばいい。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 06:31 ID:vMiGe/mN
なんじゃそりゃ。そんなのあり?

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 06:35 ID:vMiGe/mN
>390
あああ。途中で行ってしまった。そういうのって前例あるのかな?って
続けて書こうとしたのだが。わりい。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 14:36 ID:lohIqMSw
なんだなんだ、それやって逮捕でもされるのか?
どうでもいいだろ、書きたい香具師が書く。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 15:18 ID:HqeNkY4x
テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンを予約します。
いつになるかは不明。

>>381
次に漏れが来るまでに誰も書いてないようだったら書くよ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 16:38 ID:tcE5Z1Pv
HOSHIGAMIの続きいきます。
なんか、覚えてないとこ脚色したり誤魔化そうとしてたら、
ものすごくだらだらと長いものになってしまったんで
興味ない人はあぼーんしといてくれ。

395 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:40 ID:tcE5Z1Pv
 賢者リュークは、十数年前に『サーナス王伝説私論』と題した著を発表した。
その本には、精霊の信を得た英雄として祭り上げられたサーナス王が、実は人間の利益のためだけに
精霊を大地に縛り付けた背信者であったとする論が描かれていた。
著作自体はすぐさま発禁となり、回収されたが、その本が世界のあり方に疑念を抱く人々に与えた影響は
小さくなかった。もともと人間不信のきらいがあったレイマリーも、
『サーナス王伝説私論』により、「人間とは滅ぶべき存在である」という確信を胸に植え付けられた。

 リューク自身は、『サーナス王伝説私論』発表の直後に出会ったある人物の弁により、
それが間違いであったことに気づく。
その人物とは、伝説の「カーシリアスの民」であり、ファズの父(名前忘れた)であった。
彼は幼いファズを連れて旅をしていた(この理由も忘れた)。
共に過ごした時間は短かったが、この時ファズはリュークの娘で、
後にファズに100Gで護衛を依頼してくるエレナと親交を深めている。

396 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:46 ID:eDRU6XlE
 ファズ親子は再び旅に出るが、「カーシリアスの民」は『サーナス王伝説私論』信奉者にとって
非常に邪魔な存在だった(これも何でだっけ)。
旅の道中、ファズの父は狂信者の凶刃に倒れる。
その刃を振るったのは、水の神殿を出奔したレイマリーだった。
 刃は、もう一人の「カーシリアスの民」にも振るわれるはずだった。
しかし、目の前で父を殺され深く傷ついた幼い子供を、レイマリーは殺せなかった。
ファズが次に目を覚ましたとき、幼子はすべてを忘れていた。
そして、レイマリーに懐いた。
 レイマリーは、すべてを忘れながらも父を殺されたショックを引きずるファズを連れ、
ディソールの町に身を隠した。「いつか殺すために」。
だが、共に過ごす時間が増えるにつれ、その機会は減じていった。
ファズはやがて子供らしい心を取り戻し、同じ町に住む少女ティンと仲良くなった。
生計を立てるために刃を振るうレイマリーを見て、その手に剣を握った。
レイマリーはファズに剣を教えた。いつしか二人は、肩を並べて戦うようになった。
互いを信頼し合っていた。ディソールの町が襲われ、道が再び分かたれるまで。

397 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:48 ID:eDRU6XlE
第四章 蘇るは伝説、沈みゆくは蒼き大地

 無二の親友と敵として再会したという現実を咀嚼しきれないまま、ファズは火の神殿へと向かう。
神殿を守るツチ族を退けたファズだったが、そのファズたちをレイマリーの部隊が包囲する。
その場は守るに不利とみたファズは、包囲網が整わないうちに砂塵に紛れて火の神殿を脱した。
 カムデルの町に部隊を落ち着けたファズは、ティンと二人町を歩く。
砂ばかり舞う寂れた町影に、一人の男が現れた。レイマリーだった。
一騎打ちを申し出たレイマリーに、ファズは応えた。
そして、レイマリーが鍛えた剣が、レイマリーの胸を刺し貫いた。
乾いた砂がレイマリーの命を飲み干す前に、二人はまた元の親友として話した。
ティンは知っていた。囚われた自分をユゴ砦から解き放ったのは、レイマリーであったと。
死ぬなと泣く二人を置き去りに、レイマリーの命が尽きかけたその時、
ティンの躰を暖かな光が包んだ。光はふくらみ、レイマリーの体を覆った。
やがて光が消えると、規則正しい鼓動がレイマリーの胸を打っていた。
瑕はもうどこにもなかった。その場の誰も、何が起こったのかを理解し得なかった。
ただひとつ解ったこと、それはレイマリーが還ってきたということ。
そして、それで充分だった。

398 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:51 ID:eDRU6XlE
第五章 強く儚きものへ

 ファズたちはついにヴァレイム領へと足を踏み入れた。その隣には、かつての己を恥じ、
ファズと共に行くことを決めたレイマリーの姿もあった。
本拠地だけあり、征く道にはヴァレイム帝国親衛隊長ブラックソーン、
一度は破れた騎士アルヴィーンといった強敵が立ちふさがっていた。
アルヴィーンもまた分からなくなっていた。没落した家の復興のため帝国付き従う己の正しさが。
だが、それでもファズに負けるわけにはいかなかった。己の誇りのために。
アルヴィーンの守る城塞都市マルファは、首都ラエタを守る最後の砦だった。
巨大な城壁の堅固な守り。雨のように降り注ぐ矢を以てしても、
ファズの部隊を止めることは敵わなかった。アルヴィーンは敗れた。
 ファズの部隊はついにヴァレイム帝国首都ラエタへと辿り着いた。
その時、城の最奥では帝国総帥フェルナンデスと、その補佐役である大地の司祭ヴィラが
睨み合っていた。フェルナンデスを「用済み」とするヴィラは、滅び行く城ごと見棄てて
脱しようとしていた。そのヴィラを斬るために、フェルナンデスはブラックソーンを喚ぶが、
ブラックソーンの剣はフェルナンデスの喉元に突きつけられた。
ブラックソーンをフェルナンデスに付けたのはヴィラであり、その意は常にヴィラに沿っていたのだ。
野望を果たせぬまま散りゆこうとするフェルナンデスを嗤いながら、
ヴィラとブラックソーンは姿を消す。
その一連のやりとりを、城に逃げ戻っていたアルヴィーンが聞いていた。
父を廃したのがヴィラであったことを知ったアルヴィーンは、ヴィラを追った。
 破竹の勢いで城内に攻め入ったファズを前に、敵わぬと悟ったフェルナンデスは
自刃して果てる。それが、野望を抱き、操られるまま大陸中を戦火で焼き尽くした男の最期だった。
だが、「カーシリアスの民」ファズの戦いはまだ終わらない。

399 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:52 ID:eDRU6XlE
第六章 伝説の終わり、そして…

 ”元凶”ヴィラが大地の神殿にいることを知ったファズは、部隊を率いて攻め入った。
神殿内部には、ブラックソーンと対峙するアルヴィーンがいた。
ファズとアルヴィーンは再び共同戦線を張り、ブラックソーンを退けた。
しかし、ヴィラを捕らえることはできなかった。
 「けじめ」としてファズと決着を着けることを望むアルヴィーンは、ラスール砦にてファズを待つ。
国のためでも家のためでもなく、己を懸けた戦いで、アルヴィーンは三度ファズの前に敗れる。
ファズの刃にかかって死ぬことを望むが、それも叶わず、アルヴィーンは姿を消した。
 火の神殿近く、クレールオアシスに佇む墓石の前に、アルヴィーンはいた。
火の一族という重用されるべき立場にいながら、
フェルナンデスとヴィラの罠に落ちて死んだ父の墓の前に。
「共に行こう」と言うファズに、火の司祭アルヴィーンは同行を決める。

400 :HOSHIGAMI:04/03/20 16:55 ID:eDRU6XlE
 ヴィラの行方を突き止めたファズは、イクシア神殿へ部隊を進める。
精霊の力を解き放とうとするヴィラを何としてでも止めなければ、
大陸に住む人々が死滅してしまう。ファズは神殿最深部へと急いだ。
立ちふさがる暗黒騎士たちを倒し、儀式の方陣に踏み入ると、異次元空間へと運ばれた。
マーセルヴァに精霊を封じ、人と精霊を苦しめたというサーナス王伝説の魔導師ヴィラその人が、
贖罪として今度はマーディアス大陸を浮遊させるために封じられた精霊を、
その任から解放せんとしていた。
闇の精霊バグティスを凝ちた存在であるブラックソーンを何体も使役し、
圧倒的な力を以て立ちふさがるヴィラ。
ファズたちは死力を尽くして戦い、ついに勝利する。
だが、ファズは空間の閉じる最後の爆発にのまれた。

 ファズが目を覚ましたとき、そこは柔らかな光と清浄な空気に包まれていた。
遠く、小鳥の囀りも聞こえる。傍らにはティンがいた。
ファズは懐かしい思いに胸を焦がした。
そこは、「カーシリアスの民」が何代も隠れ住んだ森だった。
光の精霊を纏うティンがファズを救ったのか。
ファズはティンと二人皆の元へ帰るため、森を後にした。
The End.

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 17:02 ID:eDRU6XlE
以上、HOSHIGAMI終わり。
これで「■それ以前から放置」リストから逃れられるなw

書きながらいちばん疑問だったのが、「カーシリアスの民って何だろう…」。
さっぱり思い出せん。サーナス王と何か関係あったっけ?
ソフトだいぶ前に売っぱらってるから調べようがない。

同じ理由で、真エンドがどんなのかもわからん。
まぁ、2度目をやる気が全くなかったから売ったんで、
売ってなくても真エンドは見なかったと思うが。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 17:07 ID:eDRU6XlE
真エンドだと、シルファトスから次のような手紙がくるらしい。

『ご無沙汰しております。
 さて、この大陸もだいぶ平穏を取り戻してきました。
 そこで、久しぶりに旧交を温めたく思います。
 そこで次の満月の日、
 風の塔にてささやかな宴を開きたく存じます。
 それに、最後の戦いで聞こえたあの声について
 お話ししたいこともございます。
 おいでくださるのを、是非お待ちしております。

                             シルファトス・トゥル・レ・ムーン』

んで、こいつと戦うらしい。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 17:15 ID:eDRU6XlE
あと、真エンドルートだとレイマリーは死んだまま。
ヒロインはエレナ。
ティンが仲間に復帰するのが最終決戦の直前で、何者なのかわかるのも
真エンドルートだけじゃなかったっけな。
確か光の司祭だったと思うけど。
真エンドルートは俺が書いたのとは全然違う話になるのかもな。
不完全なのでスマソ。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 17:15 ID:6hB+wpFW
>>402
ファズの記憶を消したのも、
ヴィラを復活させたのもこいつらしい(要するに全ての黒幕)

誰か詳細教えてくれ。
星神印で真エンドだけ台詞集なかったんだよな・・・

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 18:18 ID:cFHvuQi5
>394-494
乙カレです!
またやってみたくなりましたが、フリーズが…_| ̄|○
攻略本まで買って挫折した口なので、真エンドの存在は知っていましたが
進み方しか載ってないので自分も希望です。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 18:22 ID:cFHvuQi5
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2 ・鬼武者 ・鬼武者3
・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・零 ・零〜赤い蝶〜 ・幻想水滸伝3(3人のEDを詳しく)
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・ビヨンドザビヨンド ・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街 ・エクサフォーム
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・スペクトラルタワー2 ・みつめてナイトR
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
・SDガンダム外伝2 円卓の騎士 ・永遠のフィレ―ナ ・ざくろの味
・トラバース&その関連作(チャランとポランが出てくる奴)
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール ・ファンタシースターオンライン2
・シャイニングウィズダム ・「テラ・ファンタスティカ」 ・魔導物語シリーズ(1,2,3,A)
・ドラゴンフォース
■XBox ・真女神転生NINE ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻
■携帯機  ・アークザラッド 機神復活 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・英雄伝説3 白き魔女 ・田中の夢物語(ネタ?)
・魔導物語R ・魔導物語S ・「囚人へのペル・エム・フル」
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■現スレ  ・グローランサー4 ・ラグランジュポイント ・Ever17 ・戦国サイバー藤丸地獄変
・マザー2 ・シャドウオブメモリーズ ・FE紋章の謎 ・聖剣伝説レジェンドオブマナ
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜(真エンド、カーシリアスの民について)
■前スレから放置 ・ジャングルウォーズ2 ・サーカディア ・ONI3 ・真女神転生2 ・.hack
・ブレスオブファイア3 ・ヘラクレスの栄光4
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャ、アー編以外) ・ロマサガ(WCだけの話)
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・東京魔人学園符咒封録 ・ジルオール
■2以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート) ・FF8
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・「真・女神転生デビルサマナー」
・ジェネレーションオブカオス2 ・ジェネレーションオブカオス3・テイルズ なりきりダンジョン
●題名不明「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」
その候補(エルナード?シャドウハーツ2(解決済)?)

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 20:48 ID:7eGkkL0L
ゼノギアスって全部終わったのか?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 00:44 ID:qvhTnwJI
>>404
ヴィラを復活させたのもシルファトスだったのか。
黒幕、としか知らなかった。

ぐぐっていろいろ見てきたけど、
>>396でレイマリーがファズ父を殺したって書いちまったが
レイマリーは「殺しに行った」だけで殺してはなかったな。
その時もう死んでて、倒れてたファズを連れて行った。

「カーシリアスの民」はサーナス王と精霊エルヴィラの血を引いてて、
3000年後に災厄をもたらす古の精霊を倒すという予言があったようだ。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 00:50 ID:qvhTnwJI
>>405
フリーズよりゲームシステム的に非常な忍耐を強いる作品だからな…ガンガレよ。

書いてみたはいいが、やっぱりかなり間違ってるとこも多いみたいだ。
もうちょっと調べてから書けばよかった。

また間が空くかもしれんが、次はFF4やりたいな。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 02:33 ID:FLZ3RAH2
SDガンダムGジェネレーション希望

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 09:06 ID:wvldxYzU
ONIの幕末編ともうひとつ、なんだっけ…鬼神?スーファミのやつです、お願いしまつ!
売れてないよ。。。。・゚・(ノД`)・゚・。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 09:26 ID:4dYvTeke
>>410
PSのころのはストーリー本編と一緒だよ
最近のは知らないけど

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 12:11 ID:B0/HZsJT
スペクトラルタワー。天をも貫く塔の最上階には最強の力が眠るといわれている。
旅人である主人公ブレイドは、この塔に挑戦する。理由は不明
途中で力こそ正義とかほざいている男を張り飛ばしながら進む。
スペクトラルフォースの主人公の一人魔王の娘ヒロも修行中。
1000階に辿り着くと最強の竜「スペクトラルドラゴン」が待っていた。
道を塞いでいるのでぬっころすと竜の力を受け継ぐか選択肢。
受け継ぐ>とんでもないことしやがって!コーリア神怒ってゲームオーバー
受け継がない>8匹の竜に分離し塔に散らばる
イベントらしいイベントもないまま上る上る
後に魔王ジャネスをぶっ殺した最強の武器、天魔剣を数本拾うのはどうよ
むしろ腹が減ってその天魔剣を食べてしまうブレイドこそが化け物だが
9999階には伝説の竜族の人達が、わけわからんことをほざく。
10000階に辿り着くと力こそ正義の男が究極の力を手にしようとしていた。
その男に惚れてたっぽい女神官はその手前で死に掛けている。
聞いてもいないのに自らの不幸自慢を始める男。化物になって戦闘。
主人公究極の力を手に入れる?・・・力が暴走し世界の約半分の自然を
消し去ってしまう・・・ネバーランド大戦勃発の一因となる。

主人公ブレイドは狂ってしまったらしく後に在野武将の一人として登場。
戦闘能力は最高に近いが忠誠心は紙のように薄い困ったちゃんになる。

…何、このゲーム。一万階もランダムダンジョン登らせてバッドエンドかよ!

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 12:22 ID:0UUSNLnH
スペクトラルタワー2の醍醐味は
食レベルが上がってそれまで食えなかったものが食えるようになるところですよ

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 12:25 ID:+8ZH4Cn7
>>410
独自のシナリオなのはPS2のNEOとGSEEDのジェネレーションモードだな。
それ以前のシリーズとGSEEDのSEEDモードはアニメそのまんまだから
板違いだわな。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 15:09 ID:tsT/MNBv
>>413
藻前様はマジに神だな(アーアー

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 16:37 ID:fM50LjPO
>413
゚・(ノД`)・゚・

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 19:16 ID:TNqqaC7C
未解決分増えたな…。
消化協力したいが、ワカンネタイトルばっかだ。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 19:48 ID:K60qGLme
>>413
話を見たところスペクトラルタワー2か?
だったら主人公はウェイブじゃなかったか

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 21:06 ID:B0/HZsJT
>>419
ああ、間違えた。力こそ正義の男がブレイドで主人公がウェイブだ。
ブレイドも冥界の王かなんかに蘇らせられてシンバ篇ででてきたはず。

421 :SDガンダム外伝2 円卓の騎士:04/03/21 21:07 ID:B0/HZsJT
人とモビルスーツが共存するスタ・ドアガワールド
その中にキングガンダムの収めるブリティスという国があった。
しかし王国の誇る円卓の騎士の不在をつかれザビロニアによって占領されてしまう。
それから7年が過ぎ…皇騎士ガンダムはある村にて賢者アントニオの下剣の修行に励んでいた
ある日、邪騎士ザクエスが村へと攻めてくる。
自らの宿命を知ったガンダムは旅に出るのだった。
(村には盗賊カイと村長の娘ミハルがいる。どうでもいい話だが)

ウェールズ地方の村にて勇剣士プラスとの勝負し、仲間にする。
猛将ヴァトラスの墓からヴァトラスの剣を手に入れたガンダムは東の塔の封印をとき
なかにいたサクエスを倒すことにより鎧騎士ガンダムF90を助け出した。
ヴァトラスの剣に宿る水竜の力を引き出すには盗まれた竜の首飾りが必要だといわれ
盗賊のカイに話を聞くが、協力するふりをしてヴァトラスの剣を持ち逃げされる。
街で剣を売ろうとして牢屋に捕まっていたカイを許し、首飾りを手に入れた
ガンダムはヴァトラスの剣に宿る水竜の力を解放し領主ガルマに戦いを挑む。
呪術師ダーティギャン、魔剣士ザクロードとの戦いに白金卿が駆けつける。
変身した魔物ザクトパスをも破った騎士達はラナール地方を征圧。
次の目標をブリティスへの難関ゼダン要塞と定めアイリッシュ地方へ進出する。

ガルマ撃破後、警戒を強めるザビロニアを誤魔化すため別行動を取ることにしたガンダム
レジスタンスに武器を提供していた商人ペルガミンを脅し関所を突破した。
街には風騎士ガンダムマークUがいるが父ガンマガンダムの仇グレートデギンを討つといって
仲間になってくれない。その後城へ行くと既に捕まっていた…
開催される武道大会に参加し城へ忍び込むガンダム。
戦士バスクオム、騎士ジェリド、戦士ガデム、黒魔道師クエス、強敵を破り
決勝戦で麗騎士レッドウォーリアと戦うも決着つかず同時優勝となる。
重鎮として取り立てられ城に潜入したガンダムは風騎士と接触、グレートデギンに挑む
麗騎士も仲間に入り影武者である幻闘士ロンメルドワッジを破る3人。
城に隠されていたジーアーマーを身に付けガンダムは新たな力を手に入れた。
途中武者修行をしている重騎士ヘビィガンダムを倒し部下にする。
F90達と合流したガンダムはゼダン要塞攻略の作戦を立てる。
F90達がゼダン要塞の主力をひきつけガンダム達が要塞を落とす作戦だが
謎の老人があらわれ待ったをかける。銀の円盤というアイテムと夜襲の策をさずける老人。
老人の策に従ったガンダムは呪騎士リゲルグを破り城主ドズルに挑むが
その前に獣騎士ベルガ・ダラスに阻まれドズルを取り逃がしてしまう。
苦戦する囮部隊救出に麗騎士が向かい、残りは進軍を続けることになった。

422 :SDガンダム外伝2 円卓の騎士:04/03/21 21:09 ID:B0/HZsJT
その頃、ブリティスではグレートデギンによって黒騎士が出撃を命じられていた。
賢者アントニオによってフルアーマーを渡されたガンダムはさらにパワーアップ。
街で村人を助けるべく戦うレジスタンスのリーダー灼騎士ガンダムF91を助け仲間に
ザビロニアの本来の目的はこの地に眠る聖杯であることを知る。
関所を通れないためレジスタンスの地下通路を通り先に進む。
その際、F90ジュニア(剣士・闘士・僧侶の3つ子)が協力を申し出るが断る。
森が霧につつまれて通れないため村の民家に泊めてもらう。
その夜、夢の中にキングガンダムが現れデギンに従うように説得してくる。
そこに謎の老人、僧正ガンタンクRが現れ悪夢を払った。
全ては邪導師ダギ・イルスの仕業だった。元愛弟子だったらしい

円卓の騎士の間でさえ秘密とされていた聖杯の謎を解くために
時戻石を使い過去へとむかい秘密を知る風騎士の父ガンマガンダムに会いに行く
見ず知らずの者に秘密を教えるわけには行かないと断られるが
サーペントグフの大群に村が襲われた時に加勢し、またヴァトラスの剣を見せ信用を得る
また森でグフに襲われていた少女ロザミアを助け、街へ送ることにした。
時を再び超える前、ガンマガンダムは聖杯への鍵のありかをガンダムに伝えるのだった。

過去を改変したため滅びたはずの村が存在している。地下を抜け先に進む。
バーリントン市にて市長カーバインに歓迎される。
宝箱を好きに開けてくれといわれるので開け、家宝を手に入れると
開けていいとはいったが中身をとるのは泥棒だとほざいて牢にいれられてしまう。
裁判、死刑のスピード判決が下されるがそこにF90ジュニア3人組が助けに来る。
市長の娘ベルトーチカに協力してもらったらしい。3人を部下に加え市長のところへ
騎士キュベレイを倒し街を開放する。娘に免じ市長を許し、城の隠し通路を教えてもらう
城にて再会した騎士ロザミアはガンダムの顔をみておにいちゃーんと言って仲間に加わる。
邪導師ダギ・イルスも倒れた自分をかばうガンタンクの姿に徳導師として仲間になった。
仲間が敵を食い止めるうちに玉座へと向かうガンダムの前に黒騎士があらわれる。
父をキングガンダムに殺された敵を討つという黒騎士に苦戦するが
風騎士が駆けつけその一撃を受ける。「その顔…7年前に行方不明になった兄さん!」
父ガンマガンダムはデギンに殺されたと聞き混乱する黒騎士は姿を消した。
円卓の間に向かう途中、呪術士フォウと遭遇。戦う気がないというので仲間にする。
ガンマガンダムに教えられた仕掛けを作動させる、そこには彼のメッセージが残っていた
「あなたが未来から来たということは私は生きていないということでしょう
しかし、成長した皇子の姿を見ることができて私は嬉しかった…。」
聖杯の鍵はすでに奪われていた。衛騎士ザビ・ギロスを倒したガンダム達
別行動していたF90達も駆けつけた。
そこにキングガンダムの残留思念が現れデギンが聖山ロンデニオンに向かったこと
聖杯を手にしたものは不死の存在となってしまうことを伝える。
伝えるべきことを伝えたキングガンダムは王位を渡して消滅する。

423 :SDガンダム外伝2 円卓の騎士:04/03/21 21:13 ID:B0/HZsJT
キングアーマーを身に付けキングガンダム2世となったガンダム。
他のメンバーも勇騎士プラス、重甲騎士ガンダムF90、嵐騎士ガンダムマークU
麗紅騎士レッドウォーリア 、剛騎士ヘビィガンダム 、灼熱騎士ガンダムF91
という風にそれぞれクラスチェンジを果たす。
しかし、円卓の間に記されるはずの13人目の騎士の名は記されることはなかった。

グレートデギンの後を追うも、途中の橋は落とされていた。
隠し通路を見つけ、復讐を誓う騎士クリスを仲間にして聖山へと向かう。
聖域には円卓の騎士しかはいっちゃいけないといわれるのでクリスを外す。
死者を操る悪導師α・アジールを倒し先に進む。
銀騎士ビギナ・ギナが立ちふさがるがF91の知り合いだったらしく説得。
聖杯の間にはデギンが既に聖杯を手にしていたが黒騎士によって奪還。
怒ったデギンは邪獣エレメンタルラフレシアを差し向ける。
さらにはラフレシアと融合し邪獣王ギガサラマンダーと変身する。
だが全員そろった円卓の騎士の前には敵ではなかった。

それから時は流れ、キングガンダム2世と円卓の騎士達によって国は復興を遂げていた
そんなある日、別の大陸のダハール国から使者が訪れる。
彼らの国はネオジオンと名乗る謎の勢力と彼らの操る機兵という兵器によって蹂躙されている
高名な円卓の騎士の力を借りたいと…
キングガンダムはしばしの沈黙のあとF91を使わせることにした。
世界は再び暗い影に包まれようとしていることを感じずにはいられなかった…

終わり

この後、聖機兵伝説というガンダムがガンダムに乗り込むシリーズに移行する
派遣されたF91が主役かと思いきや聖機兵の反動でリタイア。新キャラに話が移行
前シリーズの騎士アムロあたりは出張っていたがほとんど繋がりはない。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 22:02 ID:3ewetZwV
>413のスペクトラルタワー(2だが)に補足していい?
>413の話は後に出てくる同じ世界の別ゲームを考慮した話で
ゲーム単体だと

力を受け継いだ時は
ステータスが全部最強になってとりあえず続けられるが
途中で塔からふもとの町に戻ってくると
戻る場所の部屋に町の皆が集まっていて外には出られなくて
(皆「世界はどうなっちゃうの?」みたいな事を言ってガクガクブルブルしている)
町長らしき老人と会話すると「取り返しのつかないことをやった」みたいに言われて
世界がぶっ壊れるようなムービーが出てきて(町もアボン)
最後に白っぽくなった町の残骸と1人ポカーンとしているウェイブ(主人公)でED

受け継がなくて先に進んだ場合は
10000階で(何かと合体して)化け物になったブレイク(ライバル)と戦闘した後
負けると残ったブレイクが細胞がどうのこうのとラリッた事を言いながら画面外へ
勝つとその何かに褒められた後塔の外に出てきて動物と戯れるウェイブでED

全くうろ覚えだがこんな感じだったと思う。
スタッフロールも悲しい曲が流れて(バッドも真も同じ)結構好きだったw
>414も言ってるが力を受け継がなくてもレベルを上げていくと
う○こ食ったり剣食ったりできるようになってだんだん人間外になるのも怖くてイイ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 22:41 ID:GlhfodUL
てことは10000階まで逝ったらそれなりのEDなんだね
よかった

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 22:59 ID:aE5OhFjo
>>421-423

円卓の騎士の最後の方はめんどいから全員オートで戦闘してたっけな

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 23:26 ID:jIHlz1Im
>>425
ちなみに公式設定では10000階まで行っときながら、
世界崩壊→ポカーンということになっとるらしい。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 00:34 ID:oh4jY8ta
IFの作るスペクトラルシリーズはろくなものがない

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 01:28 ID:Urc8nJbk
>>426
あのゲームはメニュー開かず立ってるだけで敵出るほどの超エンカウント率
だしな。FF3ほどではないとはいえラスダンえらく長いし。
その代わり簡単Lv99とか最強の剣盾とかインチキし放題だが。

430 :深夜の顔刷れ祇園:04/03/22 04:22 ID:+elxg7uf
いつリクあったのかは知らんが、とりあえずリストの中で目に付いたお塩レギオンさらします。
希望者さんまだ見てるかな?デハドゾー

聖印暦791年2月、聖都ロタール。
クレア大聖堂にて聖櫃から開放されたいにしえの神「アズライール」を
聖オヴェリア教団の密命により、黒印騎士団の騎士、ジーク=ヴァールハイトは上官であり、
親友でもあるラクロワ聖堂の後継者、ヴィクトール=ドラクロワと「銀の乙女」
(サポート役みたいなもんらしい)シーラ=リヴィエール(長い…)と共に、封じようとしていた。
かろうじて封印には成功したが、その際アズライールに魅入られたジークにより、
シーラは命を落としてしまった…
というのはドラクロワの思い込みで、実はアズライールに取り憑かれてトチ
狂ったのはドラクロワのほう。
抵抗できないジークを襲おうとして、かばったシーラが死んじゃった、と言うのが真相。
真実から目をそむけ、勝手に記憶を捏造したドラクロワはジークを逆恨みし、責めたてるのだった。
同年十一月。
聖都ロタールから禁断の書「外典イザーク」が盗まれる。
容疑者とされたドラクロワを探して街をさまよったジークは、街外れの墓地で彼と相対する。
「何故シーラを殺した」とジークを責めるドラクロワ。
まさか「本当に殺したのはお前だよ」とも言えないジークは「何故…?何故だろうな…」
とポカーン(・Д・)かつ神経を逆撫でする返答を返し、それに逆上したドラクロワは
「追って来いジーク!貴様がなすべき贖罪を教えてやる!」とこちらもまたポカーン(・Д・)かつ
身勝手な捨て台詞を残して姿を消す。あ、イザークを盗んだのはやっぱドラクロワでした。
そして三年後。
都市ディファンが壊滅。城壁には教会へ敵対する血文字が記されていた。
「―我こそは汝が罪への裁きなり  わが望みは三世界の浄化」
ドラクロワの仕業と見た教会は彼を探し出して討つため、ジークを差し向ける。
ドラクロワに追って来いって言われた事もあるし、ジークは(今更…?)彼の追跡を開始した。

431 :カオスレギオン(2):04/03/22 04:27 ID:+elxg7uf
遺跡に行ったり谷を通ったり、途中で「銀の乙女」の鉄砲娘(無鉄砲娘…)アーシア=リンスレットを
助けて何の脈絡もなく唐突に惚れられたりしつつ、洞窟に潜ったり森を抜けたりと
あっちゃこっちゃ引き回されたジークは、行った先々で楯っぽいのとか木っぽいのとか
使い回し感あふれる敵たちをぶっ飛ばしたり逆にぶっ飛ばされたりした挙句、ドラクロワの目的が
外典イザークに記された「アズライールを開放する禁断の三聖印であることを突き止めるのだった。
っつーか、お約束通り別に聞いてもないのにドラクロワがべらべらくっちゃべってくれたんだがな。
三聖印をドラクロワより先に手に入れようとしたんだけど案の定無理ですた。
封都イザークに駆けつけたジークたちに、ドラクロワは教会の闇の真実について語る。
この世は天界、堕界(地獄?)、狭間の世界(現世?)の三つから成っている。狭間の世界で死した魂は
やがて天界堕界、いづれかの世界へ導かれ、永い眠りの後、新たな世へと転生する。が、その魂を犠牲にして
闇の軍勢を呼ぶのがジークたち「招くもの(レギオン)」であり、教会はその力を独占するために
外典を封印していたのだ。実は三年前アズライールを開放したのも教会の仕業であり、
ジークたちは神を従えようとして失敗した教会の尻拭いをさせられたのだった。
ドラクロワのねらいはそんな汚れた協会の支配するこの世界を、他の二つの世界諸共神の力で打ち砕いて浄化し、
一つの世界として再生させることだった。私を止めたければロタールへ来い。言い置いてドラクロワは立ち去った。

聖都ロタール。クレア大聖堂聖櫃の間へ辿り着いたジークにドラクロワは、封印を解くためには
アルゴサクス…じゃなかったアズライールと一体化してしまったシーラの魂を肉体から奪った者の命が
必要だと告げ、襲い掛かってくる。
「貴様の罪…その命で償うがいい!」
「ジーク!」
あわやという時、剣を振り上げたドラクロワの前にアーシアが飛び出し、その姿がシーラとオーバーラップする。
「私は…私は…」剣を取り落とし、後ずさるドラクロワ。「私なのか…私がシーラを殺したのか…?」
全ての記憶を取り戻したドラクロワは、シーラの魂を開放し、浄化された新たな世界で彼女と一つになるため、
(結局色ボケか)深々と口を開けた堀に(何故かあるんだよ…室内なのに)身を投げ、
シーラを殺した自らの魂を捧げた。
聖櫃から黒い瘴気が嵐の如く吹き出す。
そしてシーラの姿をした“神"が顕現した。

妖怪人間並に顔色の悪いラスボスを倒すと辺りが光に包まれる(…またこのパターン)
気が付くとジークは一面に揺れる麦の穂の草原にいた。
目の前にシーラがいる。
「最後に伝えたかった…ジーク、私あなたとドラクロワに逢えて本当に良かった」
「ああおれもだ(棒読み)」
「ありがとうジーク…もう…行かなきゃ…」
遠ざかっていくシーラ。その姿が一瞬ぶれて、影のように寄り添う銀髪の男が見えた。

「―さよなら」

「結局…俺の力では二人を救うことが出来なかった」
夕暮れの聖都。手の中のクロス―シーラの胸に光っていた―を見つめ、呟くジーク。
「俺一人だけが生き残ってしまったな」
「一人じゃないわ…私が」
アーシアがその背に声をかける。ジークは皆まで聞かず、無言でその脇を通り過ぎる
…が、途中で振り返ると、何事か言った。
アーシアの顔一杯に笑みが広がり、彼女はジークのもとへと駆け出していく。
墓標代わりに地面に突き立ったドラクロワの剣、その柄にかかったシーラのクロスが風に揺れている。
バックにはのたうつようなお塩様の歌声がいつまでもいつまでも延々と…もう勘弁すてください…

最後に。
ドラクロワ「今は殺すまい。貴様にはまだ、見るべき地獄があるのだからな!」
ええ、みさせて頂きましたとも。

主  に  ボ  イ  ス  面  で  な

ラスト間際のだけでなく、主役級四人の台詞はすべて脳内で 棒 読 み に変換してお読みください。
あの学芸会カルテットはマジ最強。諸刃の剣。素人には(ry…って素人は向こうだが。アクムミソウダヨボスケテママン

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 05:12 ID:KE3XDxXY
(・∀・)イイヨイイヨー乙
声をお塩にあてさせた奴は神だが、
テキストそのものもかなり陳腐で糞だな

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 06:12 ID:+elxg7uf
そういや攻略スレか何かでジークが最後何つったのか、つー話題があったな。
漏れも

焼き肉食いに行くか

に一票(w

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 08:06 ID:OOArrEwb
>>420
何処に突っ込めばいいのやら…

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 08:51 ID:IlMwP7Vu
>>430-431
オッツ!とゆうかアルガトー リクしたの自分でつ(・∀・)分かりやすかった!
こんなベタな話だったのね…しかも言われてみればそういえばお塩大先生だたね…

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 11:28 ID:BfqOOi3e
過去ログ読んだが、FF8職人は完全放棄したんだろうか?
中途半端なあたり、進行中な感じもするが、
後は頼んだと言ったあたり、放棄な気もする。
複線はある程度までしか把握できてないかもしれんが、
書いていいのかな?
…というか、依頼人は既にいないか…

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 13:14 ID:ZBbZ1lmr
FFとかDQシリーズはFFDQ板に行けば
詳しく書いてくれそうなもんだけどな…
でも書いてみるとけっこう大変なもんだね
中盤辺り忘れてた

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 14:39 ID:s0hw9r0e
未解決のフロントミッション2、書いていいですか?
今から再プレイすると時間かかりすぎるので、攻略本と記憶が頼りですが、それで良ければ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 15:02 ID:1mewajs+
お願いしやす

440 :438:04/03/22 15:14 ID:s0hw9r0e
了解しやすた。しばしおまちを。 

441 :フロントミッション2nd:04/03/22 17:00 ID:cB0K7NaW
   背景
2102年、世界は3つの巨大な政治・経済圏に分かれており、この物語の展開されるアロルデシュ人民共和国は、アジア・オセアニア政治・経済圏であるOCU(オシアナ共同連合)の傘下にある。
アロルデシュは貧しく、国内にはアロルデシュ軍の他、これを補う形でOCU軍が駐留している。
アロルデシュ人民の多くは、今日の国力の衰退は、OCUの都合に振り回されてきた結果だと感じており、その鬱積が爆発した形でアロルデシュ軍が独立を目指してクーデターを起こす。

主要登場人物
●OCU海軍 
アッシュ:腕の立つヴァンツァー(機動兵器。分かりやすくいえば飛ばないガン〇ム)パイロット。アロルデシュ人で、過去にアロルデシュ軍にいたが、除隊しOCU軍に入隊。
ジョイス:アッシュとともにリミアン基地に所属。金髪碧眼のプレイボーイ。後にリラと出会い、好意を持つ。
エイミア:リミアン基地所属。アロルデシュに対しては陰気な国としか思っておらず、常々早く帰国したいと思っている。
グリフ:リミアン基地所属。妻子持ちで、アッシュの年配の友人。
●OCU陸軍
トマス:ラマンストン基地所属。声のでかいオヤジ。奇妙なコネを多く有する。
ロッキー:ラマンストン基地所属。真性の薔薇族。その割に無口でストイックな性格。
ロズウェル:ラマンストン基地所属。謎の女たらし。その謎はプレイ後も明かされない。
●OCU情報部
リーザ:美人でまだ若いが、非常に優秀。現在、ある最高機密に関わる調査を任され、アロルデシュ内で動き回っている。
サユリ:リーザと共に行動している。多少感情的な性格。
●アロルデシュ陸軍(革命軍)
ヴェン:アロルデシュ陸軍中佐。今回のクーデターの首謀者。
メイラン:ヴェンの忠実な右腕。
●その他
パイク:OCUから半独立し、内外に対し諜報活動を行なうCIUのエージェント。
コーディ:フリーの諜報員。サユリの友人。一見男のようだが、そうでもない。
サリバシュ:アロルデシュの有力武器商人。アロルデシュのOCUからの独立を望んでいるが、クーデターというやり方には反対の立場。
リラ:サリバシュの娘。ヴェンの幼馴染でもあり、彼に思いを寄せる。


442 :フロントミッション2nd:04/03/22 17:04 ID:cB0K7NaW
アロルデシュのOCU海防軍総司令部・リミアン駐留基地。ある夜、アッシュはジョイス・エイミア・グリフら仲間と雑談を楽しみながら夜間警備に当たっていた。
何の変哲もない夜はしかし、アロルデシュ軍によるクーデターの突発に打ち破られる。
完全に不意を突かれたアッシュらは、退却の術すら失い、絶体絶命の危機に陥る。しかし、グリフが敵前に飛び出し、革命軍を引き付ける。
その間に、アッシュらは何とか逃走に成功する。
グリフの安否を気遣いつつ近辺の森に一旦潜み、合わせたラジオで、リミアン基地だけでなく国内のOCU基地全てが同じ状況であることを知る。一転して国内に敵が溢れる状況に、3人は国外脱出を決意する。
道中、同じように基地を追われた、OCU陸軍のトマス・ロッキー・ロズウェルに出会う。トマスが、国外脱出のためのいいコネを知っていると誘ってきたため、彼らに同行。アロルデシュ首都・ダカへと進路を変える。
「コネ」とは、非合法な武器取引を行なっている「バーグショミティ」のボス、サリバシュであった。自分の仕事を手伝えば、国外脱出を手引きしてくれるらしい。
ためらうアッシュらだったが、他に道はないと決断、依頼を遂行する。
仕事後サリバシュは、武力による革命に反対する立場から革命軍と戦うため、この国に残ってほしいという。トマスら陸軍組はその頼みを呑んで、以後サリバシュの私兵となることに。
アッシュらは彼らと別れ、無事国外脱出に成功し、沖合いのOCU制海艦モントに逃れた。



443 :フロントミッション2nd:04/03/22 17:07 ID:cB0K7NaW
一方。革命軍の支配下におちたリミアン基地を遠くから偵察する二人の女性がいた。名はリーザとサユリ。OCU情報部の諜報員である。
表向きの理由は、捕虜の奪還のためであったが、目的は実はもう1つある。彼女らは、ここに置かれていた「ある物」の所在を探していた。OCUの最高機密であるが、偵察の限りでは手がかりは得られなかった。
代わりに、捕虜を乗せて飛び立つ輸送ヘリを目撃。OCU陸空軍と連携してヘリを待ち伏せし、捕虜の奪還に成功する。その中には、あのグリフもいた。
「ある物」の所在をどうしても知りたい二人は、リミアンに所属していた捕虜らに尋ねるがはかばかしい答えは得られない。2人は、サユリの友人でフリーの諜報員であるコーディに助力を仰ぐことにする。
するとグリフが、自分も同行させてほしいという。彼はアッシュらが未だ国内を彷徨っていると考えており、彼らを探し出したいと思っていた。
グリフの同行を許し、コーディの協力を得て他の捕虜収容所へ向かうも成果はなく、意気消沈して捕虜救出作戦本部に戻る。
そこで指示により、4人は翌朝首都ダカで行なわれる大規模な要人救出作戦に参加せざるをえなくなる。ずさんな計画にリーザは眉を曇らせる。
果たして心配通り、危うく作戦失敗という憂き目を見る。しかしそこで、バーグショミティの私兵となったトマスらが手を貸し、なんとか首相ら要人の救出に成功する。
作戦後、郊外でトマスらに感謝の意を表すリーザ。そこでトマスは武器をつきつけ、自分たちがバーグショミティの傭兵である事を告げ、ボス(=サリバシュ)に会って貰おう、と言う。
目的は、彼女らの持っているかもしれない、革命軍についての情報である。
初めは捕虜扱いだったが、リーザは途中で、サリバシュが、「ある物」の情報を持っているかもしれないと思い直し、進んで彼らについていく事にする。
しかしサリバシュの居るディアラバの街につく前に、一行は革命軍に遭遇。トマスら傭兵3人は難を逃れたが、リーザらはそのまま革命軍の捕虜となってしまう。




444 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 19:39 ID:Dar63kGB
>>431
所々に入るあんたのツッコミに激しくワロタ

小説版のヒロインは一切出番無いんだな。
てっきりこっちにもいるのかと思ったが・・・棒読みカルテットの仲間入りしておかしくなっていた事を考えるといないほうが幸せだったのかもしれん。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 19:49 ID:al8cUJcE
FM2は起動する気も起きンのでありがたい(´・ω・`)乙

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 23:19 ID:4rQm0ogf
鬼武者2が未解決分にありませんが需要ありますか?
鬼武者1〜3は通してクリアしたから一応書けますが……。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 02:24 ID:6br3cqm0
どうせなら全部書いてくれ。

448 :聖剣LOM:04/03/23 06:40 ID:9fPFaut3
こんな時間にコソーリ投下。

話が直接繋がってる訳ではないですが
>>152-157 が前回の投下です。

449 :聖剣LOM 宝石泥棒編(1):04/03/23 06:42 ID:9fPFaut3
『まいごのプリンセス』
ドミナの町の酒場で珠魅(※)の青年・瑠璃が店員の少女に詰め寄る場面に遭遇。
話を聞くと彼のパートナーである珠魅の少女が行方不明らしく協力して一緒に探す事に。
店員の少女が差し出したAF『ヒスイの卵』で出現するメキブの洞窟に行方不明の少女が
いるらしい。洞窟の奥で少女・真珠姫を発見。考え事をしていて道に迷い、気がついたら
こんな所にいたらしい。二人は主人公に礼を言って去っていく。


『岩壁に刻む炎の道』
ガトの町で腹痛を起こした草人に会う。腹痛の原因は万能薬の材料となる回虫ププらしい。
修道女が寺院の炎の技師・ルーベンスに回虫ププを無理やり取り出す事を薦める。
彼は石の眠りについてしまったという恋人の為に万能薬を欲しがっていた。
が、人を傷つけたくないとルーベンスがためらっている内に草人は逃げ出してしまう。

草人の様子を見て戻ってくると、修道女とルーベンスが言い争っていた。 自分はもう何物にも
関わりたくないし、誰かが自分に関わってくるのもごめんだ、と言うルーベンス。 それを聞いた
修道女は突然ルーベンスを襲う 「輝きを無くした、汚れた石に制裁を!」 
ルーベンスはルビーを核に持つ珠魅だった。 倒れる彼に涙を流す事が出来るか、と問う修道女。
できないと知ると彼女はルーベンスの核“希望の炎”と呼ばれたルビーを奪い、彼を殺害する。
現場にいた主人公は 「宝石泥棒を追っている」 と言うボイド警部と協力、草人から回虫ププを
取り出そうとしている修道女=宝石泥棒サンドラを発見し、追い詰めるが逃げられてしまう。

 ※ 様々な宝石を核に持つ種族。核を奪われたり砕かれたりしない限り生き続けるが、
    核自体は脆く、更に傷ついた核を癒す事が出来るのは珠魅の流す涙 “涙石” のみ。
    戦う力に長けた物が騎士、癒しの力に長けた者が姫となり、ペアを組んで行動するが、
    現在は性質が変化、“涙石” を生み出せる珠魅は騎士・姫を問わず存在しない。
   
   中心となる二人はそれぞれ 瑠璃 = ラピズラズリ 真珠姫 = 真珠 を核とする歳若い珠魅


450 :聖剣LOM 宝石泥棒編(2):04/03/23 06:43 ID:9fPFaut3
『波間に眠る追憶』
港町ポルポタのホテルで幽霊騒ぎが起きており、騒ぎの真相を突き止めて欲しいと頼まれる。
聞き込みの中で、莫大な遺産を相続し、財力をバックにホテルの踊り子に迫っているザル魚(※1)
近海で起きた帝国船の沈没事件の調査の為に訪れている帝国(※2)の衛兵トーマなどと出会う。
更にバカンスで来ていると言うボイド警部をしつこく問い詰めてみると、実は休暇などではなく
宝石泥棒サンドラから予告状が来ているのだと話してくれる。

帝国船の沈没事件について海賊ペンギン達に聞き込みをしていたトーマは
「海で起きた事なら何でも判る、とザル魚が言っていた」 という話を聞いてザル魚の下へ。
途中でボイド警部から協力の申し出をうけ、了承する。

警部とトーマはザル魚が相続したという宝石、海で起きた出来事を映し出すという“青い瞳”を
見せてくれと頼む。 ザル魚は渋るが、踊り子・ルヴァーンシュの 「私も見たいわ」 という一言で
すぐに見せてくれた。 “青い瞳” の力で帝国船の沈没原因はセイレーンの歌声だった事が判る。
が、そこで例の幽霊が現れ、ザル魚を脅しつけ “青い瞳” を奪って行ってしまう。 更にそこへ、
今までここにいた筈のボイド警部まで現れる。今までいた警部と、突然出現した幽霊はサンドラの
変装だった。 宝石泥棒はまたもや目的の宝石を手に入れて消えてしまった。

仲間に瑠璃か真珠姫がいると“青い瞳”がサファイアの珠魅の核である事が判る


『ホワイトパール』
レイリスの塔の前に一人佇む真珠姫。塔に呼ばれている気がする、という彼女に付き添って
一緒に登る事に。 誰もが過去と向き合うと言う「運命の部屋」で珠魅と思われる女性騎士の姿を
垣間見るが、その姿はモンスターへと変じる。倒すと瑠璃がやって来て早く塔から出ようと言うが
真珠姫はもう少し居たいと言う。 真珠姫は瑠璃と出会う前の記憶が無いらしい。 瑠璃は渋々
彼女を主人公に任せて先に塔を下りた。 主人公は真珠姫をモンスターから庇いつつ塔を下りる。
出口で宝石泥棒サンドラに襲われ、モンスターを差し向けられるが撃退。 サンドラは一先ず退く

 ※1 なんだかよく判らない謎の生き物。遺産は友人から受け継いだものらしい
 ※2 帝国自体はゲーム中には登場しない。過去の妖精戦争に大きく関わった国家


451 :聖剣LOM 宝石泥棒編(3):04/03/23 06:43 ID:9fPFaut3
『幸せの四葉』
ドミナの町を拠点に珠魅の仲間を探し続けている瑠璃に、主人公は協力を申し出る。
その間真珠姫を町に独り残して行くのは危険だ、と言う事で主人公の家に誘う。
嬉々として主人公の家へ向かう彼女を見て、家や家族が欲しいんだな、と瑠璃が呟いた。

魔法学園のある都市ジオでエメラルドの珠魅・エメロードと出会い、三人の姉を探したい
と言う彼女を手伝う事に。 まず宝石店へ駆け込むエメロードに驚く瑠璃。 姉とは言っても
既に残っているのは核のみだった。 店主アレックス(※) は、身近に稀少とされる珠魅の
少女が居た事に驚きつつ、この店では珠魅の核の売買はしていないと教えてくれる。
また富豪の宮殿の倉庫で、ダイヤモンドを核とし,、珠魅の都市の指導者であったディアナ
(ルーベンスの恋人)を発見。 ディアナは珠魅の未来に絶望しきっていた。 生命を癒す
唯一の手段である“涙石”を失い、寄り添って生きる都市も失った珠魅は、最早滅び行く
種族だ。珠魅である事を捨てて生きなさい、と言う彼女にエメロードは反発する
「珠魅はきっと涙を取り戻す、珠魅に心があるって信じてる!」

3つ目のエメラルドを見つけるとサンドラからの予告状。エメロードは誘い出されてしまう。
彼女を探して倉庫へ行くとディアナを罵るエメロードの姿が。直後に彼女は消えてしまうが、
ディアナの手助けで後を追う。サンドラの放ったモンスターは撃退するものの時は既に遅く、
エメロードは主人公達の目前で核を奪われ、命を落とした。ディアナはサンドラの目的は
復讐だと、姫をつれてもう一度来るようにと瑠璃に告げる。全てはその時に話そう、と。


『コスモ』
またもや真珠姫が居なくなり、瑠璃と共に探しに出る。 サンドラからの予告状が示したのは
メキブの洞窟。 途中異形の人物が真珠姫がサンドラと共に奥へ向かったと教えてくれる。

奥ではサンドラが真珠姫に少しは自分の役目を思い出したか、と問うていた。 が真珠姫は
それを突っぱねる。 激昂したサンドラから真珠姫を庇おうとした瑠璃は、サンドラの一撃で
核に傷を負ってしまう。 サンドラは真珠姫に対し、騎士を涙石で救わなくて良いのかと挑発。
そこへさっきの異形の人物が止めに入る。 彼を王と呼ぶサンドラは、私は珠魅の全てが
許せないと叫び、何故涙を流せない、と真珠姫に詰め寄る。 答えられない真珠姫。
「わからないのね。古代の記憶を受け継ぐあなたにさえ…」 サンドラは吐き捨て、二人の
核を奪おうとする。

真珠姫は言う。 癒しの力を持てないのなら、せめて戦う力を。 直後真珠姫の姿が変化。
以前レイリスの塔で見た姿、黒真珠を核とする女性騎士レディパールへと。 パールを知る
サンドラは適わぬと見て逃走。 パールは瑠璃に 「真珠姫はもう居ない。君は自由だ」 と
告げて去っていく。 傷ついた瑠璃をとりあえず主人公宅のベッドに放り込んで終わり

 ※ 珠魅という種族について研究する傍ら、宝石店を営んでいる青年
    ゲーム内で珠魅のしきたりや珠魅に関する伝説を語ってくれる貴重な人


452 :聖剣LOM 宝石泥棒編(4):04/03/23 06:45 ID:9fPFaut3
『月読みの塔の誘惑者』
今度は主人公の家から瑠璃がいなくなる。探しに出てみるとレイリスの塔の前に。
真珠姫はきっとあの部屋にいる、と言う瑠璃と共に再び最上階「運命の部屋」へ向かう。
部屋の中の者を知る者にしか開かれない、と言われる「運命の扉」は、何故か瑠璃を拒む。
主人公が押し開いた扉の中「運命の部屋」には、真珠姫と、そしてレディパールの姿が。

パールは真珠姫に言う。 お前の目的は、玉石の座(※1)に就く事。 先の蛍姫(※2)の後を
継いで玉石の姫となり、命を削って涙石を生み、一族を支えるのだ。 きっと彼が聖剣と
マナストーンの原石を探し出すから、それまで耐えなさい、それが最良の策なのだから、と。
拒絶する真珠姫。 割って入った瑠璃にパールは 「これは私の問題だ」 と言い放つ。
瑠璃は退かず、真珠姫は主人公に瑠璃を助けてくれと懇願。 それを受けると瑠璃の側、
断るとレディパールの側で、主人公は二人の戦いに参加する事になる。
この部屋を汚したくないと、パールは皆に移動を促すが、真珠姫にはここで待つ様に言う。

瑠璃の力を認めたパールは真珠姫から一時的に手を引き、主人公に対して忠告する。
「珠魅のために涙する者、全て石と化す」 と言う伝説は真実であり、これ以上珠魅達に
関わるのは危険だと。パールが去ってから真珠姫が来て礼を言い、瑠璃と共に去って行く。


『アレクサンドル』
ドミナの町の酒場で、真珠姫をディアナの下へ連れて行って欲しい、と瑠璃に頼まれる。
ジオに着くと、ディアナは石像と化していた。 真珠姫は古い儀式に心当たりがあるらしく、
取りあえずはその儀式に従ってディアナの心の鍵を探し出す。 鍵を集めて戻った所で
瑠璃が合流。 ディアナは瑠璃や真珠姫に真実を話す前に、サンドラに核を奪われ、
殺される事が無いようにと石になったらしい。 心の鍵で石化を解く。

ディアナは話す。大規模な珠魅狩りの時代を経て、珠魅は自らの命を他者に渡さない為に
涙を流す事をしなくなった。そして他の種族と関わらないために珠魅だけの都市を築いた…
サンドラの声が割って入る。ただ一人、涙を流す事の出来た蛍姫を、彼女が自らの命を
削って生み出す“涙石”を保険に、珠魅の都市は帝国に対して戦争を仕掛けたのだ、と。
“涙石”さえあれば珠魅は不死身となる。しかし一人命を削り続ける蛍姫はどうなる?
蛍姫が生きていると知ったディアナはサンドラに告げる。蛍姫を連れてきなさい。この子達の
時代には、再び涙石が必要になる。珠魅が生き残るにはそれしかない。蛍姫も承知の事…
昔と何も変わらない事を意味する言葉にサンドラは激昂。ディアナの核を奪い姿を消す。

ディアナはある石を残していた。光によって色を変える石、アレクサンドル(アレキサンドライト)
それを見つつ瑠璃は言う。「考えよう… オレ達のこと、珠魅のこと、宝石泥棒のことも…」
そして主人公にも言う 「オレ達と関わりを断つなら今がいい。あんたを巻き込みすぎた」

 ※1 珠魅の社会には階級制度があり、上から「玉石の座」 「輝石の座」 「半輝石の座」
    「捨石の座」 に分けられている。一組しか存在しない「玉石の座」は象徴的な存在で
    実際に一族を取りまとめるのは「輝石の座」の珠魅達。
 ※2 元は捨石の座の珠魅だったが、唯一涙を流せる姫としてディアナによって玉石の座
    に据えられる。後に騎士と共に行方不明になり、それが珠魅の都市の崩壊を招いた

453 :聖剣LOM 宝石泥棒編(5):04/03/23 06:46 ID:9fPFaut3
『フローライト』
ふらりと魔法都市・ジオにやってきた主人公。 宝石店に入るとアレックスがいない。 同時に
「誰か来て !!」 という叫びが聞こえ、ある小部屋に飛ばされる。 小部屋内の宝石箱の様な
ベッドにいた女性はフローライト(蛍石)の珠魅・蛍姫と名乗る。 アレックスによって宝石泥棒
から匿われているが怖い夢ばかり見てしまう、と言う。 そこへ唐突に一人の少女が現れる。
夢魔少女ベルと名乗る彼女は、獏に乗って夢の散歩をしている最中に、蛍姫の悪夢に驚いた
獏の背から放り出されてしまったらしい。 ベルの話によると主人公をここへ引き寄せたのは
蛍姫の夢への恐怖心らしい。蛍姫の悪夢を是正するために夢の中へ赴く事に。

夢の中では僅かな歪みをもって真実が語られる。レディーパールと対になる姫が蛍姫である事、
しかしある時を境に騎士アレクサンドルに蛍姫を任せた事(つまりレディパールは元玉石の騎士)
サンドラが蛍姫の命を救う為に1000の珠魅の核を集めている事…。
最後にボスを倒して主人公は帰還。蛍姫は再び眠りにつく。


『ティアストーン』 (前半)
ドミナの町の教会前でボイド警部に会い、捜査に協力することに。 魔法都市ジオにずっと
前から廃屋になっている店があると言う。 昔は珠魅の核を売買する宝石店だったらしいが…
行ってみるとやはりアレックスの店の事らしい。 主人公は難なく店へ入るが、何故か警部は
弾き出されてしまう。 店の中は荒れており、アレックスの姿も無い。 店の外に出ようとすると
真珠姫と瑠璃が入ってくる。 二人の話では、この店は他の人には廃屋に見えており、店主の
アレックスの事も誰も知らないらしいとの事。 店の隅の宝石箱を開くと、以前迷い込んだ
小部屋に飛ばされ、主人公と二人は蛍姫と対面する。
蛍姫の命で真珠姫はレディパールに戻り、パールが玉石の騎士の任を解かれたのは
珠魅の現状を打破する為のマナストーンと、そしてマナの聖剣の探索の為だった事が判る。
そして最大の疑問。「レディパールが真実の姿だと言うのなら、真珠姫とは何者なのか」

レディパールの追憶。蛍姫を珠魅の都市から連れ出したのは騎士アレクサンドル。彼は
蛍姫を救いたいと言い、彼女を時の干渉を受けぬ宝石箱パンドラにて眠りにつかせたと言う。
アレクサンドルは叫ぶ 「他人をいたわる心を忘れ、 涙を流せなくなった私達、 滅ぶべきは
 姫様ではない! 滅ぶべきは私達だ! その愚かな珠魅を守る貴女を、私は許せない!」(※)
パールは核に傷を負い、アレクサンドルは逃走。パールが倒れた所に瑠璃が駆けつける。
瑠璃の目の前でパールの核は色を変え、白真珠を核とする珠魅の少女が現れる。
それ以来、瑠璃は記憶の無い彼女に“真珠姫”という名を与え、行動を共にする様になった…

話を聞いた蛍姫はパールに言う、今や一族の敵となったアレクサンドルを止めてくれ、と。
そして瑠璃には、もしもの時の為に、あなたは関わってはならない、と。 そして主人公に
AF『玉石の王杓』を授け、蛍姫は消えてしまう。 真珠姫はパールの物を含め全ての記憶を
取り戻した。 二人が共に蛍姫と、そしてアレクサンドルのもとへ行くのは危険が大きい。
二人は、どちらが決着を付けに行くべきか、今までずっと自分達の運命を見てきた主人公に
選んで欲しいと言う。仲間を選び、『玉石の王杓』が示す珠魅の廃都 “煌めきの都市” へ。

 ※ 会話をしているのはキャラのシルエットなのだが、騎士アレクサンドルのシルエットは
    始めは宝石店の主・アレックスの物であり、途中で宝石泥棒・サンドラの物へ変化する
    アレクサンドルは核とする石の状態(色)によって姿が男女それぞれに変化する体質。
    両性具有という訳ではなく、その都度完全に体が変化する模様。

454 :聖剣LOM 宝石泥棒編(6・ED):04/03/23 06:55 ID:9fPFaut3
『ティアストーン』(後半〜ED)
“煌めきの都市”の各層でボスを倒しながら最上階『玉石の座』へ向かう。 途中、都市に
残る記憶が幻影として現れる。ディアナやルーベンス、エメロードや彼女の姉達など…

玉石の座には意識の無い蛍姫とアレクサンドル(仲間が瑠璃の場合はサンドラの姿を、
真珠姫の場合はアレックスの姿をとっている) そして『コスモ』で出会った異形の人物が。
彼は宝石王と名乗る。飲み込んだ物を全て融合させる能力を持つ宝石王は、今まで
アレクサンドルが宝石泥棒サンドラとして集めた珠魅の核998個を呑み込んでいると言う。
蛍姫を救うには1000の珠魅の核が必要だった。そして主人公達の目前で999個目の核が
宝石王の腹に納まる。それは、残してきた仲間の物(仲間に瑠璃をつれて来た時は真珠、
真珠姫を連れて来た時はラピスラズリ) 999個の核を呑んだ宝石王と戦闘。
倒された宝石王は、あと僅かに力が足りないと言う。それを聞いたアレクサンドルは
自ら核を引き抜き、宝石王に捧げる。勝って、蛍姫の為に涙を、と言い残して。
1000個の核を呑んだ宝石王と再度戦闘、倒す。

一族を害するものは倒した。しかし、その結果生き残ったのは既に瀕死の蛍姫と、
主人公と共に都市へ赴いた一人のみ。あまりに酷薄な結末に主人公は涙をこぼす。
 『 珠魅のために涙する者、全て石と化す 』 主人公は石となり、涙は光を放つ石となる
光の中で、宝石王に呑まれていた全ての核が再び命を宿す。 珠魅達は蘇るが…
瑠璃が言う、皆の命を少しずつ分けて欲しいと。今なら涙を流せる気がする、とエメロード
そして蛍姫が言う。 「皆、心を一つに… 涙石を もう一度……」

場所は変わって、主人公の家。 居候の森人の姉弟が主人公の帰りを待っている。
窓の外の嵐に 「珠魅が泣くと嵐がくる」 という言い伝えを思い出しつつ、待ち疲れて
眠ってしまう。二人が目を覚ました時、嵐の止んだ窓の外は暁色に染まっていた。
外へ飛び出した二人の下へ、瑠璃と真珠姫が、そして最後に主人公が帰ってくる。
主人公の 「ただいま」 の言葉で駆け寄っていく二人の背後、嵐の名残の雲が晴れ
朝焼けの中で揺らめくオーロラが見える                       ―END


選択肢以外で主人公が言葉を発するのは総合OP・EDも含めた全編中、ここだけ。
全体的に評価が高い一方、その設定も含め余りに美麗な言葉ばっかり出てくるので
受け付けない人にはキッツイだろうと思われる一編。

相変わらず糞長くて申し訳ありません。俺の力ではここまでが限界ぽ
あと残り二編。ここで一旦切ります

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 08:24 ID:nbvsgI9W
乙彼ー。
煌きの都市の音楽は最高だね(´ー`)

456 :DEVIL MAKES A LIEだとおもってた:04/03/23 08:30 ID:zReNzMpe
>392
>書きたい香具師が書く
オウイエア。それもそうだね。ではお言葉に甘えまして、僭越ながらデビクラの続き逝かさしていただきます。
前の人、ゴメンナー
と思いつつストーリー確認のため久しぶりにDMC起動したらDMD(最難)の途中で止まってたよマイガー_| ̄|○
これ最後まで終わらしてデータ引き継いで成長MAXのダソテで回ったが速いのか、それともデータなしの
成長ナシで始めてオーブ稼ぎつつ回ったが速いのか…

ともあれ前回アラストル手に入れてシンシザースぬっ殺したところからゴー。
また今回も長いぜ(ノA`)タハー

ダンテは祭壇で手に入れた「裁きの宝杖」を隠し扉にはめ込んだ。
扉に彫られた死をつかさどる裁判官のレリーフが完成し、重たげな音と共に左右に分かれていく。
足を踏み入れたそこは大聖堂だった。
荘厳なオルガンの響きの中、奥にしつらえられた祭壇で浮遊する「獅子のプレート」に手を伸ばす。
と、プレートに掘り込まれた文字が目に入った。
W試練の道を進まぬものに  獅子の誇りを得ることかなわず”
不意にプレートから一条の光が放たれ、背後の扉の封印を破る。
“道を戻り、汝が勇猛さで奈落の底から帰りたまえ さすれば獅子の誇りを授からん”
大聖堂から伸びた空中回廊を進んだ先に記されていた言葉に従って、進んだ道を後戻ったダンテは、
途中で落雷に打たれ、砕けた回廊もろとも海の底へと叩き落される。
海中のダンテに巨大な頭骸骨の群れが襲い掛かる。悪魔「サルガッソー」。獅子の課した試練だった。

457 :デビルメイクライ:04/03/23 08:42 ID:zReNzMpe
群れなす悪魔を打ち破り、大聖堂へと戻る。
プレートを手に入れたダンテ。と、その時。彼の背で、アラストルがかすかな雷光を発する。
次いで背後で膨れ上がった殺気に気付いたダンテが振り返ると同時に、
天井のステンドグラスをブチ破り、巨大な蜘蛛が降ってきた。魔王の腹心、悪魔「ファントム」だった。
「なんだこのチビは?大きな闘気を感じたが…ただの人間か!」
小山のような大蜘蛛の言葉を、ダンテは微塵も臆することなく鼻先で笑い飛ばした。
「なんだ、化け物? 筋肉以外にもちゃんと中身は詰まってんのか?」
あざ笑いながらファントムの太い脚を、確かめるように手の甲でとんとん、と叩く。
「ほざいたな虫ケラ…叩き潰してやるわ!」
高々と振り上げられた、灼熱のマグマを内に抱く脚を、ダンテはそれよりも高い跳躍で鮮やかにかわす。
そして闘いが始まった。

耳をつんざくような恨みの叫びが響く。敗れた悪魔は自らの熱で床に穴を穿ち、逃げさった。
中庭で獅子の像にかけられた封印を、獅子のプレートによって解き、現われた門番―黒猫の姿をした
影の悪魔、シャドウ―を倒す。封印の解かれた東塔、城主の寝室に置かれた憂鬱な顔をした女性の像。
胸元に開いたスリットに塔の最上部で入手した儀式用の剣「死の宣告」を差しこむと、像がくわえていた
装飾品「憂鬱なる魂」がぽろりと落ちた。
床に転がった「憂鬱なる魂」を拾おうと身をかがめるダンテ。その時、再びアラストルがかすかな音を立てた。

458 :デビルメイクライ:04/03/23 08:53 ID:zReNzMpe
魔剣の警告に顔を上げ立ち上がる。辺りを見回すが誰もいない。
油断なく見回しながらあとずさるダンテの背後に置かれた鏡。
彼の背中を映すはずの鏡の中に、何故かこちら向きの彼がいる。
振り向いたダンテの目に、鏡から踏み出そうとする影が映った。

ゆっくりと後ろに下がるダンテと対を成すように、もう一人の彼が悠然と歩み寄ってくる。
唖然と見守るダンテの前で、鏡像のダンテは漆黒の甲冑に身を包んだ魔剣士へと姿を変えた。
「掃き溜めのゴミにしちゃ、ガッツありそうだな」
剣を抜いた悪魔「ネロアンジェロ」に語りかけたダンテに相手は答えず、開いた窓を示すと、
バルコニーから夕暮れの空へ飛び出した。

中庭で二人の剣が激しくぶつかり合う。
弾かれて膝を突いたネロアンジェロに好機とみたダンテは切りかかった。
だが相手はひらりと宙を飛んでかわし、アラストルはむなしく空を切っただけだった。
背後に着地した魔剣士の蹴りに剣を飛ばされ、素手で打ちあうが、不意をうたれたせいで数打も持たない。
回し蹴りで壁に叩きつけられ、崩れ落ちたところを掴み上げられて再び壁に叩きつけられた。
吊り上げられて苦悶にあえぐ胸元から何かが滑りでる。
それ―ダンテの胸で輝くアミュレット―を目にした途端、ダンテを壁に貼り付けにして、
残酷な笑みを浮かべていたネロアンジェロの様子が激変した。
触れてはいけないものにでも触れたようにダンテを放り出し、頭を抱えて荒い息をつく。
苦悶するその姿が青い炎に包まれ、魔剣士はいずこかの空へと消え去った。

459 :デビル人:04/03/23 08:55 ID:zReNzMpe
ア…アクションだから。アクション書かないと攻略みたいで味気ないしって事で厨小説なのは勘弁ネー
ここまででミッション3:灼熱の破壊者(DESTROYER OF ARDOR)
ミッション4:漆黒の騎士(BLACK KNIGHT)です
続きはまたこんどー。後半大分はしょれるから2ミショーンでこんだけって事はもうないので…多分。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 10:21 ID:Ed2xrPtH
聖剣の神様乙です。
(・∀・)イイヨイイヨー

デビルの神様乙。
あのアクションは途中放棄したんで、ストーリーようやく知れたです。
気長に待ってるので、いつでもオゲ。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 11:41 ID:R2f/7b6b
LOMの人乙(・∀・)ノシ これ読んでやる人がでてきたらいいなぁ
主人公のために泣いてくれる人がいるって感動だよ

462 :フロントミッション2nd:04/03/23 14:04 ID:BK1vTroj
>>441>>442>>443続き
その頃、国外に逃れたアッシュらは、制海艦モント内で、帰国の時を待っていた。そこで、グリフと同じく捕虜となり、リーザに救出されたリミアン基地の同僚に再会する。
彼に、グリフが自分を探してアロルデシュに残ったことを聞かされ、動揺するアッシュ。自分も戻ってグリフを探す、というアッシュに、ジョイスが同意する。
彼は彼で、サリバシュの美しい娘、リラのことが気になっていたのだ。嫌がるエイミアを説き伏せ、彼女の操縦する輸送機でモントを抜け出すことに。
いざ発進の時、CIUの諜報員と名乗るパイクが、無理やり乗り込んできて、連れて行ってくれという。彼は「ある物(リーザらが探しているものと同じ)」の情報を集めており、リミアン基地出身のアッシュらに興味を持っていた。
彼の強引さにあきれつつ、アロルデシュに帰り着く。
とりあえず、サリバシュに再び協力を仰ぐことにし、ディアラバへ。再会したトマスは、グリフらが革命軍の捕虜になったことを話し、助けに行くときは力を貸すから、と頭を下げる。
とりあえずその時まで、サリバシュと革命軍の戦いに力を貸すことに。直後、革命軍がディアラバに侵攻してくる。
なんとか退けるが、これ以上ここにとどまるのは危険だ、とのサリバシュの判断で、ボーネアのアジトに移動することになる。
ボーネアへ向かう船の上で、サリバシュの娘リラはジョイスに語る。クーデターの張本人ヴェンの父とサリバシュは友人で、ヴェンの父が亡くなった後、サリバシュがヴェンを引き取り、兄妹のように育ってきたのだと。
サリバシュも彼に愛情を注いでいたが、性急に革命をのぞむヴェンと、国民自身が立ち上がって独立を目指すべきだというサリバシュの考えはすれ違い続けてきたのだと。
ジョイスはリラの声音から、リラがヴェンを愛しているのだと感じ取るが、口には出さなかった。


463 :フロントミッション2nd:04/03/23 14:06 ID:BK1vTroj
ボーネア到着後、グリフ救出のため捕虜収容所を襲撃するが、グリフらはすでに別の場所へ移された後だった。落胆する間もなく、首都ダカに革命軍が進行しているとの情報が入る。
革命軍とOCU軍の、今後の展開を大きく左右する一戦。サリバシュは革命軍をこれ以上助長させないため、アッシュらを率いてダカへ向かう。
三つ巴の戦いは伯仲していたが、革命軍は爆撃機で首都を爆撃。首都のOCU軍は壊滅。1000人以上の民間人が死傷する。
しかし収穫もあった。ヴェンを捕らえたのである。
ヴェンをアジトへと連行するが、民間人を巻き込んだことで頭に血の上ったサリバシュは、まともに話が出来ない。とりあえず、ジョイスが見張りを任される。
ヴェンと二人で居るところに、リラがコーヒーを持ってくる。ジョイスは、リラの様子から、コーヒーに睡眠薬が入っており、その隙にヴェンを逃がすつもりなのだと察する。
面白くはないが、ジョイスはリラの為、ヴェンを逃がしてやる。「こんど戦場であったら、俺がお前を殺す」と言って。


464 :フロントミッション2nd:04/03/23 14:07 ID:BK1vTroj
その頃リーザらは、ディーアン空軍基地に収容されていた。革命軍の首都爆撃の後、ヴェンの右腕であるメイランが4人の前に姿を現し、彼女らのヴァンツァーの保管されている場所へ連れて行って、逃げろ、という。驚くリーザらにメイランはいう。
中佐(ヴェン)は捕まり、自分はもうここにいる意味はない。革命は、初めに描いた理想とは全く違ってしまった、と。メイランとともに、リーザらは基地を脱走するが、OCU軍と連絡が通じないため、仕方なくサリバシュを頼ってボーネアを目指す。
そしてボーネアで初めて、アッシュら、トマスら、リーザらが一堂に会する。アッシュはグリフと再会し、この国に居る目的は果たしたかに見えた。
しかし、パイクがリーザにぶつけた質問から、雲行きが怪しくなり始める。
「ある物」―それはフェンリルと呼ばれている―は、無人兵器のコントロールシステムのことであった。その支配は、人工衛星にフェンリルを搭載することで、敵味方に関わらずありとあらゆる人工衛星に及ぶ。
フェンリルは、それを手にしたものに絶対の覇権をもたらす「悪魔の兵器」だったのである。
それを探し出してどうするつもりだったんだ、と問い詰めるパイクに、リーザは、破壊するつもりだった、と答える。上からは回収を命じられていたが、その命に背いてでも、あれはあってはならない兵器だと。
リーザとパイクの意見が一致し、彼らは以後、フェンリルを探しだす為、ともに行動することにする。


465 :フロントミッション2nd:04/03/23 14:08 ID:BK1vTroj
とはいえアッシュらには、これは無関係な話のはずだった。しかし、話を聞いていたグリフの顔が青ざめる。
彼は告白する。自分はリミアンにいた頃、金のため武器の横流しに携わっていた、そのコンテナの中にもしかしたらフェンリルがあったかもしれない、と。そしてそのコンテナは、今でもリミアン基地にある筈だと言う。
アッシュら、リーザらに加え、グリフの横流ししていた「お宝」に興味を示したトマスらも加わり、サリバシュに了解を得て一路リミアンへ。しかしあろうことか、フェンリルは先回りしていたヴェンによって奪われてしまっていた。
一方サリバシュは、革命軍から首都を取り戻すため、ダカへと向かった。リラも連れている。(リラはヴァンツァーの操縦資格を持っている)
そこで、リミアンから戻ってきたアッシュらと合流。ヴェンと対峙するものの、彼を捉え、国会議事堂を開放することに成功する。
安堵し、いざヴェンと話そうとしたその時、上空に真っ青な謎の戦闘機が忽然と現れた。OCUのものでも、まして革命軍のものでもない。戦闘機は真っ直ぐにヴェンを目指し、襲い掛かった。
その時、誰よりも早くリラの機体がヴェンの機体の前に飛び出した。
二つの機体が、爆炎に消えた。


466 :フロントミッション2ndのひと:04/03/23 14:10 ID:BK1vTroj
明日に続きます。明日完結予定。

467 :446:04/03/23 14:34 ID:/rY0nvD9
>>447
わかりまちた。鬼武者1から頑張ってみまつ。



468 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 19:20 ID:RF01k8AK
>>フロントミッション2のひと
ないすじょぶ。明日も頑張ってくれ

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 20:33 ID:083mWPHS
>456-459
ずっと待っていたのだよ〜アリガタイ!続き期待してるよ。

アクション苦手でデビルすらできなくて途中で放置していたんだナ。
そして全く自分が物語の入り口にすら立っていなかったことに気づいたり。鬱。

470 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/23 21:18 ID:mIkufTWN
長らく間が空きましてすいません、>>59の続きです。

見事墓場から脱出した一向は、なんとか街に救うゾンビを一掃しようと、スリークゾンビ対策委員会に助力を仰ぐ
すると、ツーソンに住むポーラと顔なじみの発明家見習。アップルキッドからゾンビホイホイたる発明を
製作したという連絡が入る、これを使い見事スリークの街のゾンビを一箇所に集めて倒すことに成功したネスらは
ゾンビを操っている親玉の元へと向かう。
墓場の奥道を進むと、グレープフルーツ渓谷に辿り着く。
謎の洞窟を発見し奥へと進んでいくとそこはサターンバレー。
謎の人種?「どせいさん」が暮らしている村であった。
のんびりした口調のどせいさん達から、ゾンビを操っているのはゲップーという魔物で
ゲップーに何人もの仲間が誘拐されたので助けて欲しいと頼まれる。
スリークの街を、どせいさんを救うためネス一行はゲップーの秘密基地へと赴く。

秘密基地に潜入し、見事ゲップーを倒しすと「フォーサイドの街に仕掛けたマニマニの悪魔が…」という言葉を残し
ゲップーは逃亡する。
秘密基地で労働を強いられているどせいさん達を救出すると、サターンバレーにあるどせいさんたちだけの秘密の場所
3番目のパワースポットの情報を得られる。
新たなる地球の力を手にし、ネスはまた一つ強くなったのであった。

471 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/23 21:30 ID:mIkufTWN
スリークの街へ戻ると暗かった雰囲気が一掃され明るい活気で溢れていた。
ネスたちは最後にゲップーが残した言葉を手がかりに次の街、フォーサイドへと急ぐ。

途中大渋滞に巻き込まれ歩いて街まで行くことを余儀なくされるネス一行。
フォーサイドへと通じる砂漠を歩き回っていると、埋蔵金発掘本部という小屋を発見する。
そこでお腹を空かせて発掘作業が出来ないというモッチーから
「食べ物をくれたら、お礼にここから出た金は全部君たちにあげよう」と提案される。
金が出る可能性は少ないものの、モッチーを見捨てることも出来ずネスは食料を渡す。
モッチーはネスに感謝し「必ず埋蔵金を見つける!」と意気込みも新たに発掘作業に力を注ぐのであった。

砂漠を無事に抜けると大都会、フォーサイドに到着。
そこでネスたちは懐かしい顔に出会う、トンズラブラザーズだ。
彼らはある劇場のオーナーの口車に乗せられ、100万もの借金をしてしまいここで一生タダ働きをしなければならない、と
ネスに嘆くのであった。
駄目元ではあるが、埋蔵金が出ればトンズラブラザーズを解放できると考えたネスたちは再び砂漠へと渡る。
すると埋蔵金発掘本部には黒山の人だかりができていた。
なんとモッチーは謎の迷路を発見し、埋蔵金の在り処も特定できたのだがそこには強い魔物が巣食っており
更にモッチーも迷路に閉じ込められてしまったとのことだった。
ネスたちは迷路に救う魔物を退治し、モッチーと埋蔵金を手に地上へと戻る。

472 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/23 21:40 ID:mIkufTWN
埋蔵金と思われていた宝箱には巨大なダイヤモンドが入っていた。
約束どおりモッチーはそれをネスに手渡し、無事トンズラブラザーズは劇場から解放されたのだった。

一息ついたのも束の間、装備を整えようとデパートに向かうと何とポーラが誘拐されてしまう。
ポーラをさらったデパートの怪人と対決するが、ポーラの姿は見当たらない。
怪人の最後の言葉から、モノトリーという人物がポーラを誘拐したということを知ったネスらはモノトリーを探すため
裏路地のバーへと向かう。
バーで情報を集めようとするが、子供という事で門前払いされたネスとジェフ。
一旦バーを後にすると、裏路地にツーソンで出会ったトンチキさんが倒れていた。
バーの秘密を探っていたトンチキは、謎の組織の手により暴行を受け瀕死の重傷であった。
「バーのカウンターの中を調べろ…」
それがトンチキの最後の言葉であった。
おぼつかない足取りでネスたちの傍を離れるトンチキ、それが彼の最後の姿となった…

473 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/23 21:54 ID:mIkufTWN
ネスたちはトンチキの命をかけた遺言に従い、バーのカウンターを調べると一瞬目の前が真っ白になった。
気が付くとそこは謎の「ムーンサイド」という街であった。

不気味なムーンサイドの街を探索しているとモノトリーを発見。
モノトリーは謎の黄金の像に話し掛けているようだった、ネスが黄金の像を調べると突然像が襲い掛かってくる。
この像こそがゲップーが言っていたマニマニの悪魔なのだった。
マニマニの悪魔を倒すと、まるで霧が晴れるようにムーンサイドの街が消えていく…

ふと気が付くと、ネスたちはバーの倉庫にいた、そこには砕けた黄金の像もあった。
倉庫のネズミ曰く、ネスらは何かにとりつかれたようにフラフラと虚ろな目で
倉庫を歩き回っていたのだという……。
ムーンサイドはマニマニの悪魔が見せていた幻想の世界だったのだ。

バーの倉庫から脱出したネスらは、モノトリーが収めているモノトリービルへと向かうが、矢張りここでも門前払い。
しかし、モノトリーに仕えるメイド曰く、近頃流行している「イチゴ豆腐」なるものを持ってくれば
こっそりビルに入れてあげてもいいとのこと。
必死でネスたちは街中を探すも流行のイチゴ豆腐は見つからないままに、アップルキッドから連絡が入る。
「あんまり役に立ちそうに無いけど、発明品が出来たので貰って欲しい」と
その発明品とは「グルメ豆腐マシーン」、現在作れるのはイチゴ豆腐だけだそうだ。
その発明品は既に宅急便にネス宛に送るようにしたという。

続く。

474 :デビルメイクライ(4):04/03/24 08:37 ID:oFTc6wWD
マザー2のひとおっつー。なつかしー。いちおークリアしたけどおぼろげにしか覚えてないんだよなー。トシだ…
続きよろ!…にしても「イチゴ豆腐」って…糸井さん…

ではデビルイメクラ続き逝きます。
前回までのあらすじ:アミュレットでかっ!Σ (゚Д゚;)よゆうで20センティくらいあるよ…邪魔だろそれ…
あとアミュレットってひそかにカプンコアクションの伝統になりつつあるよな…デハドゾ。

東塔を一息に駆け下りる。「憂鬱なる魂」を使い、地下通路への扉を開いたダンテは次々と襲い掛かる魔物を
退け、新たな鍵「陽光の導き」を手にした。途端に強力な脱力感に襲われるダンテ。時間と共に体力を奪う鍵に
さいなまれつつも再び襲い来たファントムをなんとか退け、城主の寝室へと帰還する。
手にした鍵を陽光のレリーフにはめ込むと、錆び付いた音を立てて隠し扉が開いた。ホールを真下に望みながら
崩れ落ちた渡り廊下を飛び越え、錬金術の間を抜けるとホールの屋上に出た。

ステンドグラスの床を通り過ぎ、開いた鉄格子に近づく。
しかし格子に辿り着く寸前、ダンテの目の前で鉄の扉は轟音を立てて落ちた。
一歩、二歩とあとずさる背後で、いやという程聞きなれた、重い足音が響く。
はっとして振り返ればうんざりするくらい見慣れた脚が、城壁を乗り越えるところだった。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 08:38 ID:9jMsrFT6
>>473モッツカレ〜 そろそろ埋蔵金の辺りだっけ?あそこ迷った('A`)
でもマザーシリーズってもう少し砕いた文章でいいんぢゃないかな?
話だけ書くとすごい強引な話だし(・∀・)
>「グルメ豆腐マシーン」、現在作れるのはイチゴ豆腐だけだそうだ

476 :デビルメイクライ(5):04/03/24 08:43 ID:oFTc6wWD
「休み時間は終わったぜ、坊や!…ガキの遊びはもうやめだ。やりたい放題やってやる!」
地鳴りと共に飛び降りてきた悪魔は、背中に巻き込んでいた長い尾をゆっくりとほどいていく。
憤怒に煮えたぎったファントムの言葉に、ダンテが怯むことは全くなかった。
それどころか寧ろ嬉々として両腕を広げ、眼前に叩きつけられた蠍の尾に向かって挑発しさえしてみせる。
「やれよ、マジな遊びをしようぜ!」
そして、死闘の幕が切って落とされた。

戦いは意外な方向で決着した。
雲突く巨体の重みに耐え切れなくなったステンドグラスが破れ、ファントムは階下に向かって落下する。
疲弊しきった魔王の腹心に止めを刺したのは、魔狩人の一撃ではなく、槍を掲げたホールの騎士像だった。
貫かれた腹からマグマを噴き出させ、ぜいぜいとあえぎながらファントムが問う。
「お前、ただの人間ではないな?…何者だ」
ダンテは答えず、丸く穴を開けたホールの穴からただ冷然と見下ろすのみだ。
が、次の瞬間、その背後に映る「なにか」をみたファントムの声が震えだした。
「まさか…伝説の魔剣士スパーダ…!?そんなバカな」
勝者はにやりと笑い、初めて己の名を敗者に告げた。
「鋭いな。その息子ダンテだ」
断末魔の絶叫を聞きながら、嘲笑交じりの別れのキスを投げる。
「ネンネしな」
ファントムは絶命し、亡骸は瞬く間に灰となって消えた。

477 :デビルメイクライ(6):04/03/24 08:49 ID:oFTc6wWD
さして面白くもなさげに鼻を鳴らし、ダンテがその場を立ち去ったあと。誰もいないホールに佇む影があった。
「ファントムが負けた…まさかこれ程とは…」
呆然と首を振った影は、長い金髪をなびかせてその場を立ち去った。

前庭で手に入れた「三叉の矛」は城の跳ね橋を上げるための装置の一部だった。
機械に矛を差し込むと巻き上げ機が作動し、外界との間に長い橋が掛かる。
ダンテを渡した橋は何事もなかったかのように元の位置に収まった。
コロシアム前広場で地中から現われた悪魔「ブレイド」をほふり、入場門前庭へ。
空中に浮かぶ台座を見つけ、足場を上り詰めたダンテは台座にゆれる炎が、頭の中に語りかける声を聞いた。
“我が名はイフリート  我を目覚めさせる愚かなる者よ  地獄の業火をその身をもって知れ”
炎は弾け、目にも止まらぬ速さで宙を駆け巡る。
爆発と共にダンテの腕をくわえ込んだ炎は、竜の意匠を施した篭手へと姿を変えていた。

辺りに荒々しい雄たけびが響き渡る。
ダンテは高熱を発する篭手を無理やりにねじ伏せ、その力を手に入れた。
コロシアム前広場に戻ったダンテの頭上に赤い稲光が走る。
一転俄かにかき曇った空を振り仰げば、渦を巻く黒雲の中から長い尾をもつ巨大な鷲が現われるところだった。
外壁に降り立った悪魔「グリフォン」。彼もまた魔王の腹心だった。
「貴様か。ムンドゥス様に楯突くスパーダの息子というのは」
傲然と問うグリフォンにダンテはふざけたように軽やかなステップを踏んでみせる。
「消えな、トリ頭。それとも痛い目見るか?」
怒りに猛り立った叫びが広場に響いた。

きょうはここまでー。やっとミショーン9までです…長。いや俺の略が下手なのか 
デビル2に比べて皆さん熱い熱い。
しかもアリウス以外殆ど喋らない2と違ってボス敵おしなべて喋りまくり。いや、だから2がどうって訳じゃないんだが…
ただの挑発ゼリフって出生の秘密がどーたらとか言うのと比べて略しにくいんだよー…とかイイワケシテミル。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 11:01 ID:DIKF08h2
ダンテ、カコ(・∀・)イイ!!!

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 16:22 ID:OxRx7l/Y
真女神転生3マニアクスのストーリーを教えてください

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 16:26 ID:+VJKW89w
>>479
買え

481 :フロントミッション2nd:04/03/24 16:35 ID:oPRPZJSa
>>441>>442>>443>>462>>463>>464>>465 続き
奪還した首都ダカに構えたバーグショミティの仮設司令部で、サリバシュはひたすら泣き続けていた。リラも、息子同様に育ててきたヴェンも、もういない。サリバシュは、戦いを続ける意欲を失いかけていた。
その時、死んだはずのヴェンが、ディーアン空軍基地に帰還したとの情報が入る。瞬間、サリバシュは咆哮をあげ、単独でもディーアンに乗り込んでヴェンを殺すと言い出す。
「俺はもう、死んだって構わないんだ!」
そう言い放ったサリバシュの頬に、サユリの平手打ちが飛んだ。
「あんたが死んだら、リラは今よりもっと悲しむのよ!」
それが分からないんなら、さっさと殺されちゃえばいいんだわ…、そう言いながら、サユリ自身泣きじゃくっている。その涙に、サリバシュはようやく一応の平静を取り戻した。
革命軍本部・ディーアン基地を攻めるには、現状の戦力差では無謀に過ぎる。そこで、まずは革命軍がインターゲーンと呼ばれる謎の組織から受けている物資の補給線を絶つ事にした。
メイランの情報に基づいて、物資の受け渡しが行なわれているブラフマプトラ川へ向かい、作業を行なっていたトラックを叩く。
意外にも受け渡しは輸送機で行なわれており、完全に補給を絶つ事は出来そうにもなかったが、少なくとも一時はディーアンに、新しい物資は運ばれないであろう。
いよいよ腹を決めたサリバシュ。ディーアンへの襲撃作戦が始まる。
ロズウェル発案の襲撃作戦は、輸送機で基地に低空接近・着陸し、敵の爆撃機を爆破し、基地を混乱させた後に地上部隊が突入するという、なんとも不安なものであった。
一方そのディーアンでは、ヴェンと革命軍総司令官のグィアンダが、手に入れたフェンリルをめぐって意見を異にしていた。フェンリルはあくまでも、OCUを脅すためのものだというヴェン。しかしグィアンダは、フェンリルを実際に使用するという。
ヴェンはこの時、革命を彼らの手に任せてはならないと感じ、ある決断をした。


482 :フロントミッション2nd:04/03/24 16:37 ID:oPRPZJSa
ロズウェルの無謀な作戦は、奇跡的にも成功裏に終わった。
基地はバーグショミティによって落とされ、グィアンダは追い詰められ、ヘリに乗り込んで逃走しようとした。ヘリが嘲笑うように高く舞い上がりかけたその時、地上に残っていたヴェンの銃口が、ヘリに向けられた。
マシンガンによって蜂の巣にされたヘリが、炎に包まれながらゆっくりと墜落する。そして、撤退を命じるヴェンの声を乗せた無線が、その場にいた全ての者に届いた。

ヴェンはその後、一個中隊を率いてどこかへ消えていった。革命軍は事実上崩壊し、フェンリルもまだ回収しきれていないものの、当面の危機は去ったかに見える。
ヴェンとは個人的に決着をつけたいというサリバシュを残し、アッシュらはこの国を去ることを決意する。
汽車の中、アッシュは思い惑う。かつて自分は逃げるようにこの母国・アロルデシュを離れ、OCUに志願した。そして今再び、母国に背を向けようとしている。この国のため、自分は残ってするべきことが有ったのではないか、と。
その時、線路上に十数台の機動兵器が現れ、攻撃を開始してきた。ヴェンの命に背き、追って来たらしい。彼らを退けるものの、やはり自分たちもヴェンと決着をつけたい、とトマスらはサリバシュにいう。
彼らもまた、ここまで関わってきたこの国の行く末を見定めたい気持ちになっていたのだ。熱意に押され、サリバシュはそれを受け入れる。
サリバシュ達は、襲ってきた機動兵器のコックピット内に残されていたデータをもとに、ヴェンの居場所へと向かう。
そこでアッシュは、自らの過去を告白する。
アッシュがかつてアロルデシュ軍に所属していた4年前、偶然にも、クーデターが起ころうとしていた現場に居合わせる。それを知った彼は、クーデターを阻止するため、リーダーであるアザト大佐を撃ち殺してしまう。
その後彼は除隊し、OCU軍に入隊したのであった。だが彼は、自らの行為が正しかったのか、ずっと逡巡していた。あのままクーデターが起こっていたほうが、アロルデシュの為だったのではないのか。そしてその疑問は、今度の一連の出来事を通して、徐々に深まって来ていた…


483 :フロントミッション2nd:04/03/24 16:38 ID:oPRPZJSa
アッシュの思いを断ち切るように、ヴェンの中隊との交戦が始まる。だが、ヴェンの元へたどり着く前に、リーザは上空に、打ち上げられたばかりのロケットを確認する。
まさか、打ち上げられたのはフェンリルなのか。
ヴェンも同じく動揺し、戦いを中断して夜の闇に消えていった。
ロケットを打ち上げたのは、インターゲーンであろう、とパイクが推測する。インターゲーンは、革命軍に物資を提供するだけではなく、まるで自ら何か重大な目的を持って行動しているかのように見える。インターゲーンとは何者か、目的は何だというのか。
その謎を探るにしても、ヴェンの情報を頼る他ない。サリバシュらは、ヴェンを追った。
ヴェンはその頃、インターゲーンの責任者、ヘンシェルと交信し、インターゲーンの手によりフェンリルが打ち上げられたことを確認する。フェンリルを使用しようとするヘンシェルに、ヴェンは激しい憎悪を燃やした。
その場所に、サリバシュらが辿りつく。今だヴェンへの愛情を残しているサリバシュは、お前がフェンリルを使うことを望んでいないならともにインターゲーンと戦おう、というが、ヴェンは強がって突っぱねる。そして、戦いが始まる。
ヴェンを追い詰めたアッシュに、ヴェンは殺せ、という。その時、上空に、見覚えのある青い戦闘機が現れる。かつて、ヴェンとリラを襲ったあの戦闘機だ。青い機体から放たれた砲弾は、今度こそ間違いなくヴェンの機体を直撃した…
虫の息で、ヴェンはサリバシュに、間違っていたのは、俺の方だったようだ、という。そしてアッシュに、こう言い残す。
「フェンリルを、止めてくれ…あれは、あってはならない兵器だ」
何故俺に?とアッシュが問うと、
「この国で起こった2つのクーデターを止めることが出来たのは、お前だけだからだ…」
そうしてヴェンは、息を引き取る。
しかしジョイスは、倉庫の奥に寝かされていたリラを発見する。怪我こそ負っていたが、彼女もまた、生きていたのだ。

484 :フロントミッション2nd:04/03/24 16:40 ID:oPRPZJSa
リーザは無線を通じ、上司であるチャンジャン将軍に、フェンリル打ち上げの旨を報告する。それの対する将軍の答えは、あまりに意外なものだった。打ち上げは、予定の行動だった、と。リーザの胸に、疑惑の暗雲がたれこめる。
その時、無人兵器の一群が、彼らのキャンプに接近してきた。革命軍が既にない以上、インターゲーンのものであろう。無人兵器を退けた後も、あまりに手回しの良すぎるインターゲーンの行動に、不安が尽きない。
その時、その場にインターゲーンの責任者・ヘンシェルが現れ、真実を告げた。
フェンリルを作り、打ち上げたのは間違いなく我々だ。我々はテストを行なう必要があった。フェンリルの操る無人兵器が、本当に有人兵器を打ち破れるのか。その為にクーデターを利用し、OCUとの戦いでフェンリルを使用しようとしたのだ、と。
彼が立ち去った後、一行は、フェンリルを止める術を探してインターゲーン本部へ赴く。そこでヘンシェルは、最後の謎を明かす。インターゲーン、それはただの企業ではない。その実態は、OCU軍秘密工場。
つまりフェンリルは、OCUによって作られたものであり、今回のクーデターも、そして4年前のクーデターも、フェンリルの実戦テストのため、OCUの命を受けたヘンシェルの糸引きによって引き起こされたものだったのだ。
だが、とヘンシェルは続ける。今回の件で、フェンリルとOCUの関係が明るみに出るのを恐れたOCUは、真実を知るヘンシェルやヴェンを葬るため、傭兵部隊「ダークギース」を派遣した、と。
ヴェンを抹殺したのは、彼らだったのである。
だが、私には切り札がある…。無気味な言葉を残し、工場内に消えていくヘンシェル。アッシュ達は彼を追う。
「切り札」、それはフェンリルによる、アロルデシュを含むOCU諸国への核ミサイル攻撃であった。既にそれは、実行に移されようとしていた。もう引き返すことは出来ない、と薄く笑うヘンシェル。セリバシュのバズーカが、彼を粉砕した。
フェンリルを止める術はないのか。提案されたのは、ここから別のロケットを打ち上げ、フェンリルを撃墜する、という方法だった。
押し寄せる無人兵器を蹴散らしつつ、コントロールルームに辿り付き、ロケットを打ち上げる。一度目は、フェンリルの防衛システムに引っかかるものの、次のロケットに友軍信号を出させることで、フェンリルに再接近。
フェンリルを破壊する事に、とうとう成功したのである。


485 :フロントミッション2nd:04/03/24 16:46 ID:oPRPZJSa
それから。
オーストラリアへ戻ろうとする制海艦モント上に、アッシュらはいた。
危難は去った。だが、全てが終わったわけではない。
突然鳴り響く警報。接近してきた戦闘機。それは間違いなく、全てを知ったアッシュらを抹殺すべく派遣された「ダークギース」であった。
彼らの攻撃をも、アッシュらは退ける。勿論、これからも同じように、命を狙われる日々が続くのだろう。だが、決して死ぬわけにはいかない。OCUの闇を暴くことが出来るのは、今は自分たちしかいないのだから。その日までは、決して。
見上げた空はどこまでも高く青く、アッシュの目に染みた。

             完

これで終わりです。長くなった割に、分かりにくくてスマソ。
後、セリフなんかはかなりうる覚えです。ふいんき(←なぜか変換できない)だけですが、かなり好きなタイトルなんで、興味持ってくれたら嬉しい。
って、それはスレの趣旨じゃないな。
とりあえず、分かりにくいところは、ごめんね。おれはじめてあらすじかいたから、ごめんね。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 18:32 ID:aXvX6hhV
>>485
乙。
自分1やっただけだったからわかってよかった。

あと、
× ふいんき
○ ふんいき→雰囲気


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 18:56 ID:2fCFal5D
ネタにマジレスかっこわるい

488 :フロントミッション2ndのひと:04/03/24 19:08 ID:oPRPZJSa
すまん。たまたま雰囲気って言葉使うハメになったんで、ついふいんきネタ使っちゃった。
どうせ皆軽くスルーしてくれると思ったんだけど。
やっぱりふいんきは、軽はずみに使えんな…。

↓以下なにごともなかったように再開

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 19:10 ID:9H6HooAA
ふろみ2の人乙!けっこうアツい話だったんだな…もっと淡々と進んでんのかと思ってた。
>486
わろたw
そして
×うる覚え
○うろ覚え  だなw

490 :489:04/03/24 19:13 ID:9H6HooAA
>488
ごっめん天丼やっちゃった。リロードしてなかたよ。
では
↓以下なにごともなかったように再開
ってことで


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 19:17 ID:AosBMIpK
フロミ2乙
けど、ドミンゴの存在が抹消されてるな
付け加えておくと
トマスの旧友でダークギースのリーダーね

492 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/24 19:44 ID:XtaDrIY7
>475 そうですね
マザー2は自分でもつっこみたいところのある作品なのでウザクならない程度に各所に自主ツッコミでも
いれてみたいと思います。
ので、調子が変わりますが>473の続きをば…

豆腐を製造できる「グルメ豆腐マシーン」を手にモノトリービルのメイドを尋ね、ネスたちはビルへと向かう。
無事メイドさんにマシーンを渡し…もとい強奪され、お礼に、とモノトリービルに侵入成功。
目指すは最上階にいるモノトリー氏、警備ロボを片っ端からポンコツにしていきながらネスらは最上階に辿り着く。
しかしモノトリーの部屋の前には最強の警備ロボ「油断ロボ」がネスらを待ち構えていた
油断ロボは見た目は可愛らしいが反面最強の名にふさわしい反則なまでの無敵っぷりを発揮する。
苦戦を強いられるネス一行、体力も限界、もうだめだ!2人が諦めかけた時。
部屋に黒い影が飛び込み、なんと油断ロボのスイッチをOFFにして倒してしまった。
黒い影の正体はトンズラブラザーズ。借金のお礼に何か出来ないかとこっそりとネスたちを尾行してきたのだった。
いよいよモノトリーと対決だ!いきおいよくモノトリーの部屋の扉を開けるとそこには
怯えるモノトリーと、ポーラがいた。幼女と2人きりで何をしていたのかと問いただす間もなく
モノトリーは、自分がマニマニの悪魔よりギーグの手先に操られていたこと
ネスらと敵対するつもりはなく、ポーラにも危害は加えていないと言い出した。

ポーラの説得でモノトリーさんは悪い人じゃないという結論に達したネスらは、これからどこに向かうかを話しあう。
そこでモノトリーからサマーズへ行ったらどうだと提案される。
しかしサマーズへは海を渡るため、飛行機でもない限り行くことは不可能。

493 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/24 19:56 ID:XtaDrIY7
モノトリーは、自分が所有しているヘリコプターを使ってもいいとネスたちに告げる。
それならお言葉に甘えて…とヘリポートに向かうと既にヘリは発進していた。

乗っているのはなんとポーキー、ポーラは、ポーキーを見て「私を誘拐した太った子供よ!」とネスに告げる。
ポーキーはギーグ側についていたのだった。
お前確かネスの幼馴染ってことは12歳前後だよな?何でヘリが動かせるんだ?という質問を浮かぶが
綺麗に無視し、ポーキーは一足先にサマーズへと向かう。

ネスら一行はサマーズに向かうため、飛行機を探しに出る、ポーラの提案から再びスリークへと赴く。
そこで、壊れたスカイウォーカーをジェフ修復、サマーズへと出発だ!

……と思ったのも束の間、スカイウォーカーは自動帰還がついていたらしくジェフの故郷ウィンターズの
アンドーナツ博士の研究所に戻っていった。

アンドーナツ博士に事情を話すと、スカイウォーカーを改造し、好きな場所に行くように改良をしてくれる
改造までの時間、ネスらは研究所付近を探検し、そこで4つめのパワースポットを発見。
パワースポットを守る魔物を撃破し、研究所に戻るとスカイウォーカーは完成していた。

3人は意気揚揚とサマーズへ向かうのであった。

494 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/24 20:07 ID:XtaDrIY7
しかし、またスカイウォーカーは墜落してしまう。
有名な観光地サマーズの浜辺に不時着、スカイウォーカーは粉々に砕けてしまう。

サマーズでポーキーらしき人物が、海を渡ったところにあるスカラビという国に行ったという情報を掴み
ネスらは漁師の家に船を出してくれと頼みに向かう。
しかし、海にはクラーケンという怪物が頻繁に船を襲うという事件が発生しており
誰も船を出してくれないとのこと。
ここは漁師を説得するよりその家族の助力を得た方がいいと、漁師の奥さんに事情を話しに行く。
奥さんは、こんな子供がそんな苦労を…とネスらの行動にいたく感動して、手作りのケーキをご馳走してくれる。
そのケーキには不思議なトリップケーキであった。

一口食べた途端、ネスらは強い眩暈に襲われ、その中でネスは夢を見る。
それは自分がある国の王子になっているという夢であった。

495 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/24 20:18 ID:XtaDrIY7
ランマの国の王子プー。ネスは夢でその人物になっていた。
プー王子は国中の女の子にモテモテ、しかし近頃お年頃になってきた王子は王となるために
「ム」(無)の試練を受けなければいけなかった。
高い山の頂上で座禅を組み、心を無の境地に飛ばす、それがムの修行である。
だが取り巻きの女の子たちの声で全く集中できない。王子だめじゃん。

しかしその日はなぜか王子の調子絶好調。心を無にしていると、プーの前に先祖の霊が現れる。
先祖の霊から、鬱になったゲームスレに上げられたりする鬱な試練を受ける。
(詳しく知りたい方はメル欄)

辛い先祖の試練に見事打ち勝つこちに成功、修行の中で、自分は世界を救う少年少女の1人であること
そして、自分以外の仲間が既に集結しることを知る。
ランマ国王にのみ伝えられる超能力、テレポートを伝授され、プーはネスらと合流するべくサマーズに向かう。

続く。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 20:50 ID:Y+avFxYz
マザー2の人乙。
俺の中では、未だにプーの試練は鬱の象徴だな……。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 22:42 ID:yczzB2et
マザー職人さん、乙っす。
それにしても、プーの試練ってそんな内容だったのか。。。((((; ゚Д゚))))

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 23:37 ID:bn0tIPAa
フロミ2の人、乙!
リーザタンが好きだったんだが3,4には出てくるのかな?
3、4キボンヌ

アンドデッドオアアライブも希望していいでしょうか?


499 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 23:53 ID:Jr35XTRn
マザー2懐かしいなぁ。クルクル降りてくる写真家を思い出したよ。

チーズ、サンドイッチ

だったかな?

500 :元・フロントミッション2ndのひと:04/03/25 00:06 ID:yhOt9dXS
>>498
リーザたんは二度と出てきません。俺も残念。
FMは一通りやったが、正直3,4には2ndほど経験も思い入れもないから、うまく書けそうもないや。
特に3は、俺が書くと内容が「DQN御一行珍道中」になりそうだ(´д`;)
誰か、ふさわしい人が現れるのをマターリ待っててくれ。スマソ。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 00:10 ID:wajvz2fV
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2 ・フェイスパラドックス
・ラピュセル ・零 ・零〜赤い蝶〜 ・幻想水滸伝3(3人のEDを詳しく) ・フロントミッション4
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター ・ビヨンドザビヨンド
・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街 ・エクサフォーム ・みつめてナイトR
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC  ・トレジャーハンターG ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6 ・ロマンシングサガ2
・ダークキングダム ・ざくろの味 ・永遠のフィレ―ナ ・ルドラの秘宝 ・ブレスオブファイア
・ラストバイブル3 ・超魔法大陸ウォズ ・伝説のオウガバトル ・ダークハーフ ・イデアの日
・トラバース ・ソウルアンドソード(トラバースの前作) ・幕末降臨伝ONI ・鬼神降臨伝ONI
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■XBox ・真女神転生NINE ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻
■セガ系  ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール ・ファンタシースターオンライン2
・シャイニングウィズダム ・「テラ・ファンタスティカ」 ・魔導物語シリーズ(1,2,3,A)
・ドラゴンフォース ・デッドオアアライブ
■携帯機  ・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝
・アークザラッド 機神復活 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・英雄伝説3 白き魔女 ・田中の夢物語(ネタ?)
・魔導物語R ・魔導物語S ・「囚人へのペル・エム・フル」
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■現スレ  ・グローランサー4 ・ラグランジュポイント ・Ever17 ・戦国サイバー藤丸地獄変
・マザー2 ・シャドウオブメモリーズ ・FE紋章の謎 ・聖剣伝説レジェンドオブマナ
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜(真エンド)
■前スレから放置 ・ジャングルウォーズ2 ・サーカディア ・ONI3 ・真女神転生2 ・.hack
・ブレスオブファイア3 ・ヘラクレスの栄光4
■Part3から放置  ・アンサガ(キャ、アー編以外) ・東京魔人学園符咒封録 ・グランディア
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・ロマサガ(WCだけの話) ・ジルオール ・ゼノギアス
■2以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマ) ・FF8
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・「真・女神転生デビルサマナー」
・ジェネレーションオブカオス2 ・ジェネレーションオブカオス3
・テイルズ なりきりダンジョン ・鬼武者 ・鬼武者2 ・鬼武者3 ・FF4
●題名不明 主がEDで死、シリーズの1に戻り無限ループオチ:エルナード?シャドウハーツ2?

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 02:15 ID:40yY71uU
マザー2、プーの修行で部下が呼びに来るたびに「なんだようるせーな」と思って
毎回戻っては首をかしげていたのを思い出す…

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 05:02 ID:T8U5JZJ1
・トラバース ・ソウルアンドソード(トラバースの前作)はマルチストーリーなので
ストーリーを説明するのは無理だ。

504 :悪魔ちゃん姪くらい?:04/03/25 10:07 ID:apzDB6f5
>469
>デビルすら
攻略スレとかまだ結構にぎわってるし、割とムズイ部類に入るんじゃないでしょか。
でもそれも三周目の前では“春の草原でスキップスキップ♪”並みのちょろさになると言う罠が…
雑魚に二回なでられただけで死ぬって…マリオかよ(;´Д`)

前回のあらすじ:ファントム「ホザイタナ虫ケラ!踏ミ潰シテヤルワ!」 虫 け ら は て め え だ。
では逝きます。

空から地から、ダンテを攻め立てたグリフォンもまた、悪魔狩人の前に屈し、逃げ去らざるを得なかった。
置き土産代わりの赤い稲妻が消えぬ内に炎を宿したダンテの拳が閃き、広場の門が開かれる。
霧にかすむ渓谷を、漂う不思議な明かりを頼りに抜け、植物の生い茂る、巨大な温室庭園へ辿り着いた。
庭園で手に入れた「純潔の証」を水上回廊の祭壇に捧げる。
封印の解けた「聖杯」を手に取った途端、背後で扉がふさがれ、頭上に稲光が閃いた。
運命にも似た予感を感じながらゆっくりと振り返る。
回廊に現われた魔剣士が大剣を掲げ、ダンテとの対決を待っていた。

二度目の対決で膝を折ったのは、最初の対決での勝者だった。
辛くも勝利したダンテを後に、魔剣士は稲妻と共に消え去った。
「聖杯」を「騎士像」の前に掲げ、地下水脈への道を開く。地下の洞窟に浮かんだ幽霊船。
船守りを倒し、出航する。
復讐に猛り現われたグリフォンとの再戦を制し、船長室で入手した「ヘルメスの杖」を手に
激戦の衝撃で沈没した船内から脱出。打ち寄せられた島の裏手から滝壺を抜けると、古城の外壁に出た。

505 :デビルメイクライ(8):04/03/25 10:11 ID:apzDB6f5
裏門の鍵を開け、コロシアム前広場へ。途中で手に入れた「小さな楯の紋章」と引き換えに闘技場の扉を開く。
「対なる二槍」を得る。地下の小部屋から出たダンテを、闇夜が包んだ。
悪魔狩人の血を求めて集まってきた魔物たちを「魔光石」の明かりが照らす。
闘技場の中央に書かれた巨大な魔方陣が、ダンテの中に不思議な声を響かせる。
“コロシアムに生贄を捧げよ  贄の儀は運命の輪へと道を繋ぐ”
漆黒の夜空にそれよりなお黒い暗雲がたちこめ、激しい雨が降り出した。
雷雲の中に、それを裂こうとうごめく影がある。
度重なる敗北に誇りを砕かれ、最早退く事の出来なくなったグリフォンだった。

片翼を折り砕かれた巨体が魔法陣の上で地響きを立てる。
石柱に心臓を貫かれ、生贄として大地に捧げられた巨鳥は、それでもなお敵に向かってあがき続けた。
「偉大なる我らが主よ。我に力を与え給え、この者を倒す力を!」
虚空に溶けるかと思われたグリフォンの叫びは、しかし暗雲の中に稲光を呼び、激しい渦を巻き起こした。
渦の中に現われたものをみて、ダンテの表情がありありと、劇的なまでにこわばる。
「おお、ムンドゥス様」
渦の中、浮かぶ赤い三つ目にグリフォンは嬉しげに語りかけたが、その期待は無残に打ち砕かれた。
苛烈きわまる雷の鞭が放たれ、凄惨な絶叫が上がる。
無慈悲な主の制裁が、戦う力を失った哀れな下僕を跡形もなく焼き尽くした。

506 :デビルメイクライ(9):04/03/25 10:17 ID:apzDB6f5
「あの、三つ目…」
呆然と呟く背後に電光が瞬き、トリッシュが現われた。
「勝ったの?大したものね」「ムンドゥス」
今のダンテの耳に、しかし賞賛の言葉は届かなかった。
硬く握りこんだ拳の内には、母の形見、赤いアミュレットが光っている。
「汚ねぇ事しやがる。自分の仲間を虫ケラのように!」
さっきまでの敵にかける言葉とも思えず、面食らうトリッシュ。不審げに瞬く瞳の前で、ダンテは小さく俯いた。
「俺の母親と兄弟のときもそうだった…母の話を思い出す。弱者のために戦った―勇気ある父の話を」
振り返った瞳には強い決意が宿っていた。
「父の名に誓って、奴に死を!」

以上、ミショーン10:霧深き渓谷(CANYON OF MYST )からミシーョン16:運命の輪(WHEEL OF DESTINY)までです。
グリフォンさんも虫ケラですかダンテさん…
相変わらず駄文遅々として進まず申し訳ないっす…明日には終わる。多分終われるはず…終われる…かも。
ああー >>504 はデビルメイクライ(7)です。わかりにくいネタだね。ごめんねごめんね(以下略

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 12:16 ID:Bddb3/XF
まとめサイトの管理人さん。いつもありがとうございます。きついでしょうけどがんばって下さい。
このスレが良スレたるのもあなたのおかげです。

508 :聖剣LOM:04/03/25 14:03 ID:5K2igF3L
メイン三編のラスト逝きます
他二編はコチラ
>>152-157
>>449-454

ポップアップで見ると激しい事になってて鬱
…普通に見ても十分激しいか orz

509 :聖剣LOM ドラゴンキラー編(1):04/03/25 14:04 ID:5K2igF3L
『紅き堕帝』
今日も一人ファ・ディールを巡る主人公は、荒涼とした草原の不気味な墓石に
人魂が吸い込まれていくのを目撃する。 墓石に近寄ってみると謎の声が。
  「戦士よ、貴様の力 試させてもらおう」   画面が暗転。
気がつくと炎に赤々と照らし出された地底に居た。そこへ現れた狼の獣人戦士は
竜帝ティアマットのドラグーン(※1) ラルクと名乗る。主人公の疑問には殆ど答えず、
詳しい事が知りたければ共に下層へ降りろと言う。地上へ戻る手立ても無いので
彼に従って下層へ向かう。 どうやらここは死者が逝き付く場所 “奈落” らしい。
ボスを倒して “竜帝” ティアマットと対面。 だがその姿は人のそれと変わらない。

ティアマットは非礼を詫び、事情を話しだす。 曰く、自分はかつて地上に君臨した
“竜帝” である。 しかしその力を妬んだ三匹の竜によって魔力を奪われ、この様な
姿で奈落を彷徨う身となった。 自分の代わりに竜どもから力を取り戻して欲しい。
受けて貰えるのなら、自分の力で主人公を元の状態へと戻そう……との事。
主人公は、生きたまま奈落へ落ちたために半霊体となっており、このまま放って
おけばいずれ消滅してしまうらしい。 否が応にも、受けざるを得ない主人公。

地上へ送り戻された主人公にラルクは言う。竜、即ち“知恵のドラゴン”(※2) 達は
世界の秩序を守っている気でいるが、そんな支配を俺達は必要としていない。
俺は竜を狩りに行くが、気に食わなければ好きにして構わない。 しかしこれが
戦士として名をあげるまたと無い好機だと言う事も忘れるな、と。


『群青の守護神』
第一の知恵のドラゴンはノルン山脈に。麓の森に踏み込む主人公をラルクが制止。
瞬間、ラルクの斧が短剣の刃を弾く。 襲撃者は女性、ラルクと同じ狼の獣人戦士。
シエラと呼ばれた彼女はラルクに言う。お前はティアマットに騙されているんだ、と。
答えないラルク。 彼女はティアマットへの怒りの言葉を残し、姿を消す。

山脈への入り口に集落がある。 集落に住む風読み師一族は全て、知恵のドラゴン
メガロードのドラグーンだと言う。 山頂への道を封印していた三元老を倒し、山頂を
目指す。 一族の中で最も強い力を持っていた三元老を倒されてなお、侵入者達を
主の下へ行かせるまいと立ち塞がる風読み師達を、ラルクは一瞬で斬り伏せる。
大きな力の差が成す、戦いとすら呼べない一方的な決着に言葉を無くす主人公。

山頂で待ち受けるのは群青の竜、風の属性を持つ知恵のドラゴン、メガロード。
メガロードもまたラルクに呼びかける。 奴が何を企んでいるのか解らんのか、と。
ラルクの答えはただ一言。「問答無用」   メガロードと戦い、倒す。
メガロードが守っていたマナストーンを開放、マナの力はティアマットの物となる。
先程ラルクに一蹴された風読み師の生き残りが、体を引きずってたどり着く。
「何故だ… 何故 こんな恐ろしい事を…」 ティアマットの話を少々疑いつつ終了

 ※1 知恵のドラゴンの手足となって活動する騎士。主たる竜と生命を共にし、
    生涯を共にする。 竜に認められた強者のみがドラグーンとなる資格を得る。
 ※2 人々の間では伝説上の存在とも思われている、強大な力を持つドラゴン。
    モンスターとして登場する駄竜とは一線を隔した存在。

510 :聖剣LOM ドラゴンキラー編(2):04/03/25 14:05 ID:5K2igF3L
『紫紺の怨霊』
第二の知恵のドラゴンの居城とされる骨の城。周囲に強力な薬草が生育する為
ジオの魔法学園から生徒達が近くの集落に来ている。彼らの話では最近城の様子が
おかしいらしい。城門と思われる所へ来ると骸骨戦士と戦闘に。倒して場内へ。

城に入ってすぐに罠をペット(orゴーレム)が作動させてしまい仲間はバラバラに。
仲間を探す主人公を、過去に骨の城に呑まれ、力尽きた者達の霊が導いてくれる。
まずペット(orゴーレム)を発見。ラルクを探していると、ノルン山脈の麓で襲ってきた
女戦士シエラが現れ、 ティアマットの野望を阻止するため、と再び襲い掛かってくる。
倒すと、必ず止めてみせる、と言って撤退するシエラ。 その後ラルクを発見。やっと
合流した主人公達の行く手を阻むのは、過去の亡霊・不死皇帝(※) ドラグーンとは
違うものの、知恵のドラゴン・ジャジャラの部下として戦いを仕掛けてくる。 戦闘。

ボーンドラゴン・ジャジャラは言う。 ティアマットは私欲の為にマナを求めていると。
ジャジャラを倒しマナストーンを開放するラルクに、主人公は疑念をぶつけるが
返ってきた答えは 「深く考えない事だ」 と言う物。 残るドラゴンは、あと一匹。


『白妙の竜姫』
残る知恵のドラゴンのテリトリーである白の森。 ラルクの嗅覚を頼りに森の深奥へ。
巨木の台座に辿り着いた主人公達の前にシエラが現れる。 ラルクが追っていたのは
彼女の体香だったらしい。 最後の知恵のドラゴン、竜姫ヴァディスの所在を問うラルク。

シエラは問い返す。 ティアマットが何を企んでいるか、分かっているのか。 奴が竜殺しを
命じたのは復讐のためだけではない。 世界の根源たる力・マナエネルギーを自分の物に
するためだ。 ティアマットがマナの力を得て地上に蘇ったらどうなると思っている!
 「うるさいぞ!シエラ!」 聞く耳を持たぬとばかりに叫ぶラルク。 シエラは愕然とする。
ラルクは言う。 ティアマットが地上に蘇れば、自分も蘇る事ができる。 邪魔をしないでくれ。
どうあっても折れないラルクに、シエラはうつむく。 彼女はドラグーンであり、その役目は
主たる知恵のドラゴンと同様、世界秩序を管理し、守護する事である。
「秩序を乱そうとしている者を見逃すわけにはいかない! たとえ、それが我が弟でも!!」

苦渋に満ちた戦いが始まろうとしたそのとき、それを制止する声がかかる。 同時、台座に
純白の竜が現れる。 木の属性を持つ白竜ヴァディス。 武器を収めぬままマナストーンの
在り処を問うラルク。 暫しの沈黙の後ヴァディスは場所を教え、ラルクはその場所へ向かう。
彼はマナストーンを開放しつつ、独りごちる。 これで自分は、そしてティアマットも自由になる。
だが、手は考えてある、と。 開放を終えて戻ったラルクは、一人蚊帳の外で事の成り行きを
見守っていた主人公にこれでお前の役目はすんだと告げて去っていく。

残された主人公にヴァディスが言う。 あなたは巻き込まれてしまっただけだけれど、既に
大きな流れの中にいる。 ティアマットを止めねば世界は大変なことになるだろう。 勝手を
言っているのは承知している。 でもどうか、逃げないで欲しい。 そして、主人公にその力を
示してほしいと言う。戦闘を経て、ヴァディスは主人公の力の質を確かめ、言う。
「彼を…ラルクをお願いします」

 ※ 前述の宝石泥棒編で何度か名前が出てきた「帝国」の皇帝。死後ジャジャラに
    見出され、彼の部下となりつつも、解放される時を待っている

511 :聖剣LOM ドラゴンキラー編(3・ED):04/03/25 14:06 ID:5K2igF3L
『真紅なる竜帝』
再び奈落へと赴く主人公。 入り口となる墓石の前でラルクを追ってきたシエラと会う。
力を貸してほしいと言う彼女と共に奈落を下る。 以前ティアマットに会った奈落の底
炎の城を遠くに望むテラスに、ラルクとティアマットがいる。 戦いを挑もうとするシエラ。

ラルクがシエラを制止、決着は自分につけさせてくれと言う。 ラルクはドラグーンになる際
ティアマットと契約を結んでいた。 ラルクがマナエネルギーを集め、ティアマットが増幅する。
そして地上へ復活するその時、二者が戦い、勝者のみが地上へ復活する。 という契約を。
ティアマットは答える。 契約を果たそう、だがその前に今までの働きに対して褒美を与える。
突如、ラルクの身体が血を吹く。 何をしたのだ!と叫ぶシエラに、ティアマットは答える。
姉の様に勇敢な、強き戦士でありたいと思い続けていたラルクの願いを叶えただけだ、と。
流れ込む巨大な力に耐え切れず、ラルクの身体が変質。 モンスター化したラルクと戦闘。

倒され、元の姿に戻ったラルクは言う。自分の行いが間違いだというのは分かっていた。
だが、それでも生き返りたかったと。 「…姉さんと…もう一度……」  言葉を残して消滅。
弟の仇を討つことを誓うシエラ。 その時、大地が揺らぐ。 力を得たティアマットが遂に
地上への浮上を開始したのだ。 奈落から炎に包まれたティアマットの城が浮かび上がる。

ヴァディスの力によって救い出されたシエラと主人公。 ヴァディスはラルクがティアマットに
取り込まれていると言う。 そしてティアマットは地上の生き物全てを取り込むつもりでいる。
この大地の生命は全て、絆で結ばれている。 生命の頂点、ドラゴンでさえドラグーンという
異種族の者を通じ世界との絆を求めて生きている。 それは生命の真理でありこの世界の
絶対の掟。 それを拒み、己を全てとするティアマットとの戦いに一人で挑んではならない。
 「あなた方に、大地との絆を託します。どうか、彼を止めてやってください」

広大な城内を抜け、たどり着いたテラスにティアマットは人の姿のまま悠然と佇む。
「ぬしの弟も我が糧となった。姉弟揃って我が糧となれ」 シエラは叫びを以って答える
「貴様が呑んだ全ての魂……私の手に返してもらう!」 火の属性を持つ本来の姿、
真紅の竜帝へと戻ったティアマットと決戦。

勝利の後、ティアマットに呑まれた者達が開放される。 ラルクに駆け寄ろうとするシエラを
ヴァディスが制止。 ラルクの体はティアマットの血の呪いに侵されていると言う。
千年程はティアマットのいる奈落へ縛られるだろう、これは俺が償うべき物だと言うラルク。
シエラもようやくそれを受け入れる 「今度は私がお前に会いに行こう」 という言葉と共に。
世界秩序の番人たる群青の竜メガロード・紫紺の竜ジャジャラは相次いで復活。奪われた
マナエネルギーは大地に戻った。 そして、人々に知られる事の無い歴史の影、マナを巡る
争いに引き裂かれていた姉弟は長き時を経て再会を果たす             ―END


3編の中で一番短く、一番単純構造なシナリオと言えるが、その反面ファ・ディールに
おける命の繋がりなんて物が語られたりする。とても“かっこいい”話だと個人的には
思うんですが……微妙にというか非常にというか、影が薄い一編。

どうも総合OP入れないと最終編わけわからん事になりそうな気配がしてます
すいません書き始めたとき忘却してました。次回、総合OP含めた最終編いきます。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 14:22 ID:bZUFIsoI
               ∧_∧
オツカレチャ━━━━━━(´∀` )━━━━━━ソ!!!!!
              /     ヽ
             / 人   \\   彡
           ⊂´_/  )   ヽ__`⊃
                / 人 (
               (_ノ (_)

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 14:34 ID:cr/rAbX1
どことなく哀愁漂うLOMいいね。ふいんきと2D絵は至高。
その他がまずかったが。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 15:03 ID:/r4UgN32
BGMとテーマソングは神ってるんだがな。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 18:49 ID:19Fn0Qdw
実際にやったんだが・・・SO3のエンディング
なにあれ?意味不明。誰か教えて〜!

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 19:55 ID:EmJ8y0/A
社長が世界のデータ消去
→なのに気がついたら元の世界
→理由はわからんけど自分たちには世界が感じられるからまぁいいよね

ってこと。
ブレアとか開発室の連中がバックアップデータ使って復旧させた説も出ている。
俺的にはこちらの解釈のほうが納得行くかな。

517 :515:04/03/25 21:26 ID:19Fn0Qdw
なるほど
RPGのストーリーというのは小説と似ていて『読者に考えさせる』という話を
聞いたことがあるが
スタオーは「社長がデータ消去したのになんで?」を考えればいいのか

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 05:01 ID:Q1p5yXe+
 専門用語なしに言うてみるテスツ。わけわかんなかったらスマソ

 ES=エターナルスフィアはFD界に存在する世界である。つまり
(( ES ) FD )

 FDに飛び出した時、遅くともEDの時、早ければバンデーンがFDを察知した時。フェイトにとっては、
ESとFDは相互となる。 ES|FD 。 つまり ( ES )( FD )
 により
(( ES )( FD ) EDのフェイトの世界 ) となったようだ。
 なお具体的根拠としてはバンデーン人が闘技場のランキングにいない事などが挙げられる。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 06:07 ID:T3dq8zN9
ゼノギアス、中途半端で終わってるようですが、
個人的に大好きなので、書かせて頂いてもよろしいですか?


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 10:45 ID:8DVaUPzz
>>519
難敵だぞ。最後まで放り出すな。

521 :519:04/03/26 19:13 ID:dQO3CnpG
>>520
へい〜。
では、予約と言うことで。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 21:38 ID:AqN/sHmp
勇者だなぁ。嫌が応にも期待してしまうな。

523 :ラグランジュポイント 22:04/03/27 05:42 ID:TSNix8Y1
ランド2、ポテトエリア。
ジンは救援要請のあったポテト部隊の武器庫の救出に向かう。
ホバーで沼を越え武器庫へ。中にはポテト部隊スコット隊長の4人の弟たち、
バージルらがいる。まだバイオ軍は出没するものの、武器庫はすでに
奪還している様子で、要所要所を見張っているスコットの弟たちは
お礼にいろんなアイテムをくれる。奥にいるバージルから、バイオ軍から奪還した
ポテトディスクを受け取る。
武器庫が解放されたことで、ポテトタウンのストアは営業再開。
タウンはジンに対する感謝とブラボーの嵐。
シュトルテ博士についての情報。
シュトルテ博士がイシスに来てからプレシデントファイブ内に対立が起きた。
オレギ、レデスマ、ウエーバーの3人は博士と共に権力を握り、
プレシデントファイブのリーダー・タニア議長を閉じ込めた。

ランド2、コーンベース。
アイアン部隊に略奪を受けたことで、サイボーグ部隊のウルフ隊長が
メラメラ怒っている基地だ。ここにはカズの見張り小屋のカズの母がいて、
息子におまもりを渡してほしいと頼まれる。また、きめわざ看護婦・ナースまゆみは
ジンのきめわざ(必殺技)を開発してくれるほか、ドクタークミの診察を受けるための
紹介状を書いてくれる。

524 :ラグランジュポイント 23:04/03/27 05:44 ID:TSNix8Y1
コーンベースを略奪したアイアン部隊は、オレンジエリアの沼の向こうにいることが
オレンジキャンプからの情報で分かっている。ジンはオレンジエリアに向かい、沼を越えて
アイアン部隊の足取りを追う。
沼を越えると、西は、向こうが見えないほどの大地の亀裂にさえぎられている。
亀裂のふちに立つ建物に入ると、アイアン部隊の兵隊が番をしており、ここは
アイアンシティ2だと言う。ジンは製鉄所に置き去りに去れたアイアン部隊兵から
アイアンカードを手に入れているので、それを見せると通してもらえる。
ダン将軍はこの先の「パープルタウン」におられるかもしれないとのことだ。
アイアンシティ2は単なる地下通路。通路の先は、大亀裂を越えた向こう。
ここもミュー研究所があった土地と同じような紫色の大地だ。
紫色の大地を進んでいくと、パープルタウンはあった。タウンというのは名ばかりで、
ミュー研究所のような不気味な施設だ。最深部にダン将軍の姿を発見する。
ダン将軍は潔くジンに捕縛されるが、目的はもう済んだなどと余裕の態度をとる。
同行しているガイドロボットのピコがウルフ隊長に無線通信。
ジンがアイアンシティ2に戻ると、連絡を受けたサイボーグ部隊が来ている。
ジンはダン将軍の身柄をサイボーグ部隊に受け渡す。
なお、パープルタウン最深部にも閉ざされたドアがあり、ここでも
ドアロック解除は「システムセンター810」の端末で行うようメッセージが出る。

525 :ラグランジュポイント 24:04/03/27 05:47 ID:TSNix8Y1
コーンベースに行ってみると、ジンに対する感謝とグレイトの嵐。
アイアン部隊に略奪された物を取り戻し、店じまいしてたストアが再開。
ウルフ隊長に会うと、なんとダン将軍を逃がしたという。ただし、丸腰にして。
人食いミュータントの餌食にしてしまうという罰だ。
ウルフ隊長から、アイアン部隊から取り戻したコーンディスクを受け取る。
サイボーグ部隊の基地であるコーンベースでは、サイボーグ部隊所属のパミルの
過去が明らかになる。宇宙船の事故で両親を失い、残された姉とパミルの2人もまた
事故のため機械の体になってしまったのだ。

ランド2、オレンジキャンプ。
コーンベースで紹介状を書いてもらっていれば、ドクタークミの診察を受けることが
できる。ジンや仲間に最も合う武器や専用防具を教えてくれる。
ジンが診察を受けると、とてもパイロットとは思えない、きめわざもどんどん覚えていく
生まれつきの戦士だと診断される。ジンの専用防具は、エンゼル部隊が作ってくれた
「シャトルボディ」。
ここでは、リタがバイオハザードの影響を強く受けていると診断される。
ドクタークミは何かに思い当たったようだが、可能性を否定し口をつぐむ。

526 :ラグランジュポイント 25:04/03/27 05:48 ID:TSNix8Y1
サテライトベース。
3つのディスクを回収するという任務を果たしたジン。
すでにその活躍は、戦士の中の戦士と称されるまでのものになっていた。
トーゴ会長から、戦士の中の戦士の称号「ガイアの戦士」と認められ、
「ガイアカード」を授けられる。
サテライトベースの技師たちは3つのディスクのデータを分析し、
バイオ軍のドアロックシステムの解除方法をみつけた。
解除方法のデータを収めた「バイオディスク」を受け取り、バイオ軍の本拠を目指す。

サテライトベースに集まる情報。

「バイオの楽園」の地下には「カイザーロード」と呼ばれるダンジョンネットがある。
カイザーロードの先の「センターシティ」には、バイオ軍に連れ去られた科学者が
閉じ込められている。そして、カイザーロードのドアロックを管理するシステムセンターは
コーンエリアのどこかにある。「バイオの宮殿」というのがバイオ軍の本拠地。

シュトルテ博士はバイオノイド、すなわちどんなに汚染された環境でも生きていける
バイオの体を作る研究をしていた。

バイオ軍の本当の狙いは地球かもしれない。バイオ軍はタニア議長を楯にして地球に乗り込む
つもりかもしれない。タニア議長は現在3番目のヴェスタに閉じ込められているらしいが、
レジスタンスのシャトルではヴェスタ3には行けない。

527 :ラグランジュポイント 26:04/03/27 05:49 ID:TSNix8Y1
ランド2。

ポテトタウン。
ここでも、タニア議長がヴェスタ3に閉じ込められているとの情報。他には、
シュトルテ博士は、今でもバイオの宮殿でバイオノイドの研究をしているらしい。
カイザーロードを抜けた所には「バイオベース」があり、水路の水はバイオベースで
コントロールされている。水路に水がなければ、カズの見張り小屋から水路沿いに
バイオ軍の本拠地に行ける。
などの情報。
ポテト部隊スコットは語る。
このコロニーは宇宙に浮かぶガラスの金魚鉢のようなもので、
壊れやすいしどこにも逃げ場がない。だが、それは地球も同じなのではないか、と。

カズの見張り小屋。
母からのお守りは届くことなく、カズはバイオ軍の襲撃を受け戦死していた。
カズのお守りはよく調べると音波発信機になっていて、しばらくの間敵を寄せ付け
ない効果があった。カズの分まで頑張ってくれ、とお守りを託される。
見張り小屋の地下は水で満たされているが、水路の水がひけばここから水路に入っていける。

528 :ラグランジュポイント 27:04/03/27 05:50 ID:TSNix8Y1
コーンベース。
ドアロックシステムセンターは、コーンエリアの西の大亀裂に沿って北に行くとある。
そこがカイザーロードの入口にもなっているそうだ。
ウルフ隊長は、サイボーグ部隊の任務を明かす。サイボーグ部隊は、シュトルテ博士
暗殺の命を受け地球から送られてきたのだ。博士をあなどってはいけない、
バイオノイドより恐ろしいのがシュトルテ博士だ。と語る。
地球にいたころ見たシュトルテ博士は氷のような目をしていた、と他のサイボーグが言う。

オレンジキャンプから来たミューは、世界には限りがある、奪ってはいけない、
分けなければと言う。パミルの姉は、科学と人の素晴らしさを一番よく知っているのは
私たちサイボーグだ、だから科学が人を苦しめるようなことは許せないと言う。
別のサイボーグは、このコロニーは重力のバランスのとれた空間に浮いているが
その中では科学と自然と人間のバランスが崩れていたんだ、と語る。

529 :ラグランジュポイント 28:04/03/27 05:57 ID:TSNix8Y1
コーンベースを出て、西の大亀裂のふちに立つシステムセンターへ。
バイオディスクのデータをセットすると、ドアロックが解除される。
システムセンターにあるドアがすぐカイザーロードの入口になっている。
カイザーロードを進んでいくジン。途中には逃げる科学者たちが置き忘れた
アイテムがある。モリタ博士が言っていた「モリタカプセル」もここにある。
カイザーロードを進むと、あちこちから通路が集まる広いスペースにたどりつく。
ここで、丸腰でバイオ軍の餌食にされたはずのダン将軍と出くわす。
ジンに捕縛された時には、ダン将軍はもうバイオ軍との接触を済ませていたのだ。
ダン将軍は、バイオカイザーの宮殿に続くという通路に消える。そちらへの
通路のドアはどうやっても開かない。ここから伸びる別の通路を調べてみると、
ミュー研究所やパープルタウンの最深部につながっていた事が分かる。
ジンは、残った通路をさらに進んで行く。

カイザーロードを抜けた先は、マップファイル2で確認すると、ランド2の西側だ。
ランド2は、西側がポテトエリアと現在地のエリア、大亀裂をはさんでランド2中央に
バイオの楽園と呼ばれる紫色の大地が島状に孤立して存在し、また大亀裂をはさんで
ランド東側がコーンエリアとオレンジエリア。
ジンは、ランド2東側のコーンエリアの入口からカイザーロードを抜けて
ランド2西側のエリアまで抜けたことになる。
このエリアをしばらく進むと、バイオベースがある。ランド2西側の水路の
水量を管理している基地だ。

530 :ラグランジュポイント:04/03/27 06:01 ID:TSNix8Y1
前スレ
>>475-476  0 1
>>518-523  2〜7
このスレ
>>24 >>26-31 8〜14
>>268-274 15〜21
>>523-529 22〜28

序盤 1〜7 ランド1を出るまで
中盤 8〜24 3つのディスク回収
終盤 25〜
という感じです。中断

531 :聖剣LOM:04/03/27 06:09 ID:mSq+YuSK
ラグランジュポイントお疲れ様です

聖剣LOM、ラスト行きます
メイン三篇はコチラ

>>152-157 エスカデ編
>>449-454 宝石泥棒編
>>509-511 ドラゴンキラー編

532 :聖剣LOM オープニング ― マナの聖域編(1):04/03/27 06:10 ID:mSq+YuSK
OP
宙に浮かぶ大樹をバックに語りかける声がある。
900年前マナの木が焼け落ち、残されたマナの奪い合いによる数百年の戦乱。
マナの力は弱まり、それを求めるものもいなくなり、ようやく世界に平和が訪れた。
それ以来、人は求めることを恐れ、虚ろな気持ちを胸に抱いて『私』から離れていった。
『私』の無限の業から目を背け、小さな争いに胸を痛めている…

私を思い出してください。
私を求めてください。
私は全てを限りなく与えます。
私は『愛』です。
私を見つけ、私へと歩いて下さい。

大樹は光に包まれて消え行き、主人公は家のベッドで目を覚ます。


『夢の檻の中へ』
前述の“エスカデ編” “宝石泥棒編” “ドラゴンキラー編” の内のどれか一つをクリアし、更に
マップ上に出現しているランドの数が一定に達すると、ある日ゲーム開始時から主人公の家の
前をうろうろしていた草人が倒れてしまう。 彼を見守る草人達は、今までファ・ディールを巡り、
様々な出来事に首を突っ込み、世界の在り様を学び、成長してきた主人公に言う。
「あなたのイメージが、この子を“ラヴ”でいっぱいにしたから、この子が選ばれたの。きっと」
彼は神界にある “おおきな木”(=マナの木(※1)) の癒し手として選ばれたのだ。

が、そんなある日、神界へ行くはずだった草人が攫われてしまう。 点々と落ちている葉っぱを
辿って行くと、家の裏手の小屋(武器・防具、その他諸々を作成する為の小屋)に続いている。
小屋へ入るとジオの魔法学園教師・ヌヌザックと夢魔少女ベルが。 草人を攫ったのはどうやら
ヌヌザックらしい。 ベルは “夢の檻” から草人を解放してやれと言うが、ヌヌザックはマナの木
など無くていいと言う。 彼はマナの木を巡って起きた過去の戦乱の再来を危惧していた。

そこに賢人の一人“語り部のポキール”がやって来る。 賢人は言う。 マナの木の力は本来は
人の中に在るものだ。 今の人に必要なのは生きる糧ではなく、愛するという事なのだと。
意見を曲げないヌヌザック。 しかし彼は「ならばキミの意思に従おう」と言ったポキールに縋る。
見捨てないでくれ、自分の様な愚者の意見など踏み越えて、賢人の神の如き力で導いてくれ、と
ポキールは答える。 強いて言うなら、キミの意思を認めることが僕の力だ。 キミがたとえ世界を
滅茶苦茶に破壊したとしてもかまわない、僕はキミを祝福しよう。

ポキールが去った後ヌヌザックに話し掛けると、世界とは、人生とは何のためにあるのか
その答えを教えてくれ、と言われ夢の檻の中に飛ばされる。 草人の下へ。
そこへ、OPで語りかけてきた声が響く。 主人公に剣を与える、目を閉じてイメージせよ、と。
主人公は “マナの剣”(※2) を授かり、草人の頭上に綿毛(?) が開いて終了。

 ※1 世界の根源たる力 “マナ” の象徴とされる木。マナの女神が変じた姿だとも言われる
    昔は全ての世界を貫いて存在していたが、マナの奪い合いを発端とした過去の戦争で
    焼け落ち、今は神界だけに存在する。神界の木が癒えれば再び世界に姿を現すと言う
 ※2 聖剣シリーズにおける最重要アイテム。今回はランド「マナの聖域」を出現させるAFの扱い
    宝石泥棒編でレディパールが過去に探索していた聖剣。

  実際のプレイでは三編は大抵(一遍を抽出してやろうと思わない限り)同時進行になるので
  『夢の檻の中へ』の発生時期は点在するイベントを大体こなし、三編も終了間近と言った辺り。

533 :聖剣LOM マナの聖域編(2・総合ED):04/03/27 06:12 ID:mSq+YuSK
『マナ』
AF “マナの剣” は、神界にあるとされるマナの木への道を拓く。 宙に浮かぶ大樹 “マナの木” の
たもとで主人公を待っていたのは七賢人の一人 “語り部のポキール” 彼は、マナの女神による
「この宇宙の創造」を語って聞かせる。 宇宙の全てはもとをたどれば光から出来ている。 我々を
隔てる “影” もまた然り。 「つまるところキミは、闇を憎まなくていい。それだけがわかればいい」

根をつたい、洞を抜け、幹を登り、枝を渡り、樹上の『聖域の門』をくぐり、聖域の中心へ。
聖域の中心部を跳梁するモンスターを倒し終えると、大きな月が見下ろす謎の空間へ移る。
OPで語りかけてきた声。 私は光であり、闇。 私は永遠の創造、永遠の破壊、そして再生。
私の全てが正義ではなく、私の全てが清らかではない。 それらは私の半分の姿。 私の半分を
求める者たちが、正義の剣で人を傷つけ、自由を奪い、私の真実を隠す。
あなたに、私の闇の姿を見せます。 あなたはそれに打ち勝ち、英雄になりなさい。
私を求める者たちに、道を示すために。

 ラスボス “マナの女神” との戦闘。

戦闘を終えたところに、草人が到着。 「ぼく、草人。マナの木をなおしに来たのー」
…世界各地の草人に異変が起きる。 ファ・ディール全土の草人が、風に運ばれてマナの聖域へ。
数え切れぬほどの草人がマナの木を癒す。 そして世界は変革の時を迎える。

草人のいなくなった町。 背景には草人たちの言葉が現れては消えていく。
ニキータ(業突く張り商人@出番が無かった)が主人公の家を訪ねた所でスタッフロール。
今までの出来事。 いつも通りの住人たち。
最後、青々と茂るマナの木。 顔を出した草人が宙に踊り、光となる。        ― FIN ―


ちなみに “強くてニューゲーム” 機能搭載型なのでED後にセーブできます。

以上『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』メインシナリオ終了です。 何かメイン三篇だけを
抽出してみると糞真面目なストーリーに見えますが、裏ではもっと色々な事が起きています。
ルシェイメアが空に浮かぶその下でケンタウロスがナンパの旅をしていたり、
珠魅の存続をかけた戦いの裏でペンギンとアナグマがお宝を争っていたり、
真紅の竜が野望をめぐらせる一方で魔法学園の教師が砂漠で花火を打ち上げていたり、
聖域で愛がどうのこうの言ってるかと思えば商人同士の火花散る戦いが起きていたり等々。

長々と超弩級長文書き散らして申し訳ない。要約になってねぇよコレ_| ̄|○
こんな駄文にお付き合い下さった方々アリガトネー。では再び名無しとなって潜ります…。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 08:46 ID:DWnqw8PB
>>533聖剣LOMのシトおっつ!
やってみたくなった〜買ってこようかな。1000円切ってそう

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 08:51 ID:sJF2TKpi
聖剣乙でした。
神ですな。
グッジョブ>(・∀・)b

536 :ゼノギアス 1-1/3:04/03/27 09:26 ID:aLlto5zK
えー、てなわけで、早くも後悔しながらorzつらつらと書いてみようと思うわけですが、
ゼノギの物語を一言で言うと、人が神の呪縛(運命)から開放されて自立するお話、と成りましょうか。
その辺りを頭の片隅に置きつつ、まずはざっくりと大枠的なところから解説なんぞを。
3スレの>>302さんの書き込みと併せてお読み下さい。

ゼノギアスは、宇宙の始まりから終焉までを描く一大叙事詩だそうで、
ストーリーは大きく分けて六つのエピソード(時代)に分かれます。

まず、ワープ航法を使って恒星間を自由に行き来できるほどに文明が発達した星間戦争時代(EP1)
このEP1は、ゲームのOPにアニメーションで流れる程度で、ゲーム中ではあまり細かくは描写されません。
とは言うものの、この時代の船が未開の惑星に墜落した(しかも最新の戦略兵器と一緒に)事が、
ゼノギのストーリーの中核をなしているので(3スレの>>302参照)、無視は出来ませんが。

EP2は、原初の時代。船が墜落した直後からあまり年代が経っていない時期のお話。
文明レベルとしては、古代ローマ帝国とか、その辺りの時代の雰囲気。
これもゲーム中ではあまり詳しくは語られません。

次にEP3。墜落から約6000年ほど経った頃のゼボイムと名付けられた時代。文明レベルは近未来的。
この頃のヒトは、生殖能力に欠陥があるなど、種として弱いものでした。
最終的に、この時代の人間は、核戦争によってほぼ全滅します。
これもゲーム中では(以下略

EP3より3500年ばかし経った頃の話がEP4。ソラリス戦役時代です。
世界支配をたくらむソラリスと、それに抗うシェバトを中心とする勢力との戦乱の時代。
ゲームのメインとなるEP5と年代的にも近いため、中盤以降この時代の話が色々と絡んで来ます。
この戦争は最終的に、突如現れた謎の第三勢力の破壊活動により、全人口の90%以上が失われるに至り、
生き残った人々が結託して第三勢力を打ち倒すことで終結します。

EP5。ゲームのメインとなる時代です。EP4より500年ほど後の時代。
墜落から実に一万年。この時代に至り、未開の惑星を舞台にした神とヒトの因縁に終止符が打たれます。
詳しいストーリーは後々……。

EP6。ゲームのエンディング後の時代。
これはゲーム中では一切触れられません。

てなわけで、大枠的なゼノギのストーリーの概観でした。
続いては、ゼノギのストーリーの大元、EP1ついて、少し詳しく。
引き続き3スレの>>302と併せてお読み下さい。

537 :ゼノギアス 1-2/3:04/03/27 09:29 ID:aLlto5zK
西暦20XX年の地球、40億年程前の地層から後にゾハルと呼ばれる明らかに人工的な物体が発掘された。
解析の結果、それは約150億年前、すなわち、宇宙誕生の瞬間には既に存在していたことが分かった。
このありえない結果を受け、ゾハルの研究は一時凍結、研究再開には5000年の時を要した。

その間、人類は宇宙への進出を続け、2500年ごろには宇宙への移民計画が発動された。
計画により年号が西暦からT.C.に改められてからおよそ300年後、人類は移民可能な惑星を見つけ、
そこを新たな母星とすることに。

それからおよそ4500年後、各宙域で紛争が起こる星間戦争時代。
5000年の放置の後、再開された研究により、ゾハルによって事象変異が引き起こされることが分かり、
それを有効利用すべく研究する「プロジェクト・ゾハル」が立ち上がる。

やがて制御システムである生体電脳カドモニとの連結によって制御が可能になったゾハルは、
無限のエネルギーを生み出す事象変異機関として、かねてより激化していた紛争を解決すべく
開発中であった生体兵器デウスの動力源として組み込まれ、星間戦略兵器デウスシステムが誕生した。
しかしながら、その起動実験の際、デウスシステムは原因不明の暴走を起こし、周辺宙域のコロニーに
次々と侵攻。軍により強制停止される。

その後、デウスシステムは凍結されたまま、原因調査のために恒星間移民船エルドリッヂに収容された。
デウスシステムによって被害を受けたコロニーの住民らも収容して出航したエルドリッヂだったが、途上、
デウスシステムの突然の再起動によって船は制御を奪われ、本星(地球)へとワープを始める。
エルドリッヂの艦長はそれを阻止するべく自爆を決断。実行する。
ワープ中に自爆したエルドリッヂは、どことも知れぬ宙域に投げ出され、とある惑星へと墜落していった。

ようやくOPにつながった……orz
次は、ストーリーを理解するうえで絶対避けて通れないデウスシステムについて解説します。
ちょっと設定厨っぽくなりますが、ご容赦。
引き続き3スレの>>302と併せてお読み下さい。

538 :ゼノギアス 1-3/3:04/03/27 09:30 ID:aLlto5zK
デウスシステムは、実質的な攻撃兵器であるデウスと、動力源であるゾハル、ゾハルを制御する
生体電脳カドモニの三つの要素で構成されているのだが、このカドモニに予期せぬトラブルが
起こったことが全ての始まり。

ゾハルとデウスの連結実験の最中、ゾハルの発するエネルギーのためか、はたまた、
事象変異と言う現象自体が原因なのか、次元の境目に歪みが生じ、三次元世界よりもっと高位の次元との
通路のようなものが開いてしまった。
高次元から降臨した波のような存在は、三次元世界では物質化できないために、カドモニの
メインフレームである生体素子ペルソナを一時的な拠り代とした(註1)。
さらにその時、試験場になぜか偶然、アベルと言う少年が紛れ込んでいた。
三次元世界に降臨して間もなく、定義づけがなされていなかった高次元存在は、アベル少年の
回帰願望を感じ取って母親と定義づけられ(註2)、生体素子ペルソナを女性の姿に進化させて
オリジナル・エレハイムを作り出した。

アベルの定義づけによって三次元世界において物質の檻に閉じ込められてしまった高次元存在は、
高次元への回帰を願い、肉体であるデウスを破壊し自身を解放する接触者としてアベルを運命付ける(註3)。
その運命によりアベルは、肉体が滅んでも魂(語弊があるかも)に記憶が刻まれ転生を繰り返す事になった。

その後、エルドリッヂの墜落により多くの構成物質を失ったデウスシステムは、
自身を復旧させる計画を実行する。
復旧に必要なものは、生体兵器であるデウスの部品を構成するための生体。
墜落時に各地に散らばったカドモニの部品であるアニマ。

まずデウスシステムは、生体素子ペルソナから始祖の女性ミァン・ハッワーを作った。
ミァン・ハッワーはカドモニの構成部品アニムスから始祖の人間、天帝カインと12人のガゼルの法院を
作り、その後、人間の管理者として自らの分身、エレハイムとミァンを作った。
カインとガゼルの法院はデウスの部品としてのヒトの原型を量産し、以後、ヒトは進化を続けながら
増えていく。

《オリジナル・エレハイムとミァン・ハッワーとエレハイムとミァン》
アベルによって高次元存在が定義づけられ、結果オリジナル・エレハイムが出来た。
ミァン・ハッワーとは、オリジナル・エレハイムがカドモニのプログラム「System HAWWA」によって
変容した時の名称であり、基本的にオリジナル・エレハイムと同一人物。
ミァン・ハッワーが分化した片割れのエレハイムは、高次元存在の(より正確に言うならば、
アベルの意思を受けとった高次元存在の)意思によって母としての役割を持って生み出された。
もう片一方のミァンは、純粋に管理者としての役割を持って生み出された。

註1・・・この辺り、ちょっと曖昧です。大枠的には間違ってないと思いますが。
註2・・・能動主体による主観的な観測による定義づけ、とかゲーム中では言っていたような。
     ようは、お母さんに会いたいとか言う思いが高次元存在に投影されてしまったと言う事かな?
註3・・・高次元存在の解放は、接触者にしか出来ないらしいです。
     自分のケツは自分で拭けって事でしょうか。アベル君も災難です。

これでバックグラウンドは一通り。初っ端から話のケツ割りまくりですがorz
ともあれ、デウスの復活が全ての話の根本に流れている事がご理解いただけたでしょうか?
ただ、デウス本体と高次元存在の目的が微妙に食い違っているから話が複雑になっていくのですなぁ。
ここまでで分かりづらいところがあれば、ご遠慮なく言って下さい。

次回からは、ゲーム本編の進行に沿ってあらすじを書いてみます。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 09:37 ID:lghElEfT
 乙!世界設定を良く纏めてくれた
             下がってよいぞ。
        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||:::::::( ・∀・)     /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ |::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \:|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i〜^~^〜^~^〜^~^〜|i~

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 11:06 ID:HPYfn4F+
遅れましたがEVER17の人空編も乙です。
大分間が空いちゃっていますが生きてまつか?
応援くらいしかできませんががんがって下さい。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 15:20 ID:opMDAYLC
LOM禿乙ですた。戦闘システム以外は凄くいいんだなぁ。

542 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 17:19 ID:6/SsMxVY
>>495の続き投下します。

結局トリップケーキで酔っ払ってしまい、漁師の奥さんに事情を話す隙をなくして、ネス、ポーラ、ジェフは
砂漠をトリップしたままふらふらと彷徨う、そんな3人の前にプーが突然テレポートで登場。
名前を言う前に「俺はネスのしもべだ」と何だか自己陶酔っぷり、使命に目覚めた王子、ノリノリです。

とりえず、現時点で不審者扱いなプーの身元を聞くと王子だと言うのでその権力と金に物を言わせ
とある博物館で重要な資料の公開に対して賄賂を要求しているオッサンの元へプーを連れて行く。
プーが王家から持ってきた大きなルビーと引き換えに特別な資料を見ることになったネスたち。
その資料とはスカラビにあるピラミッドに関するヒエログリフだった。
ヒエログリフの内容をメモしていると、プーはその文字を読めると言い出す。
ヒエログリフには、スカラビにあるピラミッドに大きな秘密があると書かれていた。
そこにはギーグのことを予言した一説もあり、ネスらはスカラビへと行く手立てを考える。
(プーのテレポートは一度行っている場所しか行けない)

博物館を出ようとすると電話が鳴っている、誰も居ないので勝手に出ると相手はフォーサイドで
口では言えない凄いものを発見したので見に来てほしいと告げる。
スカラビへ行く方法も見つからないので、一旦フォーサイドに行くことになる。

543 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 17:32 ID:6/SsMxVY
フォーサイドに行き、電話の主に話を聞くと「下水道の中に光る場所がある!」と興奮気味。
光っている場所とは、地球のパワーが溢れている場所、パワースポットのことである。
4人は下水道を降りその場所の守護者を倒し5番目のパワースポットの力を手に入れる。
パワースポットでウサギの好みそうな人参を発見する。

「そういえばランマにウサギが道を塞いで通れない場所があるんだが…もしかしたらこの人参をあげれば退いてくれるかも」
プーの発言により一行はテレポートでランマに向かう。
ランマにて謎のウサギに人参を渡し、道を空けてもらい道を進んでいくと、ここでも発見パワースポット。
立ち塞がる敵をなぎ倒しながら6番目のパワースポットでも力を得ることに成功。

一気に2つのパワースポットを発見して絶好調な4人に更に嬉しい朗報が入る。
この頃は謎の怪物、クラーケンが出ないのでサマーズからスカラビ行きの船が出るとのこと。
こうして一行はスカラビを目指して船に乗り込む。
船を動かすのが久々で船乗りが船酔いをしてる間に、近頃姿を潜めていたクラーケンが船を襲う。
しかし、絶好調な世界を救う少年らの敵になるわけもなく、クラーケンは撃沈。
サマーズで高級食材としてスープにされてしまいましたとさ。

544 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 17:50 ID:6/SsMxVY
無事スカラビに到着した一行は、そこでポーキーの居た証拠……野グ○を見つける。
街で情報を集めていると、ポーキーはモノトリーから強奪したヘリコプターに乗って
スカラビ南部の未開の地、魔境へと向かったということが分かる。
しかし、魔境へ続く道は点在するピラミッドに遮られて徒歩では到底行くことは出来ない。

一向はまず、ヒエログリフに記されていたピラミッドへと赴き、閉ざされていた扉を開く。
ピラミッドの中で魔境の地図を発見。やはり魔境には何かあるらしい。
ピラミッドの奥へと進んでいくと、そこは魔境へと続く道を邪魔していたピラミッドの遥か南。
もう後戻りは出来ない、後は進むのみ…と決意を新たにしたのも束の間。
謎の修験者が現れ、プーに「星を落とす魔法」を伝授するから修行すっぞゴラァ!とプーを連れ去っていく。

仕方ないので3人で魔境へと向かっていくが、そこは毒の沼地。
泳いでいては毒に犯されてしまうので、潜水艦がない限り魔境には行けないということが判明する。
当てもなく来た道を戻ると謎の塔を発見。
塔だと思ったそれは、自分の体自体をダンジョンにしてしまったダンジョン男であった。
ダンジョン男に事情を話すと、自分の中のダンジョンに潜水艦があったはずだと言う。
ネスらはダンジョンの中の人の了承を得て潜水艦、黄色いサブマリンを手に入れる。

545 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 18:04 ID:6/SsMxVY
黄色いサブマリンを使い魔境に渡ったネスら、ピラミッドで得た地図を使って魔境の奥へと進んでいく。
すると、何とネスらを倒すため修行に出ていたゲップーが立ちはだかる。
魔境はヘドロ臭いわ、ゲップー自体も臭いわでネスたちは窮地に陥る。
しかしそこにこちらも修行に出ていたプーが、星を落とす呪文を引っさげ帰って来る。
強くなったプーの力添えもあって、ゲップーを撃破。

更に魔境を奥へと進むとモノトリーのヘリコプターの残骸を見つける、ポーキーが来たという何よりの証拠である。
ヘリコプターの近くには謎の洞窟があった、まさかここに?と覗いてみるとそこは不思議な一族、グミ一族がいた。
何か情報を知ってるかと話し掛けるがグミ一族は皆無口で会話が不成立。
唯一会話が可能なグミ族に話し掛けると、どこかにある無口を治す本を読んだら自分は無口が治るのに…といわれる。
本を探しに一旦洞窟を後にすると、発明家見習のアップルキッドから電話が入る。
アップルキッドは今アンドーナッツ博士の研究所で住み込みで働いているらしくい。
そちらの調子はどうかと聞くアップルキッドに本の行方を聞くと自分が所持している……言ったところで何者かにアップルキッドが襲われ
電話が切れてしまう。

一向はアップルキッド救出のため、アンドーナッツ博士の研究所のあるウィンターズへ向かう。

546 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 18:21 ID:6/SsMxVY
現在ウィンターズでは行方不明者が多発し、ジェフの親友トニーもいなくなってしまったらしい。
研究所に向かうと、アップルキッドもアンドーナッツ博士も見当たらない。
研究所にいたネズミ曰く、近くにあるストーンヘッジにみんなが連れていかれたことが判明する。

ストーンヘッジにあった謎の装置を使うとそこは未来から来た刺客たちの秘密基地だった。
ネスを手助けする人物を誘拐し、ギーグを倒させまいと考えた刺客たちが
アップルキッド、アンドーナッツ博士、トニー、そして、どせいさんまでも誘拐していたのだった。
秘密基地のボスを倒し、誘拐されていた人々を解放し、ネスは無事無口を治す本を手に入れる。

魔境へと戻り、グミ族に無口を治す本を渡すと皆が回し読みし始め、一族全体がお喋りになる。
わざわざ本を探してくれたお礼に、重要な情報を教えようとグミ族の長老から話を聞く。
この星には地上の他に地下にも大陸があり、昔グミ族のお喋りなものは地下に、無口なものは地上にと別れて住んでいたのだ
また地底大陸にある岩はも喋り、博識なので一度会いにいってはどうか?と提案される。

一向は地底大陸を目指し、地球のへそという穴を降りて地下を目指す。
途中輝く場所、パワースポットも発見し、7つ目の力も手に入れる。これで残る力はあと1つとなった。
パワースポットを通過すると、そこには恐竜が闊歩する地底世界が目の前に広がっていた。

547 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 18:38 ID:6/SsMxVY
恐竜に襲われながらも、お喋りなグミ族の村へと辿り着いたネスらは、そこで最後のパワースポットの存在を知る。
地底大陸にある火山の中のパワースポットを目指して歩いていく。
最後のパワースポットの守護者も倒し、パワースポットの音を記録すると音の石が輝きだす。
今までに巡った場所で聞いた地球の音色が重なり合い、8つのメロディがネスの心の懐かしい情景を思い出させる。

ふと気が付くと、ネスは不思議な国に一人で立っていた。
そこはマジカント、ネスの心の中にある国である。8つのパワースポットに立つことは
この世界に来るための条件だったのだとネスは悟る。
そこには今までに出会った色んな人々が居た…そこにはポーキーの姿もあった、話し掛けると
「お前は運命に選ばれたりして、俺は冴えないまま…なんか…お前のことが羨ましいよ」

ネスがマジカントにやってきたのは宇宙の真理を知ることができる「エデンの海」に行くためである。
途中ネスの勇気の化身のフライングマンを仲間に加えながらネスはエデンの海を目指す。
エデンの海にはネスの悪意の現れであるネスの悪魔がいた。
ネスの心が今まで育てた悪い部分の化身であるネスの悪魔を倒すと、どこかで聞いた声が聞こえてくる。
「サターンバレーに行こう……」それは他でもないネス自身の声だった。
自分の心の悪を倒したネスに、改めてパワースポットの8つの力が宿る…それと引き換えに音の石は砕けてしまった。

548 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 18:52 ID:6/SsMxVY
気が付くと、ネスはポーラたちに囲まれていた、最後のパワースポットでいきなり倒れてしまったらしい。
心配そうな3人を尻目にネスはサターンバレーを目指す。

サターンバレーに到着すると、そこにはストーンヘッジですっかり意気投合したらしい
アンドーナッツ博士とどせいさんたちが製作したスペーストンネルがあった。
スペーストンネルをつかえば、ギーグのいる場所に直接攻撃を仕掛けに行くことが可能なのだった。
しかし今あるのは2号機で完成には「隕石の欠片」が足りないという
初期型は服を着た豚が作業中のどせいさんを脅して乗っていったらしい、あくまでもネスの邪魔をするポーキー。

ネスらは隕石の欠片を採取するために、ゲーム序盤にオネットに降ってきた隕石へと向かう。
オネットの街に到着するとそこには、ギーグの手下が徘徊しているという有り様だった。
隕石の欠片を採取し、サターンバレーに戻り一泊すると、スペーストンネル2が完成している。

スペーストンネル2はギーグの波動を察知して地底大陸の洞窟へとワープした。
しかしどこを探してもギーグはおろか敵も見当たらず、あるのは破壊されたスペーストンネル初号機だけ
しかたなく辺りを徘徊していると、あっという間に完成したスペーストンネル3に乗ってきた
アンドーナッツ博士が現れる。

549 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 19:06 ID:6/SsMxVY
博士の話しでは、ギーグは過去の地底大陸から現在へ攻撃をしているらしい。
スペーストンネル3をつかえば過去にもいけるが、過去に生身の体で行くことは不可能だと博士は言う。
ネスらは生身の体を捨てて、ロボットの体でギーグを倒すことを4人は決意する。

アンドーナッツ博士に頭脳をプログラム化してロボットに移殖してもらい、ネスらは過去へ向かう。
道を塞ぐ強敵を倒しながら、4人は遂にギーグの元に辿り着く。
大きな球体のような姿のギーグはネスの顔を取り込んでいた。
(ギーグは予言装置により自分がネスに倒されることを知っていた。ので今より強くなろうと考え
 自分より強い者=ネスという考えに至りネスの顔を取り込んだと思われる。)

ギーグと対峙するとポーキーが現れる。
ギーグはネスに倒されることに恐怖し、力を追い求めるばかりに自分の意志を無くしてしまったことが分かる。
今現在意志のなくなったギーグを影で操っているのはポーキーなのであった。
ポーキー&ギーグ連合軍VSネスたち未来を救う少年少女の戦いがここに始まる。

550 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 19:17 ID:6/SsMxVY
激しい戦いの中、ポーキーが人間の体のまま過去に来れたのは乗っている最高の防御マシーンのお陰ということが判明し
ネスらは機械の方を集中攻撃する。
機械が破壊され、過去に止まることが出来なくなったポーキーは最後の手段でもあった
ギーグの悪魔のスイッチ(肉体維持装置?)を切ってしまう。
するとギーグの肉体がなくなり、ただの邪悪な精神体となってネスたちに襲い掛かってくる。

何故自分が戦っているのかも分からず、不気味な姿で襲い来るギーグにネスたちは倒れてしまいそうになる。
そんな中、ポーラは祈っていた。
ギーグが自分たちの力では倒せないことを悟り、現在にいる、旅の中で知り合った人々に
力を貸してくれるようにと祈っていたのだった。
ポーラの祈りは、サターンバレーでネスらの帰りを待つどせいさんや博士に届いた。
ポーラの家が経営している保育園で、ポーラを慕っている子供たちにも届いた。
ジェフの帰りを待つクラスメートたちも祈りを受け取った。
プーの帰りを待ちわびる女の子たちにも祈りの声は届いた。
ネスの家族に、トンズラブラザーズ、モノトリーさん、グミ族のみんな。

世界中の人々がこのときネスのために祈っていたのだった。

551 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 19:27 ID:6/SsMxVY
様々な人からの祈りの力も後一歩ギーグに及ばない。
「誰かお願い……この声が届いたら……」ポーラの最後の祈りがやみに飲み込まれた…
と思ったその時、時空を越えて糸/井/重/里からの祈りが届いたのだった。
銀河最強の破壊者も、ゲーム製作者にかかってはひとたまりもなくギーグはついに消滅する。

過酷な戦いの末、ネスたちのロボットの体は壊れてしまう、横たわるロボットから
光が4つ溢れ出し、時空を越えてサターンバレーへと戻ってくる。
サターンバレーに横たえられた4人の肉体に光が宿り、無事にネスらは現代に帰還。
世界中の人々に、自分たちのことを祈ってくれたお礼を言って回りながらそれぞれの帰路に着く。
ネスも1人、オネットにある自分の家に帰ってきた。

エンディングロールの流れる中、今まで経験した思い出していると唐突にドアをノックする激しい音が。
音の主はポーキーの弟のビッキー、今ポーキーからネス宛の手紙が届いていたと持ってきたのだった。
ネスが手紙の封を開けるとそこには一言。
「あばよネス、またマザー3で会おう」と。

マザー2 完

552 :マザー2 〜ギーグの逆襲〜:04/03/27 19:29 ID:6/SsMxVY
マザー2これでおしまいです。

攻略本と記憶を頼りに書いたので、本編と違っているかもしれませんが大筋は大体合っています。
ではこれでななしに戻ります。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:34 ID:21hw0cWl
マザー2の人乙!
こうやって読んでるといろいろ懐かしいなあ。

>>551の3行目って、製作者じゃなくて
サマーズやグミ族の村でプレイヤーの名前を入力する
場面があって、その時に入力した名前が出るんじゃなかったっけ?
俺の記憶・解釈違いだったらスマソ

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 20:34 ID:35v4kUTL
マザー2乙。
しかし糸井重里でラスボスって・・・・ _| ̄|○

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:12 ID:b3sWLzVi
マザー2の人お疲れ様です。
当時クリアしたはずなのにだいーぶ忘れてるなあ。
こんな風だったなウンウンと当時の感動を思い出しながら読んでたら糸/井/重/里って…。
感動も引っ込んだよ…全然記憶に無い。>553ってことでいいのか。

556 :マザー2の人:04/03/27 21:24 ID:6/SsMxVY
忘れてました。纏めです。
>10-12 >54 >57-59 >470-473 >492-495 >542-551
もしかしたら最後の祈りはプレイヤーだったかもしれないです、ただ自分がSFCでやったときの記憶では
最後に「い と い し げ さ と から祈りが〜」といきなり出て度肝を抜かれた記憶があるので…
ただ>553さんのいうようにプレイヤーの名前を入れるイベントもあるので
もしかしたら自分がプレイヤー=糸井さんといれたのかも…。
これで本当にななしに戻ります、失礼しました。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:08 ID:Jn97L1uz
マザー乙ですた

確かプレイヤーの名前が出るはずだよ


558 :ラグランジュポイント 29:04/03/27 23:29 ID:TSNix8Y1
バイオベース。ジンは水量を管理するコンピュータを動かしに行く。
コンピュータを守るはミュータント「アッシュ」。
アッシュを倒し、水路から水を除く。
バイオベースから、水のひいた水路に入る。水路は途中で分岐し、
一方に進めばカズの見張り小屋に抜ける。もう一方の道をたどっていくと
センターシティにたどりつく。

水路からセンターシティに入り、居住区の入口に近づいたところで、思いがけない
敵襲。バイオノイド3将軍の一人、レデスマだ。
まもなく地下の大工場で宇宙船が完成する、邪魔はさせんと襲いかかってくる。
倒すと、オレギの最期と同じように、レデスマも人間の姿に戻る。
「我々の目的は地球だ。地球の汚染が続く限り、未来の地球を支配するのは
バイオカイザー様のようなおかただ!そのはずだったのだ。きさまさえ来なければな」
こう言い残して、レデスマは死ぬ。
バイオ軍の支配下のセンターシティ居住区入口もまたドアロックシステムセンター810
によって管理されているが、バイオディスクのデータで解放することができる。

センターシティには、バイオ軍に連れ去られた科学者達がいた。
この先に「バイオの要塞」があり、さらにその先の地下には大工場がある。
科学者たちはそこで、バイオカイザーが地球侵略するための宇宙船を作らされて
いたそうだ。
センターシティ地下にはバイオ軍専用ポートがあり、タニア議長が捕らわれている
ヴェスタ3に行けるのはこのポートからだけ。博士たちはジンにタニア議長救出を
求める。

559 :ラグランジュポイント 30:04/03/27 23:31 ID:TSNix8Y1
ジンはさっそくヴェスタ3へ。やはり重力の小さい小惑星表面を宇宙服で探索し
閉じ込められているタニア議長を見つけ出す。
「バイオ軍の背後にはシュトルテ博士がいる。博士の狙いは地球だ。
地球をイシスのようにしてはならん」タニア議長はきびしく言う。
最高の防具レフレックスーツをくれる。ガイアの戦士・ジンが来てくれたことで
安心したタニア議長は、イシスで起きたことの責任は全て自分にある、
だからここで最後にすることがある、と言って一人残る。

ジンがシャトルでセンターシティに戻ると、ヴェスタ3で小爆発があった報せが
届いている。タニア議長は責任を取って死んだのだ。

ハイドロウイングにはセンターシティの位置データもインプットされ、
ランド2のどこからでも一瞬で行けるようになる。
ひとまずサテライトベースに戻る。最後の戦いにむけてパワーアップ。
武器の合体加工による強化と、装備の充実。
ジンの行く先々で武器合体の噂が出てきていたレジスタンス戦士ホリーは
サテライトベースのアーマーショップで武器を売っていた。
モリタカプセルをモリタ博士に持って行くと、超合金Mで仲間たちの最高の
防具を作ってくれる。オレンジキャンプのドクタークミが診断してくれた通りの防具だ。

560 :ラグランジュポイント 31:04/03/27 23:33 ID:TSNix8Y1
ジンはセンターシティのさらに先の水路をたどり、バイオの要塞を目指す
両側を高い崖に囲まれた狭い谷を塞ぐように、バイオの要塞がある。
ここを抜けなければ、大工場にはたどりつけない。
要塞を守るのは、クリーチャー「メタロボス」。
狭い足場をレーザーに狙い撃ちされながら渡ると、待ち構えている。
メタロボスを破壊し、バイオの要塞を抜けて進んでいくと、地下大工場の
入口がある。地下の大工場自体が、大亀裂を越える地下道カイザーロードの
一つでもある。大工場を抜け地下通路をあと一歩で抜けようとした時、
ここは絶対通さんぞと立ちはだかる異形の怪物。
バイオノイド3将軍最後の一人、ウエーバー。

ウエーバーを倒すと彼もまた人間の姿に戻る。
「我々はこのイシスを実験場に選んだのだ。
バイオの体を持つ生き物を研究するためのな。
やがて地球もこのような世界になる。
そのとき生き残れるのはバイオの体を持った者だけさ」
そしてバイオノイド最後のウエーバーも死ぬ。

561 :ラグランジュポイント 32:04/03/27 23:34 ID:TSNix8Y1
地上に抜けると、紫色の大地。
このバイオの楽園の果てに、バイオの宮殿と呼ばれるバイオ軍の本拠地がある。
バイオの宮殿には、バイオベースのアッシュに酷似した、バイオ軍最強の
ミュータント「グスタフルト」、バイオの要塞のメタロボスと同型の最強クリーチャー
「デシュタルト」などがうじゃうじゃいる。
こうした難敵を乗り越えて、バイオの宮殿を最上階8階までのぼりつめると、
不気味な鼓動音が響いてくる。近づくにつれ鼓動は速さを増し、
ジンがその部屋に入ると、部屋の中央に鎮座する人工冬眠装置に亀裂が走り
中から不気味な影が飛び出し部屋をかけめぐる。そして
バイオカイザー出現!
バイオカイザーは伸縮自在の首で奇襲をかけてくる。激戦の果てに
バイオカイザーの首をとばすと、今度は胸に顔が現れて襲ってくる。
バイオカイザーを倒すと、その姿は消え、見覚えのあるヘルメットが残る。
アイアン部隊の兜。バイオカイザーの喋り方、笑い方はどれもダン将軍
そのものだった。ジンが倒したものの正体はダン将軍、ニセバイオカイザーだった。

激戦で傷ついたジンたち。このままでは本物のバイオカイザーに
襲われたらひとたまりもない。ガイドロボットのピコが秘めたエネルギーを放出して
ジンたちを完全回復させる。ジンたちは、バイオカイザー目指し、奥の階段を降りていく。

562 :ラグランジュポイント 33:04/03/27 23:36 ID:TSNix8Y1
延々と続く下り階段。ジンが下っていくにつれて、バイオの宮殿は崩壊をはじめる。
下りに下ってついに地下。あともどりを許さないかのように、通った足場までが
消え落ちる。そして宮殿最深部。
「とうとうここまできたか。私がシュトルテ。いや、バイオカイザーだ!」
真のバイオカイザー、登場!
はじめは無機的な人間のような姿をしていたバイオカイザーは、
戦いがすすむにつれておそるべき姿をあらわにする。
そして、ジンはとうとうバイオカイザーを倒した!

バイオカイザーのいた背後のエレベータを下れば、スペースシャトルのポートだ。
ジンはシャトルに乗り、皆が待つランド1に帰る。

563 :ラグランジュポイント エンディング:04/03/27 23:37 ID:TSNix8Y1
道を歩いていくジン。仲間たちがやってきて言葉をかわす。

デニス:おい スゲえじゃないか!
  とうとう やっつけちまったじゃないか!
  おまえなら できるとおもってたぜ
一人でジンを胴上げするデニス。

ジンが通りすぎた後ろ姿に
リタ:ありがとう ジンさん
  バイオカイザーさえいなくなれば きっと
  ミュータントたちも おとなしくなります
ミューに呼ばれ、去っていくリタ。

パミル:これにて いっけんらくちゃくだな
  これから どうするつもりだい? だんな

クリス:あたい サイボーグさんたちと
  ちきゅうにいってみようと おもうの
  とっても すてきなところなんでしょ?

アストロ:おれも ちきゅうに いくぜ
  ダンしょうぐんみたいのが いるかぎり
  ちきゅうも まだまだ しんぱいだからな

564 :ラグランジュポイント エンディング:04/03/27 23:40 ID:TSNix8Y1
チック:かがくは ひとのためにある
  わたしたち きかいも おなじ
  つかうひと しだいです

キエサ:われわれ サイボーグぶたいは
  ちきゅうに もどることにするよ
  まだまだ ちきゅうが しんぱいなんだ

リュウ:あにき なにぐずぐずしてんだよ
  みんな あにきを まってるぜ!

タック:あなたが イシスを すくった
  あなたが ちきゅうを すくった
  みんなが あなたを まっている

そして、ジンを待つ人々の中へ。
歓声と喝采の中、看護婦が人ごみをかきわけてジンのそばにくる。
そしてキス

565 :ラグランジュポイント:04/03/27 23:45 ID:TSNix8Y1
前スレ
>>475-476  0 1 
>>518-523  2〜7
このスレ
>>24 >>26-31 8〜14 
>>268-274 15〜21
>>523-529 22〜28 
>>558-564 29〜33、エンディング

WE DO NOT REALIZE
WHAT WE HAVE ON EARTH
UNTILL WE LEAVE IT...
          JIM RAVELL

ずいぶん冗長になりましたが、完結です。
未プレイの人におもしろさがあまり伝えられなかったかな。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:53 ID:fQdXB0EG
おつかれさま
なもない かんごふが いいあじだしてて(・∀・)いいよね

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 02:04 ID:JzRty3Rp
乙。やっぱレゲーもいいなぁ。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 04:47 ID:fT1F9Ufa
http://www.abelsoftware-jp.com/index2.html
ここのプロダクトのエクソダスギルティーを

公式がこんなことしてエエンカと呆れた

569 :デビルメイクライ(10):04/03/28 05:19 ID:LJ/eq2HS
マザー2の人おつ!
>生身の身体を捨てて機械の身体にのくだりで激しくウツんなったことを思い出したよ。
しかし…楽屋オチ(?)で終わらすとは…なんつー話だほんとに…とおもてたら違うのだね。
ぜんぜん覚えてないなオレダメニンゲン OTL
ゼノのひと、ガンバッて!あれはクリアしてもわからんかった…
設定集とセットで完結するゲームなんてもうアフォかと(ry

パソンコを起動するたんびに謎のセットアップ画面へ導かれ、終いには普通に電源切ったのに次に起動すると
「WINDOWSは深刻なエラーから回復しました(ry」の文字が…2ちゃんも何かうまく読めないし…なんで?
やっと書き終わってさあ送ろうとしたら何故か「ページが見つかりま(ry」で、うわああああああ(AA略
念の為データ取っといてよかった…そんなこんなで明日と言いつつ約二日開きましたゴメンヨ OTL

前回までのあらすじ:悪魔は何時間水に潜ってても平気。酸素ボンベ?何それ。
(ちなみに水中では主観視点。ガンコンゲーみたいな。視界外から攻撃されてアボン連発。腹立つ)
ああ〜後(7)の一行目分りにくいですね。
片側だけに炎がともった扉のもう片方をイフリートでブン殴ると扉が開くんですわ。そういうしかけ。
説明不足かと思ったんで追加しとく。ゴメ。デハドゾン。

一条の雷光と共に、無言で姿を消すトリッシュ。ダンテは城の前庭へと戻った。
上がったままの吊り橋を対岸に望みつつ、グリフォンの魂を贄として手に入れた「運命の輪」を
足元の石碑にはめ込む。直後、輪から放たれた閃光が橋のたもとを撃ち、吊り橋はダンテの前で
地響きを立てて横たわった。
暗闇に浮かび上がる夜の古城に再び足を踏み入れたダンテ。
城の内部は、以前とは全く異なる様相を呈していた。
城内に満ちる瘴気の影響か、あちらこちらで扉が消え、迷うダンテの前に、その血をすすろうと
更に強力な悪魔が立ち塞がる。玄関ホールの巨大な彫像が消えている事を不審に思いつつも、
魔光石のかすかな明かりに照らされた廊下を進み、大聖堂へ。
その中央には、以前にはなかった奇妙な水溜りがある。
覗き込むと鏡のように透き通った水が、頭の中に声を響かせた。
“魔への門を開かんとする者よ 青き霊石の力を借りよ”
言葉の意味を反芻する間もなく、巨大な何かが水鏡の中からせり上がってくる。
宙に飛び出したゲル状の物体が床一面に広がる。魔界の生物兵器、「ナイトメア」だった。

570 :デビルメイクライ(11):04/03/28 05:24 ID:LJ/eq2HS
大聖堂の四方に配置された魔方陣を切りつけ、光を灯すとナイトメアの液状の身体を固定し、
ダメージを与える事が出来る。気付いたダンテの剣が一閃、魔界の兵器は地面に熔け、消えた。
砕けた空中回廊を飛び渡り、先端に描かれた杖のレリーフに、幽霊船で入手した「ヘルメスの杖」を
掲げると空だった両脇の額の内が渦を巻き、その表面に二つの風景を映し出した。
一見それは油絵のようだが、よく見ると表面が水のように波立っている。
絵の中に飛び込んだダンテを禍々しい気を放つ古城の衛兵室が迎えた。
螺旋階段を上り、古城の三階へ達したダンテは、そこに飾られた額の中で渦巻く油絵を再び目にする。
迷う事無く飛び込むと、そこは月夜の闘技場。
冷気を纏った悪魔「フロスト」が、研ぎ澄まされた爪を突きたてようと一斉に飛び掛ってきた。

闘技場を抜け、絶え間なく鳴り響くいかづちをBGMに、群れ集う悪魔を切り捨てながら進む。
別れ道の一方は、巨大な博物館。
“行く手を阻みし冥界の竜  剣で勇気の証を見せよ  竜は自らの炎で滅ぶだろう”
傍らの石碑に目を留めたダンテの鼻先すれすれを、一抱えもある火の玉が行き過ぎ、壁で爆発する。
目を凝らすと、奥には巨大な竜の化石が、再びあぎとに蓄えた炎を放とうと待ち構えていた。
心得たダンテがアラストルを閃かせると、跳ね返された炎は竜を撃ち、ばらばらになった化石は
再び眠りについた。
“月の雫は鏡を渡りて珠となる  天上の道を知るものだけが珠玉の光を手に入れる”
石碑にしるされたもう一つの文に従い、ハンドルを操作して鏡の向きを変える。
月の光が走り、二階テラスに集められた光は銀に光る宝珠を生み出した。
テラスへと向かう透明な道は稲光によってのみ姿を現す。
きらめく雷光にあわせて足場を跳躍したダンテは、「月光水」を手に入れた。

別れ道のもう一方を塞ぐ扉に「月光水」をはめ込む。
扉を開き、訪れた豪雷轟く謁見の間。
静かに振り返り、床に刺していた大剣を抜く人影を見て、ダンテの頬が思わず緩む。
敗北に怯まぬ相手に対するものか、それを我知らず喜んでしまう自分に向けたものか。
苦笑にも似たその笑みは、最早復讐に燃える悪魔狩人のそれではなく、好敵手を得た男のものだった。
「マジにガッツあるな。気に入ったぜ。…掃き溜めには勿体ねぇ」
黒騎士は黙して答えず、一旦はダンテに向かって突きつけた剣を、再び床に突き立てると、
何かを迎えるように天に向けて両腕を開いた。
直後、黒い鎧から噴き出した魔力が、奔流となってダンテに向かう。
押し流されかけるのをこらえて数歩を下がり、頭を庇っていた腕を下ろすと、
そこには兜を脱ぎ、瞬く紫電の光に素顔をさらしたネロアンジェロの姿があった。

571 :デビルメイクライ(12):04/03/28 05:32 ID:LJ/eq2HS
お互いが察していた。これが最後の戦いだということを。
敗北した方がこの世から消える。
厳然たる死の決着によってのみ、三度に渡るこの死闘の勝者が決定するのだ。
雷光が閃き、炎が迸る。ダンテの銃弾は黒騎士の斬撃によって跳ね返され、
空を切って飛来したネロアンジェロの魔力剣は、魔狩人の拳打に叩き落された。
互いが互いの命を求め、持てる技全てをさらけだす。
生死を賭した互角の戦いは、いつ果てるともなく続いた。

ダンテは宙を呆然と見上げ、一歩、また一歩と後ずさる。まるで自分の勝利が信じられぬかのように。
視線の先には、ダンテの死に物狂いの一撃に甲冑を貫かれ、断末魔の苦痛に悶え苦しむ
ネロアンジェロの姿があった。身をよじりながら高く浮かんだその体から、黒い魔力の嵐が吹き出し、
次いで降り注いだ激しい閃光が、稲光を圧して辺り一面を真昼のごとく照らし出した。
眩しさに一旦覆った手の平を目の前から下ろせば、もうそこに黒騎士の姿はなく、彼が消え去った虚空から
落ちてきた何かが石畳を叩いて、ちりん、と鳴った。

床に膝を突き、拾い上げる。やや身を屈めたせいで、襟元からアミュレットが滑り出た。
ダンテの胸で赤く光るそれは、握り締めた手の中のものと、同じデザイン。
同じアミュレット。…二つに分かれた形見の、もう一つの片割れ。

“バージル、ダンテ、誕生日おめでとう”
優しい母の声が耳元で響く。歓声を上げて母に駆け寄る子供たちの声。
幸せだった幼い自分と、もう一人の笑い声。

剣を交えるたび、頭の奥で次第にふくらみ、大きくわだかまっていったもの。
今それが、見開かれた目の奥で、一本の線となって繋がれる。
自分と同じ太刀筋。自分と同じ身のこなし。自分と同じ…魔剣士スパーダの武術。
疑問の全てが氷解し、ダンテは唇を硬く噛み締めた。

572 :デビルメイクライ(13):04/03/28 05:35 ID:LJ/eq2HS
時を同じくして。ダンテの前から立ち去ったトリッシュは柔らかな白い光が溢れる神殿に佇んでいた。
立ち並ぶ柱の最奥に座し、祀られているのは古城から姿を消したあの巨像である。
「トリッシュよ、バージルが敗北した」
ふいに巨像が口を開き、重々しい声を響かせる。
「するべきことは分かっていよう。さあ、行け!」
荘厳な神殿には似つかわしくない不気味な声に、しかし巨像を見上げたトリッシュはうやうやしく応じた。
「仰せのままに」

新たに油絵が映し出したのは浸水した地下の牢獄。
重力の法則さえ狂った城の中を、ダンテは次々襲い来る悪魔を蹴散らしながら進む。
その手に握られているのは父の形見、「フォースエッジ」。
だがその刀身は禍々しい赤い瘴気を放つ、長槍とも大鎌ともつかぬ長大な剣へと姿を変えている。
これこそが一つに重なったアミュレットの力により本来の姿に戻った魔剣「スパーダ」であった。

階段塔の最上部で発見した卵形の石「哲学者の卵」を内庭のかがり火に投じる。
卵の変成を待つダンテの背後に、じわじわと染み出してくるものがあった。
ナイトメアとの二度目の戦いが始まろうとしていた。

魔方陣の封印が解け、ゲル状に戻った敵を避けながらダンテは再度ナイトメアの肉体の固定を試みる。
液状の時、この魔物に取り込まれれば、己の中の悪夢の空間に飛ばされ、いまだ精神の中に存在する、
かつて倒したはずの難敵達と再び戦わねばならない。
その厄介さは最初の戦いで、身に染みる程思い知らされていた。

不可思議な青い熾火により「哲学者の卵」が変化した「霊石エリキサ」を携えて、回廊先端の油絵から
城主の寝室へと移動する。以前ネロアンジェロが中から現われた姿見。
湧き出てくる闇の波動を感じながらも以前はどうすることも出来なかったそれが今、
エリキサに反応して波打っている。
ためらう事なく鏡の中へ足を踏み入れたダンテを、視界さえ歪む魔の気配が取り囲んだ。
「“魔”は人の世の写し絵でもある。すなわち“魔”は鏡の中にある」
あべこべの世界が放つ圧倒的な瘴気に押しつぶされかけながら、ダンテは城内で見つけた手記の事を
思い出していた。つまり、あの鏡こそが魔界の入り口だったのだ。

573 :デビルメイクライ(14):04/03/28 05:38 ID:LJ/eq2HS
城壁中庭にしつらえられた台座から、十二面体のオブジェ「賢者の石」を取り外す。
途端にねじれた世界に狂った哄笑が響き渡った。
掴みかかってきた悪魔「ノーバディ」の包囲網を破り、追いすがるのを叩き伏せ、
何とか鏡のこちら側へと帰り着く事が出来た。しかしダンテは息をつく間もなく大聖堂を目指す。
魔界との最終決着への道が、いまや遅しと彼を待ち受けていた。

先刻ここを覗いたときに脳裏に響いた声。大聖堂に滲む水は、エリキサを求めていたのだ。
その証拠に、聖石に気付いた水“鏡”は、喜びにむせぶかのように波打って、
あっという間にダンテをその内へと飲み込んでしまった。
鏡の中、悪意と殺意の波動が渦巻く世界に再び足を踏み入れたダンテ。
何か生き物の体内めいた奇妙な部屋。骨のような柱が取り巻く床には、虹色の液体がたゆたっている。
これが、魔界の門だった。賢者の石を、眼窩のような台座にはめ込むと、虹色の液体は跡形もなく消え、
門は来訪者を招き入れるように口を開けた。

脈打つ赤黒い血管が走る、気味の悪い洞窟を抜けると広い空間に出た。
辺りを見回したダンテは低く感嘆の声を上げる。
地面も床も、一面が禍々しい赤い呪文の羅列で覆われている。
しかし彼が部屋の異様さに圧倒されて一帯を見渡していたのも、ほんの一時だった。
「ダンテ!」弱弱しい声に弾かれたように振り向く。
「ここよ、助けて!」倒れ伏したトリッシュが、救いを求めて白い腕を伸ばしていた。
「トリッシュ!」駆け寄ろうとしたダンテの足は、数歩も行かない内に急ブレーキをかける。
部屋中の呪文が邪悪な輝きを増し、床を削ってダンテを取り巻いた青い光は彼を閉じ込める堅牢な檻と化した。
トリッシュとの間に壁を築かれ、その内に囚われた事を悟って焦りの色を見せるダンテの背後に、
覚えのある殺気が滲み出す。「贄の儀式の間」が己の役割を果たそうとしていた。
「トリッシュ!離れてろ!」
身を転じ、三度現われたナイトメアを目にしたダンテは、いまだ倒れ伏したまま、不安げな様子のトリッシュを、
結界越しに背後に庇い、不利な戦いに身を投じた。

以上ミション16:暗闇の悪夢(NIGHTMARE OF DARKNESS)からミション20:悪夢との対決(SHOWDOWN WITH NIGHTMARE)までです。
ご…ごめん。明日には終わるといいつつ終われなかった…いい加減ウザいね俺マジゴメン。OTL
しかもこんなベタ極まりない話を…ええ、ベタですベタベタです。おまけに超一本道です。
アイテムなんて全てわらしべの一部でしかありません。でもそんな事、やってたら気にならないと思います。つうか
  

話  気  に  す  る  よ  う  な  余  裕  ね  ぇ。

でも楽しいよーアーヒャヒャヒャ…どうせ信者だよ(ノA`)
次こそは終われるよう頑張るので、後一回だけスレ汚し勘弁です。

574 :ゼノギアス オープニング 1/3:04/03/28 07:29 ID:4jZoOTme
デビルメイクライの方、お疲れ様でした。
>ゼノのひと、ガンバッて!
ありがとうございます。
とにかく設定が複雑なので、いかにあらすじに絡めて書けるか挑戦です。
多分、注釈で説明する羽目になるんでしょうけどねorz
------------------------------------------------------
I am Alpha and Omega,
   the beginning and the end,
the first and the last.

宇宙空間を航行する恒星間移民船エルドリッヂ。そのブリッジに警報が鳴り響いた。
移送中だったデウスシステムが突如再起動したのだ。
デウスに次々とハッキングされるエルドリッヂのシステム。
乗客は逃げ惑い、オペレーターは危機回避に追われる。
やがて、機関室すらも制圧された事を知った艦長は、退鑑命令を出す。
しかし、デウスに火器管制を奪われたエルドリッヂの砲は、脱出艇を次々と撃墜していった。
艦長はその光景を見てエルドリッジの自爆装置を起動させた。
爆発、分解したエルドリッジは、やがて一つの惑星の重力に捕まり、その大気圏に突入した。

無数のエルドリッジの破片が空に流星を描く中、比較的原型をとどめたパーツが海岸で炎を上げていた。
その黒煙が潮風で吹き払われたとき、そこにミァン・ハッワーがいた。
彼女はインディゴブルーの長い髪を風に翻しながらゆっくり立ち上がると、無感情に海を見つめた。
そのインディゴブルーの瞳に、空に走る流星が映り込んでいた。

それから約一万年の時が流れた……

中心に砂漠が広がるイグニス大陸では、アヴェ王国とキスレブ帝国が数百年にも渡って戦争を続けていた。
長い時間の中で戦う理由も忘れられ、その戦争はただ冗長に続けられていった。
そんな時、二国の関係に重大な変化をもたらす発見があった。
過去の遺跡からギア・アーサー(以下ギア)と呼ばれる高機動ロボットが発見されたのだ。
ギア・バーラーは、それまでの戦争の戦い方を根底から変える程の重大な発見となった。
アヴェ、キスレブの両国はこぞって遺跡の発掘を行い、続々とこの新兵器を戦力としていった。

遺跡資源の量で勝っていたキスレブは、アヴェの領土を次々と侵攻。
そのままキスレブ側の勝利で戦争が終結するかと思われた。
だが、突如現れた援軍がアヴェに勢いを与えた。
神聖ソラリス帝国帝室特設外務庁(通称、ゲブラー)。
一切が謎に包まれたソラリス帝国からの支援を受け、アヴェはキスレブとの兵力差を縮小、反撃に転じ、
領土と遺跡資源の奪回を始めた。

物語は、激化する遺跡資源であるギアの争奪戦とは無縁の、国境付近にある小さな農村、
ラハンから始まる……。
-----------------------------------------------------------
【はじまりは、山奥の村ラハン】
ある嵐の夜、ラハンに大怪我をしたフェイが運び込まれた。
仮面をつけた不気味な男に抱きかかえられたフェイは、うわ言でその男のことを父さんと呼んでいた。
仮面の男は、フェイをラハンの村長に預け、いずこかへ消えていった。

それから三年の月日が流れた。
フェイは、あの時の怪我が原因か、それ以前の記憶を失っていた。
しかし彼は、優しい村長や村人、親友のティモシーとアルルに囲まれ、穏やかに暮らしていた。

そのアルルとティモシーの結婚式を明日に控えた日、フェイはアルルの弟、ダンに呼び出された。
アルルが本当に好きなのはフェイだとダンに聞かされ、フェイはアルルに会いに行った。
アルルは明日身につける花嫁装束を縫い終わったばかりだった。
それを眺めながら彼女は、フェイがもし生まれた時からこの村にいれば、とつぶやいた。
その言葉を無理やり茶化した彼女は、フェイに山の上で医院を開いているシタン先生から、
明日使うカメラを借りてきて欲しいと頼んだ。
フェイは複雑な思いを抱えたまま、山道に足を踏み出した。

575 :ゼノギアス オープニング 2/4:04/03/28 07:33 ID:4jZoOTme
【谷をこえ、ひとり山道をゆけば/つかのまの平穏 山頂の家にて】
あらゆる学問に精通した学者であるシタンは、数年ほど前から、妻子と共に山の頂上に住んでいた。
そのシタンの家に着いたフェイは、シタンの妻であるユイに教えられて裏庭に向かった。
シタンは、裏庭でアヴェ軍の残していった小型飛行輸送機ランドクラブをいじっていた。
先に輸送機の修理をしてしまいたいと言うシタンを待つ間、フェイは倉庫の中にある、
遺跡から発掘された音響装置を見に行った。
フェイがあちこちいじっているとやがて装置が動き出し、美しい音楽が流れ始めた。
その音楽を聴いて理由も無く切ない気持ちになったフェイは、困惑し、
修理を終えたシタンにその気持ちを打ち明けた。
シタンは、この曲を好きだった昔の誰かがフェイの中で生きているからかも知れない、
と意味深な事を口にした。
やがて、シタンに促されたフェイが夕食を食べに倉庫を出ると、シタンは一人に思案にくれた。
そのとき、オルゴールが突然砕け散った。
それを見たシタンは「始まるのか?」と呟いた。
-----------------------------------------------------------
【夜道で見た! 闇にふるもの】
夜。シタンの家で夕食を取ったフェイは、村に帰るためにシタン家を後にして暗い山道を戻り始めた。
彼が谷間にかかる橋を渡ろうとしたとき、突然谷底から数機のギアが現れ、飛び去った。
その飛行音に気づいたシタンが山道を駆け、フェイに追いついた時、ラハン村の方角から爆発音が響いた。

二人がラハン村に着くと、そこでは数機のギアが戦闘をしており、ラハン村は火の海となっていた。
村人が逃げ惑う中、ティモシーとアルルからダンが行方不明になったと聞いたフェイとシタンは、
二人を避難させて探し始めた。
ダンを探して駆け回るフェイの前に、敵機の攻撃を受けたギアがうずくまった。
パイロットが転がり落ちてきたコックピットを見上げたフェイは、そこに年端も行かぬ少年の姿を認めた。
ニタリと笑った少年にハッとしたフェイは、魅入られたようにそのギアに乗り込み、
操縦の難しい軍用ギアをまるで自分の手足のように操って戦い始めた。
フェイの戦いぶりを見たシタンは「彼が目覚めては……」とつぶやき、を必死に止めようとした。
そのとき、アルルの家からダンが飛び出してきた。彼は、アルルの花嫁装束をとりに戻っていたのだった。
シタンがダンを連れて逃げようとすると、ティモシーが戻ってきた。
そのティモシーに、一機のギアが銃口を向けた。
止めようとするフェイだったが、突然現れた黒い翼のギアに邪魔され、ティモシーを助けられなかった。
弾丸に貫かれ倒れるティモシーを見てうめき声を上げるフェイ。
彼の脳裏には、血を浴びた幼い頃の自分が浮かんだ。
その自分が、あの少年と同じようにニタリと笑ったとき、フェイもその笑いを口元に浮かべていた。
次の瞬間、彼の乗るギアは青い閃光を放ち、それによってティモシーやアルル、村人たちは消滅し、
ラハン村は壊滅した。
-----------------------------------------------------------
【旅立ち 樹海にのがれて…】
フェイが目覚めると、あたりは一面焼け野原になっていた。
そこここには、焼け出された村人が力なく座り込んでいる。
フェイは訳が分からず、そばにいたシタンに事情を聞こうとした。
すると、ダンがフェイを激しく罵り始めた。彼の指差す先には、フェイが操縦したギアが
静かに佇立していた。
村人の恐れおののく声がフェイの耳に届く。
シタンは激昂するダンを、ギアのシステム暴走では…となだめようとしたが、
彼はその手を振り払って走り去ってしまう。
フェイは呆然としながらも、一旦村を離れてはどうかと言うシタンの言葉に頷き、
彼に教えられてアヴェへ向かうことにした。
俯いて歩く彼の耳にダンの罵声が蘇り、彼はそれを振り払うように、草原に向かって走り出した。

576 :ゼノギアス オープニング 3/4:04/03/28 07:38 ID:4jZoOTme
【出会い 緑の森の少女】
ラハン村を後にし、草原を抜け、フェイは迷いの森とも呼ばれる黒月の森に入っていった。
沈うつな表情で森を行く彼の背中に、突然異国の言葉で声がかかった。
振り向くと、オレンジの髪を長く垂らした少女が銃を突きつけていた。
彼女はフェイを脅迫し、森の出口を教えるよう言ったが、強気な言葉とは裏腹にその銃口は震えていた。
フェイは撃つなら早く撃てと少女に迫っていった。
その行動に動じた少女は思わず引き金を引くが、弾は外れてしまう。
発砲にもひるまないフェイに恐怖する少女に、突如怪物が襲い掛かった。
「やめろーっ! "エリィ"に手を出すなーっ!」
フェイはそう口走り、怪物を打ち倒した。

夜。目を覚ました少女に話しかけるフェイだが、彼女は地上人<ラムズ>に素性は明かせないと警戒する。
しかし、手当てをされたことに気づいた彼女は、森を出るまで共に行動しようと言うフェイの提案を
受け入れ、エリィと名乗った。
「ああ、そうか。そうだったよな、"確か"」
「??」
彼らは夜が明けるのを待つ事にした。
-----------------------------------------------------------
【緑の静寂をやぶるもの】
フェイは夢を見ていた。砂漠の真ん中で幼い彼が泣いている。
そんな彼にエリィに良く似た女性が手を差し伸べた。
「ひとりじゃ、寂しいものね…」
彼女の優しい微笑みに、幼いフェイは泣き止んで手をとろうとした。
そこで彼はエリィに起こされた。
二人は、念のためメモリーキューブ(註1)に記録し、森の出口を探し始めた。

道すがら、エリィはフェイに自殺志願のような昨日の行動について尋ねた。
フェイはラハン村で起こった出来事を話し、最初のギアさえ村に来なければと吐き捨てた。
それを聞いたエリィは、その夜の事を思い出していた。
キスレブから最新型のギアを奪取した彼女は、帰還途中、追撃機の弾丸を受け、
ラハン村に小隊と共に不時着したのだった。
そんな彼女の行動など露知らず、フェイは奴らさえ来なければと罵り続けた。
耐え切れなくなったエリィは、責任転嫁していると彼を断じ、激しく責めた。
血が騒いでどうしようも無かったと嘆いたフェイは、親しい人達を自ら殺めた悲しみと苦しみを
吐き出してへたり込んだ。
そんな彼にかける言葉が見つからず、エリィは一人で歩き出した。

彼女は彼を責めた事を悔やんだ。
彼女の脳裏に、数人の死体に囲まれ、返り血を浴びて呆然とする自分の姿を見ていた。
俯きながら歩く彼女の前に、突然巨大な地竜が現れた。

うずくまっていたフェイは、エリィの悲鳴を聞いて駆け出した。
彼は地竜の前で気を失っている彼女を見つけると、無謀にも地竜に挑みかかっていった。
そこへ、シタンが現れた。彼はランドクラブであのギアを運んできたのだ。
フェイはエリィを助けるためにやむなくそのギアに乗り、地竜を撃退した。
彼はそのヴェルトールと言うギアを持ってきたシタンを責め、もう乗りたくないと話を切り上げて
エリィの介抱に向かった。

夜。ヴェルトールの整備をしていたシタンは、眠らずにいるエリィにソラリスの言葉で語りかけた。
シタンは、彼女がゲブラーの士官だと分かっている事を仄めかし、
フェイが眠っているうちに去って欲しいと彼女に告げた。
彼は、フェイを不毛な争いに巻き込みたくないのだ。
エリィは、フェイに謝っておいて欲しいと彼に伝言を頼んだ。
シタンは、選民思想のソラリスの人間らしくないと疑問を口にした。
『牧羊者<アバル>は地上人<ラムズ>を管理統制し、その生殺与奪の権利も持つ……』
彼女は、フェイを見て、地上人がソラリスの人間となんら変わりないと言う事に気づいたのだ。
エリィは、隊に復帰した後、どうするか悩みながら、夜の中へ去って行った。

註1・・・メモリーキューブとは、ゲーム中のセーブポイントの事です。

577 :ゼノギアス オープニング 4/4:04/03/28 07:40 ID:4jZoOTme
【森を抜けて、王国アヴェ領土へ】
翌朝。昨夜の話を途中から聞いていたフェイは、エリィを責めたことを恥じた。
シタンはそんな彼を励まし、森を出るように促した。
そのとき、森に轟音が響いた。
空を見上げた二人は、アヴェへ向かうゲブラーの巨大な空中戦艦を見た。
シタンは大きな戦闘が始まるのではないかと不安を口にした。

ってなわけで、とても中途半端に残ってしまいましたがorz、
これでオープニング編終了です。
行数制限の事、すっかり忘れてました、トホホ……。
次回からはアヴェ編に入ります。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 08:55 ID:DcHGGL4T
ゼノ乙
長いんだよな、これ。
話が幾重に絡み合ってるから端折ることもできないし
大変な作業になると思われますが、がんがってください。
ゼノサーガにこれから手を出す人の指南になればいいっすね。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 11:36 ID:gP+RZxAz
おまいらそろそろ移動時期ですよー。
只今503KB。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:40 ID:fqsaNWl3
486KBだよ。確かに移動時期だけど

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 18:56 ID:o7awsDKQ
ゼノの人乙・・・
そしてガンガレ

>>578
サーガはまだ本編が終わってないしな

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 19:28 ID:Ih/mzjVD
つくづく思うんだけど、最近のファンタジーはみんなSF要素が入ってるのね。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 10:16 ID:rkqBtLgw
次スレ立ちました。

【やるのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part6【面倒】
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1080522704/

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 10:19 ID:rkqBtLgw
>>582
ファンタジー一本ではネタ切れなんじゃないですかね。
もうやりつくされた感があるし。
いろんなジャンルに手を出さなきゃ目新しさがないのでは?
その内、純文学RPGとか出たりして。
んで、製作者が自殺するんだ、きっと。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 10:39 ID:x3jIeTpI
>>413
適当かくなよ
1作目の主人公はグレイ
2作目がウエイブ ライバルがブレイク
ブレイドって誰?狂って暴発したのウエイブだろ?


586 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 13:49 ID:1H+HzuTP
>>419-420で既出気味

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 19:32 ID:LhI6IoNm
春なんですよ。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 20:25 ID:KnSvmXvo
>>585
適当かいてスマン
自分でもあれはどうかとおもうので
貴様がきちんとしたものを書いてくれ

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 22:28 ID:d2Xy1RQG
>582
そもそも海外では「ファンタジー」というジャンルと
「SF」というジャンルは明確に区別されなかったような希ガス

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 23:40 ID:wUi4SMSz
ファンタジーもフィクションの一部だしなぁ

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 00:32 ID:aHJufXdF
「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」を予約してもいいですか?
Part.2で依頼を出した方が今もいるかどうかは分かりませんが。


592 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 02:13 ID:ZF2GOVey
>>591
念のため、スレpart6でも宣言したほうがいいのでは。
依頼出てから時間たってるみたいだし、大丈夫だとは思うけど。

593 :591:04/04/06 04:50 ID:aHJufXdF
>>592
ですね、あっちでも宣言してきます。

というか、 >>583タソのカキコを見逃してた・・・
どうりで最近スレに動きがないと思ったw


594 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 22:43 ID:SiD7pjEk
こっちも有効利用されてるのが(・∀・)イイね

490 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>12>>13>>14>>15>>16>>17>>18>>19★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)