5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【信長の野望】自分のプレイを本物らしく語るスレ

1 :名無しさんの野望:04/01/22 17:37 ID:EGVv/xzx
スレタイの通りです。
信長の野望だったら、どのシリーズでも武将でもいいから、
自分がプレイした天下統一の経緯を、年表でも教科書的説明でもいい、
本当の歴史らしく書いてくれ!

例↓(前に俺が別のスレに書いたのを流用します

2 :1:04/01/22 17:39 ID:EGVv/xzx
単なる武田軍の一城主にすぎなかった昌幸。
その昌幸が、日本国を制覇したのである。
彼の知略と策謀に富んだその行動をたどってみよう。
彼が属していた頃の武田軍は勝頼が大名であり、衰退の兆しが見え始めた頃だった。
織田家がますます勢力を伸ばし、その魔の手は真田家の居城である沼田城まで迫っていた・・・
昌幸は勝頼の命令で、織田の城を落としに出陣していた。
その隙をついて、手薄になった沼田城は織田軍に攻撃を仕掛けられた。
城を守っているのは息子の信之のわずかな兵。
奮戦空しく沼田城は落城した・・・


3 :1:04/01/22 17:40 ID:EGVv/xzx
しかし、信長の優しき計らいによって、真田家は誰一人処罰されることなく、城も昌幸に返された。
だが、昌幸は織田家に属する事になり、前の主君である武田家への攻撃に参加しなければならなかった。
しかし昌幸に躊躇は許されなかった。
ここでの働きによって新参者である真田家の立場が決まってしまうのだ。
昌幸は懸命に働き、とうとう武田家を滅ぼした。
その後も織田家の一員として必死に働き、とうとう軍団長に任命されるまでに昌幸はのし上がった。
昌幸に野望が芽生え始めたのもこの頃である。
だが、信長の天下統一事業は九州と四国を残すのみとなり、誰の目にも信長の天下は明らかだった。
昌幸は考えた。
何とかして自分が天下を取る方法はないものかと・・・
昌幸はある方法を思いつき、実行に移す事にした。


4 :1:04/01/22 17:41 ID:EGVv/xzx

折りよく、その頃信長が病死し、息子の信忠が後を継いだ。
暗愚ではないものの、信長よりははるかに劣る人物である。
昌幸はまず、信忠に様々な贈り物をし関係を親密なものとした。
次に評定衆の主な人々にも贈り物をし、親交を深めた。
そして、昌幸は信忠に、信忠の娘と昌幸との婚儀を持ちかけた。
信忠は多少は迷ったものの、評定衆の大半も賛成したので承諾した。
こうして昌幸は織田家の一族となり、跡継ぎ候補の一人となった。
次にやったことは、他の跡継ぎ候補の抹殺。
忍者を送りこみ、信雄を暗殺。
そして今度は信忠に世継ぎ指名を持ちかけ、自分を推薦した。
これも評定衆の後押しのおかげで成功し、とうとう跡継ぎとなった。
すぐさま昌幸は信忠に隠居を勧め、他の人々もこれを望んだため、ようやく信忠も謀られたと気づいたものの時すでに遅く引退する羽目となった。
こうして真田家が織田家をのっとったのである。
昌幸は破竹の勢いで九州、四国を統一し、天下の主となったのであった。
その後昌幸は真田幕府を開き、それは何百年にも渡って続いたのであった。
終わり。。。

ちなみに蒼天録で、使用武将は真田昌幸です。

5 :名無しさんの野望:04/01/22 19:23 ID:0PsKXlnU
頑張りは認めるが、ホームラン級につまらんな

6 :名無しさんの野望:04/01/22 23:10 ID:e3eRuS4V
>>5
まぁまぁ、1は1なりにがんばったんだ。



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)